マツエクのリペアってなんのこと?オフとの違いや頻度などを徹底解説!

マツエクは施術のあと2週間〜1ヶ月ほどで、根元部分が浮いたり曲がったり、取れてしまうなど状態が悪くなってます。綺麗な見た目を保つためにはリペア、もしくはオフといった作業が必要になります。

そこでこの記事では、マツエクのリペアとはどんなことをするのか、リペア後のデザインの実例の他、マツエクを長持ちさせる商品などについて、紹介します!

マツエクのリペアって何のこと?

画像出典:latte

マツエクのリペアとは、そもそもどのようなものでしょうか?その具体的な意味について、紹介しましょう。

マツエクを部分的に付け直してもらうこと

マツエクのリペアとは、マツエクしたあとのメンテナンスのことです。すべて付け替えるのではなく、部分的に付け直してもらうことです。まつ毛は周期的に生え変わるので、そこに接着したマツエクも同時に減ってしまいます。

また、洗顔したときなどにまつ毛を擦って、マツエクが取れることもあるでしょう。そうして減ってしまったマツエクをつけ直す作業をリペアと言います

リペア・オフの違い

画像引用元:latte

リペアの他に、マツエクのオフというものもあります。リペアはマツエクの部分的な付け替えですが、オフはすべて取り外すことを言います。ずっとマツエクを楽しみたい場合はリペアしていけばいいとも思えますが、接着剤の劣化や衛生面からは、たまにオフすることも必要になります

すべて付け替えるよりも時間がかからない

マツエクの施術は、100本につき45分から1時間程度かかります。丁寧なスタッフであれば、それ以上かかる場合もあるでしょう。マツエクのリペアはすべて付け替えるものではないので、それほどの時間がかからないで済みます。定期的に行うにしても、負担は少ないでしょう。

サロンごとにリペア方法が異なる場合も

画像引用元:latte

マツエクのリペアは、サロンごとに方法が異なります。チェーン店などの一般的なサロンでは、傾いていたり、外れそうなものだけを取りはずし、定額料金の本数だけを付ける方法が通常です。

これに対し、高級サロンや個人経営の店では仕上がりにこだわりを持つところが多いので、より丁寧な施術が期待できます。事前にどのようなリペアをするのか問い合わせ、自分の希望に合う場所を選ぶのがいいでしょう

リペア後のデザインはこんな感じ!

画像引用元:latte

マツエクをリペアする前と後の実例を紹介しましょう。

リペアする前の状態

マツエクをする前の状態をお見せします。ところどころ抜けて、隙間がある状態です

横から見た状態

横から見るとこのような感じで、長さや密度が足りないのがわかります。少し寂しい目元になっていますね。

リペアした後のデザイン

リペアした後の状態です。隙間が埋まり、まつ毛も綺麗に揃っています

横から見たらこんな感じ

横から見ても、違いがハッキリわかると思います。リペアするだけで、これだけの違いが出てくるわけですね。

マツエクのケア商品の紹介

マツエクのケアには、こちらの美容液「フェニックス アイラッシュサポートジェル」を使っています。洗顔後、スキンケアの前に塗ることで、マツエクをコーティングして自まつ毛を育てる効果が期待できます

フェニックス アイラッシュサポートジェル

マツエクや自まつ毛をしっかり保護し、補修するまつげ美容液です。ジェルタイプで、束感のある仕上がりになります。 まつ毛をトリートメントし、ハリとコシを与える6つの美容成分を配合。コーティング効果で、エクステの持続力もアップします

細かな部分も塗りやすいカールブラシで、使いやすさも良好です。

リペアに関するQ&A

画像引用元:latte

リペアについて、わからないことも多いと思います。ここでは、よくありがちなリペアの疑問について取り上げてみました。

リペアの頻度・タイミングは?:理想の頻度は2週間程度

画像引用元:latte

リペアはどのくらいの頻度で、どのようなタイミングで行うのが理想的でしょうか?

一般的に綺麗な状態を保てるのは、2週間程度とされています。ただし、マツエクの持ちには個人差があり、普段のケアの方法や技術の熟練度、接着剤がマツエクの毛質に合っているかなどで行うタイミングは変わるでしょう。

2週間経ったころにマツエクの状態を見て、リペアのタイミングを考えるようにしてください

リペアの際にデザインは変更できるの?:できる場合とできない場合がある

リペアするなら、ついでにデザインを変えてみたいと思うこともあるでしょう。リペアの際にデザイン変更はできるのでしょうか?

前回のデザインや変更を希望するデザインによって、できる場合とできない場合があります。まずはサロンの担当者に相談してみるのがいいでしょう。

基本的にリペアは前のデザインに付け足していくものなので、デザインを変更すると仕上がりが微妙になることが多いかもしれません

リペアは何回まで?:基本的に1~2回まで

画像引用元:latte

すべて付け替えるよりも、付け足していくリペアなら費用が少なくて済みます。リペアはどのくらいまで繰り返しできるのでしょうか?

