日焼けオイルのおすすめ10選。特徴や選ぶためのポイント

日焼け対策用に、様々なグッズが溢れかえっており、海やプールのシーズンには、多くの女性があらゆるタイプのグッズから、自分の好みで購入しています。日焼けをしたくない人は「日焼け止め」、日焼けしたい人は「日焼けオイル」というイメージがありますが、この差は一体何によって決まるのでしょうか。

焼きたい人が選ぶ「日焼けオイル」とは、どういうものなのかを理解し、正しく使用できるように、ここでは日焼けオイルの特徴や効果について考えてみたいと思います。

日焼けオイルについて

日焼けオイルとは、肌を焼きたい人向けの商品ではありますが、日焼けをするためだけのものではありません。その効果について見てみましょう。

紫外線B波を防ぐ効果が含まれている

生活の中で浴びる紫外線には、「A波」と「B波」があります。紫外線A波(UVA)はそれほど強力ではなく、短時間で肌にダメージを与えることはありません。ただし、A波はB波よりも肌の奥まで到達するため、少しずつ肌に影響を及ぼす紫外線となります。

対して紫外線B波(UVB)は、日焼けによる炎症を起こす紫外線のため、肌が真っ赤になってヒリヒリしたり、水ぶくれを引き起こす原因となります。とても強力で、肌の表面にダメージを与え、シミや皮膚がんの原因にもなります。日焼けオイルには、この「B波」を防ぐ効果があるため、強い紫外線から肌への悪影響の予防ができます。

日焼け対策の服を着なくても日焼けに悩まされない

日焼けオイルは、ただ肌を焼くためのオイルではなく、肌への悪影響を防いでくれる役割を持っています。真夏の日差しから強烈なダメージを与える紫外線B波を防いでくれますので、日焼け対策の服を着なくても、夜真っ赤になって眠れないなど、日焼けによる炎症に悩まされることはありません。

日焼けオイルや日焼け止めの「SPF」「PA」といった表示を見たことがあると思います。SPFとは、日焼け止めの強さを示し、PAとは皮膚が黒くなることを防ぐ強さを示しています。日焼け止めは、これらの数値が高いほど良いとされていますが、日焼けオイルは、これらの数値を抑えることで、皮膚へのダメージが少なくなるように調整されています。

海で泳ぐときに開放的に遊べる

今年はちょっと肌を焼いて、健康的な小麦色の肌になりたい、そんな時は、日焼けオイルを塗って、日差しを気にせず、紫外線B波を予防しながら開放的に遊ぶことができます。もちろん、水に入ることで日焼けオイルが落ちてしまうため、数時間毎に塗り直すようにしましょう。

肌を綺麗に焼くサポートをしてくれる

日焼けオイルも、大きな意味で考えると「日焼け止め」ではありますが、肌のダメージを極力減らしながら綺麗に焼くサポートをしてくれるもの、ということになります。もちろん、日焼けオイルに日焼け止めの効果はありますが、ずっと外で強い紫外線を浴びていると、やはりお肌にダメージが蓄積されますので、良いことではありません。1~2時間毎にお肌の状態を確認しながら、休憩したり、水分補給や日陰に入ることを忘れないようにしましょう。

日焼けオイルの選び方

日焼けオイルの特徴や効果を理解したら、選び方について考えてみましょう。

テクスチャーのタイプで選ぶ

日焼けオイルの種類は主に3タイプがあり、ローションタイプ、スプレータイプ、クリームタイプに分かれています。ローションタイプとクリームタイプは伸びがよいのでしっかりと塗ることができ、落ちにくいという特徴があります。ただし、塗った後は手や肌がべたつきますので、海で使用する場合には砂がつきやすくなります。また、使用感が重いものもありますので、好みで判断するようにしましょう。

スプレータイプはサラサラとしているものが多く、広範囲に簡単に濡れるという特徴がありますが、落ちやすく、ムラになりやすいというデメリットもあります。どれを選択するかは、使い勝手や好みで判断するとよいでしょう。

香りの有無も選択の判断にする

日焼けオイルは、体全体に塗りますので、香りの有無も判断材料になります。広範囲に塗るということは、かなり強い香りがすることも予想されます。香り付きを好まないという人は、無香料や微香性の商品を選ぶようにしましょう。

SPFで選ぶ

「SPF」とは、紫外線B波をさえぎって、日焼けを起こすまでの時間を何倍伸ばすことができるかという尺度を示しています。例えば、SPF5の商品を塗った場合、何も塗らない時10分で日焼けする人が、5倍の50分かかって日焼けするということを意味していることになります。

数値が高いからおすすめというわけではありません。肌への負担を考えた場合、その用途によって考えることが肝心です。日常生活に使うのであれば、SPF20~30が理想とされています。日焼けをしたくないのであればこれで十分ですし、もう少し焼きたいという方は、数値の低いものを選ぶ、ということになります。また、日焼けをしたくない、という方は日焼けオイルよりも日焼け止めを選択しましょう。

