日焼け後の正しい対処法まとめ!肌トラブルを防ぐには

うっかり日焼けをしてしまい、お肌が真っ赤になってヒリヒリする。皮がむけたり、シミになってしまったらどうしよう…。不安が募ります。

今回は、日焼けをしてしまった後の適切な対処法を紹介します。適切な処置を施すことで、日焼けによるダメージを最小限に減らすことが可能となるのです。

日焼け後の適切な対処法

日焼けはやけどと同じで、お肌が傷ついて弱っています。うっかり日焼けをしてしまったら、大切なお肌に対するダメージを最小限に抑えるために対処しなければなりません。そこで、日焼け後の適切な対処法を説明します。

紫外線を浴びない

日焼けは紫外線によるやけどです。日焼けでやけどしたところにさらに紫外線を浴びるとお肌の傷みはさらにひどくなります

日焼けをしたと思ったら、すぐに室内や日陰に逃げ込むことが大切です。それが難しい場合はお顔を覆うことのできるつばの広い帽子をかぶったり、長袖シャツを着たり、長ズボンを履いたりして日焼けした個所を紫外線から隠しましょう。日焼け止めを塗りなおすのも大切です。

患部を冷却して皮膚の炎症を抑える

日焼けで真っ赤になってしまったお肌は、流水で冷やし皮膚の炎症を抑えることが大切です。もし流水を使うことが難しければ、アイスパックや保冷剤などをタオルで巻いて赤くなったお肌に当てるのもいいでしょう。

アイスパックや保冷剤などを直接お肌に当てると凍傷などを起こす危険性があるので、タオルで巻くようにしましょう。

皮膚への負担が大きい日焼け止めを使わない

日焼け止めに含まれる成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。このうち紫外線吸収剤は有機化合物で油分が多いため、お肌への負担も大きくなります。SPF50+などの表示がある強力な日焼け止めには紫外線吸収剤が使用されているものが多いのです。

最近は紫外線吸収剤を使わない日焼け止めも出てきているので、日焼け後のお肌が傷ついている時にはできるだけお肌に優しいタイプを選びようにしましょう。

たっぷり保水・保湿ケア

日焼けで赤くなったお肌を流水で十分に冷やしたら、次は保湿を行いましょう。日焼けしたお肌はダメージを受け弱くなっているので、低刺激性の化粧水を選ぶのがポイントです。さらに消炎効果が期待できるクリームや軟膏などを塗りましょう

抗炎症作用のあるアロエで皮膚をクールダウン

日焼けで傷ついたお肌の表面に新しい皮膚が生み出されるまでは、炎症などから保護してあげる必要があります。保湿クリームなどを塗るといいのですが、おすすめはアロエ。なぜならアロエには天然の抗炎症作用があり、優しくお肌をクールダウンしてくれるからです。

食事でタンパク質・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛を十分にとる

日焼けによるダメージからの回復に必要な栄養素を見てみましょう。まずはタンパク質です。なぜならタンパク質は細胞の原材料であるからです。肉や魚、卵などをたくさん食べるようにしましょう。

次にビタミンAです。ビタミンAには皮膚の新陳代謝を高める力があります。ビタミンAはニンジンやピーマン、ホウレンソウなどを食べることで摂取できます。

ビタミンCはシミやソバカスを予防する働きを持っています。ピーマン、ブロッコリー、カリフラワーなどに多く含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用を持ち、お肌の老化を防ぐ効果が期待できます。アーモンド、たらこ、マヨネーズなどがビタミンEを含む代表的な食べ物です。

最後に亜鉛はメラニン色素を効率的にお肌からはがしてくれる作用を持っています。チーズや卵、牡蠣などに含まれています。

洗顔は短時間で泡で洗う

日焼け後のお肌は傷つき弱っています。洗顔をする時は両手に乗せた泡を用い、優しく優しく洗うようにしましょう。お肌を傷つけないよう、できるだけ短時間で終わらせるようにすることが大切です。

普段より多めに水分補給を行う

日焼けで傷んで弱っているお肌は水分が失われやすいです。意識して多めに水分を補給するようにしましょう。ただ、暑いからといってビールなどのアルコール類はNGです。アルコールが血管を走ると、血液中のアルコールの濃度を下げようと水分が血管に取り込まれます。結果として体内の水分がさらに不足するのです。

十分な睡眠時間を確保する

日焼けした後には、規則正しく十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。夜の22時から2時の間の睡眠が特に大切です。この時間帯の睡眠により成長ホルモンが活発に分泌され、日焼けにより傷ついたお肌の細胞の修復が促進されるのです。

入浴は38~39度のぬるま湯でさっと済ませる

日焼け後に40度以上の熱いお湯に浸かるのは避けましょう。日焼けで傷つき弱っているお肌に熱いお湯で刺激を加えると、炎症がひどくなる可能性があります。日焼け後の入浴は38~39度のぬるま湯でサッと終わらせましょう。

