赤ちゃんの便秘解消は方法と効果を理解することが欠かせない!関連するサプリを紹介

プレママたちが悩むこととして、赤ちゃんの便秘があげられます。赤ちゃんってミルクしか飲まないのにどうして便秘するのか?疑問に思うママも多いのですが、赤ちゃんの腸はまだ未熟、押し出す力が弱い子もいて、便秘になりやすいといわれているのです。

でも真っ赤な顔をしていきむ赤ちゃんを見ているとママも苦しくなります。そのくらい必死にいきんでも出なくて、苦しそうな子もいます。便秘もあまり長いとよくないというし・・・病気ということもあるので、どうしても出ない、ミルクを飲まなくなったという場合、医師に相談してみることも必要です。

赤ちゃんの便秘解消について

赤ちゃんが便秘をして病院に行ったら、このくらい大丈夫と笑われたという経験をお持ちのママも多いと思います。でもママとしては、1日でも出ないと気になります。どの位でないと怖いの?便秘になるのはどうして?などママの不安は尽きないのです。

赤ちゃんの便秘について少し詳しくなっておくことで、便秘になっても焦らず様子をみたり、病院に連れて行く事を考える事もできます。赤ちゃんの便秘を少し理解しておくべきです。

3~5日間便通がない時や量が少ないときは便秘を疑う

どの位から赤ちゃんは便秘という状態になるのか、これもママたちが不安に思うことになります。3日から5日程度便通がなく、量も少ないという場合、便秘の可能性が高いです。

この場合、様子を見て白湯を飲ませたり、オリゴ糖入りの白湯で腸の運動を促すなどしてみるといいと思います。それ以上に出なくて苦しそうという時や、ミルクを飲まなくなったという時には病院に行くべきです。

離乳食期は食生活が便秘の原因となる場合もある

離乳食の時期はそれまでミルクだけを消化すればよかった赤ちゃんの腸が馴れていないということ間もあり、便秘しやすくなるといいます。離乳食の食材をすすめたら、便秘になったという子もいますので、食事内容を変えてみると出ることもあるようです。

食べ過ぎて消化できないとなるとひどい下痢になることが多いので、食材の違いで便秘になることが多いのですが、長く出ないという場合、医師に相談してもいいと思います。3日から5日程度なら便秘する子も多いので、様子を見る方がいいです。

授乳しても吐いてしまう場合は便秘をしている可能性が高い

便秘が継続していて授乳してもはくという場合、何か病気があったり、症状として出てきている子もあるので、医師にみせる方が安心です。病気という状態ではなくても、赤ちゃんの腹筋で出し切ることのできない方さになっていることもあります。

便を出す方法やオリゴ糖を飲ませるなど何らかの措置をしてくれると思うので、医師にみせる方が安心です。便秘もひどくなるとカチカチになって難しく出すことがなるので水分を補給する事も行ってみます。

乳児期の場合は腸が発達していないことが便秘の原因となる場合もある

大人の腸とは違い赤ちゃんの腸は未熟で、思うように動いてくれないこともあるようです。それが便秘につながっていくこともあるので、それほど心配しなくても大丈夫といわれています。

医師にみせるのが大げさ?と心配のママは、保健師さんや電話相談室などを利用して聞いてみると安心です。ママもストレスをためないようにすることが育児にとって大切なことなので相談する場所を持っておくことも考えると気持ちが楽になると思います。

赤ちゃんの便秘解消で最適な方法

何時も便秘する赤ちゃんに何もしてあげられないとナーバスになるママもいますが、保健師さんなどに相談すると、意外とすんなり、こうすると出るわよと解決してくれることもあるので、相談することも必要です。ずっと一人で悩んでいると苦しくてストレスになります。

また昔から利用されてきた赤ちゃんの便秘を解消する手段もあるので、こうした知恵を持っておくと安心できます。いくつか紹介しておきますので便秘の赤ちゃんがいたら試してみてほしいです。

浣腸で便秘を改善する場合は病院で対応してもらう

余りにも硬くなっている便をまだ未熟な腸の赤ちゃんに出せといってもなかなかできないことが多いので、医師に相談して対応してもらうことも考えます。赤ちゃんの場合、飲み薬ではなく、赤ちゃんに利用できる浣腸で解決する事が多いようです。

悩んでどうしようか考えつつ病院に相談にいき、行ってみたら浣腸で解決したスッキリするママも多いので、遠慮せず、医療機関に相談に行きます。それがストレス解消になりますし、便秘も赤ちゃんが苦しい事なので解決できる方がいいのです。

食べ物や飲み物で体の中から便秘解消

消化がよく水分が多い食べ物など、離乳食が始まっているお子さんは、それで対応してみるといいと思います。水分が多く食物繊維の多いものを離乳食として与え、解決したという意見もよく聞くのです。

白湯を飲ませるようにしたら出たということもありますし、お風呂上りにタイミングよく飲ませるとリズムができて便が出やすくなったという意見もあります。どうすれば便を出しやすくなるのか、ママと赤ちゃんでリズムを作ることも必要です。

あわせて読みたい

お手軽な飲み物で便秘解消!つらい便秘に効果あり!

