日焼けによるシミの原因は?3つの予防策を知ってきれいな肌を目指そう

気づかぬうちに紫外線が肌に蓄積しても、本来ならば日焼けでダメージを受けた肌を生まれ変わらせることが出来るはず。しかし、加齢やストレス、ホルモンバランスの影響でターンオーバーが正常に機能しなくなると、排出しきれなかったメラニンが肌に残ってシミになります。

今回は日焼けでシミができる原因や防止法などについてまとめました。

日焼けでシミができる原因

シミやソバカスは目立つと見た目の年齢をあげてしまうのでコンプレックスになってしまいがちです。そもそも何故日焼けでシミが出来るのかそのメカニズムを知る事で日焼けに対しての価値観や体の仕組みを知ることができるため、予防やケアをするときに便利です。日焼けが人体にどう作用して起きるものなのかをみていきましょう。

紫外線UVAが原因のサンタン

日焼けには大きく分けて2種類あり、その1つがサンタンと呼ばれ皮膚が黒く染まってしまうが痛みをあまり感じることのない日焼けです。黒くなってしまった部分の色はメラニン色素と呼ばれ、紫外線が皮膚の細胞の奥に入っていかないように防いでくれています。ですが、表向き痛みはなく皮膚に負担っていない間に長時間かけて浸透していく為気づかないうちに人体の皮膚に悪影響を及ぼしています。

肌が老化してしまう

サンタンを引き起こすのは紫外線の中でUVAという波長の長いものです。表皮をすり抜けて角質層の奥まで少しずつ侵入してしまうのを防ぐためにメラニンを作りますがそれでも皮膚の奥まで浸透し肌のハリや弾力を保っている真皮の組織を壊してしまいます。

この現象を光老化と呼びます。人の見た目が老化してしまう割合のうち20%ほどが自然老化に対し光老化が80%を占めているんです。紫外線は窓やガラスをすり抜けて入ってくる為、建物の中にいても窓際ならば安心出来ません。気づいた時にすぐ美白化粧水などでメラニン色素沈着を促して元の白い肌を取り戻しましょう。

肌に含まれている水分がなくなる

日焼けをすると中に篭った熱を放出する時に肌の水分が一緒に蒸発してしまうので日焼け後の肌をほうっておくとどんどん水分が減ってゆき肌がガサガサの状態になりシワの原因に繋がります。そうならない為に化粧水でしっかり保湿し、乳液で水分を肌に閉じ込める事が大切です。また自宅でパックや美白美容液をたっぷりつけてケアする事や、化粧水を冷蔵庫に保管し、冷却効果を高めて塗るとより効果的です。

紫外線UVBが原因のサンバーン

日焼けのもう一種類はサンバーンと呼ばれ文字通り皮膚が赤く腫れ火傷したようにひりひりする日焼けの事です。海やレジャーで急に強い紫外線を浴びた時に皮膚の組織が炎症を起こし、皮膚の表面が剥がれ皮が剥けます。皮膚の奥まで到達した紫外線はお肌にハリを持たせている弾性繊維を破壊したるみの原因を作ってしまいます。何度もサンバーンを起こすうちに最悪の場合皮膚ガンを起こす可能性もあります。

日焼けで出来るシミを防止する方法

気づかないうちに紫外線が奥まで浸透してシミが出来てしまいます。一度出来てしまうと皮膚の何層にまで根深く作られている為ターンオーバーに時間がかかります。そうならない為に今のうちからシミを予防しましょう。

水分補給をして体内に水を取り入れる

内側から出ていく水分を防ぐのも大切ですが、直接体内の水分量を増やすことでも乾燥を防げます。蒸発してしまうならそのぶん飲めば良いのです。肌の角質層まで水分を行き渡らせるために水分補給効果の高い電解質が入った飲み物やスポーツドリンクなど、吸収率の高いものを選ぶとより効果的です。またアセロラドリンクなどビタミンCが入っているドリンクもおすすめです。

保湿効果のあるクリームを日焼け後に肌に塗る

日焼け後のケアに化粧水を塗ることは勿論ですが、それだけではすぐに蒸発してしまいます。保湿効果の高いクリームで肌に水分を閉じ込めターンオーバーを促す事が大切です。またクリームには消炎効果もあるため、アロエ配合のクリームが良いです。

アロエに含まれているアロエチンという成分が細菌の繁殖や毒素を中和する働きがあるので患部の悪化を防いでくれます。注意しなければいけないのが保湿クリームで有名なニベアのクリームです。日焼け後に塗ると痒くなり、掻くとヒリヒリとして痛くなります。油分が多い分熱に反応してしまうため、寝る前の保湿や普段のスキンケアに使うことをお勧めします。

日焼け止めを塗って肌へのダメージを避ける

そもそも日焼けによる炎症や色素沈着を抑える為に日焼け止めを塗ることで肌へのダメージを減らせます。ですが汗で落ちてしまうのでこまめに塗りなおす事でその効果を持続します。日焼け止めにはSPF・PAの数値が商品によって異なります。

高いものをずっと使い続けてしまうと肌に負担がかかりやすくなってしまうので海やレジャーなどしっかり防止した時は数値の高いSPF50PA+++のものを日常生活やちょっとしたお出かけにはSPF30+++など低いものを使い分けすると賢くより効果的に使うことが出来ます。

日焼けで出来たシミを隠すパウダーファンデーション3選

もうすでに出来てしまったシミを諦めてしまうのはもったいないです。シミが出てしまったなら隠せば良いのです。カバー力が強くシミやソバカスが気にならなくなり、自信を持って外に出かけられる強いパートナーを紹介します。

カバーマーク ソフト<ES>パクト リフィル

カバーマーク ソフト<ES>パクト リフィル 12g (O20)

紫外線からお肌をしっかり守りカバー力に特化したクリーミーコンパクトファンデーションです。粒子が細かく伸びが良いのに加え、保湿成分も配合されているので肌に安心です。

ノエビア レイセラ プロテクターUVファンデーション

ノエビア レイセラ プロテクターUVファンデーション<レフィルのみ>《12g》<カラー:カラーNB-03>

汗・水・皮脂の化粧崩れ三大要素に強いウォータープルーフタイプのファンデーションです。滑らかな肌触りでつけたてをそのまま長時間キープします。

ヤダー エア パウダー パクト

ヤダー エア パウダー パクト (19. ライト ベージュ ) | ファンデ 韓国コスメ 下地 つや肌 ファンデーション 人気 崩れない フェイス 敏感肌 パウダーファンデーション 日焼け止め 遮瑕 毛穴カバー

パッケージデザインが可愛く持ち運びが楽しくなるパウダーファンデーションです。さらさらパウダーが毛穴や小じわをしっかりカバーし、艶肌を作ります。

まとめ

小さい頃からしっかりとケアをしていないとなかなか防げず、年齢を重ね出始めるシミやソバカスで鏡を見るのが嫌になってしまった方も今から出来るケアやシミ対策でこれからの未来を明るくする事ができます。

つい籠もりがちになってしまっていた自分に自信をつけて、これからの暖かくなる季節、外へ出かけて色んなものを見る事で心が豊かになり、ストレスが減る為結果的に肌にも良い作用を与えます。