日焼けの影響は個人差がありますので、状態を見ながら対応することがポイントです。日焼けオイルは日焼けを止めるものではない、ということを覚えておきましょう。

おすすめのタンニングオイル2選

オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル

オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル 237ml
オーストラリアンゴールドの「オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル 237ml」は、日焼けオイルに定評のあるオーストラリアンゴールドのシリーズの中でも特に人気のあるアイテムです。とにかく綺麗に焼きたいという方におすすめのタンニングオイルとなっており、海などの紫外線の強い場所に長時間いるような時であったり、日焼けサロンなどを利用するときなどにも最適です。

アキュエスタ トロピカルタンニングオイル

アキュエスタ トロピカルタンニングオイル WS (150mL)
アキュエスタの「トロピカルタンニングオイル WS (150mL)」は、2006年に沖縄で誕生したまだ出来てから日が浅い沖縄のブランドでありながら、ハイクオリティなアイテムを生み出し続けていることが話題となっておりますブランドです。こちらのアキュエスタ トロピカルタンニングオイルは、しっかりと健康的で明るい色の日焼けをしたいという方におすすめのアイテムとなっております。夏の紫外線の強い場所や日焼けサロンなどを利用する時などに塗る事によって、こんがりと日焼けをする事ができます。

おすすめのタンニングウォーター3選

コパトーン タンニング ウォーター

コパトーン タンニング ウォーター SPF2 200ml
日本で最も有名な日焼けメーカーのひとつでもあるコパトーンの「タンニング ウォーター SPF2 200ml」は、とにかくキレイにこんがりと日焼けをしたいという方におすすめのタンニングウォーターになります。非常にサラサラとしておりますので、全身にムラなく塗り込む事が可能です。また、日焼け時の乾燥には、アロエやキャロット成分が配合されておりますので、非常にしっとりとした健康的な肌を手に入れる事ができます。

コパトーン タンニング ウォーター

コパトーン タンニング ウォーター SPF4 200ml
こちらもコパトーンから発売されている「コパトーン タンニング ウォーター SPF4 200ml」になります。非常に肌に優しいタイプのタンニングウォーターになっており、自然な黒さの健康的な肌を手に入れたいという方におすすめとなっております。スプレータイプのタンニングになっておりますので、お出かけ前に肌が露出している部分に吹き付けるだけという手軽さも人気となっております。

サンキング サンタンミルクウオーター

サンキング サンタンミルクウオーター 180ML
ジェニュインの「サンキング サンタンミルクウオーター 180ML」は、これまでタンニング系のアイテムには無かったミルクタイプのスプレーになります。紫外線のA波、B波を効果的に防いでくれますので、肌をじんわりといたわりながらムラの少ない健康的な日焼け肌になる事ができます。肌乾燥を防ぎながら、日焼けした肌に失いがちな潤いを与えるラメラテクノロジーが採用されております。

おすすめのタンニングウォーターローション4選

 

ブロンズターナー セルフタンニングローション

ブロンズターナー セルフタンニングローション
クオリスの「ブロンズターナー セルフタンニングローション」は、色白な方でもしっかりと健康的な日焼け肌を手に入れる事ができると評判のタンニングウォーターローションです。日焼け特有の肌のヒリつきもありませんし、日焼けしてから時間が経過しても皮がむけない肌を手に入れる事ができます。また、自宅で塗るだけで健康的な肌の色を手に入れる事ができますので、日焼けサロンに通う必要がありません。

セルフタンニングローション100

セルフタンニングローション100 150mL
石澤研究所の「セルフタンニングローション100 150mL」は、こちらのタンニングウォーターローションを塗るだけで、しっかりと紫外線で焼き上げたようなこんがりとした肌を手に入れる事ができます。紫外線を必要としませんので、シミやソバカスなどが出来にくいというのも魅力です。こちらのセルフタンニングローションを使ってから一週間程度で、元の肌の色に戻ることができます。

セルフタンニングローション

セルフタンニングローション 簡単 小麦肌 300ml / 紫外線ゼロで 日焼け 日サロに通わず小麦肌 大容量 タンニングジェル
こちらの「小麦肌」というセルフタンニングローションは、紫外線が無くてもしっかりと日焼けしたような小麦色の肌を手に入れる事ができるアイテムです。本来から肌に備わっておりますたんぱく質に反応する事によって、小麦色の肌を手に入れる事ができますので、小麦色の肌になりたいけどシミやソバカスが怖いという方にもおすすめになります。

セルフタンニングローション コンテストブラック

プロ仕様 JBBF推奨品 セルフタンニングローション コンテストブラック 200ml ナーブスローション01
JBBF推奨しているこちらの「コンテストブラック 200ml ナーブスローション01」は、ボディビルコンテストなどに出場しているプロの方が愛用しているセルフタンニングローションになります。紫外線で日焼けをすると直ぐに皮がむけてしまうという方や、黒ではなく赤くなってしまうというかたにもおすすめのタンニングローションになります。

まとめ

日焼けオイルは、紫外線B波を防ぎますので、お肌のダメージを防ぎながら、ゆっくりきれいに焼きたいという方におすすめです。テクスチャやSPFなどを参考に、どの商品を使うことが最適か理解して使用するようにしましょう。