ホットヨガとは温かい環境で発汗や筋肉をほぐす魅力的なエクササイズ!関連する本も紹介

日々の運動不足解消や、リフレッシュしたいというときに、おすすめの運動がヨガです。ヨガは精神を統一して、ゆっくりとした動きをすることで、普段使うことが少ない、インナーマッスルを鍛えることができます。

普通のヨガよりも、室内の温度を高くして行うホットヨガは、さらに良い効果も期待できます。リフレッシュしたい人や、健康的にダイエットをしたい人など、年齢を問わずにおすすめの運動です。

ホットヨガとは

無理なく筋肉をほぐしてポーズをとりやすくする

ホットヨガは、室内を39度前後、湿度60%前後に設定したスタジオで、ヨガを行うものです。スタジオ内を温めておくことで、自然と筋肉をほぐすことができるので、身体が柔らかくなり、ヨガのポーズがとりやすくなります。冷え性の人や、身体の固い人でも、スムーズに動けるようになっています。

発汗作用で身体の老廃物を追い出すデトックス効果が期待できる

室内が暖かく、程よい湿度を保っているので、通常のヨガでの運動よりも発汗作用がアップします。発汗作用がアップすることで、体内の老廃物を出すことができるので、デトックス効果が期待できます。デトックスによって、体内からきれいになることができるので、新陳代謝をアップさせたり、お肌をきれいにすることができるというメリットがあります。

身体の基礎代謝を上げて脂肪が燃えやすくなる

身体の基礎代謝をアップさせることは、メリットがたくさんあります。新陳代謝をアップすることで、お肌のターンオーバーも正常化するだけでなく、脂肪の燃焼もアップします。基礎代謝をアップさせることで、運動をしていなくても脂肪を燃焼することができるので、自然とダイエット効果を得ることができます。

身体の柔軟性が高まる温度や湿度でポーズをとる

ホットヨガでは、室内の温度が39度程度、湿度も60%程度と、非常に暖かい室内でヨガのポーズをとります。暖かい室内では、自然と血流も良くなり体の柔軟性がアップします。柔軟性がアップすることで、難易度の高いポーズもとりやすくなります。難易度の高いポーズは、より普段使っていない筋肉を使うことができるので、インナーマッスルを鍛えることができます。

ホットヨガの効果を上げる脂肪燃焼のサプリメントの成分

クロロゲン酸で脂肪を消費しやすくできる環境を作る

ホットヨガをより効果的に実感したい場合には、サプリメントを上手に取り入れることがおすすめです。ホットヨガをしながら、より脂肪を消費しやすくするためには、クロロゲン酸を取り入れることがおすすめです。

クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、美容に効果的な栄養素だといわれています。クロロゲン酸の効果の特徴として、最も注目したいのが脂肪の吸収を抑制したり、消費しやすくするというものです。脂肪の消費をアップすることで、同じ運動量でもより脂肪を消費することができるので、ダイエット効果を高めることができます。

カプサイシン・ピペリンで発汗を促して脂肪を分解する機能を上げる

辛いものに含まれていることで有名な「カプサイシン」や「ピペリン」は体温を上昇させる効果があります。体温を上昇させることができるので、ホットヨガをするときにはさらに発汗を促すことができます。また、血行を良くすることで、代謝のアップもきたいできます。代謝がアップすることで脂肪の分解機能も上げることができるので、ダイエット効果も期待できます。

L-カルニチンで脂肪燃焼効率を上げる

L-カルニチンとは、脂質の代謝に必要不可欠な要素です。脂質からエネルギーへ変換していくためには、脂肪酸をミトコンドリアに運ばなくてはなりません。この脂肪酸をミトコンドリアに運ぶために活躍するのが、L-カルニチンです。L-カルニチンが活発に活動することによって、よりたくさんの脂肪酸をミトコンドリアに運ぶことができます。

サプリメントなどでL-カルニチンを補給することで、よりたくさんの脂質をエネルギーに変えることができるので、脂肪燃焼効率をアップさせることができます。

α-リポ酸の抗酸化作用で人間の体を錆から守る

人は運動をすると、体内に活性酸素が発生して、いろいろなトラブルを引き起こします。その中でも、注意したいのが体の中の錆です。体内が錆てしまうと、老化が早くなってしまったり、運動をしても効果を得ることができなくなってしまいます。このようなサブを予防するのがα-リポ酸の抗酸化作用です。

α-リポ酸は体内で合成されて生成される成分ですが、加齢とともに合成量が低下してしまうものです。生成量が減ってしまうことは加齢減少として避けられませんが、そのぶんサプリメントなどを利用して、補充していくことが大切です。

ホットヨガの本

心と体をほぐす 初めてのホットヨガ

心と体をほぐす 初めてのホットヨガ (NHKまる得マガジン)
実際にスタジオに通うことができない人や、自宅でもホットヨガを楽しみたい人におすすめの一冊です。伝統的なヨガに、フィットネス要素を取り入れたホットヨガを、しっかりと細かく説明しています。

健康PLUS Vol.24(2015)―あなたの毎日にもうひとつ、いいこと。 特集:お風呂上がりの“ホットヨガ”不妊治療の“今”を知る。

健康PLUS Vol.24(2015)―あなたの毎日にもうひとつ、いいこと。 特集:お風呂上がりの“ホットヨガ”不妊治療の“今”を知る。
ホットヨガは専用のスタジオだけでなく、自宅でも行うことができるエクササイズです。自宅でホットヨガを行うのであれば、お風呂上りがベストタイミングです。体が温まっている状態のお風呂上りは、柔軟性も代謝もアップしているので、ホットヨガの効果をしっかりと得ることができるでしょう。

ホットヨガに37歳の独身男性が1年間通って脳みそがブッ飛ぶ映画のような結果が待っていた!禁欲と合わせて行う男性ヨガの恥ずかしい秘密を公開しよう!

ホットヨガに37歳の独身男性が1年間通って脳みそがブッ飛ぶ映画のような結果が待っていた!禁欲と合わせて行う男性ヨガの恥ずかしい秘密を公開しよう!
女性がメインのイメージのあるホットヨガですが、男性もホットヨガに興味がある人がたくさんいます。男性もホットヨガを行って、すてきな結果を得られることがあります。この一冊はホットヨガだけでなく、少しよこしまな内容も含まれているので、男性のいろいろな面を見ることができる本です。

アンチエイジングを目指す! 寝て・座って ホットヨガ

アンチエイジングを目指す! 寝て・座って ホットヨガ (NHKまる得マガジン)
寝たままや、座ったままで行うことができるホットヨガです。初心者の人でもできるようにここまででOKなどのアドバイスも掲載されているので、初めて行う人でも安心して行うことができます。スタジオに通っている人も、ポーズの確認などもできるので、ヨガを行っている人におすすめの一冊です。

まとめ

ホットヨガは、健康維持だけでなく、美容にも効果的なエクササイズです。部屋の温度と湿度が、効果を高めるためのポイントです。ホットヨガでは、通常のヨガよりもたくさんの汗をかくことができます。デトックス効果が期待できますが、その分しっかりと水分補給を行うことが大切です。

継続して行うことで、ストレス発散やリラックス効果も期待でいます。筋肉をほぐしながら鍛えることができるので、インナーマッスルを鍛える効果もあります。健康的にダイエットをしたい人や、リフレッシュしたい人はホットヨガを試してみてはいかがでしょう。