赤いアイメイクでいつもと違う印象に♡おすすめアイテムまとめ

2017年頃からじわじわと注目を集めているのは赤いアイメイクです。目元をくっきりと印象付ける赤いアイメイクは日本だけではなく韓国でも定番メイクとして人気となっています。赤いアイメイクは歌舞伎を連想させて「派手すぎない?」と不安に思う人もいるでしょう。

今回は、

  • 赤いアイメイクの魅力
  • 赤いアイメイクの事例
  • 赤いアイメイクにおすすめのアイテム

について紹介します。

いつもと違う!赤いアイメイクの魅力


赤いアイメイクは派手なだけではありません。赤いアイメイクだからこそ出せる魅力があるのです。こちらでは、どのような魅力を出せるのかを見ていきましょう。魅力はひとつだけではなく、さまざまな人に合うものがあるので自分を引き立ててくれる魅力を見つけてみましょう。

血色感がにじむようなスッピン風の抜け感を演出できる

赤いアイメイクを活用することで、肌に血色感を与えることができます。血色感と言っても、くっきりと与えるのではなくじゅわっとにじむような与え方をしてくれます。それだけではなく、スッピン風の抜け感を演出できるのも魅力のひとつです。赤はパッと目を引く色です。そのため、しっかりメイクをしていても赤いアイメイクを活用することで良い意味でスッピンのような素朴さを出すことができます。

少女のような儚げでかわいらしい目元になる


赤いアイメイクが映えるのは、色素が薄いメイクです。色素薄いメイクにはアンニュイな雰囲気を出せる赤いアイメイクは欠かせません。白い肌に赤いアイメイクを乗せることで、まるでお人形のような可愛らしい雰囲気を出せます。可愛らしさだけではなく儚い雰囲気も出せるのでおすすめです。儚さが出せるメイク方法はあまり多くないので、ぜひ活用してみてください。

下まぶたにONすればうるうるセクシーな目元に

赤いアイメイクは目の周囲全体に入れるのが一般的ですが、下まぶたに入れることでセクシーな雰囲気の目元を作ることができます。部分的に赤いアイメイクをすることで雰囲気を変えることも可能です。赤いアイメイクを下まぶたに入れることで目のうるうるを強調させられるので、色気のある瞳を作れるのでおすすめです。

参考にしたい!赤いアイメイクの事例

赤いアイメイクと言っても、さまざまなやり方があるのでメイク方法に悩む人も多いのではないでしょうか。こちらでは、色々な人の赤いアイメイクを参考にしていきましょう。

夕やけみたいなグラデーションメイク

まるで夕焼けのようなグラデーションが美しいアイメイクです。赤いアイシャドウだけではなく、オレンジのアイシャドウを合わせることで夕焼けのような色を演出できます、ゴールド系のハイライトを入れることで、更に夕焼け感を出すことができます。

二重幅にさりげなく赤をいれてスッピン風

くっきりと赤いアイメイクをするのもキレイですが、二重幅に入れる方法も人気を集めています。くっきりと入れるよりもナチュラルな雰囲気を出せるのでスッピン風を出したい時におすすめです。

大人のグラデーション赤アイメイク

赤いアイメイクで大人っぽさを出したい時は、目尻部分に赤を強く入れてみましょう。目元から中間部分までは薄付きを意識して目尻の上下をやや強く赤を入れることでグッと大人っぽさが増します。部分的に赤の強弱をつけることで、赤特有の派手さを抑えることができます。

下まぶたに赤をいれてうるうるアイ

アンニュイな雰囲気を出したい時には、下まぶたに赤いアイメイクを入れましょう。ピンクではなく、赤を下まぶたに入れることで血色感を強く出せます。チークやリップをしっかり入れることで下まぶたの赤が悪目立ちしないようにカバーできるのです。

赤みブラウンで大人っぽく仕上げて

赤いアイメイクと言っても、必ず赤を使わなければいけないわけではありません。大人っぽさを出したい人には、赤みの強いブラウンがおすすめです。複数のカラーを使うことで、ゴールド感のある赤みブラウンを使うことでグッと大人っぽさを出すことができます。フォーマルでもカジュアルでも似合うアイメイクなので、汎用性が高いと言えるでしょう。

