エステの資格はどうやって取るの?種類は?プロになって施術したい!

美容の専門家になりたい、そんな夢を抱いた時、気になるのがエステの資格についてです。エステティシャンになるためには、どんな資格が必要になるのでしょうか。実は、絶対に取らなければいけないという国家資格のようなものは存在しません。ただし、民間団体が認定する関連資格が複数存在するため、多くのエステティシャンがそのような資格を取得してプロになっています。

ここでは、これからエステティシャンを目指すという方のために、資格をとるための方法や、民間資格の種類を紹介します。また、エステティシャンにならなくても楽しめるエステグッズも紹介していますので、ぜひご覧ください。

エステティシャンの資格を取る方法


エステティシャンになるには、特別な学歴や資格は必要ありません。かと言って、まったく知識やスキルのない人間がエステティシャンになれるかと言うと、お客様について施術をするまでかなりの時間がかかると考えた方がいいでしょう。

最短で効率よくエステティシャンになるには、やはり専門知識を基礎から学んだ人が有利だと言えます。

専門学校に通う

大手の業者の場合、エステティック専門学校の卒業生から正社員として雇うケースも多く、即戦力として働くのであれば、専門学校に通ってしっかり知識とスキルを身につけることが現実的と言えます。専門学校と一口に言っても、様々な種類があり、学校によっては、「日本エステティック協会」のような、エステ関連の協会から認定を受けている学校もあります。

こうした「認定スクール」に通うことで、資格を取得するための条件である実務経験が免除されるというメリットがあることがあります。さらに、多くのエステティシャンを就職させてきたという実績があり、業界内での太いパイプや信頼を得ていますので、大手エステサロンからの求人がたくさんあり、就職しやすい可能性も高いです。入学から就職まで一貫して手厚いサポートがある専門学校を選べば、就職がより有利になります。将来のことを見越して学校を選ぶのなら、そういった要素も重要になりますので、事前にしっかり情報集収を行うようにしましょう。

通信教育


最近特に増えてきているのが、通信教育で学ぶ方法です。仕事や住んでいる地域に専門学校がなく、通学ができない場合には、通信教育も手段の1つとして考えてみてもよいでしょう。通信教育のカリキュラムは、通学で学ぶ内容とまったく同じという訳にはいきませんが、時間や場所にとらわれることなく勉強できることが最大のメリットとなります。

基礎的なことは通信教育でも十分に身につけることができますので、学費などの面で考えても、通学よりはリーズナブルな方法となります。市販のテキストやネット動画だけを見て独学するよりかは、現実的で効率的な学習方法だと考えることができるでしょう。

エステサロンで働く

エステサロンで働くことで、まずは現場で経験を積み、力をつけてエステティシャンとしての実力とスキルを磨くという方法です。エステティシャンの中には、実際に資格を持たずにサロン勤務をしている人もいます。ただし、この場合には、基礎や知識、技術がない状態からのスタートですので、通常、ちゃんとしたプロとして認められるまで相当な時間と努力が必要になると考えられます。もちろん、エステサロンで働きながら必要な実務経験を積むことができれば、その後資格試験を受けるという方法もあります。

各協会の正会員になる


各協会が設定する資格申請を満たし、正会員になることで資格を得ることができます。例えば、「日本エステティック協会」の場合、「認定エステティシャン」として活動を行うには、日本エステティック協会に入会し、正会員になることが条件になります。入会手続きをするには、協会の認定校で300時間以上コースを受講し、認定校を通じて入会手続きをします。スクールの卒業生の場合には、入会金が免除となり、初年度の年会費も割引特典が付いています。

エステティシャンにおける民間資格の種類

エステティシャンになるための絶対必要な資格はありませんが、民間団体が認定する資格は複数あり、そのような資格を持っていることで、就職にも有利だったり、お客様にも安心感を与えるなど、たくさんのメリットがあることも事実です。では、エステティシャンの代表的な資格の種類を紹介します。

AEA認定エステティシャン

AEA認定エステティシャンは、日本エステティック業協会が認定する資格です。この資格は、エステに関する知識や技術を兼ねそろえた人物を認定するものです。それにより、多くのお客様からの信頼を得ながら、エステティシャンの資質の向上・社会的な地位の確立を目指すことを目標に掲げています。

AEA認定エステティシャンの資格を取得するには、AEA認定校に通う、または、実務経験を積み、サロンで働きながら受験する方法の2通りとなり、その試験とは、筆記試験と実技試験があります。

認定エステティシャン

日本エステティック協会が認定する「認定エステティシャン」は、正会員対象となっており、エステティックに関する理論・技術を理解し、習得したエステティック業界の中核を担うエステティシャンであるかが能力基準となります。