マツエクを綺麗な状態に保つにはリペアは1~2回までが理想です。そのあとはオフして、付け直すのがいいでしょう。リペアを繰り返すと仕上がりにばらつきが出て綺麗に見えません。さらに、接着剤にメイクなどが付着して不衛生な状態になってきます

リペアはセルフでできるの?:できるがおすすめできない

リペアしたいけどサロンに行く時間がない、取れてしまった部分をすぐに付け足したい、そんなときにセルフでリペアすることはできるのでしょうか?

セルフのリペアはあまりおすすめできません。確かに最近はセルフでできるキットが販売され、自分でもマツエクをすることができます。しかし、マツエクは高い技術を要し、プロのアイリストでも研修を積んでやっと行えるもの。セルフで目元に接着剤でエクステをつける行為は、危険が伴います

さらに、リペアは単に外れた部分にエクステをつけるだけでなく、その他のマツエクもチェックして付け直すという作業を行います。最初に施術した状態に近づけるものなので、綺麗なマツエクを維持したいならサロンで行うのが一番です。

リペアかオフか迷ったら

リペアとオフのどちらにしようか迷うこともあると思います。そんなときは、次の点を参考にしてください。

短い間隔でサロンに通えるならリペア

マツエクは施術から2週間~3週間もすると、少しずつ取れてきてしまいます。そのため、綺麗な状態を維持するにはリペアを行なっていくのが理想です。

サロンが近くにあり、短い間隔で通えるならリペアがおすすめです。サロンが遠くて頻繁に通えない場合は、1〜2ヶ月間隔でオフを行うのがいいでしょう

少しのばらつきならリペア、抜けが気になるならオフ

画像引用元:latte

マツエクが少し取れていてばらつきがある程度なら、リペアがおすすめです。付け足すことで、少ない予算と時間でつけたときに近い綺麗な状態にすることができます。かなり抜けが目立って見た目も綺麗でない状態なら、すべて付け替えるオフをした方がいいでしょう

すでに2回リペアをしているならオフがおすすめ

リペアを繰り返すとしても、2回程度が限界です。まだ取れていないエクステがあっても、長い時間つけた状態では接着剤に汚れが付着して、衛生的ではありません。接着剤の状態も悪くなり、見た目も綺麗ではなくなるでしょう。オフをして、新しいエクステに付け替えることをおすすめします

マツエクを長期間持たせるためのおすすめアイテム6選

画像出典:LATTE

マツエクを少しでも綺麗な状態に保つために、おすすめの商品があります。厳選したものを6点紹介しましょう。

ヒルコス まつげエクステ まつ毛保湿コーティング美容液 新・アイラッシュ革命 11mg(透明タイプ)

エクステ専用のマスカラコーティング剤です。透明タイプで、エクステのグルー部分や毛に塗布すれば、まつ毛の1本1本をしっかりコート。グルーの持続を良くしてツヤを出し、カールもしっかり維持するでしょう。ノンオイルの美容液配合で、自分のまつ毛も優しく保湿します

アヴァンセ マツエク プロテクトセラム

エクステの接着部分を美容液でコーティングして、外的刺激からガードし、マツエクを長持ちさせる美容液です。マツエクを少しでも長持ちさせて、メンテナンスの手間とコストを節約したい人におすすめ。

さらに、自まつ毛にも美容成分が浸透し、ハリとコシを与えるでしょう

まつ毛&エクステコート美容液

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分と皮膜形成剤配合で、まつ毛とマツエクをしっかりコーティングする美容液です。水分や油分、衝撃からマツエクを守ります。

ブラシは根元まで塗りやすいマスカラタイプで、マツエクの接着部分にも引っ掛かりにくいよう、シンプルな形状になっています。

IOVV ラッシュコーティング マツエクの持続力をアップ!大人気のマツエクコーティング剤 (筆タイプ)

マツエクをコーティングし、自まつ毛にも栄養を与える美容液です。有名サロンでもアフターケア用品として大人気。エクステの接着部分に塗ることで、持ちが格段にアップします。コーティング後は汗や水を弾き、エクステをガード。

シャドウやファンデーションでツヤがなくなったエクステを、一塗りで艶やかな状態にしてくれます

まつげエクステ専用マスカラ MAX2 8ml (max2-m)

油分を含まない水溶性のマツエク専用マスカラです。マツエクにボリュームを与え、持ちも良くします。まつ毛にツヤとハリを与える各種漢方エキス、 ローヤルゼリーなどを配合。軽い付け心地で、お湯または水で簡単にオフできます

ラッシュピュア ディープクレンジング メイク落とし クレンジングジェル 400ml [毛穴ケア・マツエクOK・W洗顔不要] (2017年リニューアル品)

ノンオイルでマツエク対応のクレンジングです。優しい使用感なのに、汚れはしっかり落とします。W洗顔不要で肌に負担をかけず、濃厚メイクも毛穴の奥の汚れもオフ。桃の美容液成分配合で、赤ちゃんのような桃肌に洗い上げるでしょう。使い続けるごとに、キレイな素肌が実感できます。

まとめ

マツエクを少しでも綺麗な状態に維持するためには、リペアとオフをベストなタイミングで行うことが大切です。記事を参考に、上手なリペアとオフを行いましょう。

さらに、エクステを長持ちさせる毎日のケアもしっかり行なってください。記事で紹介した商品なら、マツエクだけでなく自まつ毛のケアもできるのでおすすめです!