妊娠中の便秘解消はお腹の赤ちゃんの事も考えることが重要!関連する本も紹介

妊娠中に便秘になると腰の方まで痛くなるという人も多く、通常よりも痛い、苦しいと感じる妊婦さんが多いようです。子宮という普段はない内臓がある状態で便秘になるのですから、確かに普段よりも違和感が強かったり痛みを感じるというのも納得できます。

でも便秘だからそれほど問題ないでしょ?と高をくくっている人多いのです。しかしいざ妊娠中の便秘になると苦しくて、切なくて、何とかしたいと後悔する人も多いといいます。便秘を解消するためにどのようなことが必要となるのか、しておくべきか?知識を持っておく方がいいのです。

妊娠中の便秘解消について

妊娠中の便秘解消はかなり切実な悩みとなっているという方も多く、痛みや圧迫感など、眠れないという人もいます。しっかり改善するためにはどのようなことが必要となるのか、理解しておくことも重要です。

ツボ、刺激、また負担をかけないようにストレッチなどを行うことも必要なことになります。勿論食べ物に気を使うことも大切です。

刺激やツボ押しで便通を促す

便秘にいいツボなどを刺激して便通を促す方法があります。まずウォシュレットなどの温水洗浄機付きトイレが刺激できる方法です。温水で直腸を刺激する方法なら安心して行うことができると思います。

ただこうした方法を繰り返し行っていると、ウォシュレット症候群と呼ばれるトラブルを起こす可能性もあるので、あくまでも食事や運動で便意を感じない時に利用する方が安心です。洗い過ぎなどにならないように心がけて行います。

大腸愈(だいちょうゆ)と呼ばれるツボを刺激する方法も利用してみると効果的です。骨盤の上部と背骨が交わるくらいの場所にあるツボになります。背骨の中心部分から指2本分くらい外側に位置するツボを刺激する方法です。土踏まずをもむことでも刺激となって便通になることもあるので行ってみるといいと思います。

身体に負担をかけないストレッチや運動で便秘解消

妊婦さんも健康な状態ならストレッチや運動などで便秘を解消することもできるので、体を動かすことも必要と考えておく方がいいです。医師から運動しないようにと注意を受けている人は避けます。

身体をひねる、伸ばすなどの運動は便秘に効果的なストレッチとなりますし、腰痛予防になる運動です。肩幅くらいに足を広げて立ち、体を左右にひねるストレッチを行うと、背中も腰も気持ちがいいですし、便秘改善につながります。

あわせて読みたい

便秘解消ストレッチって何?効果的な方法とは

続きを読む

身体の基本となる食べ物や飲み物で便秘解消を促す

食べ物、で飲み物など便秘改善、予防を考える事もでき、これは日ごろから栄養素を考えて行っておくといい方法です。食物繊維を程よくとる事が求められます。

不溶性植物繊維は便を増やすので便がしやすくなるといわれているため、こうした食品を積極的にとるといいようです。そのほか水溶性食物繊維も腸内環境を整えることになり根野菜、海藻、大豆、それにプルーンは食物繊維も鉄分も豊富で妊婦さんにお勧めできます。

ストレスを溜めないようにする事が便秘解消には欠かせない

ストレスを感じる血液の流れが悪くなるので、便秘につながることも多いです。そのため、なるべくリラックスして気持ちよく毎日を送ることが必要になります。運動などもストレス解消になりますし、音楽を聞くというだけでもリラックスできる方法です。

お風呂にゆったり入ると、お腹の重さも忘れる事ができリラックスできるという妊婦さんも多く、お風呂タイムを有効活用することも大切なことになります。ストレス解消できる術を持っておくことで便秘予防にもつながるのです。

妊娠中の便秘解消にかかせない食事

便秘を解消する第一の手段、基本となるのが食事といわれています。食物繊維の多い食事を心がけることで、便のカサを増すことができ便秘の改善となりますし予防することも可能です。

肉、野菜、魚などバランスよく摂取する事が大切で、その中でマグネシウムやカルシウムなどの接種も考えるといいと思います。大豆製品はホルモンバランスを良くしてくれる要素となりますので、納豆、豆腐なども程よく利用すべきです。

緑黄色野菜でビタミンや食物繊維をしっかり摂る

ビタミンや食物繊維を補給する事は、妊娠中以外でも、便秘予防、改善につながります。食物繊維も水溶性食物繊維や、不溶性食物繊維をバランスよくとることが必要です。

硬い便に悩む妊婦さんは水溶性食物繊維が効果的で、果物のほかにも根野菜に多く含まれているので、食物繊維をしっかり摂取できる要因となります。水分をしっかり取ることも必要ですが、カフェインはあまりとりたくないので水が基本と思っておくと安心です。

