肌に優しい化粧下地の選び方・おすすめのアイテム!人気が高いのは?

メイクの一番最初に付ける化粧下地。敏感な顔の肌に長時間つけるものなので、成分にはできるだけこだわりたいですよね。敏感肌の人もそうでない人も、なるべく肌に負担となるような下地を塗るのはおすすめしません。

この記事では、肌への刺激が少ない化粧下地の選び方や、おすすめの人気アイテムもご紹介していきます。

肌に優しい下地の選び方

まずはじめに、肌に優しい下地の選び方を詳しくご紹介していきます。選び方の基準が分かれば、化粧下地を選ぶ際の迷いも少なくなるでしょう。

紫外線散乱剤が使われているかどうか

化粧下地の多くは、肌を紫外線から保護するための紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が含まれています。紫外線吸収剤はケミカルな成分であり、肌への負担が大きいものです。

刺激や痛み、しみの原因になるなどの悪影響があるため、この成分を含んでいない下地を選択した方が無難です。紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が配合されている下地は肌への悪影響が少なく、紫外線カット効果も期待できるので、そちらを選ぶようにしましょう。

無添加のものを選ぶ

コスメには多くの添加物が配合されています。添加物は商品の腐敗の防止になりますが、中には肌に刺激を与えたり、しみなどの原因となってしまうものもあります。

そのため、できるだけ添加物が配合されていない商品を選ぶようにしなければなりません。化粧下地の中にはケミカルな添加物ではなく、植物成分によって商品の酸化などを防止しているものもあります。

あわせて読みたい

無添加化粧水って何が無添加なの?無添加化粧水の選び方も!

続きを読む

ニキビ肌におすすめの化粧下地の選び方

ニキビ肌の人は、ニキビができている肌につけても安全な化粧下地を選択しなければなりません。

ニキビ肌はちょっとした刺激によって症状が悪化してしまう恐れがあります。ここでは、ニキビ肌におすすめの化粧下地の選び方を紹介していくので、ぜひ覚えておきましょう。

ノンコメドジェニック処方のもの

にきびができている肌は、毛穴の部分にアクネ菌が繁殖しており、毛穴がふさがっています。そのため、下地を選択する際には、アクネ菌のえさとなる成分が配合されていないことや、毛穴をふさがない成分でできていることが重要になります。

ノンコメドジェニック処方の化粧品は、アクネ菌のえさになる成分が配合されていないため、ニキビの症状を悪化させることも少ないでしょう。

炎症を抑える成分が配合されているもの

ニキビが悪化していくと赤くなったり、炎症が起こってしまっています。また、場合によってはかゆみや痛みを生じてしまうことがあるでしょう。

ニキビができている肌に下地をつける場合には、炎症を抑える成分が配合されている下地を選択することが大切です。炎症を抑える成分が入っていれば、ニキビの症状を悪化させることも少なく、かゆみを増強させることも抑えられるでしょう。

刺激が少ない・無香料のもの

化粧下地はファンデーションの前に使用するため、肌に直接影響を与えてしまいます。そのため、刺激を感じにくい商品を選択することが大切です。化粧下地の中には低刺激タイプをうたっているものがあります。

こういった商品なら刺激やかゆみを生じる心配も少ないでしょう。化粧下地に香料が配合されているものがありますが、下地には香料は必要ないものです。そのため無香料タイプを選ぶことが大切です。

香料の中には肌に刺激を与えてしまうものもあります。最初から無香料タイプを選べば不安も減るでしょう。

モデルが愛用する肌に優しい化粧下地はこれ!

続いて、こちらのモデルが普段実際に愛用している化粧下地をご紹介していきます。「スキンケアアドバイザーの資格を持つお姉さんに、SPF50のものでおすすめの商品を聞いたらこちらを勧められたので購入しました!」とのこと。

おすすめポイントも詳しく説明するので、ぜひ使用してみてください。

ラロッシュポゼUVイデアXLプロテクショントーンアップ

気になる肌のエイジングケアを考えたスキンケア成分を新配合。 紫外線の影響を受けた肌をすこやかに整え、うるおった、なめらかで輝くような肌へ導きます。

商品のおすすめポイント

SPF5o+・PA++++で、光を乱反射してくれます。敏感肌の人にも優しい成分の処方で、モデル本人はこの化粧下地で肌荒れを起こした事がありません。トーンアップライトクリームで、塗ると肌が少し明るくなり綺麗に仕上げてくれます。

他にも、石鹸で落とせる・パラベンフリー・無香料・アレルギーテスト済み・ニキビの元になりにくい処方を採用しており、とてもお肌に優しい商品です。

おすすめの塗り方

化粧下地を顔に点で乗せ、伸ばすのではなく、優しくポンポンと置いてなじませるイメージで塗っていきましょう。強く擦るようにして塗ると、肌に悪影響なので要注意です。

スキンケアアドバイザーであるお姉さんからのアドバイスによると、日焼け止めは伸ばしてしまうと効果が薄まってしまうそう!ぜひ覚えてきましょう。

仕上がり

顔に塗っても乾燥するような感じはなく、ほどよく潤ってツヤ感が出て、きれいな白肌に仕上がるところがお気に入り。白浮きするような感じではなく、肌が元から明るくなったように見えます。色黒の方にもおすすめです。

人気が高い肌に優しい化粧下地

化粧下地は今ではいろんな商品が販売されており、どんな商品を選択したらいいのかわからない方も多いでしょう。

そんな方のために、肌に優しく人気の高い化粧下地をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい

保湿力が高いおすすめ化粧下地!

