3日間でしっかりとダイエットできる8つの方法!短期痩せにはコレ!

体重や体脂肪、全身のバランスやスタイルが気になってダイエットに取り組む女性はすくなくありません。しかし、食事制限や負荷のかかる運動などを長期間にわたって続ける自信がないため断念してしまうこともあるでしょう。

ここでは、

  • 3日間ダイエットのメリット
  • 3日間で効果的にダイエットできる方法
  • 3日間ダイエットの注意点

についてまとめました。

3日間ダイエットのメリット


長期間ダイエットする意志の強さがなく体調も不安なので、短期間で痩せられないかと考えている女性は少なくないでしょう。たった3日間でもしっかりダイエットできる3日間ダイエットにはどんなメリットがあるのでしょうか。

忙しい平日を避け週末に集中して行うことができる

ダイエット期間が3日と決まっているため、週末や連休などに設定して実践することができます。仕事で忙しい平日ではエネルギー不足や体調不良が不安な人にもおすすめです。他の事に気を取られることなくダイエットだけに集中できるので効果も期待できるでしょう。

休日に実践することで、万が一体調が悪くなっても休むことができます。人知れずダイエットして休み明けに職場の人から「痩せた?」と言われる喜びもあるでしょう。

3日間のためモチベーションを保ちやすい

3日間集中ダイエットはさまざまな我慢を強いられる期間が3日しかないため、モチベーションを保ちながら目の前のゴールに向かって努力することができます。何でも三日坊主になってしまう人でも実践可能です。

長期的なスパンで行うダイエットにはリバウンドや体調不良の可能性が低くなります。しかし、ダイエット期間が数ヵ月、数年となるとなかなかゴールが見えないため途中で挫折してしまうこともあるでしょう。

3日間で効果的にダイエットできる方法


たった3日間で本当に痩せることができるのかと疑問に感じている人もいるでしょう。しかし、効果的なダイエット法を正しい方法で集中して行うことで短期間で痩せることも可能です。おすすめの3日間ダイエット法を紹介します。

プチ断食

プチ断食は飲食物を全く摂取しない完全な断食とは違って限られた飲食物は口にできるため、食べられないことにストレスを感じやすい人にもおすすめです。計量前のボクサーなどの格闘家の間で生まれたともいわれています。

水分やビタミン、ミネラル、食物繊維を意識して摂取することは不可欠となります。発酵ジュースやヨーグルト、野菜ジュースなどを1日に2~3回少量摂取できるため、身体へも先進的にも負担が少ないのが特徴です

ローフードダイエット

加工されていない生の食材であるローフードをメインに摂取しながらダイエットする方法です。生で食べられる果物やヤシ、低温処理されたドライフルーツや海藻類など、加熱されていない食品だけを摂取します

熱に弱い酵素を生のまま豊富に摂取することでデトックスや新陳代謝の効果が期待できます。摂取する量には注意が必要ですが、ダイエット期間中に食べることができるためストレスの少ないダイエット法と言えるでしょう。

酵素ダイエット


酵素には生の野菜や果物、発酵食品などに含まれている食物酵素のほか、体内に存在する消化酵素代謝酵素があります。ダイエットのためにエネルギーに効率よく変換するためには代謝酵素の働きを向上させることが大切です。

ドラッグストアやネット通販などでさまざまな種類の酵素ドリンクが販売されています。独特の味で飲みにくさもありますが3日間であれば耐えられるでしょう。便通が改善されるため体内の毒素や老廃物を効果的に排出することができます

塩抜きダイエット

ダイエットで糖質制限は理解できでも、塩抜きに本当に効果があるのか疑問がある人もいるでしょう。塩分の過剰摂取によって体内の塩分濃度を高くなると薄めるために体は水分を溜め込もうとします。増えた体液や血液が下半身を中心に溜まりむくみ、セルライトの原因となるのです

塩抜きダイエットには、普段の食事の味付けから塩を除く、ナトリウムを排出する作用があるカリウムが豊富な食材を摂取する、水分を多く摂取する、などの方法があります。

リンパマッサージ

ダイエットでは代謝をよくするとともに体内の余分な水分や老廃物を効果的に排出することが大切です。そのためには、血行を改善するだけでなく水分や老廃物を運ぶ役割を担っているリンパの流れを良くする必要があります。

リンパが集まる大きなリンパ節は、耳の後ろ、鎖骨周辺、脇の下、太ももの付け根などにあります。心臓から遠い部分からリンパ節に向かってさすったり、絞ったりしながらマッサージするとリンパの流れが良くなります。