ファンデーションは肌にやさしいものなら塗ってOK

日焼け後でも、お肌に優しいものならばファンデーションを塗ってもOKです。ノーメイクで外出すると、お肌が直接紫外線にさらされてしまいます。それにより日焼けが悪化してしまう危険があるのです。刺激が少なくお肌に優しいファンデーションで紫外線からお肌をガードするようにしましょう。

ひどい場合は皮膚科で診療を受ける

ヒリヒリとした痛みが強い場合や、その範囲が広い場合、そして水泡ができている場合など症状がひどい場合はすぐに皮膚科で診療を受けましょう。日焼けはやけどと同じであることを忘れないことが大切です。特に水泡ができた場合などは悪化を避けるためにもすぐに皮膚科で診てもらいましょう。

日焼け後のNGな対処法

日焼け後に行うと症状が悪化しお肌の回復が遅くなってしまう危険な行為があります。お肌はとてもデリケート。シミやソバカスになってしまったら大変です。日焼け後に注意するべき点を紹介します。

さらなる日焼けをする

日焼けの後、新たに日焼けをすることは避けるようにしましょう。もし日焼けをしてしまったら、お肌を紫外線にさらさないように隠してしまいましょう。顔をすっぽり覆うことのできる帽子をかぶる、日傘をさす、サングラスをかける、長袖シャツを着る、長ズボンを履くなどの方法がおすすめです。また、できるだけ日陰に隠れるようにしましょう。

皮を無理に剥ぐ

日焼けによりお肌の細胞が乾燥して死んでしまうと皮むけが起きます。しかし、皮を無理にむくのはお肌にとってよくありません。新しく生まれてきた皮膚がまだ完成していないうちに外気にさらされることでダメージを受けてしまうのです。自然に剥がれ落ちていくのを待つようにしましょう。

皮膚への刺激が強い素材・締め付け感のある衣類の着用

日焼けをしたお肌は傷んで敏感になっています。皮膚への刺激が強い素材で作られた衣類や、締め付け感のある衣類を着用するとそれが摩擦などの刺激となり症状が悪化する危険性があるのです。日焼けをした後は肌に優しい素材で作られた服をゆったりめのサイズで着るようにしましょう。

保湿時のコットンを使ったパッティング

日焼けの後、コットンを使ったパッティングで保湿を行う際には注意が必要です。日焼けで傷つき弱っているお肌は摩擦などの刺激に敏感になっているので、パッティングで症状を悪化させる危険性があるのです。皮膚がまだ赤い時には手を使って優しく化粧水をのせるようにしましょう。

肌に刺激を与える美白化粧水の使用

日焼け後、まだお肌が赤くヒリヒリする状態の時に、刺激の強い美白化粧水を使用することは避けましょう。美白化粧水には刺激が強い成分が含まれていることがあります。日焼けにより外部からの刺激を受けやすくなっている状態のお肌に刺激の強い美白化粧水を使うと、炎症などを起こす危険性があるのです。

熱いお湯・水圧の高いシャワー

40度以上の熱いお湯や、水圧が高いシャワーは、日焼け後の傷つき弱っているお肌にとってはかなりの刺激となります。日焼けによる炎症が悪化する恐れがあるので、使用を避けるようにしましょう。日焼け後にシャワーを浴びたい時は、水圧の弱いシャワーを使って、熱いお湯ではなくぬるま湯や水を浴びるようにしましょう。

顔・体を洗うときにゴシゴシこする

日焼けをした後のお肌は傷つき弱っているため、お風呂などでゴシゴシこすってはいけません。炎症が悪化する危険性があります。日焼け後のお肌に摩擦や圧力などの刺激を与えることは、できるだけ避けるように注意しましょう。

マッサージをすることによる摩擦

日焼け後のマッサージはしばらくの間控えておきましょう。マッサージは日焼けでダメージを受けたお肌にとっては摩擦や圧力などの刺激になります。炎症などのお肌のトラブルを起こし回復までの時間が長引く恐れがあるのです。

肌に刺激のあるボディソープの使用

日焼け後はお肌が敏感になっています。できるだけお肌への刺激が少ないタイプのボディソープを使うようにしましょう。アミノ酸系洗浄成分が含まれているタイプやお肌と同じく弱酸性のタイプのボディソープはお肌への刺激が少ないので、日焼け後の使用におすすめです。

まとめ

日焼け後の適切な対処法と、日焼け後にやってはいけないことについて紹介しました。正しい知識を持つことは日焼けによるダメージを防ぐ上で非常に大切です。

繰り返しになりますが、日焼けはやけどと同じです。できるだけ予防につとめ、万が一日焼けをしてしまったら、適切な処置を取るように心掛けましょう。