コットンパックでうるおい肌に!コットンパックの効果と方法を解説

スキンケアにパックを取り入れるのはとても贅沢な印象です。しかしコットンを使えば、いつも使っている化粧水で手軽にパックができます

パックをすることでのメリットも多くなりますので、必要以上に費用をかけずに毎日のスキンケアを贅沢にすることができます。多くの人におすすめしたいコットンパックについて解説します。

コットンパックの効果って?

コットンパックは、シート状のパックをコットンといつも使っている化粧水で行います。シートパックjはいつもより贅沢なケアができるので、スペシャルケアのイメージです。でもコットンを使うことで、お金をかけずに贅沢ケアができるようになります。手軽なので今日からでも始められます。コットンパックにどのような効果が期待出来るのかを紹介します。

肌の水分量を増やして乾燥肌を改善

化粧水は手でつけるという人も多いのではないでしょうか。もちろん手で付けても問題はありませんし、コットンに化粧水を染みこませてトントンと軽く叩いて染みこませたり、拭き取るようにして使うという方法もあります。しかしこれだけでは十分に浸透してくれない可能性があります。

シートパックは肌に密着させることで、水分や美容成分の浸透を高めることができます。感想が気になるときにシートパックをするとしっとり感がアップするように感じるのは、美容成分だけでなく密着させることで、肌の水分量を増やす効果が期待出来るからです。

コットンに化粧水を染みこませてパックするように肌に密着させることで、シートパック同様の効果を得ることが出来るのです。

あわせて読みたい

肌の水分量が決め手!水分量をあげるスキンケアの方法を解説

続きを読む

肌のキメを整えてお化粧のりアップ

健康な肌はハリや弾力があり、水分量が十分に足りていればキメも整うので透明感があります。乾燥した肌はハリや弾力もなく、カサカサになっているので乾いた大地のように荒れてしまいます。肌を保護するバリア機能も低下するので、キメも乱れて透明感はなくカサつきくすみも目立ってしまいます。

コットンパックは毎日続けられるので、肌の水分量の低下を防ぐ効果が期待できます。肌に密着させることにより、肌が潤いキメも整いやすくなります。キメが整うと見た目にもキレイですし、手触りも全然違ってきます。

毛穴の引き締め効果も

肌が乾燥するとハリや弾力を失うので、肌は垂れ下がっていきます。下に向かって引っ張られるので、この時毛穴も開き目立ってしまうようになります。原因が乾燥なら、潤いを与えハリと弾力を取り戻せばリフトアップ効果により、毛穴を引き締める効果が期待できます。コットンパックは肌に水分を与え、美容成分も密着させることで吸収力が高まります。

乾燥しやすい目元や口元には、コットンをカットして使うこともできるので、効率よく水分と潤い補給ができます。水分と潤いをしっかりと肌の奥に届けることができれば、自然にハリや弾力も戻ってくるので、毛穴も引き締まり目立たなくすることができます。コットンパックなら手軽ですし、毎日続けられるのでその分改善効果もアップします。

コットンパックの基本的な方法

コットンパックはとても簡単です。ただしいくつかポイントがあるので、ポイントを押さえて正しく行いましょう。正しく使えば、わざわざシートパックを購入しなくても贅沢ケアができます。コットンパックの基本的な方法を紹介します。

まずはコットンを水で湿らせる

コットンはできるだけ大判を選びます。細かいところはコットンをカットすれば調整できるので、大きめのものを探してください。コットンパックは水分補給を重視するので、最初にコットンに水を染みこませておきます。

いきなり化粧水を染み込ませるよりも、コットンへの浸透力が高まりますし、化粧水の節約にもなります。コットン全体を軽く水で湿らせたら、軽く絞り水気を切っておきます。この時カラカラになるまで絞らず、適度に湿った状態にしておくのがポイントです。

化粧水をひたひたになるまで含ませる

湿らせたコットンに、今度は化粧水をひたひたになるまで染み込ませます。この時ラップやアルミホイルにコットンを置いて、その上から化粧水をかけるとこぼす心配がありません。手で直接やるといろんなところに触ってしまいますし、化粧水をこぼしてしまうことがあります。

お皿や小さめのトレーの上にラップやアルミホイルを敷いてその上で化粧水を染みこませてもOKです。少なすぎると十分な効果が得られないので、ひたひたになるくらいを目安にします。

コットンを薄く剥がして肌に貼り付ける

コットンを2枚にさき、さらに4枚にさいて薄くしておきます。メーカーによっては厚みが足りず2枚にしかさけないことがあるので、その場合は2枚でOKです。薄くしたコットンを顔に乗せて密着させます。小鼻やおでこ、フェイスラインはコットンを縦や横に小さくカットしておくと隙間なくパックできます。

コットンパックの効果を上げるポイント

コットンパックをするなら、効果を高める工夫も取り入れましょう。ちょっとしたコツでシートパックと変わらないスペシャルケアが毎日手軽に続けられます。どれも簡単な方法なので、初めてコットンパックをする人も、今やっている人も効果的にできます。

