アイメイクで奥二重をきれいに見せる方法とは

奥二重は、まぶたが隠れてしまうためメイクにコツが必要です。二重と同じメイクをしても同じように決まらず、逆に目が小さく見えてしまうというケースも……

そこで今回は、奥二重さんがやりがちなメイクの失敗や、奥二重さんのアイメイク方法を詳しく解説していきます!

を見ていきましょう。

奥二重を大きく見せるアイメイク

奥二重でも、メイクによって印象を大きく変えることは可能です。ここからは、奥二重を大きく見せるアイメイクの方法を画像付きで詳しくご紹介します!

まぶたの外側に、一番濃いカラーを乗せる

最初に、まぶたの外側に濃いカラーを乗せましょう。眉の下あたり、骨が出ているところまで、違和感ないくらい薄く濃いカラーを載せることで、彫りが深く目鼻立ちがハッキリした印象になります。

このとき、骨に近いところはマットなタイプを使うのがオススメです。ラメが多いタイプを使うと、光に反射して明るく見えてしまい彫り深く見えなくなってしまいます。

中間色を目頭~中間に入れる

奥二重を大きく見せるメイクのポイントは、「見えるところにカラーを置く」ということ。奥二重の場合、目のキワあたりに色を塗ってもほどんど見えませんよね。

そこで、中間色を目頭〜中間あたりまで入れましょう。目を開いたとき、色が軽く見える位置に色を乗せられているか確認しながらメイクするのがポイントです。

涙袋に明るいカラーを乗せる

涙袋に色を乗せると、より目が大きく見えます。

明るめのベージュやラメ館の強いカラーを乗せれば、ドーリーで可愛い印象に。ピンクを乗せれば、泣き止んだ後のような儚い印象に。濃いめのベージュや明るめのブラウンを乗せれば、モードな印象になります。

アイライナーは目を開けた状態で、目のフレームに沿って、延長線上にアイライナーを引く

カラーを乗せたら、目尻にアイラインを書いていきましょう。

ポイントは、目を開けた状態で書くこと。目を開けて書くことによって、理想の仕上げりに近いアイラインを書くことができます。

目の形の延長線を書くイメージで、目尻に3〜5mm書くと自然な仕上がりになります。

目を閉じ、塗れていない部分を濃く塗りつぶしていく

最後に、目を閉じて色を塗れていない部分にカラーを乗せます。

完成!

以上で完成です。

奥二重は二重幅がほとんどなく、まぶたが隠れる幅は人それぞれ。目を開けた時と閉じた時の仕上がりを確認しながら色を塗っていくことが大切です。

【奥二重を可愛く♡】奥二重でも映える!ラメアイライナーを使ったキラキラアイメイク

目尻だけに軽くアイラインを引き、ビューラーをする

キラキラアイメイクをする前に、まず目尻だけに軽くアイラインを引いておきます。アイラインは太く描くと、目元が腫れぼったくなってしまうのでNG。

奥二重さんは目を開いた時に、アイラインが目立ちやすいです。だからこそ、目尻のアイラインは細く描くのが鉄則。アイラインを入れたら、ビューラーもしておきましょう。

blanche etoile(ブランエトワール)のMASARU MASCARAを塗る

まつ毛にマスカラを塗っていきます。LEILAさんのおすすめは、blanche etoile(ブランエトワール)のMASARU MASCARA。しっかりとカールをキープすることができて、お湯オフも簡単♡

マスカラを厚く塗ると、目元が白くなってしまうので薄く塗るのがコツ。もしくは塗った後に、指で馴染ませてもOKです。

RMK Wカラーマスカラを塗る

RMK Wカラーマスカラで、カラーを入れていきます。今回使用しているのは、RMK Wカラーマスカラ。上まつ毛と下まつ毛に別のカラーをオンすることができるマスカラです。

今回はブラウンをのせていますが、レッドなどのカラーを目尻やまつ毛の先などにワンポイントでのせても可愛いです。

ティアーアイライナー(エチュードハウス)を目頭に引く

エチュードハウスのティアーアイライナーを目頭の下にすっと引きます。

目頭の下に引いたら、指でポンポンと押してぼかし、指に余ったキラキラを涙袋とアイホールに伸ばしたら完成です。

奥二重のアイメイクに使えるアイテム


画像引用元:latte

雑誌などで紹介されてるアイメイクは、ほとんどが二重向け。二重用のアイメイクをそのまま奥二重にしても、同じような仕上がりにはなりません。

だからこそ、奥二重用にメイク方法をアレンジしたり、理想のメイクを叶えるコスメを知っておくことがポイントになります。

ここからは、奥二重にこそオススメしたいアイテムをご紹介します。

アイプチやメザイク

二重幅のあるメイクがしたい時は、アイプチやメザイクを使うのもいいでしょう。重めのまぶたでもストレッチファイバーの効果でしっかりとした二重まぶたを作る事ができます。

アイプチ、メザイクのタイプにもよりますが、基本はメイクをする前に使い、上からアイメイクをします。慣れないと綺麗な二重ができない場合が多いので、数回練習してから使うのがオススメ。

あわせて読みたい

アイプチしてるとバレてしまうポイントとバレない使い方について

続きを読む

奥二重用のアイシャドウ

ケイトのアイシャドウは、彫り深い目元を作るのに向いているため、奥二重にオススメ。

「ケイト アイシャドウ ブラウンシェードアイズN」は特に濃いめの配色なので、奥二重でも立体感のあるアイメイクが叶います

ナチュラルメイクから、濃いめのおしゃれなメイクまで、使い方次第で調節できる万能なアイシャドウです。

カラーのアイライナー

アイライナーと言えば黒が定番かも知れませんが、奥二重の方の場合には、どうしても重く見えてしまうことも……。

そんな時は、カラーアイライナーがオススメ。カラーアイライナーなら、重たくならず目を大きく見せることができます。

あわせて読みたい

カラーアイライナーの選ぶ方とおすすめ9選!

