ダンスを独学で覚えるメリットは?どんな風に上達させるの?

ダンスを学びたいけれど、近くにダンススクールがない、自分に合ったダンススクールが見つからないなど、通えない状況にある場合には、独学でダンスを始めてみてはいかがでしょうか。教えてくれる先生不在で学習して、何の意味があるのかと不安に思うかもしれませんが、独学には独学で始める良さがあります。

ここでは、独学でダンスを身につけるメリットや、上達させるコツ、参考書などを紹介します。インターネット環境が整った現代であれば、努力次第で独学でも上達することができます。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

独学でダンスを身につけるメリット

いろんな世代の人がダンスを楽しんでいます。学生、社会人、子供から大人まで、幅広い世代の男女がそれぞれに勉強し、スキルアップを望んでいます。ダンススクールへ行って学ぶ方法もありますが、ここでは、独学でダンスを始めるメリットについて見てみましょう。

どんな場所でも行える

ダンスの練習は、自分の家、近くの公園、広場など、自分の好きな場所で行うことができますので、その日の気分や天候で、いつも新鮮な気分で環境を変えて行うことができます。誰にも見られたくないという時には自宅や人気のない場所で、色々な人に見てもらって度胸をつけたい、今の実力を見せたいという時には人気の多い場所など、どんな場所でも行うことができます。

自分なりのオリジナルダンスが作れる

独学ということは、自分なりに創作したオリジナルのダンスの世界を楽しむことができます。スクールで学ぶ場合には、やはり時代の流行りのダンスや、生徒が全員同じダンスを踊ることになりますので、どこか見たことのあるダンス、ということになってしまいます。その点、独学の場合、最初から自由な発想で、型にはまらないダンスを踊ることができますので、枠に囚われないオリジナルダンスを作ることができます。

自分のペースで練習できる

決まった時間、決まった練習量という縛りがありませんので、時間が空いた時、練習したい時に、自分のペースで行うことができます。誰から何の指示も受けることもなく、集中して練習したい時はじっくり取り組み、体調が悪い、気分が乗らないという時は気分転換をしてみたりと、無理なくフリースタイルでダンスに向き合うことができます。

余計なお金が掛からない

何年もダンススクールに通うとなると、毎月レッスン代がかかってしまいます。年間となると相当額になりますが、その点、独学の場合には、ネット動画やDVDを参考にして行うことになり、費用が大幅に少なくて済みますので、余計なお金がかかることはありません。懐にやさしいため、ダンスを続けることにプレッシャーもストレスも感じることなく、気長に自分のペースで楽しむことができます。

ダンスを独学で上達させるコツ

ダンススクールに通わなくても、独学でダンスを上達させることができます。そのコツやポイントについて紹介します。ダンスを始めるにあたり、たくさん不安を抱えているという人は、ぜひ参考にしてください。

自分がマスターしたいダンスのジャンルを考える

ダンスを始めようと決めたということは、何がしたいかぼんやりと決まっている方がほとんどだと思います。やってみたいダンスについて、自分のしたいジャンルについて最初に考えてみましょう。誰かに「おすすめのジャンルは」と聞いても、人それぞれに異なりますので正解はありません。自分がかっこいい、やりたいと思うジャンルを1つに絞り、そこから始めていくことがポイントです。

基礎トレーニングを欠かさない

まず最初はリズムやアイソレーションなどの、基礎トレーニングから取り掛かりましょう。基礎の土台部分が欠けていると、スキルはその上に積み上がることはありません。最初にしっかり身につけることが大切。ダンスに必要な基礎トレーニングについては、ネット動画やDVDにも情報があります。いろいろなハウツー情報をチェックするようにしましょう。技やステップなどは、基礎がきちんと固まってから。ダンスに慣れることが上達のコツと覚えておいてください。焦りは禁物です。

プロの動画も参考に

独学ですので、自分一人の頭の中で独りよがりのダンスになってしまいがちです。常に参考にするネット動画やDVDを手元に起きながら、しっかり真似をしながら身につけるようにしましょう。

ダンスの基本は相手の真似から始まります。お手本を見ながらでないと踊れない、あるいは真似たつもりで出来ているつもりでも、まったく違うダンスになっている可能性もあります。冷静になって、自分のダンスと参考の動画とどう違うのか、常にチェックするように心がけましょう。自分がどんな動きをしているか、無視せず確認しながら前に進んでください。

鏡の前で自分の動作を確認、動画を撮影して後でチェックする方法もおすすめです。知らない間に変な踊り癖がついていることや、出来ていないのに完成したと思い込んでしまうこともあります。練習の効果を毎回確認し、出来不出来については厳しく客観的に判断することが大切です。

友達からの意見も取り入れる

独学だからこそ、友達からの意見はとても重要です。いつまでたっても一人でこもったままでいると、上手くなっているのかいないのか、上達していないのであればその原因など、自分と違う目から見ることでわかることも多くあります。貴重な意見として友達にも協力をお願いして、アドバイスをもらうと良いでしょう。

独学でダンスを覚える際に便利なアイテム

独学でダンスを覚えるためには、いろいろな手段を試してみる必要があります。自由度が高い分、正解がありませんので、自分に合ったダンスとは、上達の手段とは、ネット動画や便利なアイテムを使って、モチベーションを維持し、ダンスレッスンにはげんでください。

はじめてでもおどれる!ストリートダンス入門 (入門百科プラス)

はじめてでもおどれる!ストリートダンス入門 (入門百科プラス)

はじめてでもおどれる!ストリートダンス入門 (入門百科プラス)は、ストリートダンスを基礎からやさしく学ぶことができる、ダンス実用入門書となっています。人気の高いアーティストを排出しているダンス・ボーカル・アクトスクールが監修していますので、基本的なステップから、上級につながるダンスの基礎を習得したい人におすすめです。

ファッションやヘアスタイル、スクールの紹介までサポートしていますので、ただのダンス教材としてではなく、初心者の人から幅広く楽しめる内容となっているのが特徴です。

1st STEP HIPHOP 超入門編 [DVD]

1st STEP HIPHOP 超入門編 [DVD]

1st STEP HIPHOP 超入門編は、1週間でダンスの基礎を学ぶことができるストリートダンスのハウツーDVD入門編です。ヒップホップにスポットを当てた内容となっており、徹底的に基礎を学ぶことができます。

たのしいHIP-HOPダンス入門 (BBM48DVD BOOK # 5)

たのしいHIP‐HOPダンス入門 (BBM48DVD BOOK # 5)

たのしいHIP-HOPダンス入門 (BBM48DVD BOOK # 5)は、振付師・総合演出家である井上さくらによるヒップホップに集中した解説本です。ヒップホップの基礎を固めたい人におすすめです。

まとめ

ダンススクールに通える環境ではなくても、工夫次第で独学でもちゃんと上達することができます。自分のペースででき、費用もかからないメリットを生かして、ネット動画やDVDを見ながら、しっかりと基礎を勉強してからスキルを積み重ねていきましょう。