続きを読む

果汁や砂糖水で腸内に必要なオリゴ糖を摂取

果汁、オリゴ糖入り飲料、また砂糖水でも便秘の解消となることがあります。オリゴ糖は赤ちゃん製品を販売している所にありますし、ドラッグストアなどでも売っているようです。

砂糖水は自宅でも作れますし、ミカンなどの柑橘系で便秘が解消し多ということも利きます。効果がある赤ちゃんもいますし、効果のない子もいますので、色々試してみることも必要です。

赤ちゃんにマッサージをしてリラックスさせる

環境の変化などからストレスを受けて緊張状態で便秘するということもあるようなので、リラックスできるマッサージなどを施すのもいいと思います。お腹をゆっくりとあまり圧迫せず、マッサージしたり、ママが素手で素肌に触るだけで心地よくリラックスできる子も多いのです。

わが子の便秘解消法を会得しておくと、便秘が長引くときに対応できる手段となります。足や手をさすってあげる事でもリラックス効果があるのでやってみると意外と出るかもしれないです。

便秘解消に欠かせないサプリ

便秘に欠かせないサポートとなるのがサプリメントです。赤ちゃんが便秘するのもかわいそうですが、ママが便秘でストレスがあるという状態もよくない状態になります。ママも赤ちゃんも健康にいられることが一番です。

便秘にいいサプリメントはたくさんあり、自然派の物も多くなっています。お薬はおなかが痛くなったり、急激に下痢のような症状になることもあって苦手という人も少なくありませんが、サプリなら安心です。

快朝酵素プラス酵母

快朝酵素プラス酵母 248粒
快調酵素プラス酵母は、酵素と酵母の働きでスッキリ便通を呼び起こしてくれるサプリとなっています。天然成分のオオバコやキダチアロエエキスが配合されていて、痛くない自然のお通じを促してくれるのです。

食物繊維もたっぷりで穀物麹も利用されていて、現代人に不足しているといわれている酵素も補うことができる商品となっています。便通を自然に・・という方にお勧めできる商品です。

快朝24粒

◎快朝24粒 【初回限定特別価格】※1世帯様2袋限り
食物繊維や天然オオバコ、キダチアロエ、それにコラーゲンや乳酸菌などの美容成分が配合され、女性に嬉しい便秘解消サプリとなっているのが快調24粒、朝自然なお通じを臨む方に人気となっています。体の内側から優しい効果があるので、痛みなども全く感じない商品です。

生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌が配合されています。貯まりやすい不要なものを食物繊維と海藻のぬめりでつるっと押し出します。フコダインが効果のポイントとなっているのです。毎日のスッキリを応援してくれるサプリとして人気のある商品となっています。

五穀の糀と乳酸菌プレミアム

五穀の糀と乳酸菌プレミアム 1袋 93粒入り
五穀の糀と乳酸菌プレミアムは主役級と呼ばれる5大成分を一気にとれるサプリとして人気です。毎日、すっきり出したいけれどうまくいかないという人に、また栄養が不足しがちな人にも効果的な商品となっています。

五穀の麹によって不要物を分解、お腹のお掃除をしてもらい、乳酸菌、EC-12株が体内活動を活発化してくれるのです。ビフィズス菌が腸内に届くように世界初の技術が採用されています。ヨーグルト約45個分問いう4500億個の乳酸菌が配合されている驚異の商品です。

どっさり満足ダイエット

【お得】どっさり満足ダイエット(1袋180粒×3袋)
どっさり満足ダイエットというサプリには、キャンドルブッシュという成分が豊富に含まれています。食物繊維がたっぷりのキャンドルブッシュだけで作られているというシンプルなサプリです。

キャンドルブッシュというのはポリフェノールやミネラル、食物繊維の宝庫といわれている植物で、インドネシアなど過酷な地域に自生するマメ科の植物になります。健康にも美容にもいい成分が豊富で、独自成分も含まれているため、注目されているのです。

お通じにも最適な成分として人気が高く、この商品を利用して便秘を解消できたと人も多く、便秘予防にも利用されています。美肌になる要素も持っているサプリなので女性に大人気です。

まとめ

便秘が継続するとお肌の調子も崩れますし、お腹がはり夜眠ることもできないという人がいます。お腹がはると苦しくて腰が痛くなるという人もいるのです。快眠できないと血液の巡りが悪くなり、それが便秘をさらにひどくすることもあります。便秘は体にとって、良い状態といえないのです。

便秘くらいどうってことないでしょ?という人もいますが、便秘になってみると苦しくて、本当に嫌なことだと気が付きます。快適な便通は健康の源と考えて、予防、また改善方法も理解しておくべきなのです。