ピンクの下地にはどういった効果がある?化粧下地の塗り方&人気のプチプラアイテムとは!?

ファンデーションの前に使う化粧下地は、肌をフラットにすることで光の反射を均一にし、透明感を出す効果が期待できます。また、毛穴をふさいだり、紫外線カットしてくれたりするなど、様々な効果をもたらしてくれます。

中にはピンクカラーの化粧下地もあります。このピンクカラーの化粧下地には、実は様々なメリットがあるのです。

  • ピンクカラーの下地を使う効果
  • 血色がよく見える化粧下地の塗り方

について詳しく説明をしていこうと思います。

ピンクカラーの下地を使う効果

ピンクカラーの化粧下地にはどういった効果があるのでしょうか。今までピンクカラーを使ったことがない方にも興味をもってもらえるよう、その効果について紹介していきます。

くすみがカバーできる

まず第一に、ピンクカラーの化粧下地をつけることによって肌色を補正することができます。中には貧血などのために肌がくすんでしまっている方もいることでしょう。冷え性の方もこの傾向があります。そんな血色が悪い肌の明度を上げ、くすみをカバーすることに優れているのがピンクカラーの下地です。

肌がくすんでいると健康的に見えず、ファンデーションでごまかすのも難しくなってしまいます。そのため、くすみが気になる方はピンクカラーの化粧下地をファンデーションの前に使用するといいでしょう。

肌の透明感がアップする

いつでも美しくふんわりとした肌でいたいものですが、肌の調子や体調が悪いと透明感が失われてしまうことがあります。そんな時こそ、ピンクカラーの化粧下地を使用すべきです。ピンクカラーの化粧下地を使えば肌に透明感をもたらすことができ、柔らかい質感を得ることが期待できるでしょう。

甘い雰囲気を出すことができる

ピンクカラーの化粧下地を使うことで、肌色が明るく柔らかくなり、上品で甘い雰囲気を表情に持たせることができるでしょう。メイクもファッションの一部と考え、意識して合わせていくことが大切です。フェミニンなファッションの時は、ピンクカラーの下地を使うことでキュートな印象を強く出すことができます。

血色がよく見える化粧下地の塗り方

画像引用元:latte

化粧下地を使うことで肌色を補正することができ、またコンプレックスや悩みを改善していくのにも役立ちます。特に女性の悩みで多いのは、貧血などの不調で肌が健康的に見えないというものです。これを改善するには食事だけではなく、メイクも工夫していく必要があります。

化粧下地を使用すれば、いつでも血色がいい状態に見せることが可能です。しかし、単に使用すればいいのではなく、ある程度の基本やテクニックを知っていなければその効果を活かせません。そこで、血色が良く見える化粧下地の塗り方について説明をしてきたいと思います。

保湿を十分に行う

化粧下地を使用する前には、基礎化粧品を使って肌に適度な潤いを与えましょう。保湿が十分に行われなければ化粧下地やファンデーションの付きが悪くなり、粉っぽい仕上がりになってしまいます。

保湿に関しては、水分と油分の両方を肌に与えるようにしましょう。化粧水だけでなく、クリームや乳液でしっかりと保湿することが大切です。また、これらのアイテムだけでは対応できない肌の場合、美容液を使って補っていくと良いでしょう。

年間を通じてUVカット乳液を付ける

画像引用元:latte

紫外線は肌にとって悪影響を与えるものです。夏は紫外線対策をする方も多いかとは思いますが、紫外線は年間を通して地上に降り注いでいます。肌への影響をを考えるなら、夏以外でも一年中UVカットを行いましょう

そこでおすすめしたいのが、UVカット機能を持った乳液の使用です。乳液はライトな使用感で使え、日焼け止めのように重い感じはありません。使い方としては、紫外線カット機能を持つ乳液をつけて乾くのを待ち、その上から化粧下地を重ねていきます。そうすることで、肌への負担や紫外線の影響を軽くできるでしょう。

くすみが気になる部分は薄く重ね付けする

化粧下地を塗ることでくすみを上手に隠すことができ、肌を美しく見せることが可能です。

ただし、くすみを隠したいからといって化粧下地を厚く塗らないようにしなければなりません。化粧下地はあくまでも肌を均一にするアイテムであり、薄く塗るだけでもくすみをぼかすことができます。

さらに上からファンデーションを重ねることを考え、厚化粧にならないよう注意しましょう。

プチプラで人気!ピンクカラーの化粧下地

ピンクカラーの化粧下地を使用することで、肌を上品でフェミニンな印象に見せてくれます。また、健康的で血色が良く見えるのもメリットです。そんなピンクカラーの化粧下地ですが、色々な商品が販売されていて、どれを選べばいいか悩むこともあるかと思います。

ここでは、初めて使用する方でも扱いやすく、優れた効果が期待できるピンクカラーの化粧下地を紹介します。どれが良いか悩んでいるなら、ぜひこの中から気になった商品を選んでみてください。

舞妓はん 化粧下地 01 桜色(ピンクベージュ) 25g

舞妓はん 化粧下地 01 桜色(ピンクベージュ) 25g

舞子さんの肌のように、温かみのある上品なピンクカラーの肌質に演出してくれる商品です。日焼け止めや乳液など1本で7つの効果が期待でき、かなり使いやすい化粧下地となっています。

優れた保湿効果が期待できる成分を含み、美容乳液代わりになるので乾燥しやすい肌質の方にもおすすめです。また、UVカット効果が期待でき、汗や皮脂にも強いため、年間を通してどのシーンでもマルチに活躍させることができます。

ベビーピンク ラベンダーマジックベース 20g

ベビーピンク ラベンダーマジックベース 20g

 

くすみが強い、毛穴が気になるという方には特におすすめしたい化粧下地です。くすんだ肌に透明感をもたらすことができ、毛穴もしっかりと埋めてファンデーションの付きを良くしてくれます。

またパールが配合されているので、光の反射によって肌をより美しく見せることができます。

毛穴パテ職人 化粧下地 ブライトアップ ピンクベージュ 25g

毛穴パテ職人 化粧下地 ブライトアップ ピンクベージュ 25g

くすみをしっかりとカバーして、気になる毛穴も上手に塞いでくれる、ファンデーション前の化粧下地としては最適な商品です。SPF50となっており、夏の紫外線が強い時期でも肌をしっかりと守ってくれます。成分にはヒアルロン酸も配合されているため、乾燥しやすい肌質でもしっかりと保湿してくれます。

まとめ

ピンクカラーの化粧下地を使用すれば、それだけで健康的で女性らしい印象を与える肌になれます。特にフェミニンなファッションが好きな方におすすめです。ブルーやグリーンの化粧下地に比べて使いやすいので、肌色を明るく見せたい方はぜひ試してみてください。