日焼けは火傷と同じ?日焼けしちゃったその後に…レベル別アフターケアの方法

まだ暑い日々が続いていますが、思う存分夏を楽しんでいるでしょうか?

おしゃれや美容に敏感なみなさんのことですから、夏の間は日常生活はもちろん外でのレジャーによる日焼け対策に余念がないことと思います。今回は、日焼けしてしまった場合のお肌の状態やフォローの仕方についてピックアップしていきます。

日焼けは火傷と同じってご存じでしたか?夏が終わっても美しい肌が保てるように、日焼けレベルに合わせたアフターケアの方法をご紹介します。

日焼けのメカニズム

日焼け

そもそも私たちは、なぜ日焼けしてしまうのでしょうか?日焼けとは太陽の光、紫外線によって肌が火傷をしてしまう(日光皮膚炎)のことをいいます。

火傷と言われると日焼けって恐ろしい症状だと思いませんか?

日焼けを引き起こす紫外線の正体とは?

日焼けの原因は紫外線ということはすでにご存じのことと思いますが、その紫外線は3つの光の波長の組み合わせでできています。紫外線は、A波(UVA)、B波(UVB)、C波の組み合わせでできており、地上まで届くのはA波とB波の2つのみとなっています。

A波(UVA)

A波(UVA)の波長は肌の奥まで届き、じわじわと肌へ影響を及ぼします。すぐに赤くなったり黒くなったり目立つ影響が見えにくいためについ軽視されがちですが、コラーゲンを変成させシワやたるみを引き起こす大きな原因となります。

また、曇りの日やガラス越しでも通り抜けやすい性質を持っています。短時間の外出だから…室内だから…と油断していると、知らず知らずの内にかなりの量のUVAが肌の奥に届き、肌にダメージを与えてしまうのです。

そして「サンタン」と呼ばれる肌を黒くする症状を起こします。

B波(UVB)

B波(UVB)の波長はUVAに比べて肌の浅いところまでしか届きませんが、すぐ影響を及ぼします。日に当たった後に肌が赤くなってヒリヒリしたり、黒くなったり、日焼けの目立つ症状である「サンバーン」を引き起こす主な原因となっています。

それだけでなく、UVBの強い波長は皮膚を傷付け炎症を起こしやすいので、シミや皮膚がんの原因にもなりえるため、無防備に紫外線を浴び続けることは非常に危険なことなのです。

日焼けはこうして起きる

私たちの表皮は、表面から角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有蕀層(ゆうきょくそう)、基底層の4層でつくられています。基底層では日々新しい皮膚がつくられ、表皮へ各層を移動して表皮に到達します。常に繰り返されるそれは、ターンオーバーと呼ばれます。

正常なターンオーバーは美しい肌の基本ですが、日焼けを引き起こす紫外線はこのターンオーバーのサイクルに大きな乱れを引き起こします

紫外線を浴びると、UVAが肌の奥へ入り込んできます。皮膚の最下層である基底層にUVAが届くと、そこにあるメラノサイトがチロシナーゼ活性酵素を作り出すのです。チロシナーゼ活性酵素はチロシンと組み合わさり黒〜褐色のメラニン色素を生成します。メラニン色素は数を増やしながらターンオーバーの移動に合わせて表皮に移動し、肌を黒くします。肌が黒くなることを嫌う女性も多いですが、これは紫外線から体を守る正常な生理反応なのです。

日焼け 女性

日焼けは個人差が大きく、日に当たるとすぐに肌が赤くなりサンバーンを引き起こす人、赤くならずに黒くなる人、赤くなるけどすぐに引く人などさまざま。

しかし、症状は違っても紫外線のダメージは肌に蓄積されていると考えましょう。アフターケア次第で未来の自分の肌の状態が大きく変わってしまいますよ。

日焼け止めを塗っても焼けてしまうのはなぜ?