さりげないバーガンディが色っぽい♡

赤いアイメイクはセクシーな目元を作るのにうってつけのカラーです。しかし、あまり強い色になりすぎると歌舞伎役者のようになってしまい、違和感の方が強くなってしまいます。そんな時におすすめしたいのがバーガンディです。くっきりとではなく、さりげなくバーガンディを入れることで明るくなりすぎず、暗くなりすぎずの適度な色っぽさを作ることができます。

赤いアイメイクにおすすめのアイテム

メイク別マットアイシャドウの選び方
赤いアイメイクをするためのアイテムは多くあるため、どれを使えばいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。こちらでは、赤いアイメイクに活用されているアイシャドウを見ていきましょう。自分の肌色などと比較をして、理想の赤いアイメイクをしてみましょう。

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ RD422 熱情

 

小悪魔系のコスメと言えば、やはりマジョリカ マジョルカを選ぶ人が多いのではないでしょうか。赤いアイメイクはある意味では小悪魔系メイクと言っても間違いではありません。マジョリカ マジョルカのシャドーカスタマイズはひと塗りするだけでキレイな発色を見せてくれます。発色だけではなく、光の効果で目元を立体的に仕上げてくれるので、メイク全体に深みを持たせてくれるのでおすすめです。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ルックアット マイアイズ RD302

 

深みのある赤が特徴的なアイシャドウです。エチュードハウスのルックアット マイアイズはリーズナブルな価格で購入できることから、多くの女性に愛用されています。ラメが入っていることから宝石のようなきらめく目元に仕上げてくれるのでゴージャスな演出が可能です。それだけではなく、華やかな光沢感と上品な雰囲気がさまざまなファッションにマッチするため使い勝手が良いと評判です。

ヨレにくい特徴を持っていることから、長時間でもつけたての発色が継続して鮮やかなカラーが目元で長持ちをしてくれるのです。

インテグレート アクセントカラーアイズ CC RD694

 

真っ赤なパッケージが印象的なインテグレートのアクセントカラーアイズです。赤アイメイクだけではなく、大人のアーモンドアイにランクアップさせられる3色アイシャドウとベースが組み合わせられたアイテムです。ラメが入っていることから、高級感漂う目元に仕上げられます。まぶたのトーンや発色、化粧もちもアップしてくれるので季節を問わずに使い勝手の良いアイテムと言えるでしょう。

キャンメイク アイニュアンス32 ショコラアップル

 

まるでスイーツのようなパッケージのアイシャドウです。キャンメイクのショコラアップルは赤いアイメイクをするのに適しているカラーバリエーションと言えます。赤いカラーでベースを作り、ピンクやブラウンで赤みを押さえて控えめながらも上品な赤いアイメイクに仕上がります。

メイベリン ハイパーシャープ ライナー R BU-1 バーガンディ

 

マスカラで有名なメイベリンですが、こちらのアイライナーは赤いアイメイクにぴったりのアイテムです。深みのあるバーガンディが特徴的で血色感のあるシックな印象を作ってくれます。ウォータープルーフなので、汗や涙、水にも強く崩れにくい特徴があるので夏でも安心して使えます。

メイクオフするまでキリッとしたアイラインを継続してくれるので赤いアイメイクを引き立ててくれます。6種類のケア成分が配合されているので、使いながらも目元ケアができる優しい仕様となっているのも特徴のひとつでしょう。

まとめ

赤いアイメイクは、赤というインパクトのあるカラーのおかげで遠ざけられがちですが目元に赤を使うことで血色感やアンニュイな雰囲気などメリットも多くあるのです。ナチュラルなメイクだからこそ、赤いアイメイクを取り入れてアクセントをつけてみてはいかがでしょうか?

赤いアイメイクと言っても、その人次第でさまざまな方法があります。二重幅だけに赤を乗せる方法、複数カラーを組み合わせて夕焼けのような美しい仕上がりにするなど、自分らしい「赤いアイメイク」を探してみてはいかがでしょうか。アイメイクを少し工夫するだけで、さまざまなバリエーションがあるためぜひ試してみてください。