コンシーラーブラシを使うメリットは?おすすめの人気コンシーラーブラシ!

コンシーラーを塗るときにブラシを使うことでいろんなメリットがあり、そのメリットを詳しく紹介しています。実際に使うコンシーラーブラシの使い方について詳しく紹介しているので参考にしましょう。

コンシーラーブラシを使うメリット


コンシーラーブラシを使うメリットはあるのでしょうか。コンシーラーブラシを使うメリットはいくつか考えられます。指を使って塗る場合、塗れない場所にブラシで塗ることが出来ます。指を使って塗るよりはむらなく綺麗に塗ることが出来るのがコンシーラーブラシです。実際にコンシーラーブラシを使うことで具体的なメリットを紹介します。

指が届かない場所もカバーしやすい


指で塗るには塗りにくい目元や小鼻のまわりなどは、コンシーラーブラシを使ったほうが綺麗に塗れます。ほかにも立体的な部分であれば、指では塗りにくいのでコンシーラーを使って塗ったほうが便利ですし、むらなく塗ることが出来ます。ピンポイントで塗ることができるので、狭い場所などはコンシーラーを使ってから塗る方が便利です。

コンシーラーブラシの種類はたくさん用意されているので、塗る場所によって変えれば、より綺麗に塗ることが出来ます。指では絶対に塗れないような場所をコンシーラーブラシで塗ることが出来ます。

ムラなくきれいに仕上がる

コンシーラーブラシを使って塗ると、均等にブラシで塗っていけるので力が綺麗に分散されて均等に塗っていくことが出来ます。指で塗るとそうはいきません。力加減で厚く塗ったり薄く塗ったりと均等に塗ることが難しく、ブラシのようには綺麗に塗れません。コンシーラーで塗るときは、隠したい部分を周りからうまく寄せていって綺麗に隠すことが出来るので、むらなく隠したい場所を塗れます。

コンシーラーを使って塗った場所と指を使って塗った場所を比較すると、その違いが一目瞭然です。見た目で仕上がりの違いを確認できます。コンシーラーブラシを使うことで出来るだけ綺麗にむらなく塗ることが出来るのです。塗りたい場所をピンポイントで塗っていくと、自肌と変わりなく違和感のない肌色で塗ることが出来ます。

自分にぴったりのコンシーラーブラシの選び方


コンシーラーブラシは、指で塗るよりは断然綺麗に塗ることが出来ます。ただし、使うブラシをどれにするかでうまく塗れない場合もあります。その場合は使っているブラシがあっていないわけで、塗る場所や自分の手のサイズにあったブラシを選んでいるかが重要なポイントになります。今回、コンシーラーを選ぶときのいくつかの基準を決めてみました。その基準点でどのコンシーラーブラシを選べばいいかを見ていきます。間違ったコンシーラーブラシを選んでしまうとうまく塗ることが出来ません。

軸の長さ・持ちやすさ

コンシーラーブラシを選ぶときに使いやすさを求めましょう。使う人が使いにくかったら折角ブラシを使っている意味がありません。ブラシは軸があってその先にブラシがついています。そのためブラシの軸の長さや太さによって、もちやすいコンシーラーブラシというものがあります。手の大きさや指の長さは人それぞれなので、自分で持ちやすい長さや太さがあるはずです。コンシーラーブラシを選ぶ前に別のもので実際に持ってみて、どの太さで長さはどのくらいが使いやすいかを見てみましょう。そこでわかった太さと長さに合うコンシーラーブラシを選ぶようにします。

隠したい場所の大きさでサイズを選ぶ

コンシーラーブラシを持ちやすさで選んでからそのサイズにあったブラシの中で、実際に隠したい場所の大きさに合わせてブラシのサイズを選ぶようにします。隠す場所の大きさにあっていないブラシのサイズで隠していくには苦労します。出来るだけ楽に塗ることができるブラシの大きさを選ぶために、隠したい場所の大きさを測っておいてからブラシのサイズを選んでいきます。

隠したい場所が大きいのに、細いブラシを選んでしまうと塗るのに苦労します。何度も塗っているとむらも出てきてしまいます。逆に隠したい場所が小さいときにブラシが大きなものを選んでしまうと余分に塗ってしまいます。