資格を取得できるのは、エステティシャンセンターの試験に合格している人、または、協会認定校で300時間過程を修了、または実務経験を3年以上ある人となります。試験内容は、技術試験と筆記試験があり、資格取得時にはディプロマと資格バッジが交付されます。

認定トータルエステティックアドバイザー資格


この資格も、認定エステティシャン同様、日本エステティック協会が認定する資格となります。正会員対象で、エステティックのプロとしての実務経験を活かし、業界をリードする指導的立場を担うエステティシャンかどうかが能力基準となります。試験内容は、ケースヒストリー作成、小論文、面接(2017年度から新試験へ改定予定)です。資格を取得すると、ディプロマと資格バッジが交付されます。

ビューティー・セラピー・ディプロマ

ビューティー・セラピー・ディプロマは、CIDESCOが認定する、エステティックの品質が最も高く評価されている国際資格です。資格の取得方法は、CIDESCO国際認定校を卒業して取得する方法と、ポストグラジュエイト、エステティシャンとして働きながら取得する方法があります。

学生受験は、CIDESCO国際認定校にて1200時間以上のカリキュラムを受講、またはCIDESCO国際試験合格、試験合格後、2年以内にエステティックサロン、または、スパで600時間の実務経験が条件です。一般受験は、指定の資格を取得していることや、エステティックの基礎教育を600時間以上受けていること、エステティックに関連した実務経験が3年以上あること、受験申込書類の審査に通過すること、以上です。

資格がなくても楽しめる、御手軽エステグッズ

各協会の資格を取得していなくても、自宅で簡単に楽しめるエステグッズを紹介します。

7色LED美顔マスク 家庭用LED美顔器 コラーゲンマシンマスク 光エステ 美白 ニキビ対策 日本語説明書付き コントローラ付き gold

7色LED美顔マスク 家庭用LED美顔器 コラーゲンマシンマスク 光エステ 美白 ニキビ対策 日本語説明書付き コントローラ付き gold

7色LED美顔マスク 家庭用LED美顔器は、美容用の特殊なLEDライトで、美肌効果があるエネルギーだけを皮膚に与える美顔マスクです。最新の7色モデルで、従来の垢・青・緑に、黄色・水色・紫色・白色の4色が加わりました。

肌に照射すると、血行が良くなり、細胞の代謝を活発化し、お肌にハリと弾力を取り戻します。透明感がアップし、キメも整えてくれるオススメエステグッズです。操作が簡単で、自宅で手軽にエステのプロの技を体験することが可能。肌質改善、翌日すっきりとしたツルスベ肌が手に入ります。

 

イオンホットローラー 【 温熱 イオン 美顔器 】 超音波 イオン導入 目元 口元 マッサージ ローラー! 家庭で手軽に 本格 エステ (1.ホワイト)

イオンホットローラー 【 温熱 イオン 美顔器 】 超音波 イオン導入 目元 口元 マッサージ ローラー! 家庭で手軽に 本格 エステ (1.ホワイト)

イオンホットローラーは、イオン導入、超音波振動、温熱マッサージの3つの機能でお肌の徹底ケアができる美顔器です。気になるハリ不足、年齢サイン、肌トラブルをイオンホットローラーが徹底的にケア。また、目元をすっきり、やさしくマッサージしてくれます。

他にも、1秒間に300万回の振動でお肌に働きかける超音波振動、ふっくら潤うハリ美肌へと導くイオン導入などの機能があります。アンチエイジング効果、リフトアップ、目元・口元ケアにオススメの美顔器です。

 

パナソニック 目もとエステ 白 EH-SW65-W

パナソニック 目もとエステ(白)Panasonic EH-SW65 の限定モデル EH-CSW65-W

パナソニック 目もとエステ 白 EH-SW65-Wは、小型ファン内臓で、たっぷりスチームで目元の集中保湿ケアができる目元エステ美顔器です。乾きがちな目元の隅々まで潤し、メリハリのある温感が続きます。

好みで選べる3つのリズム設定(リフレッシュコース・リラックスコース・クイックコース)が可能、自宅でのリラクゼーションに、寝る前のひとときに、オフィスで、シーンに合わせて使用できます。目もとエステでケアした後は、お肌の水分量アップ、また、温感ヒーターは2つの温度モードが選べます。

まとめ

エステティシャンを目指すのであれば、民間団体が認定する資格を取得することがプロになる効率的な方法です。資格を取るには、専門学校や通信教育、エステサロンに就職する、協会の正会員になるなど、様々な方法がありますので、自分の環境に合わせて選択するようにしましょう。国家資格はありませんが、影響力を持つ資格が複数存在しますので、どの資格を持つかよく考える必要があります。