ほくろもカバーできるコンシーラーの選び方!プチプラのおすすめアイテムもご紹介!

コンシーラーと一言で言ってもどれも同じように思えるかもしれませんが、タイプによって役割が違います。カバー力が高いタイプのコンシーラーは何か、そしておすすめのコンシーラーは何かをずばり紹介しています。

カバー力が高いコンシーラーのタイプ


コンシーラーの中にはいろんなタイプのものが販売されています。タイプ別にカバー力という面で考えると、どのタイプのコンシーラーがおすすめなのか気になるところです。カバー力という面で評価しておすすめのコンシーラーには、ススティックタイプかクリームタイプでカバー力が高くなっています。

クリームタイプ

クリームコンシーラータイプはどのような効果があって、カバー力の面ではどの程度の力があるのでしょうか。クリームコンシーラータイプのカバー力で言えばピンポイントにカバーできて、広範囲のカバー力もある万能型のコンシーラーではないでしょうか。

クリーム状なのできめが細かくあらの少ないコンシーラーは、肌になじみやすくなっています。クリーム状なので肌をしっとりとしてくれて乾燥を防ぐ力は、非常に高くなっています。クリームタイプには、カバー力としてスティックタイプのような効果があり、リキッドタイプのような伸びの良さを兼ね備えています。

スティックタイプ


スティックタイプのコンシーラーは万能型と言われていて、濃いシミなども完全に隠すカバー力があり、他のどのタイプよりも強力なカバー力が売りのコンシーラーです。スティックタイプのコンシーラーは肌に付けるときの量の調節が簡単に出来るため、初心者におすすめのコンシーラーです。初めてコンシーラーを使う人でも使いやすいのがスティックタイプのコンシーラーではないでしょうか。スティックタイプの場合、広範囲のシミなどをかくすのには向いていません。比較的狭い範囲のシミなどを隠すのに使うと便利です。

コンシーラーのカバー力をアップさせる使い方


コンシーラーはタイプによってカバー力が違いますが、その中でも使い方次第でもカバー力が大きく変わってきます。同じスティックタイプのコンシーラーでも使う人の使い方でカバー力にも差が出てきます。コンシーラーの能力を最大限に生かすための使い方を見ていきましょう。コンシーラーだけではなく、プラスアルファによってもカバー力に差が出てきます。

コンシーラーを伸ばしながら塗らない

コンシーラーを使っていると、つい伸ばしてから出来るだけ広い範囲に塗ろうとする人がいますが、確かに気持ちはわかりますが伸ばしながら使うのはコンシーラーのカバー力を半減させてしまいます。惜しむことなく塗ることが必要です。特にクリームタイプの場合、伸ばし過ぎて本来のカバー力を失ってしまう可能性があります。できるだけケチらずに使うことが大切です。ただし、適度な厚さというものが重要で厚塗りもよくありません。

隠したい場所、トラブルによって使い分ける

コンシーラーは顔の中でも隠したい場所やトラブルの内容によって使い分けると、よりカバー力を発揮します。目の周りのクマ・ほうれい線・ほほのシミやそばかすなど同じ隠したい場所でもそうなった原因が違うので、隠したい範囲が変わってきます。それぞれの原因によって赤みを帯びたり広範囲に亘ったりします。それぞれの隠し方には違いがあり原因にあったコンシーラーを使うことでうまく隠すことが出来ます。

クマが気になる人の場合、クリームタイプ・リキッドタイプを使うと伸びが良くてうまく隠すことが出来ます。ニキビなどを隠したいときは、リキッドタイプ・スティックタイプがピンポイントで隠せて便利です。頬などに出来ているそばかすなどは、パレットタイプのものを使うと広範囲を隠すのに向いています。このように隠す場所や範囲によって使い分けるとうまく隠すことが出来ます。

フェイスパウダーで仕上げる


コンシーラーで隠したいトラブルをうまく隠した後に、フェイスパウダーを使ってその上に塗ってからより自然な肌を演出することが出来ます。コンシーラーでは肌トラブルを隠すだけで全体の肌のバランスを取るためには、フェイスパウダーでうまくぼかしていくことできれいになります。肌全体をナチュラルメイクにするには、コンシーラーで隠した後にフェイスパウダーで仕上げをしていくときれいな肌を演出してくれます。

