自宅・歯医者で歯を白くする方法!市販のホワイトニングアイテムとは

歯が着色してしまう原因

歯の色というのは個人差があり、全員が同じ色とは限りません。日本人でも肌や髪、瞳の色に違いがあるように歯も個々の色の差があります。歯が白いと清潔感があって好印象ですが、健康な歯の色は真っ白ではなく象牙色です。若干アイボリーがかった白なので、真っ白いTシャツや白塗りをした時、歯は真っ白ではないので少し黄ばんで見えることがあります。

歯の表面はエナメル質で覆われています。エナメル質はいろいろなものが原因で着色するので、食事や生活習慣によっては歯本来の色ではなく黄ばんできます。黄ばみは着色なので落とせますが、普通の歯磨きでは落とせないのでちょっとした工夫が必要です。また、黄ばみの原因を取り除けば歯本来の白さをキープできます。歯が着色する原因を紹介します。

色の強い飲み物・食べ物

歯が黄ばむ原因の多くが、食べ物です。飲み物も含まれますが、色の濃い食べ物や飲み物、酸性の食べ物を好んで摂る人は、ステインが付着しやすいので毎日歯磨きをしていても歯が黄ばんだように見えてしまいます。そのままにしておくと、ステインは蓄積されていくので黄ばみから黒ずみのようにどす黒くなってしまうこともあります。

代表的なものとしては、コーヒー、紅茶、烏龍茶、赤ワインなど飲み物。ケチャップやソース、カレーやチョコレートなど色の濃い酸性の食べ物、タバコです。飲み物に含まれるタンニンやカフェインは、歯に付着しやすいので毎日のように飲む人は歯が黄ばみやすくなります。口の中が酸性になると歯の表面のエナメル質が柔らかくなるので着色しやすくなります。

タバコを吸う人はタバコに含まれるタールが歯の表面に付着するので、これも黄ばみの原因になります。タールは色素が濃いので黄ばむというよりは茶色っぽくなってしまうこともあります。毎日歯を磨いていても、歯が黄ばんだり茶色くなったりすると汚く見えるので印象も悪くなってしまいます。

食事をしてすぐに歯を磨く人も黄ばみやすいので注意しましょう。食事をすると口の中が酸性に傾きます。この状態だとエナメル質が柔らかくなっているので、歯磨きをすると歯の表面が溶け内側の色が目立ってしまいます。歯磨きは食べてすぐではなく、最低でも30分くらいおいてからがおすすめです。

ドライマウス

ドライマウスは口の中が乾いてしまう状態です。通常は唾液が口の中を潤し殺菌の役目もしていますが、カラカラに乾くので唾液が十分に行き渡らず量も減ってしまいます。そうなると歯の表面が乾き脱灰化しやすくなります。脱灰化すると歯がザラザラしてくるので、そこに食べ物や飲み物の色素が付着するので黄ばみやすくなってしまいます。

ドライマウスの原因で多いのが口呼吸です。口呼吸は衛生面でもあまりいいことはないので、鼻で呼吸できるようトレーニングが必要です。年齢とともに体の水分が減っていくので、加齢により唾液が減りドライマウスになることもあります。この場合はこまめに口に水を含むとか、ガムを噛むなどで対処できます。

ドライマウスにもいくつかの対処法がありますが、何もしないままでは歯の黄ばみだけでなく口臭や歯周病、免疫力低下や肺炎などのリスクが高まります。常に口から息を吸うので、空気中の雑菌やウイルスなども吸い込んでしまいます。

ドライマウスの原因はいろいろりありますが、様々なリスクは伴うので放置せずできるだけ早い段階での対処が必要です。どうしていいかわからない場合は、歯科医院で相談すれば指導してもらえます。

歯磨きができていない

歯を磨いているつもりでも、磨いたのと磨けたのは少し違います。磨き方が間違っていると、これも歯が汚く見える原因になります。歯磨き粉には研磨剤が入っているので、強く横にゴシゴシとこすれば歯が削れてしまいます。1回や2回では削れませんが、毎日の積み重ねで徐々に削れていきます。

