お尻の筋肉を鍛えたい!効果的な筋トレと無理なくできるストレッチ

お尻の筋肉を鍛えたいと思っている人が始める前に読むと参考になる、ストレッチ方法や筋肉トレーニング方法を詳しく紹介しています。お尻を無駄なく鍛える知識も身につけておくことが出来るので失敗しないお尻ダイエットが出来ます。

お尻の筋肉を鍛えるメリット


お尻の筋肉は年齢と共にたるんできてしまいます。特に女性はお尻がたれないようにいろんな運動をしてきれいな形のお尻を保とうとします。そこでお尻を鍛えます。お尻を鍛えることでどんな効果があり、何が手に入るのかを見ていきます。お尻のたるみで悩んでいる人には必見のお尻を鍛えることでどんな効果があるのかを紹介します。お尻を鍛えることで骨盤のゆがみや姿勢まで鍛えることが出来ます。

美尻が手に入る

お尻を鍛えることで最初に考えられるメリットとして、美尻があります。お尻を鍛えるということは、引き締まったお尻を作ることが出来ます。引き締まったお尻は誰が見てもきれいに見えます。特に垂れ下がっていたお尻がキュッと上に上がってきれいなシルエットに変わります。お尻のサイズも1ランク下がって小さなお尻に変身できます。美尻を保つためには鍛えなければいけない筋肉があります。大殿筋というのがお尻の表面を覆っています。その大殿筋を鍛えることでキュッとしまったお尻を保つことができます。もう一つは中殿筋で、この筋肉は大殿筋の内側に位置していて普段意識していない筋肉ですが、この筋肉を鍛えることでヒップのたれを防ぐことができます。美尻は女性が最終的に望んでいるもので気持ちもポジティブ志向になります。

便秘解消にも効果的

お尻を鍛えることで骨盤のゆがみなども一緒に解消されます。骨盤のゆがみは便秘に影響して、鍛える前に便秘で悩んでいたような人はお尻を鍛えることで便秘が解消されることはよくあります。その場合、お尻を鍛えることで骨盤のゆがみが修正されて正しい骨盤の位置になることで便の通りも良くなります。便秘だった人が快便になることがあります。

姿勢が良くなる

お尻を鍛えることでなんと姿勢が良くなることがあります。お尻を鍛え骨盤のゆがみをなくすることで、体のバランスが良くなって姿勢も良くなります。お尻を鍛えることで骨盤が上に起き上がってくれます。そのため今まで猫背だった人も姿勢が良くなり猫背が改善されます。お尻に力を入れたときに上半身の姿勢があるべき姿勢になります。

お尻の筋肉を鍛える筋トレ3つ

お尻を鍛えることでいろんな効果があるのはわかりました。そこで、お尻を鍛えるにはどんなことをしたらいいのか見ていきます。自宅で出来るお尻を鍛える筋肉トレーニングがあります。代表的な3つの筋肉トレーニングを紹介します。この3つの筋肉トレーニングをすることで引き締まったお尻を作ってくれて姿勢も良くなります。

下半身全体を鍛えるスクワット


お尻を鍛えて美尻を作るのに適しているのがスクワットです。スクワットは自宅でも簡単に出来て時間もあまりかかりません。女性が自宅で美尻になりたいのであればスクワットはおすすめの筋肉トレーニングです。スクワットは誰もが知っている筋肉トレーニングでやり方は教える必要もないくらい有名です。

実際にスクワットをやってみましょう。両足を開いて立ちます。両手を床と平行で肩の高さまで上げます。膝は曲げて馬に乗ったときのような体勢を作ります。スクワットを毎日することでお尻の筋肉だけではなく、太ももの筋肉も同時に鍛えることが出来ます。下半身全体を鍛えてくれてキュッとしまった下半身とお尻を作れます。

レッグランジで体幹も鍛える

お尻を鍛えるのに適した筋肉トレーニングにはレッグランジというものがあります。両手を下に下ろした状態で自然に立ちます。右足を前においてから膝を曲げていきます。そのとき左足を床に着くくらいまで曲げていきます。この動作を左足でも行います。レッグランジではハムストリングスや大腿四頭筋を鍛えることが出来ます。

お尻と背中を鍛えるバックキック

バックキックという筋肉トレーニングもお尻を鍛えることが出来るトレーニングです。お尻だけではなく背中も一緒に鍛えることが出来るので姿勢も良くなります。バックキックは床に両手と両膝を付いて動物の体勢を取ります。次に右足を床から上げて後ろへ真っ直ぐに伸ばします。次に右足を元の位置に戻して左足を後ろに真っ直ぐに伸ばします。両足を伸ばす動作を1セットとして数十回行います。これでお尻をキュッと引き締めるだけではなく背筋も鍛えることが出来ます。

