美白になる方法は?美白ケアで透明感あふれる肌を!

美白に憧れる人はたくさんいます。美しい白い肌を手に入れ、維持するためには、生活習慣の改善や美白アイテムの使用、紫外線対策の徹底が欠かせません。

今回は、美白のための基本対策や、日焼けを徹底的に防止する方法などについてまとめました。基本的なことから、ケア方法、栄養素などいろいろな視点からまとめてみたので是非、参考にしてみてください。

肌を白くするための基本対策とは?

肌を白くするためには、いくつか対策をしなければなりません。ここでは、美白における基本的な対策について触れていきます。どれも美白をする上で欠かせないことなので、しっかり覚えておきましょう。

紫外線対策を徹底する

美白する上で欠かせないのが紫外線対策です。太陽からは紫外線が多く降り注いでおり、紫外線を浴びると日焼けしてしまいます。日焼けするとメラニン色素が増えて、肌が黒くなってしまいます。紫外線対策をきちんとしない限り、美白になることは難しいでしょう。紫外線を浴びないように、日頃から工夫する必要があります。

美白ケアでくすみを防いで肌に透明感を!

肌のくすみも美白を邪魔する要素のひとつです。肌のくすみを取り除くことで、肌に透明感を与えられます。美白ケアをしっかり行うことは、肌のくすみを防ぐことにもつながります。肌のくすみは肌トラブルの前兆にもなるので、早いうちからスキンケアをしっかり行いましょう。

美白に効果的な食べ物を食べる

美白するためには、食生活を改善することも欠かせません。肌を作るのは食事であることが理由です。食生活を整え、栄養を十分に摂取すれば、健康な肌が作られます。健康な肌になると、肌の新陳代謝も促されることになり、美白効果が肌にもたらされるわけです。

徹底して日焼けしないようにする!

美白を手に入れるためには、徹底して日焼けしないようにすることがポイントです。日焼けすると肌が黒くなり、美白とは逆方向へいってしまいます。日焼け対策にはさまざまな方法が存在しますが、ここではすぐにできる紫外線対策を中心に挙げていきます。

日傘をさす

紫外線をカットするおすすめのアイテムとして日傘があります。UVカット仕様の日傘であれば、しっかり紫外線をカットすることができるでしょう。紫外線は夏に強いイメージがありますが、それ以外の季節も肌を黒くする紫外線は降り注いでいます。季節に関係なく、いつでも日傘をさせるようにしておくのがよいでしょう。

サングラスを普段からかける

サングラスを普段からかけることも、紫外線対策としては有効です。目から入る紫外線をカットし、日焼けの原因となるメラニン色素を生成させる指令を脳に出させなくする効果が狙えます。サングラスをかけるときは、紫外線カット効果があるサングラスを購入して使用するとよいでしょう。

UVカット効果のある化粧品を使う

化粧品を購入するときも、できるだけUVカット効果がある化粧品を使用しましょう。化粧品の中には、UVカットの成分が含有されている商品が多くあります。商品によって紫外線カットの効果は異なるので、時期や得たい効果などから商品を選択しましょう。UVカット効果のある化粧品を使うことで、美白効果を促すことができます。

家の中でも紫外線対策を忘れない

紫外線の影響を受けるのは、屋外だけと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、屋内においても紫外線の影響を受けるリスクがあります。紫外線は地面に照射されたあと、反射します。その一部が家の中に入り、窓から入り込む紫外線もあります。屋内でも紫外線対策をきちんとしておくことは、美白を目指す上で欠かせないことです。

美白になるための肌のケアの方法は?

美白になるための肌ケアの方法にはいろいろあります。肌ケアをきちんと行うことは、肌トラブルを改善する上で欠かせません。また、美白効果を得るためにも、肌ケアは重要です。ここでは、美白になるための肌のケアの方法について見ていきましょう。

正しいクレンジング&洗顔をする

美白効果を促す上で大切なのが、クレンジングや洗顔です。日焼けして肌が黒くなるのはメラニン色素が影響していますが、それ以外にも肌の黒ずみは、汚れが蓄積することによって起こる場合もあります。正しいクレンジングや洗顔は、美白効果を高める上で欠かせないことです。

美白効果の高い成分の入った化粧品でケアする

美白効果の高い成分が入った化粧品を使用すれば、美白効果を促せます。シミを薄くすることやくすみをケアして、透明感のある肌に導くこと、日焼けした肌をケアする効果を期待もすることが可能です。美白効果をもたらす成分にはいろいろな種類があるので、肌への負担なども考慮しながら化粧品を選択するのも重要と言えます。

ピーリングで肌のターンオーバーを促す

ピーリングをすることで、肌のターンオーバーを促進できます。加齢に伴い肌のターンオーバーは乱れてしまいがちで、これが肌トラブルを引き起こす原因です。ピーリングは自宅で行う方法や医療機関で行う方法などがあります。肌のターンオーバーを促すことによって、美白効果が得られるのです。

美白になるための栄養素

美白効果を得るためには、美白成分をとり入れるのがポイントです。肌に美白をもたらす成分にはいろいろあるので、それぞれの成分が与えてくれる効果に注目しましょう。ここでは、美白効果をもたらしてくれる主な栄養分の種類と特徴について解説します。

【ビタミンC】メラニンの生成を抑制する

多くの美白化粧品に使用されている成分がビタミンCです。ビタミンと言えば美容成分というイメージを持つ人も多いと思いますが、ビタミンCはビタミンの種類の中でも特に美容成分に優れていると言われています。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制して、シミやそばかすなどを防ぐ効果が期待できます。メラニン色素の生成を抑制するため、日焼け対策の成分としても効果的です。

【ビタミンE】抗酸化作用で細胞膜の酸化を防ぐ

ビタミンEと言えば、体の酸化を防ぎ老化を抑制することから、若返りのビタミンとして広く知られています。脂溶性ビタミンに分類され、体内の脂肪の多い脳や動脈、免疫システムの機能低下を防ぐ働きなどがあります。血行を促すこともできるため、肌のくすみの原因となる血行不良の解決にも効果的です。

【鉄分】コラーゲンを生成する

鉄が不足していると、美肌のもとになるコラーゲンが生成されず、シミの原因になることがあります。コラーゲンは美容成分としてお馴染みですが、コラーゲンが直接的にもたらす美肌効果だけでなく、シミの生成を防いで美白効果を促す作用もあります。女性は鉄分が不足しやすいため、日頃から鉄分をしっかり摂取することが必要です。

【アスタキサンチン】抗酸化作用に優れている

アスタキサンチンは、スーパー抗酸化物質と呼ばれています。アスタキサンチンはエビやカニなどに多く含まれるスーパー栄養分として、近年は広く注目されるようになりました。抗酸化作用に優れているということは、肌の老化を防ぐ働きがあることにもなります。肌の老化を抑制し、シミの原因となるメラニン生成を抑えることで、美白効果が得られるわけです。

【L-システイン】メラニンを排出する

L-システインは、歯磨き粉などに多く含まれている成分として知られています。システインはアミノ酸の一種で、美白や美肌を目指す人の心強い味方になってくれる成分です。これは、L-システインが日焼けやシミの原因となるメラニンを排出することが理由です。また、ビタミンCと協働することによって、メラニンの生成を抑制することができます。

まとめ

美白効果を得るためには、紫外線対策をすることや食生活を改善すること、スキンケアを意識することが重要です。体の外から美白効果を促すことは大切ですが、美白成分を摂取して、体の中から美白作用を与えてあげることも重要です。

美白を手に入れるためには、オールシーズンのケアが必要です。毎日の細かいスキンケアが、美しい肌を作っていきます。