続きを読む

オルナ オーガニック 化粧下地

オルナ オーガニック 化粧下地 BBクリーム「 顔 用 保湿 日焼け止め ノンケミカル 」「 SPF50 + PA ++++」「 毛穴 にきび*1 皮脂くずれ防止 」「 無添加*2 合成着色料 合成香料フリー 」「 コラーゲン 3種+ ヒアルロン酸 4種+ ビタミンC 4種*3+ セラミド*4配合」25g

香料や紫外線吸収剤不使用など、6つの無添加を実現した肌に優しい処方の化粧下地です。毛穴が大きく目立っている肌もしっかりと隠し、フラットな状態にしてくれるため、ファンデーションがきれいに密着するでしょう。

ナチュラルベージュで日本人の肌になじみ、肌の赤みやしみなどもしっかりと隠してくれます。

d プログラム アレルバリア エッセンス BB ナチュラル (SPF40・PA+++) 40mL

d プログラム アレルバリア エッセンス BB ナチュラル (SPF40・PA+++) 40mL

パラベンやアルコール、紫外線吸収剤も不使用で低刺激。肌の赤みを隠すだけではなく、BB効果によってファンデーションのような強いカバー力も持っています。

NOV ノブ UVシールドEX SPF50+ PA++++ 30g

NOV ノブ UVシールドEX SPF50+ PA++++ 30g

高い紫外線カット効果が期待できるため、紫外線によって刺激を受けやすい方にもおすすめ。

ヒアルロン酸など保湿効果が期待できるものが配合されており、ふんわりとした仕上がりになります。

EPORASHE UVデイクリーム&ベース(無添加UV・化粧下地) SPF45 PA++

EPORASHE UVデイクリーム&ベース(無添加UV・化粧下地) SPF45 PA++

化粧下地だけではなく、肌色の補正、紫外線カット機能など、複数の機能を持っており、これ1本だけで年間を通して使用することができます。特に紫外線量が高い夏の時期でも、十分に紫外線から肌を保護することが期待できます。

天然色素や保湿効果に優れた成分など、自然由来の成分が◎

化粧下地を肌に優しく塗るテクニック

最後に、化粧下地を肌に優しく塗るテクニックをご紹介。特に敏感肌やニキビ肌の人におすすめなので、ぜひチェックしておきましょう。

手の甲に下地を適量出す

まずは、左手の甲に化粧下地を適量出しておきましょう。毎回同じ量を最初に出しておく事で、自分の顔に合った量が使用できます。

薬指を使って塗る

薬指を使って化粧下地を塗ることで、余分な力が入らずに、肌への刺激を極力抑えることができます

顔に化粧下地を点で乗せる

化粧下地を、顔に点で乗せていきましょう。顔全体にまんべんなく乗せることで、均一にムラなく塗ることが出来ます。

伸ばすのではなく優しく置くイメージで塗る

化粧下地を、伸ばすのではなく、優しく置いてなじませるように、ポンポンと軽くたたいて広げていきましょう。顔の皮膚はとても薄いので、強く擦ってしまうと傷つきやすいです。

摩擦をおこさないように、化粧水をなじませるように優しく塗っていくのがポイントです。

手に余った化粧下地をまぶたに塗る

手に余った化粧下地を、まぶたの上にも優しくなじませていきましょう。

鼻に2度塗りする

鼻は日焼けしやすい部位なので、2度塗りしておきます。

おでこの生え際やフェイスラインも忘れずに!

おでこの生え際やフェイスラインは忘れがちなので、しっかりと塗りましょう。境目が出来ないように、きちんとぼかすようにして塗るのがポイントです。

完了

以上で、化粧下地を肌に優しく塗るテクニックの説明が完了です。

今回使用したアイテムは「ラロッシュポゼUVイデアXLプロテクショントーンアップ」

まとめ

化粧下地は、単にファンデーション前に使用するだけのものではなく、肌をより美しく見せたり紫外線から肌を守るなど複数の役割を持っています。

また、適切な選択をすることによって、肌に負担を与えることも抑えられ、むしろ使用することで美肌のために役立たせることもできるでしょう。ぜひこの記事でご紹介した内容を参考に、化粧下地を選んでみてください。