日焼け止めを塗ったりしてちゃんと紫外線対策をしているのに、気が付いたら肌が黒くなっている…。なぜこんなことになってしまうのでしょうか?

まずは日焼けしてしまう原因について簡単におさらいしましょう。

日焼け止めが十分に塗れていない

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも、意外と塗り忘れがあったりするもの。洋服と肌の境目も要注意ポイントです。十分に日焼け止めが塗られていない肌は、無防備な状態で紫外線にさらされるので、あっという間に日焼けしてしまいます。

日焼け止めの用途があっていない

日焼け止めにはSPFとPAの表記によって紫外線から肌を守る強さや時間が変わります。一般的には数値や+の数が多いほど日焼けに高い効果が期待できます。

短時間の外出ならSPF20〜30あれば十分ですが、日常レベルの日焼け止めで屋外でのスポーツをしたり、海やキャンプに行けば、ひどい火傷レベルの日焼けをしてしまうこともあるのです。

日焼け止めの塗り直しをしない

日焼け止めの紫外線に期待できる効果には限りがあります。汗で流れやすかったりもするので、1度塗ったから安心というわけにはいきません。

使用している日焼け止めの表記を参考にこまめに塗り直しをすることが大切なので、塗り直しを怠ると、日焼けしやすくなってしまいます。

それでは、次からは日焼けのレベル別に現れやすい症状やおすすめのアフターケアの方法をご紹介していきます。うっかり日焼けをしてしまっても、慌てずに対処することで健やかな肌を保つことが可能になりますよ。

日焼け後のフォローを怠るとこんな恐ろしいことが!

たかが日焼けじゃない?

火傷なんて大げさな…

そもそも日焼け肯定派だし!

いろんな意見がありますが、日焼けした後のケアを怠ると非常に恐ろしいことが待っています。

肌のしぼみ・ごわつき

紫外線を浴びると、皮膚の中のコラーゲンやエラスチンに影響を与えます。肌内部の水分も大量に失われやすくなるので、肌のしぼみやたるみを引き起こします。そのため、シワの原因にもなってしまうのです。

また、ターンオーバーのサイクルを乱すため、古い角質がたまりやすくなり、ごわついた肌やくすみの原因に。

シミやそばかす

紫外線によって生成されたメラニンは肌を黒く変化させますが、正常なターンオーバーが行われないと肌内部に残り、シミやそばかすの原因に。大きなシミは特にあなたの印象を下げてしまいますよ。

つまりは老け顔の原因に!

シミだらけ、透明感がない、しぼみ・たるみのある肌…これはつまり老け顔以外の何者でもありませんね。日焼けをしたあとは速やかに適切なアフターケアをしないと、実年齢以上に老けた印象を周囲に与えかねません。

火傷だけでなく老け顔の原因にもなるなんて恐ろしいですよね。若く美しい雰囲気を保つため、紫外線対策とともにアフターケアの重要性にも目を向けましょう。

軽度の日焼けの症状とおすすめアフターケア

軽度の日焼けは日常で非常によくあるレベルの日焼けです。火傷というには軽い症状でなので、中には日焼けしていることに気付いていない女性も多いかもしれません。

軽度の日焼けの症状

軽度の日焼けに痛みや刺激はほとんどなく、気がついたら肌が黒くなっていることが多いでしょう。

日光に当たった際に肌の表面が熱を持つものの、すぐその熱が収まるのなら軽度の日焼けをしたと言えます。目立つ症状がほとんどないのでつい軽視されがちですが、肌はダメージを受けている状態です。

軽度の日焼けのアフターケア

 

・肌のクールダウン
・保湿
・ターンオーバーの促進
・美白成分やビタミンC誘導体が含まれた化粧水・美容液を使う

 

軽度の日焼けの場合は、肌のクールダウンとしっかりとした保湿、ターンオーバーの促進が美肌へつながるポイントです。

日焼けをしてしまうと肌の水分が失われやすくもなっているので、水分をたっぷり補給してあげることでターンオーバーが正常に戻りやすくなります。コットンに化粧水をたっぷり含ませてパックをすることでクールダウンと保湿が同時に叶うのでおすすめです。