磨いたつもりでもきちんと毛先が歯と歯茎の境目にあたっていないと、磨き残しができます。磨き残しの歯垢は放っておくとやがて歯石になります。歯石になると歯ブラシでは落とせませんし、歯周病が進行します。虫歯の原因にもなりますので、見た目も悪く口臭なども強くなります。歯石をそのままにしておくと、歯茎の奥に進み骨を溶かしてしまいます。

こうなると口からは強い腐敗臭がしますし、口の中が雑菌だらけなのでそれを常に飲み込んでいる状態です。体にも良くありませんし、骨が溶ければやがて歯が抜け落ちてしまいます。永久歯は抜けたら二度と生えてきません。歯磨きをきちんとしないと、黄ばみ以上のリスクがあることを理解してください。

虫歯

甘いものを食べると虫歯になると思われていますが、虫歯の原因は甘いものだけではありません。歯磨きがきちんとできていないのも虫歯の原因です。初期の虫歯は葉の色が変わりますが、単なる茶渋やヤニと思い込みがちです。放置すれば腐蝕がすすみ歯を溶かします。虫歯は奥歯だけとは限りませんし、前歯が虫歯になれば変色したり歯が欠けたりして見た目もよくありません。

自宅で歯を白くする方法

歯の黄ばみが気になる時は、自宅でも歯を白くすることができます。歯科医院で行うホワイトニングも効果的ですが、自由診療となるのでちょっと費用が掛かってしまいます。専用のマウスピースを使って自宅で行うホワイトニングもありますが、この場合も多少費用がかかります。歯科医院のホワイトニングは高い効果が期待できますが、もっと手軽に自宅で行う方法もあります。自宅でもできる手軽なホワイトニングを紹介します。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

ドラッグストアなどで、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を探してみてください。ホワイトニング用の歯磨き粉は、歯に付着したステインを除去してくれるので、黄ばみやくすみを落とし歯本来の白さに導いてくれます。

ただしここで注意したいのが、歯科医院で行うホワイトニングのように真っ白になるわけではないことです。歯に付着した茶渋やヤニを落とし、生まれ持った歯本来の色にするという意味です。芸能人やモデルのような真っ白い歯にはなれません。

ただしくすみや茶渋が落ちれば、自然な白さになるので汚い印象には見えません。パッケージの写真や文字を見えると、歯磨きだけで真っ白になると錯覚してしまいがちです。実際にパッケージのように真っ白にはならないことを理解しておきましょう。

ホームホワイトニングをする

ネットでよく見かけるホワイトニング剤を使う方法もあります。ホームホワイトニングとも呼ばれていますが、歯科医院で行うものとは少し違います。市販のホワイトニング歯磨き粉と仕組みは同じですが、より効果的にステインを除去できるというものです。使い続けることで、歯をコーティングしてステインがつきにくくしてくれる効果も期待できます。

このホームホワイトニングも、ステインを除去して歯を本来の白さに導くというものです。歯科医院で使うような薬剤を使うわけではないので陶器のような真っ白い歯になるわけではありません。

電動歯ブラシを使う

歯磨きがうまくできない人は、電動歯ブラシで磨くのもいいかもしれません。手は動かさずにブラシの毛先を歯と歯茎に当てるだけだから、磨き残しを防げます。歯の表面も簡単に磨けますが、電動歯ブラシの場合毛先が動くので、普通の歯ブラシのようにゴシゴシとやってしまうと、葉が削れるリスクが高まります。電動歯ブラシを使う場合は、毛先を当てたらては動かさずそのまま固定しましょう。力は入れずにブラシに任せます。

ただし電動歯ブラシは動きが早く、横に動くので歯を削るリスクがあります。使うなら電動歯ブラシよりも音波歯ブラシがおすすめです。自動なのは同じですが、横に動くのではなくその場で振動させ汚れを落とすので、手でブラシを動かしゴシゴシとこすらなければ歯が削れるリスクを軽減できます。手で磨くよりスッキリしますし、コツをつかめば磨き残しもなくなります。慣れるまで鏡を見ながら磨くのがおすすめです。

