美白効果におすすめの食べ物!美白に大切な栄養素もまとめました

肌が白い女性は透明感があってキレイですよね。美白を目指すためには、食生活の見直しも必要です。

ここでは、

  • 美白に大切な栄養素7選
  • 美白になるためのおすすめの食べ物
  • 美白に逆効果をもたらしてしまう栄養素

についてご紹介します。

美白に大切な栄養素7選


美白に関わりのある栄養素は数多くあります。ここでは、その中でも効果が特に期待できる栄養分を7つ厳選してみました。

ビタミンC:メラニンの働きをおさえる

美白に効果的な栄養分の一つにビタミンCがあります。夏の強い紫外線ダメージに負けないためには、ビタミンCの摂取が欠かせません。これは、シミやソバカス、日焼けの原因となるメラニン色素の働きを抑えるためです。紫外線のダメージで破壊されたコラーゲン細胞の生成を助ける働きもあります。

ビタミンE:肌のターンオーバーを整える

ビタミンEには肌のターンオーバーを整え、肌の血色を良くして美白効果を促す働きがあります。くすみやシミが目立たなくなり、表情が明るくなる効果も期待できるでしょう。ターンオーバーが正常になると、紫外線で日焼けした肌も効率よく元の肌色に戻っていきます。

リコピン:メラニンを抑えコラーゲンを作る


美白効果が高いことで知られているリコピンは、コラーゲンの生成を促して美白をサポートします。強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える働きやアンチエイジングを促しながら美白へと導いてくれるでしょう。コラーゲンの保湿成分は肌に潤いを与え、肌色のトーンを上げて明るくします。

βカロテン:皮膚の代謝を高める

強い抗酸化作用があるβカロテンは、皮膚の代謝を高めて古くなった肌を新しい肌に変えるサポートをします。日焼けが原因の肌の炎症を抑える働きもあるため、美白に効果的です。カロテンは体内に入るとビタミンAに変換されますが、成分が変わっても皮膚の代謝を促す効果に変化はないので安心です。

セラミド:外部の雑菌から皮膚を守る

セラミドは皮膚を雑菌から守る働きがあるため、美白に重要な肌荒れを防ぐ効果が期待できるでしょう。また、シミの原因となるメラニン生成を抑える働きや肌の水分を保持することで美白を促します。美白化粧水にも多く使用されている成分で、美白ケアには欠かせない成分の1つです。

エラグ酸:メラニンの生成を抑え抵抗力をサポートする


エラグ酸はメラニン生成に関係の深いチロシナーゼを阻害し、抵抗力をサポートして美白を促します。美白対策やアンチエイジングの分野で注目されている成分です。体の免疫機能を高めるため、ウイルスが起因して起こる肌荒れの防止効果もあります。美しく健康でいるために欠かせない成分と言えるでしょう。

鉄分:皮膚やコラーゲンを生成をサポ―トする

体内の抗酸化力アップに欠かせないのが鉄分です。皮膚やコラーゲンの生成をサポートし、新陳代謝を促します。ターンオーバーが正常化されることで、シミや日焼けした肌も元の状態に戻りやすくなるでしょう。女性は鉄分が不足しやすいため、日頃から意識して摂取する必要があります。

美白になるためのおすすめの食べ物


美白になるための食べ物は、果物系、野菜系、肉系など様々です。それぞれの食材によって含まれている栄養分や美白効果の機序は異なります。ここでは、美白になるためのおうすめの食べ物をみていきましょう。

キウイやアセロラを食べてビタミンCを補給

キウイやアセロラなどの果物にはビタミンCが豊富に含まれています。どちらも、そのまま食べることができるので、成分が多く失われることなく摂取できるのがメリットです。キウイドリンクやアセロラドリンクもおすすめします。

ただし、キウイやアセロラは食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまうので気をつけましょう。お腹を冷やすと全身の巡りが悪くなり、美白に必要な栄養分を効率的に運べなくなります。

おやつにはナッツを食べてビタミンEを摂取

ビタミンEを摂取する食べ物として、おすすめするのがナッツです。ナッツは豊富な栄養分が含まれていて美味なので、おやつには最適でしょう。ただし、カロリーが高いため、体重が気になる人は食べる量に気を付けてください。