スープダイエット


脂肪燃焼効果の高い栄養素を意識して3日間スープだけを飲んでダイエットする方法です。脂質の代謝を高める効果のあるビタミンB2を豊富に含んだ食材をスープの材料として使用します。

ビタミンB2は納豆やチーズ、ブリやサバ、エリンギやマイタケなどさまざまな食材に含まれているため、おいしく食べながらダイエットすることができるのも魅力です。野菜よりも動物性たんぱく質に多く含まれているので、摂取量に注意しながらスープにして食べましょう。

サウナダイエット

ダイエットにサウナを活用する人も少なくありません。高温多湿な室内では短時間で大量の汗をかきます。デトックスや新陳代謝の向上にも効果が期待できるため女性にもおすすめです

ただ、1時間サウナに入っても消費されるカロリーは150~180kcal程度で想像以上にカロリー消費が少ないことがわかります。3日間のサウナでどれだけ痩せられるかはわかりませんが代謝を上げる効果は期待できるでしょう。

プールダイエット

プールを利用して泳いだりウォーキングをしたりしてダイエットすることもできます。水の中では体への負担が軽減されるため膝や腰などを痛める心配もありません。泳法のなかで最も消費カロリーが大きいのはクロールで、1時間当たり1,000kcal程度の消費が期待できます

3日間どれだけ泳ぐかによって体重や体脂肪の落ち方は変わってきますが、むりのない範囲内で行うようにすることが大切です。

3日間ダイエットの注意点


短期間で集中して痩せることを目的とした3日間ダイエットは大切なイベントに合わせてシェイプアップしたい場合に有効です。しかし、通常なら数ヵ月から数年かけてじっくりと行うダイエットを3日間で行うため、注意しなければならないポイントもあります。

ダイエット期間終了後は食生活に気をつける

断食などの食事制限をメインとして3日間ダイエットを行った場合は、ダイエット終了後の食生活に注意が必要です。ほとんど食事を摂取していない状態で固形物を食べると胃腸に大きな負担がかかります。

また、体が飢餓状態になっているためカロリーを摂取し過ぎるとエネルギーとして消費されずに脂肪として蓄積されることもあります。ダイエット終了後は、お粥やフルーツなどを少量食べることから始めましょう

1回だけでなく月に1度など定期的に行う


3日間の集中ダイエットはあくまでも一時的に行う緊急的なダイエット法となります。場合によってはダイエット終了後、リバウンドによって以前よりも体重が増える可能性もあります。

単発的に1回だけ行うのでなく、月1回のペースなどで定期的に行うと体が慣れるだけでなく太りにくい体質への改善も期待できるでしょう。体調に異常が見られない場合は、月2~3回、週末ごと、などのように回数を増やすことも可能です。

体調不良を起こしたらすぐに中止する

3日間ダイエットでは日頃なじみのないダイエット法を集中して行うことになります。体に大きなダメージがかかることになるため、人によっては体調不良を起こす可能性もあります。

体調不良を起こした場合は途中で効果がみられている場合であっても、すぐに中止するようにしましょう。発熱や下痢、酷い倦怠感や貧血など、少し休んでも改善が図られない場合は医師に相談することが大切です。

自己流ではなく必ず正しい知識で行う

3日間の短い期間で行うダイエットは自己流ではなく正しい知識が不可欠です。ダイエットに関する情報は雑誌やネットなどで数多く紹介されていますが、なかには体調を崩すなどのリスクを伴うものもあります。

長期間かけてじっくりと行うダイエットに比べるとリスクが大きくなる可能性もあります。必ず医師や栄養士、パソナルトレーナーなど、専門的な知識を持った人の情報を参考にするようにしましょう

自分に合ったダイエット方法を選ぶ


3日間で行うダイエットには食事制限やマッサージ、エクササイズなどさまざまな方法があります。体質や体力、体調や栄養状態、仕事に必要な体力など、個人のさまざまな状況を把握したうえで、無理のない合ったダイエット法を選ぶ必要があるでしょう。

人によってはダイエットの効果があまり得られなかったり、逆に太ってしまったりすることもあります。ダイエット法と自分との相性によってダイエット効果が高いだけでなく体にダメージが少ないものを選ぶようにしましょう

まとめ

長期間のダイエットは体に無理なく緩やかに痩せることができますが、その分ダイエットのストレスが溜まりやすくなり途中で挫折することもあります。3日間ダイエットは週末などを選んで集中して取り組むことができるため、モチベーションを維持しながら努力することができるのが魅力です。自分に合ったダイエット法で3日間で変身しましょう。