プチプラでもカバー力が高いコンシーラー


コンシーラーを使ってしわ・シミ・ニキビ跡・クマなどいろんな肌のトラブルに対応することが出来ます。コンシーラーでも得意・不得意といったものがあり、どのトラブルには何を使うのがより効果的かが変わってきます。肌トラブルにあった人気のコンシーラーを4つ厳選しています。実際に使ってみてそのカバー力を確かめてみましょうか。

ドセム カバーパーフェクションリキッドコンシーラーThe Saem Cover Perfection Liquid Concealer (01.クリアベージュ) [並行輸入品]

ドセム カバーパーフェクションリキッドコンシーラーThe Saem Cover Perfection Liquid Concealer (01.クリアベージュ) [並行輸入品]
ドセム カバーパーフェクションリキッドコンシーラーThe Saem Cover Perfection Liquid Concealerは、ピンポイントで隠すことが出来るコンシーラーで、毛穴までもきれいに隠すことが出来ます。ベースメイクで隠れない肌のトラブルを隠すのには最適なドセム カバーパーフェクションリキッドコンシーラーThe Saem Cover Perfection Liquid Concealerではないでしょうか。濃いホクロまでも隠すことが出来るカバー力を持っています。

キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV 01 ライトベージュ 7.5g

キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV 01 ライトベージュ 7.5g
キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUVは女性の間ではクマ・シミを隠してくれるカバー力が強いと人気のコンシーラーです。毛穴・しわなどを隠すだけではなく、紫外線もカットしてくれる優れものです。カバー力プラス紫外線カット能力に加えて、肌になじみやすく敏感肌の人でも気にせず使うことが出来るキャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUVです。一度塗ると長持ちして女性からすると本当に助かるコンシーラーです。キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUVは塗るときだけではなく、落とすときも落としやすくて簡単に落ちるので、より使いやすいと感じる人がたくさんいて人気の商品です。

[ザセム] The Saem [カバー パーフェクション チップ コンシーラー (SPF28/PA++) ] (Cover Perfection Tip Concealer (SPF28/PA++)) (No.01 Clear Beige + No.1.5 Natural Beige ) [並行輸入品]

[ザセム] The Saem [カバー パーフェクション チップ コンシーラー (SPF28/PA++) ] (Cover Perfection Tip Concealer (SPF28/PA++)) (No.01 Clear Beige + No.1.5 Natural Beige ) [並行輸入品]
[ザセム] The Saem [カバー パーフェクション チップ コンシーラー歯観光性のコンシーラーで日本製品にも劣らない性能を持っていると人気のリキッドタイプのコンシーラーです。カバー力が強力で、なかなか隠せないような赤みを帯びたニキビやニキビ跡でも関係なくきれいに隠してくれます。一度使うと[ザセム] The Saem [カバー パーフェクション チップ コンシーラーしか使わなくなったという女性もたくさんいて、カバー力は日本製品以上なところがあります。

メイベリン マスターカモフラージュデュオ オレンジ・ミディアムベージュ

メイベリン マスターカモフラージュデュオ オレンジ・ミディアムベージュ
メイベリン マスターカモフラージュデュオ オレンジ・ミディアムベージュは、使用前と使用後ではクマの見え方がまったく違います。2色になっていて、オレンジの方で隠したいところに塗ってから、仕上げでベージュをなぞっていくときれいに隠すことが出来ます。色の選択肢もあり、ベージュとグリーンの組み合わせもあります。オレンジを使うとくまがうまく隠れます。グリーンの方はニキビ跡が気になる人が使うとよく隠れます。どんなトラブルを隠したいかで色を変えると効果が上がります。使い方をうまく考えるとカバー力が強いメイベリン マスターカモフラージュデュオ オレンジ・ミディアムベージュではないでしょうか。

まとめ

肌のトラブルは女性が一番気になるところです。見た目だけでも隠せれば堂々と人前に出ることが出来ます。そこで肌トラブルには最適なコンシーラーを紹介してきました、カバー力が他のコンシーラーよりも高いものをピックアップして紹介しました。自分にあったコンシーラーを見つけるための参考にしてはどうでしょうか。