ナッツの中でも入手しやすくビタミンEの摂取がしやすいのは、アーモンドやくるみ、ピスタチオなどです。この中でもアーモンドは特にビタミンEが多く含まれています

トマトを食べてリコピンを摂取


リコピンが豊富に含まれている食べ物と言えばトマトが有名です。そのまま食べても摂取する方法、トマトジュースを飲む方法、料理に使って摂取するなど、摂取方法のバリエーションが豊富にあります。普通に食べる場合はトマトよりも豊富なリコピンが含まれているミニトマトがおすすめです。

トマトは陰性の食べ物なので、食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまいます。お腹が冷えて血行が悪くなると、美白成分を肌に運ぶことができません。トマトジュースを飲むときは、レンジで少し温めて飲むとお腹の冷えを抑制できておすすめです。トマトをそのまま食べるときも温野菜が良いでしょう。

緑黄色野菜はβカロテンたっぷりでおすすめ

βカロテンは、人参やほうれん草、小松菜、かぼちゃ、ブロッコリー、パセリなどの緑黄色野菜に多く含まれています。他の美白栄養分に比べると耐熱性に優れているため、料理に使っても成分が失われにくいのがメリットです。普段から緑黄色野菜を食べる習慣を身につけましょう。

大豆製品やこんにゃくにセラミドが含まれている


セラミドが多く含まれているのは大豆製品やこんにゃくです。ちなみに、こんにゃくのセラミドは“こんにゃくセラミド”と呼ばれています。これは他の食材と比較してグルコシルセラミドが豊富に含まれているためです。化粧品にも多く使用されて注目を浴びています。通常のこんにゃくを食べて簡単に摂取することができます。

いちごやブルーベリーなどの果物でエラグ酸を補給

エラグ酸の摂取方法としては、いちごやブルーベリーなどの果物がおすすめです。生で食べても摂取することができますが、加工されたジャムやドリンクから摂取することもできます。また、果物が苦手な人やコスト面の負担が大きい人は果物から抽出されたエラグ酸が含まれている美白サプリの摂取もよいでしょう。

レバーやカツオで鉄分補給

鉄分を摂取するためには、レバーやカツオ、牛肉、豚肉などがおすすめです。また、海産物だとあさりや牡蠣、シジミにも多く含まれています。女性の場合は鉄分を摂取しても、美容よりも造血に使用される割合が多いので注意が必要です。多めに摂取することを意識しましょう

美白に逆効果をもたらしてしまう栄養素


知らず知らずに摂取している栄養分が美白に逆効果をもたらすこともあります。特に糖分やアルコール、ソラレンなどは要注意です。ここでは、これらの栄養素が美白に逆効果になる理由を解説していきます。

砂糖(糖分)

美白に逆効果をもたらすと言われているのが砂糖です。糖化と呼ばれる現象がピックアップされていますが、砂糖の取りすぎは細胞の老化を促してシミやくすみを作ります。糖化を防ぐためにも砂糖の摂取を控えることが大切です。また、パンやご飯など糖質の一種の炭水化物も糖化の原因の一因になるので気をつけましょう。

アルコール

スキンケア商品にアルコールが含まれている商品はありますが、飲むと美白には逆効果です。アルコールを摂取すると、分解するために大量の水分が必要になります。肌が水分不足に陥りやすく、乾燥肌の一因になるのです。肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、紫外線の影響を受けやすくなり美白とは逆効果になります。

ソラレン


レモンやオレンジなどの柑橘類に多く含まれているソラレンは、紫外線の感受性を高めやすくする性質を持っている光毒性物質です。ソラレンを摂取してから外出して紫外線を浴びると、色素沈着が起こりやすくなります。美白を目指すのであれば朝にソラレンの摂取をするのは控えましょう。

まとめ

美白を目指すためには、食生活の改善を図って美白に良い食事を取りましょう。栄養分によっては美白に逆効果のケースもあるので注意が必要です。バランスの取れた食事を心がけることも必要になります。美白に大切な栄養分を知って、食生活を見直してみましょう。