おすすめの美白クリーム10選!自分に合ったクリームを♪

シミ一つない美しい肌は美白ケアなしでは叶いません。ですが、美白ケアにもいろいろな種類があり、目的によって選択肢は変わってきます。

今回は

  • 美白クリームとは
  • 美白に効果のある成分8選
  • プラセンタ配合の美白クリーム
  • トラネキサム酸配合の美白クリーム
  • ハイドロキノン配合の美白クリーム
  • ビタミンC配合の美白クリーム

と、諦めてしまいがちな美白ケアを徹底的に考え、さらには美白ケアには必須なおすすめ美白クリームもご紹介していきます。

美白クリームとは

美白を目指している女性にとって美白クリームは欠かせないものです。しかし、美白クリームとは実際どういう力のあるクリームなのかを知らない方も居るのではないでしょうか。

美白クリームとは、ただただお肌を白くするものというだけではなく、実は他にもさまざまな力があるのです。

肌に透明感を与えたりシミを薄くする力が期待できる


美白クリームは、シミの原因となるメラニンを作らないようにするために使います。美白クリームと聞いたとき、塗るだけで色白の美しい肌にしてくれるクリームをイメージしがちです。

ですが、美白クリームを塗っても肌が白くなるわけではありません。シミやソバカスをなんとかしたいからと、美白クリームを塗っても想像しているような白さは望めません。あくまでメラニンの生成を抑制する。それが美白クリームの主な目的です。

美容液・乳液とクリームとの違い

美白化粧品には美容液や乳液、クリームといった種類があります。全部美白力が期待できるならどれを使ってもいいのでは? と思いがちですが、それぞれに役目が違います。

美容液は高い力が期待できる美白成分を配合していて、肌に栄養を与えるために使います。使う順番はメーカーによる違いもありますが、洗顔後か化粧水の後に使う物が多いです

乳液は美容液や化粧水の潤いや栄養を逃がさないよう、上から油分のベールでキープする役目があります。クリームはさらに油分が強く、肌に蓋をして水分や美容成分を閉じ込める役目を持っているのでスキンケアの締めに使います。

含まれる美容成分もチェックしよう

美白成分にもいくつかの種類がありますが、求める力によって必要な成分は変わってきます。美白化粧品となっていても、必要な成分を配合していない物では思うような力は得られません。

自分が美白ケアに何を求めるかによっても選択肢は変わるので、成分をしっかりとチェックして、欲しい成分が含まれているかどうかを確認しましょう

美白成分ごとに力は変わる

美白クリームの中にはさまさまな成分があり、その成分ごとに肌に与える美肌力が変わってきます。

日ごろ使っている美白クリームの中にはどのような成分があり、その成分にはどのような力があるのかひとつひとつ見ていきましょう。

【プラセンタ】メラニンの生成を抑える


高級美容成分としても知られるプラセンタは、様々な美容力が期待できます。

中でもシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きが注目されています。美白ケアには欠かせない成分です。

【トラネキサム酸】メラニンの生成の抑制、肝斑(かんぱん)にも

シミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあることが確認されているトラネキサム酸は、美白ケアに欠かせない成分としても知られています。

美白ケアをしたいならトラネキサム酸配合の化粧品を選ぶのがおすすめです。肝斑にも高い力が期待できます。

【ハイドロキノン】メラニン色素生成の抑制、メラニン色素を薄くする

一般的な美白化粧品は、これからできるシミを予防するものです。既にできてしまったシミには力はあまりありません。今あるシミには肌の漂白剤と言われるハイドロキノンがおすすめです。

ターンオーバーを強制的に活性化させ、蓄積されたメラニン色素を薄くする働きがあります。メラニン色素の生成を抑える働きもあるので幅広く美白ケアに使われています。

【ビタミンC】シミを薄くする

ビタミンCも美白ケアに欠かせない成分として知られています。ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果が期待できる働きと、メラニン色素を還元してシミを薄くして目立たなくするという力が期待できます。

化粧品にも配合されていますし、食事やサプリメントで体の中から美白ケアをすることもできます。

【チンピ】紫外線による皮膚コラーゲンの分解を抑制する

チンピは、温州みかんの皮を乾燥させたものです。ビタミンCを豊富に含み、紫外線によるコラーゲンを分解するのを防ぐ働きがあることも確認されています。

漢方薬としても使われていて、天然由来成分だから安心して使えると言われています。

【米ぬか】ターンオーバーの促進と抗酸化作用

米ぬかにしか含まれないγ-オリザノールは、抗酸化作用がありメラニン色素を抑制する力が期待できます。

代謝を活性化させ、ターンオーバーを正常化する働きがあることも確認されているので、美白化粧品に米ぬかを使った物がたくさんあります。

【ハトムギ】肌の新陳代謝や血流をよくする


出来てしまったシミをスキンケアだけで完全に消すのは難しくても、ターンオーバーを活性化させればシミを薄くして目立たなくすることが可能とされています

ハトムギは血流を改善し肌の新陳代謝を活性化させる力が期待できるので、美白化粧品に多く取り入れられています。

【カモミラET】シミを予防し、ターンオーバーを促進する

ハーブティーなどでお馴染みのカモミールから抽出した成分のことで、高い抗菌・抗酸化作用があることが知られています。

もともと天然由来の成分ですし、厚生労働省にも認可されている成分です。ターンオーバーを促進させる働きでシミを薄くする力が期待できます。

プラセンタ配合の美白クリーム

メラニン色素の働きを抑制し、シミやくすみなどから肌を守り、白く美しい肌を保つ成分であるプラセンタ。そんなプラセンタが配合された美白クリームはどのようなものがあるのか、具体的な商品を二つご紹介します。

