ほうれい線を隠すメイクってどうやるの?ほうれい線メイクのコツ

疲れていたりすると老けて見えてしまうことがありますが、同じようにほうれい線もできていると実年齢よりもずっと老けて見えてしまいます。ほうれい線があるだけで見た目は大きく違うので、メイクで上手に隠すことがでいればグッと印象が若く見えるようになります。ただファンデーションを厚塗りするなど、不自然になってしまうことは避けなければなりません。今回は上手にほうれい線を隠すメイクテクニックについてくわしく説明していきたいと思います。

ほうれい線を隠すメイクでNGなこと


実年齢よりもずっと老けて見えてしまうほうれい線はメイクによって上手に隠すことが大切です。ただメイクのやり方で間違っていると不自然な仕上がりになってしまいます。そのためメイクをする際には上手な方法を理解することが大切です。同時にメイクでNGなことを知っておくのも重要です。ここではほうれい線を隠すメイクでNGなことについて説明したいと思います。

ファンデーションの厚塗り

ほうれい線ができてしまうと老けて見えるため、ファンデーションで隠そうとしがちです。そんな時に厚塗りをしてごまかす方がいますが、全体的に厚塗りになってしまい、より老けた印象を与えてしまいます。また上手にほうれい線が隠れず、より際立って見えてしまうこともあります。ほうれい線をすべてファンデーションで隠そうと思わず、自然な状態で隠すようにしなければなりません。

お粉をつけすぎない


ファンデーションを塗った後にパウダーで仕上げますが、この際にほうれい線を隠そうとしてパウダーを多くつける方がいます。パウダーが多くなると仕上がりにナチュラルさが感じられませんし、より老けた印象を与えてしまいます。そのため、パウダーを使用する際にはナチュラルな感じになるようにすることが大切です。パウダーでほうれい線を隠そうとしても余計に目立ってしまうものなのです。

コンシーラーの色が暗い

シミやソバカスを隠すために使用されるコンシーラーですが、ほうれい線を隠す時に効果的です。しかしコンシーラーの色があまりに暗いと老けた印象を与えたり、表情も曇って見えてしまいがちです。顔の印象が暗くなってしまうため、あまり暗い色のコンシーラーは使用しないことが大切です。

ほうれい線を目立たなくする化粧のポイント


年齢を強調させてしまうほうれい線ですが、メイクによって上手に隠すことができます。ただ、コツがわからず単なる厚塗りや逆にほうれい線を際立たせてしまうメイクでは意味がありません。ほうれい線を消したいということだけを考えてメイクをしてしまうと全体的なバランスも悪くなってしまいます。そのため、全体的な仕上がりを考えながらメイクをしていくことが大切になってきます。それではどのようにしていけば上手にほうれい線を目立たなくさせることができるのでしょうか。この点について説明をしたいと思います。

ほうれい線を消すのではなく目立ちにくくするのが目標

ほうれい線があると老けて見えるため、つい消そうとしてファンデーションを厚く塗ったり、コンシーラーで隠そうとしてしまいます。メイクは自然な感じに仕上げることが大切です。無理に消そうとするのではなく、目立たないようにすることを意識してメイクをするようにしてください。

「顔の若見え」に重きをおく


ほうれい線を消そうとすると厚塗りになってしまい、より老けた印象を与えてしまいます。またあか抜けない感じもなってしまいます。そのため、全体的に若く見えるようにメイクをしていくことが大切です。ファンデーションやコンシーラーを使用しつつ、アイメイクやリップメイクなどで華やかで若々しい印象になるようにすれば、ほうれい線が自然と目立たなくなります。

メイクをする前に【準備編】


ほうれい線が目立たないようにしていくためには、自然で若々しい印象になるようメイクをすることが大切です。その上でメイクをする前の準備をすることが大切です。メイク前の準備では、肌にしっかりと保湿を与える必要があります。肌が乾燥していると老けて見えますし、表情が暗くなってしまいます。さらに何よりもほうれい線が強調されてしまいます。

ここではメイクをする前にどのようなスキンケアをしていけばいいのか説明したいと思います。しわやシミ対策の点でも重要なため、しっかりと理解し、実行してください。

化粧水でしっかりと保湿する


洗顔後は肌が無防備な状態になっています。そのため急いで保湿を行って肌に必要な潤いを与えるようにしてください。そのための基本として、水分を肌に与えます。肌には適度な水分が必要です。角質層の奥にまでしっかりと水分を補給するため、化粧水をたっぷりとつけるようにしてください。ただし、ただ単に化粧水をつけることは避けてください。化粧水は一度に肌に浸透していきません。少しずつ化粧水を付け、手のひらでなじませるようにして奥にまで浸透させていきます。この作業を何度か繰り返し、十分な水分を肌に与えるようにしてください。

保湿効果の高い美容液をなじませる


ほうれい線がある肌は乾燥をしていることが多いものです。化粧水だけでは保湿が十分に行われない場合、化粧水の後に保湿効果に優れた美容液を使用します。美容液は化粧水よりもさらに保湿効果に優れた成分が多く配合されています。美容液は少量を肌に塗布し、手のひらでなじませるようにしてください。

