ダンスのヒップホップは種類が豊富!関連する本も詳しく紹介

ダンスのヒップホップはいろいろな種類のものがあり、それぞれ特徴をもっています。

このサイトではダンスホップの魅力について紹介をします。更には関連する書籍も紹介します。

ダンスのヒップホップについて

ダンスのヒップホップは1970年ごろのアメリカニューヨーク州のブロンクス地区で生まれた文化です。ヒップホップには3つの要素があると考えられています。すなわち、ラップ、ブレイク・ダンス、グラフィティ・アートによってヒップホップは構成されています。当時は3つの要素から構成されていたダンスヒップホップですが、時代が経つにつれて、現在では、MC、DJ、ブレイクダンス、グラフィティの4つの要素から構成されるようになっています。

アップとダウンの音の取り方がポイント

ヒップホップはマスターをしてしまえば、誰もが楽しむことができるものです。ヒップホップダンスを楽しむ際に共通して言えることは音の取り方です。アップとダウンの音の取り方をマスターしてしまえば、比較的簡単にヒップホップダンスを楽しめるようになります。

細分化されている

一口にヒップホップダンスと言っても、実にいろいろなものがあり、細分化されています。それぞれに魅力がありますので、自分が気にいったヒップホップダンスを楽しむようにするのがポイントです。自分のフィーリングで楽しめそうなタイプのダンスを楽しんでいくと、好きこそものの上手なれで比較的短時間でヒップホップダンスを楽しめる方になるはずです。

1980年代に日本に上陸

1970年後半にアメリカで生まれたヒップホップダンスですが、世界中の人に愛されものとなって、1980年代には日本にも上陸してきました。日本においても多くの人がヒップホップダンスを愛好するようになっています。

1970年後半にニューヨークで生まれたダンス

ヒップホップダンスは1970年後半にニューヨークで生まれました。陽気にそして快活に楽しめるということで、アメリカ人のみならず世界的な人気をなっています。その人気は今も続いておりますし、更にはヒップホップ誕生の地であるニューヨークを訪れる人が毎年多くいます。

ダンスのヒップホップの種類

ダンスのヒップホップには派生して実にいろいろな種類のものがあります。特にハウス、ロッキング、ジャズ、ブレイキングが有名ですし、人気を集めています。

ハウス

ハウスはヒップホップとはやや異なった経緯で発展してきたものです。ディスコで踊られことから人気を博するようになりました。ハウスの特徴はドラムを用いて、短いフレーズを繰り返し踊っていくことにあります。ドラムの音が心地よく体に響き陶酔させてくれる魅力をハウスは持っています。

ロッキング

ロッキングは素早い動きとそれを瞬時に止めることを行う大変メリハリの利いたダンスです。1970年代にアメリカロサンゼルスがその発祥の地と言われています。静と動を兼ね備えたダンスということで、他のダンスと同様に世界的な人気を持つようになっています。もちろん日本にも多くのファンがいます。

ジャズ

ジャズダンスはジャズの音楽に合わせて踊っていくものです。音楽に合わせて踊るということで爆発的な人気となっています。更には最近ではジャズ以外の音楽と合わせて踊るというスタイルも確立してきています。多くのタレントが音楽に合わせて踊ることをしていますが、基本的にはすべてジャズのスタイルによってそれが行われています。

ブレイキング

ブレイキングがニューヨークのギャングが銃の代わりにダンスで勝負をつけることを考案したものがその起源であると言われています。闘いの要素の強いダンスということでも知られています。日本では歩行者天国名とで踊られています。ブレイキングは「エントリー」「フットワーク」「パワームーブ」「フリーズ」と呼ばれる4つの動作から作られています。4つの動作を適当に組み合わせることによってダイナミックなダンスを作り出すことが可能になります。静と動を兼ね備えた魅力も有しています。

ダンスのヒップホップの本

ヒップホップを自分でもやってみたいと思った場合にはどのようにするのがいいのでしょうか?まずはそれがどのようなものであるかを知らなければヒップホップダンスを楽しめるようにはなりませんので、入門書を購入して読んでみるといいでしょう。いくつかの入門書を読んでみたうえで、自分に最適なタイプのヒップホップダンスを選んでそれを習得してみるようにするのがお勧めです。

ゼロからはじめるヒップホップダンス

ゼロからはじめるヒップホップダンス【DVD付き】
ヒップホップダンスを効率よく学んで行くには映像学習がお勧めです。様々な角度からのDVD映像によってヒップホップダンスを学んで行くことが可能になる書籍です。ステップの踏み方を簡単に理解することができますので、初心者であってもすぐにヒップホップダンスを楽しめるようになります。

ヒップホップダンスは中学校での必修科目になっていますので、お子さんのための入門としても最適です。ヒップホップの基本動作をより詳細に理解することが可能になる書籍です。

SAMプロデュース Dream5とおどる はじめてのリズムダンスBOOK

SAMプロデュース Dream5とおどる はじめてのリズムダンスBOOK
ヒップホップにおいて必須のリズムダンスの基本的な部分からそれらのコンビネーションまでDream5 とともにそれを学んで行くことができる書物です。リズムダンスを行う上で重要ポイントをTRFのSAMの指導の下でAnnaが指導してくれます。DVDによる映像解説なので、スムーズにダンスの基本を学んで行くことが可能になります。

自分にはダンスなんてできないと思っている方にもお勧めの書籍です。SAMの指導に従って学んでいけばダンスを踊ることができるようになります。運動神経に不安がある方でも問題なくダンスを学べます。だんだんとダンスをマスターできる構成になっていますので、DVD解説の最終段階ではTRFのライブにも使われているWorld Grooveを踊ることができるようになります。

DVD付き 1時間でカッコよく踊れる ヒップホップダンス 基礎編

DVD付き 1時間でカッコよく踊れる ヒップホップダンス 基礎編
平成24年度よりダンスが中学の必修科目になります。これまでダンスを行ったことが無い人でも、この書籍で勉強していけば簡単にそして短時間にダンスを学べます。DVDによってヒップホップの基本的なステップをじっくりと学べますし、そして自分でもそれを踊ることができるようになります。

この本の著者であるTAKAHIROさんはニューヨークのアポロシアターで9大会連続で優勝をしたこともある世界レベルのダンサーです。彼のダンスの魅力はそれを見るものを楽しませて虜にしてくれる点にあります。また、プロのダンサーですので、ダンスのポインを熟知していますので、非常にわかりやすいDVD映像となっています。

文化系のためのヒップホップ入門

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)
ヒップホップは音楽というよりはゲームであるという一味違った観点から人気のライターである長谷川町蔵とアメリカ文学者である大和田俊之が対談形式でヒップホップの魅力を紹介してくれる書籍です。ヒップホップの誕生の歴史とその展開を対談形式で知ることができます。目からうろこの情報満載の書籍です。

まとめ

アメリカで生まれたヒップホップダンスはダイナミックなアクションの魅力から世界中の人に愛されるものとなっています。非常に精密な動きが要求されるものですので、自分にはできないと思ってしまう人も多いかもしれませんが、基本的な要素をマスターすればだれもがそれを楽しめるものです。

基本的な要素を学んで行くためには、適切な書物を使って学ぶようにするのがお勧めです。DVDでの解説のある書物であれば、より簡単にそれを学び取ることができます。更には、ヒップホップダンスの魅力を十分に理解することをすれば更に楽しくダンスを学んで行くことが可能になる場合も考えられます。