唇の皮がむける際の対処法と予防法!

突然ですが、皆さんの唇は潤っていますか?唇は、人の顔の一部であり、その状態によって様々な印象を与えます。唇が乾燥してカサカサ、皮もめくれてしまっている人と、潤いたっぷりツヤツヤの唇の人とでは、どちらが良い印象を持つでしょうか?

お肌の手入れはするけど、唇のケアってあまりしない…なんて人はいませんか?唇は、他の皮膚と比べてとても薄く、繊細かつデリケートです。でも、そのケアは二の次になってしまうのも現実です。せっかくお肌の調子が良くても、唇がカサカサだとどこか惜しいですよね。

今回は、そんな唇のカサカサ対策について考えていきたいと思います。唇ケアにも様々なポイントがあるので、それを抑えて理想のふっくら唇を目指しましょう!

唇の皮がむける… 対処法は?

唇が乾燥してカサカサしてくると、唇の表面の皮がめくれ上がってきますよね。あなたはこのような状態の時、どのように対処しますか?あなたの対処法、知らず知らずのうちに唇にダメージを与えているかもしれません。では、どのようなことに気をつければ良いのか、詳しく見ていきましょう。

リップクリームを塗って保湿

一番簡単にケアする方法が、リップクリームを使用するということです。皮めくれは、主に乾燥がもたらすものなので、保湿成分がしっかりと配合されているタイプのリップクリームを使って唇を乾燥から守りましょう。

ただし、皮めくれが起きている状態で、リップクリームをゴシゴシ塗り込むと刺激が強くなってしまいます。水分を失ってしまい弱っている唇には、力を入れ過ぎず、優しく塗るように心がけましょう。唇が動かないくらいの力で塗るのが良いでしょう。

食生活や生活習慣を改める

唇は、食生活や生活習慣の影響を受けやすい部分です。まず食生活ですが、唇は内臓の状態を映し出す鏡のような役割があり、特に胃腸が荒れると、唇も同時に荒れることがあります。偏った栄養バランスで食事をすることにより、胃腸に負担をかけてしまうので、日頃の食事のバランスを見直すと良いでしょう。

生活習慣が乱れると、お肌の免疫力が低下します。それにより、唇も荒れたり乾燥が進んでしまいます。忙しい毎日を送る現代人は、決まった時間に食事を摂ったり、早寝早起きを習慣づけることがなかなか難しいですが、できるだけ意識して生活してみましょう。

無理やり唇の皮をむかない

皮めくれが起こると、余計にカサカサしますし、気になるのはわかります。だからといって、無理やり皮をむいてしまうのは良くありません。何度も言うように、唇はとてもデリケートにできています。そのような強い刺激を受けると、余計に荒れてしまいます。

皮めくれができてしまったら、自然にむけるのを待つか、ピーリング剤で優しくマッサージしながら古い角質を落としてあげると良いでしょう。決して、有無を言わさずむいてしまうことだけはやめましょう。

血が出た場合は薬を塗る

皮めくれがひどい場合は、出血をしてしまうこともあります。そんな時は放っておくのではなく、薬などでさらに雑菌などが繁殖しないようにケアしてあげましょう。そのままにしておくと、どんどん他の部分にまで侵食してしまいます。

唇の皮がむける時にケアとして行う事

それでは、唇の皮がむける時にどのようなケアをすれば良いのか、お手軽にできるケアをご紹介します。どれだけ気を付けていてもむけてしまうことだってあります。そんな時に、正しくケアできることはとても大切です。

顔周りのマッサージをして血行を良くする

乾燥したり、唇に必要な栄養素が届かないという問題は、血行障害が関係していることが多いです。女性に多い冷え性は、唇の血色をも悪くします。お風呂などに入って身体を温め、顔周りを優しくマッサージすることで、唇にも血液がしっかり流れ、いろいろなトラブルを防止してくれます。

あわせて読みたい

小顔効果が絶大なマッサージのやり方とポイントを合わせてご紹介

続きを読む

マスクをするなど皮がむけた部分にばい菌が入らないようにする

唇の皮膚は薄く、皮がめくれると身体の中心部にどんどん近づいていきます。そんな場所からばい菌は侵入しやすいので、皮めくれを引き起こしてしまったら、マスクをつけたり、抗菌作用のあるリップクリームを使ったりして、ばい菌から身体を守りましょう。