また、紫外線に当たった肌はごわつきがち。拭き取り化粧水で表皮に残っている余分な角質を取り除くとターンオーバーを促しやすくなります。肌の負担にならない程度に取り入れてみましょう。

軽度の日焼けのアフターケアにおすすめなアイテム

軽度な日焼けには、美白成分やビタミンC誘導体が含まれた化粧水・美容液を使いましょう。このようなアイテムは日焼けした肌にはもちろん、日常的に使用することで紫外線に負けにくい美しい肌へ導いてくれます。

紫外線が強くなると言われる5〜9月の間だけでも取り入れると、将来の肌にいい影響が期待できるでしょう。

中度の日焼けの症状とおすすめアフターケア

外でのスポーツやレジャーの際によく起こるのが中度の日焼けです。

中度の日焼けの症状

中度の日焼けをすると、肌は熱を持って赤みを帯びたり、痛みを感じるようになります。紫外線によって肌が炎症している状態です。

触るとひりひり傷んだり、シャワーの水圧の刺激に痛みを感じることもあるでしょう。時には火傷と同じように水ぶくれの症状がでることもあります。中度の日焼けでようやく自分が日焼けをしていると認識する人は少なくありません。

中度の日焼けのアフターケアの方法

・肌のクールダウンと保湿は必須
・洗顔方法に注意
・アルコールが含まれているスキンケアアイテムはNG
・保湿や肌にハリを与えるアイテムを使う

軽度の日焼けと同じように、肌のクールダウンと保湿は必須です。肌が非常に刺激に敏感になっているので、洗顔やお風呂に入る場合には洗浄料を使わずにぬるま湯や常温の水で優しく汚れを落とすようにしましょう。炎症の起きている肌に洗顔フォームやボディソープは非常に強い刺激となり状態を悪化させかねません。

アフターケアの際、日焼け直後のスキンケアには注意が必要です。いつも使っている化粧水などを使う前に成分をチェックしましょう。アルコールが含まれているものの使用は絶対NGです。

日焼けの痛みがおさまるまでは、抗炎症成分の含まれたクリームやオイルといったスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。日焼け直後にも使えると謳われたスキンケアを使用すると安心ですよ。

痛みが引いてきたら、軽度の日焼けのアフターケアと同じようにコットンパックなどでたっぷりの保湿を心がけましょう。中度の日焼けではコラーゲンやエラスチンが破壊され、肌のしぼみが起こりやすくなっています。肌にハリを与えるようなアイテムを使うと、日焼けに負けないハリと弾力のある肌を取り戻すことができるでしょう。

中度の日焼けのアフターケアにおすすめなアイテム

ココナッツオイル

高い抗炎作用が期待でき、保湿効果も高いため、乾燥しやすい日焼け後の肌にとてもおすすめです。肌に刺激の少ない自然由来のオイルのため、刺激に敏感になっている状態の肌にもやさしく使用することができます。

日焼けしやすい南国の人たちが日常的に使っているアイテムでもあるので、信頼できる効果がありそうですね。

馬油

馬油は人間の皮脂と非常に近い成分を持っているため、浸透力が強く、塗るとすぐに吸収されさらさらとした仕上がりに。皮膚の炎症を抑え、皮膚の保護作用もある上、コスパもいいため全身にもたっぷり使えます。

重度の日焼けの症状とおすすめアフターケア

重度の日焼けをする人は稀かもしれません。万が一を考えて、重度の日焼けをしてしまった際のことも頭に入れておきましょう。

重度の日焼けの症状

重度の日焼けは、火傷に例えると熱湯や薬品が肌にかかり引き起こされた大変危険度の高い状態となります。日焼けの強いダメージや影響が表皮だけでなく皮下組織にまで起こってしまい、ケロイドや瘢痕(はんこん)など見た目にも大きな影響を与えかねません。