コットンパックの時間は長くても10分まで

シートパックがそうであるように、コットンパックをするときもやりすぎないことが大切です。少しでも長くパックした方が浸透するイメージですが、同時にコットンに染み込ませた水分は乾燥していきます。パックする時間が長いと、今度は乾燥したコットンが肌から水分を奪ってしまうので、せっかくパックしても乾燥の原因を作ってしまいます。

10分が目安ですが、乾燥が気になるならコットンの上からラップをかぶせておきましょう。ラップがフタのような役目をするので、コットンが乾燥するのを防いでくれます。水分や美容成分も効率よく肌に浸透していきます。ラップも適度な大きさにカットしておくと使いやすいです。

化粧水やコットンは肌に優しいものを選ぶ

コットンパックをするときのコットンは、肌に優しいものを選ぶのもポイントです。毛羽立ちが目立つものは、コットンパックには不向きです。できるだけ毛羽立たないものを探してください。サイズは大きめ、可能ならオーガニックコットンを選んでください。若干普通のコットンよりは高めですが、肌に優しいのはメリットです。シートパックを買うより安上がりなので、毎日使っても経済的です。

コットンパック後は乳液やクリームでふたをして

コットンパックが済んだら、肌表面の水分をハンドプレスで浸透させましょう。ハンドプレスは手の温もりで肌を温めるので、水分や美容成分の浸透力を高めることができます。寒い冬などパック中にも手を当てて温めると効果的です。ハンドプレスをしてもそのままでは、せっかく補給した水分や潤いが逃げてしまいます。コットンパックは基礎ケアの化粧水のステップですから、次は乳液や美容液、最後にクリームで肌の表面に油膜をつくりフタをしましょう。

ここまでやって初めて基礎ケアが完了します。化粧水のステップにコットンパックを取り入れることで、水分の浸透力を高めることができます。化粧水に美白成分やエイジングケア成分、保湿成分などが含まれている場合は、水分だけでなく美容成分の浸透もアップさせることができます。

手だけでつけるのとはまるで違いますから、毎日続けることで肌の乾燥を防ぎハリと弾力のある肌に導く効果が期待できます。コットンさえあれば、基礎ケアで賄えるので経済的なのも嬉しいところです。

コットンパックにおすすめの商品

コットンパックにおすすめのコットンや、化粧水を紹介します。今あるものでもOKですが、次に買い足すときおすすめした商品を使ってみてはいかがでしょうか。とても使いやすいですし、口コミでも高く評価されている人気アイテムなので試してみる価値はあります。

オーガニックコットンパフLサイズ 120枚

オーガニックコットンパフLサイズ 120枚

オーガニックコットンなので、漂白していない分見た目は自然なコットンの色です。オーガニックコットン100%だから肌にも負担をかけません。真っ白いコットンに慣れていると、生成り色やところどころに粒があるのが気になるかもしれませんが、これが本来のコットンです。とてもふんわりとしていて柔らかいですし、Lサイズだから1枚あたりの大きさもあって使いやすいです。

メイク落としなどにも使えますので、いろんな目的で使えるのも便利です。同じシリーズでMサイズもありますが、コットンパックにはLサイズがおすすめです。ファスナー付きの袋に入っているので、最期まで清潔に使えるのもメリットです。

CHIZU チズコットン ラージサイズ 31枚入り

CHIZU チズコットン ラージサイズ 31枚入り

コットンにしては若干高いと感じるかもしれませんが、9cmx19cmのラージサイズで、3枚にさけるので、1枚で顔全体をパックできます。毛羽立ちにくく、コットンパックのために作られたのでさけやすいのがポイントです。上質な天然コットンを使用していますし、美容家の佐伯チズが考案していることもあり、大変使いやすいと人気があります。

コットンパックに使う水は精製水を使う方がいいとされていますが、佐伯チズ曰く水道水でも、問題はないとのこと。水道水なら気軽に使えますし、毎日続けやすいです。大きいので場所によっては、目や鼻の部分に穴を開けますが、さきやすいので指でも簡単に穴があけられます。こういう細かい気配りも、さすがカリスマ美容家が作ったコットンだと納得できるでしょう。1枚を3枚にさくと、顔全体と首までしっかりとコットンパックできます。

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

コットンパックに使う化粧水は今使っているものでもOKですが、やはり毎日のこととなると高級な化粧水では使うのに抵抗があるという人もいるかもしれません。コットンパックは水分補給が重要ですから、コットンパック用のリーズナブルな化粧水を用意しておくとケチらずたっぷりと使えます。

保湿成分のハトムギエキスを贅沢に配合しているのに、1リットル入りで1,000円以下で購入できます。全身にも使えますし、香料やアルコールは使用していないのでコットンパックにも安心して使えます。ポンプ式だからコットンにも染み込ませやすいのがポイントです。たっぷり使ってもかなり持ちますし、ベタつかないし肌あれを予防する効果なども期待できるので、コットンパックには最適な化粧水と言っていいでしょう。

まとめ

コットンパックはとても簡単なのに、いつものスキンケアを贅沢なものにしてくれます。さらにコットンパックによる嬉しい効果もあるので、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてください。コットンさえあれば、手持ちの化粧水の効果を高めることが出来るのもメリットです。