重曹を使う

自宅で行うホワイトニングとして、重曹を使うという方法もあります。重曹は炭酸水素ナトリウムなので、舐めると少ししょっぱく感じます。家の掃除やお菓子作りの時に生地を膨らませる時などに使います。自然界に存在しているので、歯磨きに使っても大丈夫ですが、この場合は食用の重曹を使いましょう。スーパーに行けば安価で手に入ります。食用ならお菓子作りや料理にも使えるので、歯磨きに使っても安心です。

使い方はとても簡単で、いつも使っている歯磨き粉に重曹を少量混ぜるか、重曹と水を混ぜペースト状にして使うという方法もあります。後は普段と同じように歯を磨くだけです。ただし重曹は研磨作用があるので、大量に使ったりゴシゴシこすったりしないように注意してください。重曹で落とせるのもステインです。歯を真っ白にするわけではなく、くすみや黄ばみを取り除き歯を本来の白さにするという効果です。

歯医者で歯を白くする方法

自宅で行うホワイトニングではくばみやくすみは除去できますが、芸能人やモデルのような陶器のような白さにするのは難しくなります。白いTシャツにも負けない白さを手に入れたいなら、歯医者に入ってホワイトニングするのが一番確実です。歯医者で行うホワイトニングにもいくつかの方法があるり、種類によって白くなる度合いや料金も変わってきます。

ホワイトニング

最も一般的なのがホワイトニングです。医薬品を使うので歯科医院でしかできませんが、薬剤を塗布して光を当てることで科学変化が起き、歯が真っ白になります。1回でも高い効果が期待できるので、芸能人やモデルのような白い歯にしたい人は、歯医者に行って相談してみてください。これも個人差があり、元々の歯の色や希望するトーンによって回数が変わります。簡単に言えば歯を漂白するようなものです。

薬剤にも種類があるので、中にはしみたり痛みがあったりすることもあります。全てを歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、専用のマウスピースを作り自宅で行うホームホワイトニングのどちらかを選べます。ホームホワイトニングの方は時間がかかりますが、少し費用が安く時間をかけて白くするので効果が持続します。オフィスホワイトニングは1回でもかなり効果を実感できますが、だいたい1時間くらいかかるので時間の余裕が必要で費用も少し高めです。

いずれの場合も効果は永久ではないので、時間が経つと元に戻ります。白さを維持するには定期的にホワイトニングを続ける必要があります。

マニキュア

歯医者で行うホワイトニングに、歯にマニキュアを塗るという方法もあります。口の中の状態によっては施術できないこともありますが、ベースコートやトップコートを塗るので、きれいに仕上がります。希望の色に合わせてカラーが選べて、1回で済みます。仕上げに光を当てるので、効果は1ヶ月~3ヶ月は続きます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCは歯のクリーニングのことです。歯医者で行うので普段の歯磨きでは落とせない汚れ等も落とせます。ただしPMTCだけで歯を真っ白にすることはできません。ホワイトニングをする前の準備として行うといいかもしれません。

ラミネートベニ

ラミネートベニアは、つけ爪のように歯の表面に薄いセラミックの板を貼り付ける方法です。板を貼り付けるためには健康な歯を少し削らないといけません。好みの色を選べるので、陶器のような真っ白い歯を手に入れることができます。歯並びの悪さも隠せるなどメリットはありますが、1本あたりの価格がかなり高額になり、自由診療なので保険は使えません。1本だけ白くするというわけには行かないので、数本まとめるとかなりの金額になります。

ラミネートが剥がれない限り白さを維持できますが、かみ合わせが悪い人や歯ぎしりをする人は取れやすいのがデメリットです。取れただけなら貼り直せますが、割れしまうとやり直しになり費用がかかります。また自分の歯を削るので元の歯に戻したくても戻せません。