美容液を使っても乾燥が気になる部位については、再度美容液を使うようにしてください。十分に潤った肌はふっくらとしますし、透明感が感じられてきます。

化粧下地を使って化粧崩れを防ぐ

十分に保湿がされた肌はベースメイクの密着度が高まり、馴染みやすくなっています。この状態で化粧下地をつけます。化粧下地をつけることでファンデーションの付きが良くなりますし、よりナチュラルな仕上がりになります。ただ化粧下地は厚塗りにするのではなく、顔の外に向かって均一に塗っていくようにしてください。

メイクの仕方【ベースメイク編】


基礎化粧品でしっかりと保湿を肌に与え、化粧下地で肌の表面を均一に整えた後はメイクをしていきます。メイクをする際には厚塗りにならないようにしてくだし。全体的にナチュラルな仕上がりを意識してメイクをすることが大切です。ここでほうれい線を上手に隠せるベースメイクの仕方について説明したいと思います。

艶の出るリキッドファンデーションがおすすめ

ほうれい線を上手に隠すためには、明るく透明感が感じられるメイクにすることが大切です。ファンデーションはリキッドタイプが最も艶感を出すことができます。リキッドファンデーションを使って肌に艶感を出すように塗ってください。薄く塗り、ほうれい線を無理に隠そうとしないように心掛けてください。

コンシーラーを使うなら明るめの色を


リキッドファンデーションを使った後にコンシーラーを使用します。コンシーラーは明るめのタイプを使用し、肌に明るさを出すようにしてください。肌が明るく見える方がほうれい線が隠しやすくなります。

ほうれい線部分はファンデは薄めに塗りヨレを防ぐ

ファンデーションを塗るときに、ほうれい線の部分は薄目に塗るようにしましょう。厚く塗るとよれてしまい、ほうれい線が時間とともに逆に強調されてしまいます。全体的に薄くつけるようにしてナチュラルな仕上がりになるようにしてください。

明るめのコンシーラーをほうれい線部分に薄く塗る

コンシーラーもほうれい線の部分に使用する際には、指先に少量をとって、薄く叩き込むように塗ってください。全体となじむように仕上げることがコツです。

お粉を薄く塗って仕上げる(TゾーンのみでもOK!)

パウダータイプのファンデーションやお粉を使って仕上げますが、こちらも薄く塗るようにしてください。ベールをかけるようにうっすらとつけることがコツです。

メイクの仕方【ポイントメイク編】


ポイントメイクは華やかな印象を与えることができますし、若々しい印象にすることができます。ほうれい線も自然と目立たなくなります。ここではポイントメイクの上手な使い方について説明したいと思います。ポイントメイクが苦手な方は是非参考にしてみてください。

チークで頬の位置を高く見せる

ほうれい線があると頬が下がって見えてしまいますし、疲れて年齢も老けて見えてしまいます。そのため、チークを使って頬が上がったように見せることが大切です。チークを普段使わない方も、ほうれい線が気になる場合はチークで頬の位置を高く見せるようにしてください。

明るめのアイシャドウで目元に視線をそらす

ほうれい線を目立たなくさせるためにはほうれい線を隠すよりも、目元を印象的にする方が効果的です。人の目線が目に向かい、自然とほうれい線を目立たなくさせてくれます。明るめのアイシャドウを使用し、華やかな感じの目元にするとほうれい線がより目立たなくなります。

YouTuberの人がやっているほうれい線メイクテクニックも参考になる?!


YouTuberの中にはほうれい線対策のためのメイクテクニックを紹介している方も多くいます。こういった方々のメイクテクニックを見て参考にすれば、今まで以上にほうれい線を目立たなくさせることができます。ここではほうれい線対策メイクの参考になる動画をご紹介したいと思います。

コンシーラーを使ったほうれい線を目立たなくするテクニック


ほうれい線を隠すテクニックとして、あまり多く使用せず、周囲の肌となじむようにメイクをしていくことが大切です。コンシーラーを少量ほうれい線の上に付け、指先で伸ばしていきます。そのあとにパウダーで仕上げると自然とほうれい線を目立たなくさせることができます。

リップクリームを使った化粧のお直しテクニック


メイクをしてしばらく経つと化粧直しをしなければならなくなります。特に夕方頃にはほうれい線もクッキリ…。そんな時にちょっとした裏技としてリップクリームを使用した簡単ほうれい線カバーメイクが紹介されています。ほうれい線の部分にリップクリームを優しく叩くようにしてつけていきます。適度に保湿を与えることができますし、ナチュラルで自然にほうれい線を隠すことが可能です。

まとめ

ほうれい線は老けて見えるため、誰もが隠したいと思うものです。その「隠したい」という重いからメイクが厚くなってしまい、全体のバランスが悪くなってしまうのです。ですが、ちょっとしたコツを覚え、ほうれい線を隠すだけではなく全体的なバランスを考えた上でちょっとしたコツを覚えてメイクができれば、自然で厚塗りにならず、ほうれい線をナチュラルに隠すことができます。消すのではなく、目立たなくさせることを意識してメイクをすることが大切なのです。