肌の炎症を通り越して皮膚の上層部が壊死してしまっている場合には痛みを感じないことも。痛みがないからといって放置したり自己判断の処置をすると、後に機能障害を引き起こす場合もあります。

重度の日焼けのアフターケア方法

・皮膚科で処置
・多めの水分補給
・栄養補給

 

重度の日焼けをしたと感じたら、早い段階で(なるべく3日以内に)皮膚科で処置してもらう必要があります。ただの日焼けだと放置してはいけません。日焼けは火傷と同じなのです。特に重度の日焼けは危険性の高い火傷です。

日焼けの状態に応じて適切な処置をしてもらえることは、あなたの安心感にもつながりますよ。自宅でのアフターケアについても医師の指示に従うことで、速やかに健康な肌へ戻ることが可能となるでしょう。

スキンケア以外では、いつもより多めの水分補給を心がけましょう。患部の回復の際には水分が多く使われるため、脱水症状に陥りやすくなります。回復を早めるためにも、肌の健康や美容のためにも、状態が落ち着くまでは水分摂取を意識しましょう。

水分補給以外にも肌にいいとされる食物やサプリメントの摂取や栄養バランスのいい食事を心がけ、体の中のケアにも目を向けましょう。

症状が落ち着いたり、医師の許可を得てからいつも通りのスキンケアを再開するようにしましょうね。

体の中から日焼けのアフターケア

日焼けをした後は外側からのケアも大切ですが、体の内側からのケアもとても大切になります。

いつもよりも水分をたっぷり補給

日焼けした後は肌の水分が失われがちな状態です。また、日焼けのダメージから肌が回復するためにも十分な水分が必要です。いつもより多めの水分摂取を意識することで、肌の潤いを保ちやすくなります。

夏の脱水症状を防ぐ、日々の健康を保つためにも水分摂取は非常に大切ですが、日焼けの後は特に心がけて摂取するようにしましょう。

ビタミンが豊富な食事

日焼けに効果が期待できるビタミンと言えばビタミンCが有名ですね。その他ビタミンAやビタミンE も日焼け後の肌を美しく保つために重要になります。それぞれのビタミンが多く含まれている食品は以下の通りです。ビタミン以外にも、バランスよくいい栄養の含まれた食事を摂るように意識しましょう。

ビタミンC

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制したり、できてしまったメラニンを還元したりターンオーバーを整えたり…日焼けした肌にうれしい効果がたくさんあります。ビタミンC が多く含まれる食品は…

柑橘系フルーツ / イチゴ / アセロラ / トマト / ブロッコリー / パプリカetc…です。

ビタミンA

抗酸化作用や皮膚や粘膜を保護する働き、コラーゲンの生成促進など肌の美しさをサポートしてくれる効果が期待できるビタミンです。ビタミンAが多く含まれる食品は…

トマト / カボチャ / 人参 / しそetc…緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンCと合わせて摂取することで、老化の大きな原因となる活性酸素を高い抗酸化作用で抑えたり、紫外線を吸収してくれる作用などが期待できます。ビタミンEは…

アボカド / 大豆 / ゴマ / ナッツ類etc…女性によく好まれる食品に多く含まれています。

サプリメントに頼るのもOK

忙しい毎日で十分な栄養が取れていないと感じるときは、無理せずにサプリメントで補給することも賢い方法です。複数のサプリメントで自分だけの組み合わせを考えるのも楽しいですよ。

さいごに

完璧に日焼けを防ぐというのはなかなか難しいことですね。

日焼けは火傷と同じと知ったことで、これからのアフアーケアに対する意識も変わったことと思います。今日は日焼けした気がする…と感じたときはいつものスキンケアに日焼けのアフターケアを取り入れて健やかな肌をキープするように心がけましょう。

ちょっとの努力を継続することで、夏の終わりでも美しい肌を保つことができるはずですよ。