コンシーラーを使ったシミの隠し方とは?シミを目立たせないメイク方法も!

シミ隠しには欠かせないのがコンシーラーではないでしょうか。シミのサイズにあったコンシーラー選びから、用途別にいろんなコンシーラーがあります。コンシーラーを使ったシミなどの隠し方や、どうしてもコンシーラーだけでは隠せない場合は、どうやったら綺麗に見せられるか詳しく解説しています。

シミの種類によって違うコンシーラーの選び方


女性の大敵であるシミですが、このシミを隠すのにコンシーラーを使えば簡単に隠すことが出来ます。ではどんなコンシーラーを使ってもしみを隠すことが出来るのでしょうか。実際にはシミの大きさや色の濃さなどいろんなシミがあります。コンシーラーを選ぶときにはこのシミのタイプによって変えたほうがうまく隠すことができます。実際に大きなシミを隠すのに適したコンシーラーや、小さなシミを隠すのに適したコンシーラーを紹介していきます。

大きめのシミ

大きなシミを隠すのに使うと便利なコンシーラーといえば、ずばり資生堂のNAVISIONがおすすめです。大きなシミを隠すのには相当苦労します。そんな大きなシミを一気に隠すには資生堂のNAVISIONがおすすめです。資生堂のNAVISIONは医療機関専用のコンシーラーで医療機関でしか購入できないのが不便ですが、こんなに大きなシミが隠せるのと思うくらいのシミでも資生堂のNAVISIONを使うことで綺麗に隠すことができます。

小さいシミ・そばかす


小さなシミを隠すのにはコンシーラーでもいろんなタイプのものが利用できます。小さなシミやそばかす程度であれば、市販の安いコンシーラーでも充分に隠すことが出来ます。コンシーラーの種類によって使いやすいものと使いにくいものがあるので、自分が一番使いやすいタイプを使うことをお勧めします。

コンシーラーのタイプには、リキッドタイプ・スティックタイプ・クリームタイプ・ペンシルタイプなどに分かれています。カバー力で行くとNO1がペンシルタイプでスティックタイプ・クリームタイプ・リキッドタイプの順番になります。実際のシミの色や大きさを見てからどのタイプにするかを決めればいいだけです。

コンシーラーだけで隠せないシミのメイク法


シミやニキビなどコンシーラーで隠せるものであればコンシーラーだけ塗れば充分ですが、コンシーラーだけでは隠せないようなシミやそばかすなどがある場合、どのようにして隠せばいいのでしょうか。実際にコンシーラーと併用することでシミやそばかすを隠すことが出来ます。その組み合わせを詳しく説明します。

ビタミンC誘導体配合のスキンケアを使う

コンシーラーを使ってもどうしても隠せないシミなどがある場合は、表面的な方法で隠すのではなく元から断つことを考えましょう。スキンケア商品をうまく使って肌を改善することをおすすめします。スキンケアの中でビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を使うことでシミを断つことが出来ます。ビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を使うことでメラニン色素の生成を抑えてくれて美白効果を高めることが出来ます。肌自体を改善することでシミを隠すことが出来ます。

リキッドかクリームタイプのファンデーションを使う


コンシーラーだけでは隠せないシミやそばかすがある場合、ファンデーションを併用することで隠すことが出来ます。コンシーラーとファンデーションの両方を使うことで綺麗にシミやそばかすを隠してくれます。

ただしファンデーションのタイプによっては効果が薄いものもあるので、リキッドタイプ・クリームタイプのファンデーションを使うとしみやそばかすをうまく隠すことが出来ます。間違ってパウダータイプのファンデーションを選ぶと、隠す効果が薄れるので使ってもあまり効果が得られません。コンシーラーと併用して使うには、リキッドタイプかクリームタイプのファンデーションを使うことをおすすめします。

肌に合った色のファンデーションを選ぶ

ファンデーションでシミやそばかすを隠すには、肌色とファンデーションの色を合わせないと意味がありません。肌色に合った同系色のファンデーションを使うことでシミやそばかすをうまく隠すことができます。ファンデーションを選ぶときに色にこだわった選定をしてから、現在の自分の肌色とマッチしているかどうかを見比べてみることが重要です。違う色のファンデーションを使ってしまうと、シミやそばかすが逆に目立ってしまう可能性があるので注意が必要です。出来るだけ肌色にあったファンデーションを選ぶようにしましょう。

シミ隠しにぴったり!プチプラで人気のコンシーラー


シミやそばかすを隠すためにはコンシーラーが必要不可欠です。そのコンシーラーの中でも厳選した商品を4つ紹介します。出来るだけシミやそばかすなどを隠すためにも今人気のコンシーラーを使ってみると意外に便利なものです。今から初めてコンシーラーを使ってみようかと考えている人には、特におすすめの4商品を紹介しています。人気のコンシーラーばかりを紹介しているので、使用するのには問題はありません。まさにシミ隠しにはぴったりのコンシーラーが見つかります。自分にあったコンシーラー選びを行って実際に使ってみましょう。

セザンヌ コンシーラークレヨン 02

セザンヌ コンシーラークレヨン 02 セザンヌ コンシーラークレヨンは何よりも安さが魅力のコンシーラーです。目もと・口角・ほうれい線など肌を動かす部分につかうと効果がわかります。よく動かす部分に塗っても崩れることなく塗ったときの状態をキープしてくれます。そのため、一度塗ると激しい動きをしても落ちることを気にする必要がありません。カバー力が抜群でべたつかないので使用していて違和感なく使えます。性能面も充分していてコンシーラーとしては十分な効果がある上に価格の安さにはびっくりです。

キャンメイク コンシーラーファンデーションUVリフィル 02 ライトオークル 10g

キャンメイク コンシーラーファンデーションUVリフィル 02 ライトオークル 10g キャンメイク コンシーラーファンデーションUVリフィルは塗るだけで肌のトラブルを隠してくれる優れもので、価格は若干高めですが効果という面ではピカ一ではないでしょうか。アミノ酸エモリエント成分が配合されていて肌の保湿効果もあり肌には優しいファンデーションです。乾燥肌から肌をまもってくれるキャンメイク コンシーラーファンデーションUVリフィルです。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ビッグカバー チップコンシーラー SAND

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ビッグカバー チップコンシーラー SAND
エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ビッグカバー チップコンシーラーは核的には買い求めやすい価格になっていて、コンシーラーとしての機能面も充分に備えています。エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ビッグカバー チップコンシーラーはコンシーラーとBBクリームが一体化されていて、これ1つでしみやそばかすを完全に隠すことが出来ます。ファンデーションクリームなどが必要ないので、エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ビッグカバー チップコンシーラーを塗るだけで隠したい肌を隠すことが出来ます。

KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー 01 (2.6g)

KOSE コーセー ノア スティックコンシーラー 01 (2.6g)
KOSE コーセー ノア スティックコンシーラーは安心できる日本製のコンシーラーです。スティックタイプで使いやすくなっています。価格も550円とリーズナブルなお手ごろ価格で購入できるため、多くの女性がコンシーラーとして利用しています。今人気のコンシーラーではないでしょうか。クマやニキビなどもしっかりと隠してくれて無香料で植物抽出成分配合なので、肌にも優しいコンシーラーです。ピンクオークルとオークルの2色となっていて660円というリーズナブルな価格も人気の秘密となっています。

まとめ

シミやそばかすにニキビなど女性が肌のトラブルとして一番悩んでいることです。そんな悩みを解消してくれるコンシーラーを紹介してきました。コンシーラーはシミの大きさや色によって変えることで、より隠す効果を高めることが出来ます。