唇の皮がむけているとわからないようにメイクをする

唇の状態が悪くても、仕事や学校は待ってはくれません。パール入りや保湿力の高いリップクリームを使って皮めくれを目立たなくすることができます。特にパールやゴールドが使われているものは、光を反射しツヤツヤに見せてくれますので、一段とふっくらした唇に見せてくれます。

唇ケアに欠かせない商品

それでは、最後に筆者オススメの唇ケア商品をご紹介しちゃいます!唇ケアといっても、五万という商品がある中で、どれを選べばよいのかわかりませんよね。まだ唇ケアを始めていない、どれを使ったらよいのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

唇荒れがひどい!リップ選びに悩んだ時に見るおすすめ商品15選

続きを読む

DHC 薬用リップクリーム

DHC 薬用リップクリーム

無香料・無着色・パラベンフリーで、デリケートな唇に優しい”DHC 薬用リップクリーム”。オリーブバージンオイルやアロエエキス、甘草誘導体やビタミンEなどの保護成分を配合し、あなたの唇をしっかりと守ってくれます。つけ心地も軽く、持っておいて損はないリップスティックです。

 

メンターム薬用スティックレギュラー

メンターム薬用スティックレギュラー2個パック

リップクリームの定番中の定番、”メンターム薬用スティックレギュラー”。口紅の下地にも良し、唇ケアにも良しの万能アイテム。メントールの爽やかな香りと、軽い塗り心地にひんやり感を感じるのが特徴的。リーズナブルなのも、使う人が多い理由の1つではないでしょうか。

 

ベキュア ハニーラスターS ハニー

ベキュア ハニーラスターS ハニー 6.3g(唇用美容液)

ハチミツとローヤルゼリーの2つの保湿成分配合で、ふっくらハリのある唇に。唇用の美容液なので、スペシャルケアにも使えます。もちろんほんのり色づきもあるので、普段のメイクにも使っていただけます。もう1つ上の唇ケアにもってこいの”ベキュア ハニーラスターS ハニー”です。

 

メンターム 薬用メディカルリップバーム

メンターム 薬用メディカルリップバーム 8.5g

アラントイン、ビタミンB6、ビタミンE、dl-メントール、グリチルレチン酸の5つの成分で、唇を優しく労わるようにケアしてくれます。唇の荒れがかなりひどい時にも大活躍!しっかり修復してくれるので、皮めくれからひび割れ、口角の切れ、ただれにも効きます。

まとめ

誰もが身近にある唇の皮めくれ。顔の面積にすると少しの部分なので、なかなかお手入れもおざなりになってしまうことが多い部分です。ですが、唇が荒れていると、疲れて見えたり、実年齢よりも上に思われたり…その印象はマイナスなことばかり。女性ならやっぱり、細かい部分もお手入れを行き届かせたいものです。

とはいえ、唇のケアはそんなに難しいものではなく、日頃の生活の中でちょこっと気を付けるだけで、随分と変化が見られるかと思います。小さなことでも、毎日積み重ねていけば、見違えるようなふっくら唇を手に入れることができるのです。

筆者は普段、管楽器を演奏することがあり、唇の状態を良く保つために保湿を欠かさず行います。演奏によって、唇は大きなダメージを受け乾燥しやすいので、保湿力が高いものを使うようにしています。やはり保湿は唇ケアの大きなキーポイントで、そんな筆者でも荒れにくい状態をキープできています。

そのような唇を酷使することがなくても、毎日のメイクで口紅を使ったり落とす作業は、唇に大きなダメージを与えてしまいます。だからこそ、唇ケアは重要なのです。するかしないかで、唇の状態は大きく変わってくるのです。

たくさんお話ししてきましたが、まずはあなたが始めやすいケアから行ってください。どれもこれも一気にやろうとするのは長続きしませんし、なかなかのストレスですよね(笑)。綺麗になっていく唇の変化を楽しみながら、ぜひ唇ケアをしてみてください!