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム
プラセンタキスと、エイジングケア成分を配合した薬用美白クリームです。100%国産のプラセンタと、高い美白力が期待できるハトムギエキスを配合しています。

高級美容成分としても知られるコラーゲンを配合した贅沢なクリームは顔だけでなく全身にも使えます。伸びがよく浸透力にも優れているので、ベタつかずサラッとしたつけ心地です。

WHITH WHITE フィス ホワイト パック クリーム

【 濃厚クリームで肌リフレッシュ 】 フィス ホワイト パック クリーム 「 くすみ 用」「 プラセンタ + ヒアルロン酸 2種類 *2 配合 」 50g
洗顔後の肌にたっぷりと塗り、5分間置いてから洗い流すタイプの美白パックです。美白専門化粧品ブランドが開発したというだけあって注目度も高いです。1度使っただけで完全にシミが消える。といったことはありませんが、くすみが解消され肌がワントーン明るくなったのを実感できると口コミでも高評価です。顔だけではなく体の気になるところにも使えます。

トラネキサム酸配合の美白クリーム

シミの原因となるメラニン色素の生成や炎症などの肌トラブルを抑制する働きがあるトラネキサム酸も美白力が期待できる成分です。次は、そんなトラネキサム酸が配合された美白クリームを二つご紹介します。

アクアレーベル ホワイトアップ クリーム 保湿・美白クリーム とてもしっとり

アクアレーベル ホワイトアップ クリーム 保湿・美白クリーム (3) とてもしっとり 50g 【医薬部外品】
厚生労働省も認めた美白成分のトラネキサム酸を配合したクリームです。m-トラネキサム酸として使用することで、肌荒れ防止も期待できます。保湿力のあるD-アミノ酸も配合したしっとりとして使いやすいクリームは、保水バリア機能をサポートすることで美白力が高まると期待されています。

純白専科 すっぴん純白クリーム オールインワン

(医薬部外品) 薬用 純白専科 すっぴん純白クリーム オールインワン 100g
希少価値の高い米ぬかオイルを配合しています。資生堂が独自に開発したm-トラネキサム酸は前述の通り厚生労働省の認可を受けた美白成分です。美白に力があると認められた成分を贅沢に配合したオールインワンクリームは普段使いにも最適です。1つで5役こなすのでスキンケアの時短にもなります。同じシリーズの美容水と美白美容液とのライン使いもおすすめです。

ハイドロキノン配合の美白クリーム

これからシミを予防するのではなく、もうすでに出来てしまったシミ、つまりはメラニン色素を薄くすることが出来るのがこのハイドロキノンです。今あるシミを無くして美白になりたいといった女性にはハイドロキノンが配合された美白クリームがおすすめです。

濃厚本舗 ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム)

ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 日本製
純度99.9%のハイドロキノンを、2%配合しています。一般的なハイドロキノン配合のクリームは、濃度が0.3%の物が多い中、かなりの高濃度となっています。

人によっては刺激が強く、赤くなったりヒリヒリしたりすることがありますので少量ずつ様子を見ながら使うといいでしょう。スキンケアの最後に顔全体ではなくスポット使いをするのが基本です。

アンプルール ラグジュアリーホワイト クリームAO

アンプルール ラグジュアリーホワイト クリームAO 30g
酸化しやすいハイドロキノンを安定型にすることでさらに酸化しにくく刺激も少なくしています。プラセンタや浸透性コラーゲンなど、高級美容成分を贅沢に配合しているのでお値段は少し高めですが成分のラインナップを見ればこの価格でも納得できるでしょう。

伸びも浸透力にも優れているので少量でも十分に力を実感できます。贅沢なクリームは夜のお手入れにおすすめです。

ビタミンC配合の美白クリーム

ビタミンCと聞くとお肌に良いイメージがありますよね。そんなビタミンCは美白にももちろん力のあるお肌にとっては超重要な成分です。シミなどの原因であるメラニンの生成を抑える働きもあり、シミを目立たなくさせ美白力が期待できる成分です。

ヒアロチャージ 薬用 ホワイト クリーム

ヒアロチャージ 薬用 ホワイト クリーム 60g
美白ケアには欠かせないビタミンCと、高浸透の3種類のヒアルロン酸を配合しているからグングン肌に吸収されていきます。これ1つで美白と保湿ケアが可能で、価格も非常にリーズナブルなので毎日惜しみなくたっぷりと使えるのがいいですね。

肌ラボ 白潤 高純度アルブチン×ビタミンC配合 薬用美白ジェル状クリーム

【医薬部外品】肌ラボ 白潤 薬用美白ジェル状クリーム 高純度アルブチン×ビタミンC配合 50g
気軽に使えることで人気の肌ラボから高純度の美白成分を配合したクリームが出ています。美白に効果的であることが認められているアルブチンを高純度で配合し、さらにビタミンC誘導体もプラス配合しています。シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるのも心強いです。

手にとったときはジェル状で、肌になじませるとクリーム状になります。弱酸性で低刺激性、香料や着色料も未使用だからお肌が弱い方でも安心です。

まとめ

これからできるシミを予防したいのか、今あるシミをなんとかしたいのか、シミの状態によってベストな美白クリームは変わってきます。

リーズナブルな物から、高価なものまで、価格もピンキリですが、自分に合った美白クリームをまずは使うことが一番大切です。