玄米等の穀類を摂ってカルシウムやマグネシウムを摂り入れる

便秘薬にもよく利用されているマグネシウムは、小さいお子さんにも利用されているお薬にもはいっています。こうした栄養素を食事でとることも必要です。

お薬を利用するよりも日々の食事の中でバランスよく摂取する方が自然ですし、負担も少ないと思います。玄米などにはこうしたマグネシウム、カルシウムなどが豊富なので、積極的に摂取するといい食品です。

肉や魚でたんぱく質を摂ることも筋肉の維持に欠かせない

妊婦さんは出産を控えているので、ある程度筋肉を保持する食品類も必要となります。体重を増やさないようにと指示されると、どうしても肉類などを避けるようですが、バランスよくとるということが大切なのです。

タンパク質が豊富な肉類、魚類などの接種も考慮し、野菜や海草類などを含む、多くの食品を取り入れた食事を行うといいと思います。栄養素について書かれている本などを参考にしている妊婦さんもいるようです。

大豆製品でホルモンバランスを整える

大豆食品は、納豆、豆腐などいろいろなものがあり、世界的にも日本の大豆食品は注目されています。栄養素が高くヘルシー、色々な調理に利用できる優れものです。これを便秘に活かすことも考えるべきです。

大豆には女性ホルモン様作用のある成分が含まれており、妊娠中、ホルモンバランスが不安定な状態にも効果的といわれています。大豆は食物繊維も多くタンパク質の宝庫、畑のお肉です。便秘にいい食事にも活用していきたい食材として食事の中に取り入れます。

妊娠中ついての本

妊娠についての本はたくさん販売されていて、中には便秘に効果的な食事などを詳しく掲載している本もあるようです。いろいろな本があり、購入されるときに迷ってしまうと思いますが、どんなことが書いてあるか、理解することで目的に合った本を購入できる要素となります。

色々な本がありますが、便秘について、またそのほか目的に沿ったことが書かれている本を利用するとためになる本として妊娠中も出産中も活躍する本となるはずです。パパもパパも読める本が多いので、夫婦で出産前に読んでおくといい本が多くなっています。

妊娠・出産新百科 最新版オールカラー―月数ごとに「見てわかる!」

妊娠・出産新百科 最新版オールカラー―月数ごとに「見てわかる!」 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)
妊娠・出産新百科 最新版オールカラー―月数ごとに「見てわかる!」は、安心のお産をしたいと願うママたちに選ばれている書籍であり、妊娠月数別に今知りたいと思うことがすぐにわかるようになっています。ママのお腹、体の変化などを理解できるので、とてもためになる本です。

妊娠しやすい時期や、どういうことを行えばいいのか、また注意すべき点等もわかるので、妊娠中の不安に対応できる本となります。パパにも深く読んでほしい本です。

自然派ママの食事と出産・育児

自然派ママの食事と出産・育児
妊娠中は毎日の食べ物についても気にものです。特に便秘になると自分も苦しいし、踏ん張る時にも赤ちゃん大丈夫?と気になります。妊娠中にしっかり摂取しておきたい栄養素などを詳しく理解できる本が「自然派ママの食事と出産・育児」です。とてもやさしく解説してくれているので読みやすくわかりやすいと評判です。

風邪をひきにくい体を作りにしても、食べ物が関係しているということを知る事が出来れば、日々の食事に気を使うこともできます。食事について非常に詳しく説明してくれているので、読みやすく、妊娠中の便秘にも役立つ本です。

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)
この本はママたちがパパに絶対読ませたい本として人気が高い本で、「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本」という題名だけでも、パパに本気で読んでほしいと考えるママが多いと思います。こうしてほしいのに、と思うママたちの言葉がそのまま書かれているように感じるのです。

パパに不満がある時、わかってほしい時など、ちょっとテーブルの上において読んでおいてほしいという意見が多く人気の本となっています。便秘したり、不安定になったり、妊娠中のママたちは本当に大変なのです。

はじめてママ&パパの妊娠・出産

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (主婦の友実用No.1シリーズ)
妊娠して辛いのは、不安なのは自分だけ・・と思っているママも多いのですが、実は初めての妊娠はパパにとっても非常に不安なこと、怖いと思うこともあります。でもお互いにお互いの気持ちや心を理解する事が必要で、そのことについて不安を払しょくしてほしいと作られている本というイメージです。

お腹の中で今わが子がどんなふうになっているのか?また妊娠、出産で理解しておきたい必要なことがかかれています。これは読んでおくと、お互いに不安が少なくなり、気持ちを通じ合える本になる・・・とパパに読んでほしいレクチャー本なのです。

まとめ

妊娠中は体にいろいろな変化があり、その一つが便秘といわれています。多くの妊婦さんが便秘に悩み、病院に駆け込むこともあるといわれているのです。便秘を解消する事はおなかの赤ちゃんにとっても重要なこと、これを理解すると、もっと真剣に便秘解消に取り組めると思います。

どうして便秘してしまうのか、どうすれば便秘を解消できるのか、等も理解し、楽しく健康的な妊娠生活を送ることが必要です。パパとママと力を合わせて妊娠生活をエンジョイしてほしいと思います。