続きを読む

奥二重は化粧映えしない?


画像引用元:latte

「奥二重は化粧映えしない」というのは嘘。

奥二重にあったメイクができていないだけで、正しい方法でメイクをすれば、奥二重であっても目を大きく見せることは可能です。

ポイントは、「二重用のメイク」ではなく、自分の奥二重にあったメイクをすることです。詳しく見ていきましょう。

二重と同じメイクではダメ


画像引用元:latte

奥二重だと、二重幅がほとんど見えないケースが多いですよね。例えば二重メイクでは、目のキワに濃い色を入れることで二重幅に濃い色が乗り、目を大きく見せることができます。

しかし奥二重の場合、目のキワに濃い色を塗ってもまぶたの下に隠れてしまうので、濃い色の意味をなさなくなってしまい、デカ目効果もありません

ポイントを押さえればデカ目メイクも可能


画像引用元:latte

奥二重でもデカ目メイクは可能。ポイントは、

  • 横幅をアイシャドウやアイライナーで大きく見せる
  • 目を開けた時に、目に見える位置にアイシャドウを乗せる

主にこの2つ。

二重幅がなくまぶたが隠れてしまうからといって、アイシャドウを塗る範囲を縦に大きく取ってしまうと、違和感のが出たり濃すぎメイクになってしまいます。

そのため、基本はアイライナーで横幅を出したり、目尻にアイシャドウを使うことで横幅を大きく見せましょう。

また、目を開けている時でも目の上にアイシャドウが見えるように、目を開けてメイクするのも1つの手段。目を開けてメイクする時は、コスメが目に入らないように注意してくださいね。

また、使用するアイテムはナチュラル系を使うことで、まぶたのお肉の重みを軽く見せることもできます。

奥二重の芸能人もたくさんいる

Document 2015-2018 綾瀬はるかフォトブック

当然、奥二重の芸能人はたくさんいます。CMや映画、ドラマなどにも大活躍の綾瀬はるかさんや水原希子さん、吉高由里子さん、多部未華子さんなどは、奥二重の美人女優さんとして有名です。

他にもスーパーモデルの富永愛さんであったり、りょうさん、黒木メイサさん、桐谷美玲さん、新垣結衣さん、天海祐希さん、小雪さんなども奥二重の女優さんです。

どなたも誰もが納得してしまう美人さんですよね。奥二重の方は、奥二重の女優さんのメイクを参考にすると、より垢抜けたメイクができるかもしれません。

奥二重のアイメイクでの失敗


画像引用元:latte

「奥二重のメイクがうまくできない」というのは、二重用のメイクをしているからにすぎません。奥二重にあったメイクをすれば、確実に魅力的な目元を目指すことはできます。

まずは、奥二重にありがちなメイクの失敗を確認して、同じようなミスをしないよう気をつけてみましょう。

アイラインが太くなりすぎる

奥二重メイクでの失敗例として多いのが、アイラインが太くなりすぎてしまうことです。

二重の方と比べれば、まぶたが重く見えがちな奥二重。目を大きく見せようと思いアイラインを太くしてしまうと、余計にまぶたの重さを強調することに繋がってしまいます。

アイシャドウが隠れてしまう


画像引用元:latte

せっかく頑張ってアイシャドウを入れても、入れる場所を間違えてしまうと上まぶたの下に入り込んでしまって見えなくなってしまうことがあります。

これこそが、二重用のメイクをしても奥二重には映えない理由です。

ピンクは腫れぼったくなりがち


画像引用元:latte

女性らしい雰囲気の出るピンク系のアイシャドウ。しかし、奥二重の形やピンクの色味によっては目が腫れているように見られることもあります。

濃いめピンクやくすんだピンクは、肌なじみがいいせいで特に腫れてみえがちなので、ピンクメイクをする時は薄めのピンクを選ぶのがオススメです。

メイクがよれやすい

奥二重の方は、重たい上まぶたが原因でメイクがよれやすい場合もあります。そのため、あらかじめよれないように意識してメイクをすることが大切です。

  • クリームタイプのアイシャドウを使う
  • 化粧下地を伸ばしたあと、まぶたの上に残っている油分をティッシュでふきとる
  • アイメイクをする前にパウダーを軽くなじませる

など、よれ対策をすれば問題ありません。

まとめ

奥二重に二重用のメイクをしても効果があまりないというだけであって、しっかりと奥二重向けのメイクをすれば、二重の方とは違った魅力を表現することは当然可能です。

今回ご紹介した奥二重用のメイク方法やコスメを参考に、あなたの目の形にあったメイクを見つけてくださいね。