毛の素材


コンシーラーのブラシで使われている材質によっても塗れ方が変わってきます。ブラシの材質はどれでもいいというわけではなく、材質ごとの違いを知っておくことは重要です。それぞれの材質と特徴を紹介します。

ブラシの材質にリスの毛が使われている場合、毛質が非常に柔軟に出来ていてまとめて塗るときに塗りやすくなっています。山羊の毛の場合は、毛先が透明で長い毛ほど上質と言われています。細くてしなやかな毛質となっています。イタチの毛の場合は、尾の部分の毛だけを使ってブラシにされています。毛質は非常に良質で滑らかな肌触りになっています。馬の毛質は毛先が柔らかく光沢があって、毛先が細くなめらかになっています。化学繊維は、イタチの毛に似た感じがします。こちらは水洗いが出来るので使い勝手がよいブラシです。

口コミで人気のコンシーラーブラシ


コンシーラーを塗るときに使うと便利なブラシを紹介します。指で塗るよりは断然むらなく塗れて細部にまで届くコンシーラーブラシを一度使ってみてはどうでしょうか。今回おすすめのコンシーラーブラシを4つピックアップしてみました。

コンシーラーブラシ (MR-212)

コンシーラーブラシ (MR-212)
コンシーラーブラシ (MR-212)は熊野筆を使ってから作られているもので、志々田清心堂の化粧筆となります。毛先が細くなっていてやさしい肌触りのコンシーラーブラシとなります。天然の毛筆に比べて水洗いが出来て価格もリーズナブルとなっています。手入れがしやすいので使い回しが出来ます。

ミネラル コンシーラーブラシ

ミネラル コンシーラーブラシ
ミネラル コンシーラーブラシは、毛先が柔らかくなっていて使いやすいコンシーラーブラシです。価格も安くなっていて買いやすい価格で、消費者に取っては使いやすいコンシーラーブラシではないでしょうか。使い捨てというイメージで使っていると使いやすく、価格もリーズナブルなので何本でも追加で購入しても懐にも優しくなっています。

Studio Line コンシーラー 専用 ブラシ 化粧 メイク 米国 ハリウッド プロフェッショナル 【アマゾン限定販売】

Studio Line コンシーラー 専用 ブラシ 化粧 メイク 米国 ハリウッド プロフェッショナル 【アマゾン限定販売】
Studio Line コンシーラー 専用 ブラシは職人によって作られたコンシーラーブラシで価格はそれなりにしますが、プロが使うような高品質のブラシとなっています。長く使うのには最適なブラシではないでしょうか。このブラシを使えば、コンシーラーのタイプでクリーム・リキッド・パウダーなど、どのタイプでも使うことが出来る優れものです。他の高級ブラシに匹敵するくらいの高品質のブラシでありながら、2000円を切る価格は安いのではないでしょうか。

メイクブラシ 化粧ブラシ SUAYLLA メイクブラシ セット10本 コスメ ブラシ フェイスブラシ 高級タクロン

メイクブラシ 化粧ブラシ SUAYLLA メイクブラシ セット10本 コスメ ブラシ フェイスブラシ 高級タクロン
メイクブラシ 化粧ブラシ SUAYLLA メイクブラシ セット10本は全部で10本セットとなっていて、いろんなタイプのブラシが揃っています。このセットがあればどの部分でもコンシーラーで塗ることが出来ます。10本セットが1000円程度で購入できるので格安価格のブラシです。高級素材を使用しているのでコベルベットのような肌触りで、敏感肌の人でも気にせず使用できます。30日間の購入保証も付いていて、品質には自身がある表れではないでしょうか。

まとめ

コンシーラーブラシを使う理由としては、指では塗れないような細部を塗ることが出来るということを紹介しました。コンシーラーブラシを使った場合のメリットを詳しく紹介しています。コンシーラーブラシを選ぶときにどんなものを選んだらいいのかについても、用途や使う人に合わせて紹介しています。今まで指でコンシーラーを塗っていた人は、一度ブラシを試してみてはどうでしょうか。想像以上に便利なコンシーラーブラシを実感できるのではないでしょうか。