歯を白くするおすすめのアイテム

ホワイトニングに役立つグッズを紹介します。毎日の生活に取り入れることで、歯本来の白さを手に入れることができます。

MARFY’S WHITE(マーフィーズ ホワイト)歯磨き粉 オーガニック 90g

ホワイトニング用の歯磨き粉です。99%天然由来の成分を使用しており、9つの添加物が無添加だから安心して使えます。低刺激なので歯を磨く時も、磨いた後も口の中がピリピリしたりしみたしすることもありませんし、磨いた後に歯がツルツルになると評判です。後味も強く残らないので、磨いた後の口の中もスッキリします。ホワイトニング用歯磨き粉なので、歯を本来の白さに導くものですが、くすみが取れるだけでもかなり印象は変わります。強いミント感はないので、子供から大人まで幅広く使えます。

PURE WHITE 歯を白くする 活性炭ホワイトニング コーヒー?タバコ ワインによる黄ばみを取り除く

PURE WHITE 歯を白くする 活性炭ホワイトニング コーヒー•タバコ•ワインによる黄ばみを取り除く

炭が入っているので、最初は真っ黒になって驚くかもしれませんが、タバコのヤニ落としにも使えます。使用するのは週に1回が目安です。他の歯磨き粉との併用はせず、PURE WHITEだけで使いましょう。炭歯磨きなので歯ブラシに色がつき黒ずむので、普段使っている歯ブラシと分けてPURE WHITE専用の歯ブラシを用意することをおすすめします。口の中の黒さはすぐに落ちますが、洗面器などにつく黒ずむ可能性があります。

タバコのヤニや赤ワインのステインをきれいに除去してくれると、口コミでも高評価です。粉状なので使う時周囲に飛び散らないよう注意しましょう。黄ばみを除去することに関しては高い効果が期待できます。

歯のホワイトニング 食べられる活性炭 マイクロパウダー チャコールホワイトニング -Kirei Charcoal Whitening- ヤニ取り 黄ばみ落とし 歯磨き マウスケア ダイエット 色々使える 国産良品 歯磨き粉 ホワイトニング

微粒子活性炭パウダーは、ザラつきがなく吸着率に優れています。ミクロパウダーが色素に密着してスッキリと落とすので、歯のくすみや黄ばみを取り除きたい時におすすめです。炭を使用した黒いパウダーには口腔内のバクテリアを殺菌する効果があるので、虫歯予防や口臭予防効果も期待できます。

継続して使用すると歯のエナメル質を強化して健康な歯に導いてくれます。タバコのヤニやコーヒーや紅茶の渋、赤ワインのステインまで幅広く使えます。さらにニキビや虫刺され跡、体のニオイを消すなどの目的でも使うことができます。歯ブラシにパウダーをつけていつも通りに磨くだけだからとても簡単です。

美白スミガキ 炭粒(炭・シリカ)配合 歯を白くするハミガキ フローラルティーミントの香り 90g

美白スミガキ 炭粒(炭・シリカ)配合 歯を白くするハミガキ フローラルティーミントの香り 90g

炭粒とシリカが入った、フローラルミントの香りが爽やかなホワイトニング用歯磨き粉です。炭粒には目に見えない細かい孔がたくさん開いています。歯磨きをする時に歯の表面に付着した歯垢やステインを炭粒が絡め取るので、くすみや黄ばみが解消されるのです。炭にはニオイを除去する作用もあるから口臭予防効果も期待できます。

歯を磨く時に炭粒がシャリシャリと歯の汚れを絡め取ってくれているのを、感じながら磨くことができます。磨いた後は歯がツルツルになると口コミでも評判になっています。炭粒は細かいところにも入り込み汚れをかき出してくれるので、磨いた後のすっきり感の違いを実感できるでしょう。真っ白にする効果は期待できませんが、くすみや黄ばみを解消できるので本来の白さを取り戻せます。

まとめ

ホワイトニングにもいろいろな意味があります。種類によっては効果も変わりますが、なりたい白さを自分の意思で選べるのは嬉しいところでしょう。口元に意識が行くと歯を白くするだけでなく、虫歯予防や口臭予防、歯周病予防にもなるのでメリットは多いです。自宅で手軽にできるホワイトニングから、歯医者で行う医療行為のホワイトニングまで種類もさまざまですが、歯が白いと自信が持てるので前向きになれます。