無理なく続けられるストレッチでヒップアップ


お尻を鍛える方法として筋肉トレーニングだけではなく、軽いストレッチをすることでも鍛えることが出来ます。ストレッチは女性でも簡単に出来るのでシェイプアップやダイエットにも向いています。骨盤ストレッチにはいくつか方法があり、寝たまま出来るストレッチや座って出来るストレッチを紹介します。ストレッチをすることでお尻を鍛えるだけではなく骨盤を修正するのに効果的です。

寝ながらできる骨盤ストレッチ

骨盤矯正ストレッチには寝たまま出来るストレッチがあります。風呂上りにベッドや布団の上で出来る簡単なストレッチとなります。両膝を立てた状態でベッドに横になります。膝を立てた両足を右に倒していきます。倒した上体で10秒ほど体勢を維持します。元に戻して左側に膝を倒していきます。これで1セット完了となり、10セット程度毎日行えば骨盤矯正が出来てきれいな姿勢を作ることが出来ます。

座ったままできる大臀筋のストレッチ

座ったままできる大臀筋のストレッチと言えば、代表的なのがイスに座った状態で出来るストレッチがあります。まず、イスに座ります。右側の足を左足の上にもっていきます。このとき左手で右足を持って体勢を安定させます。組んだ足へ胸をつけるイメージで上半身を前に倒していきます。そのとき背筋をしっかりと伸ばした状態で曲げます。

筋トレにストレッチをプラスしよう


ここまでお尻を引き締めるための寝て出来るストレッチと座って出来るストレッチを紹介してきました。ストレッチだけでもお尻をキュッと引き締めることは出来ます。よりお尻を引き締めて姿勢をよくするには、ストレッチに筋肉トレーニングを行う事でお尻をきれいにすると効果が倍増します。短期間で理想とする姿勢やお尻を作ることが出来ます。

お尻の筋肉を鍛えるおすすめ商品

お尻を鍛えるためには、ストレッチや筋肉トレーニングで健康器具を一緒に使うとより効果が上がるものを紹介します。たくさんの女性が利用しているお尻を鍛える健康器具なので参考になります。人気があってストレッチや筋肉トレーニングで併用すると便利な健康器具や書籍を3つ紹介します。参考にして自分に合ったものを使ってみましょう。

RanBow 小尻ベルト ヒップアップベルトエクササイズ用ベルトダイエット用ベルトフィットネス用マシン筋肉ベルトEMS筋トレマシーンUSB充電式ベルト美姿勢ベルト 巻くだけで下半身スッキリ/お尻や太ももを引き締める/無意識のうちにシェイプアップ/10種類のモードの模擬運動


RanBow 小尻ベルト ヒップアップベルトエクササイズ用ベルトダイエット用ベルトフィットネス用マシン筋肉ベルトEMS筋トレマシーンUSB充電式ベルト美姿勢ベルトを使うと、お尻を引き締めるときにより効果を発揮してくれる器具になります。RanBow 小尻ベルト ヒップアップベルトエクササイズ用ベルトダイエット用ベルトフィットネス用マシン筋肉ベルトEMS筋トレマシーンUSB充電式ベルト美姿勢ベルトは、お尻に巻くだけでヒップアップやダイエット効果があります。ストレッチや筋肉トレー二ングと一緒に併用すると便利です。

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット
お尻ダイエットにはかかせないのが書籍です。知識も頭に入れておくだけで効果的なお尻を作り出すことのサポートができます。知識としてお尻リセット書籍を読むことも重要です。

FlyCreatフォームローラー 筋膜リリース 2つ ミニ グリッド ハーフ ヨガポール ストレッチ トリガーポイント 肩こり腰痛 改善 トレーニング

FlyCreatフォームローラー 筋膜リリース 2つ ミニ グリッド ハーフ ヨガポール ストレッチ トリガーポイント 肩こり腰痛 改善 トレーニング
FlyCreatフォームローラー 筋膜リリースはお尻をシェイプアップするだけではなく、肩こりや腰痛で悩まされている人が使うとより効果的に使うことが出来ます。そんな健康器具がFlyCreatフォームローラー 筋膜リリースとなります。

まとめ


お尻がたるんでしまって何とかしたいと思っている人に、おすすめの筋肉トレーニングとストレッチを紹介してきました。お尻を鍛えるだけではなく、姿勢を良くしたり体幹を鍛えたりと、いろんな効果がある筋肉トレーニングとストレッチとなります。参考にして効果的なストレッチで効率的に筋肉を鍛えましょう。