時間や天候ごとの紫外線量について。適切な紫外線対策を学ぼう。

最近では、紫外線の危険性が多く聞かれるようになりました。そのせいで、紫外線対策を気にしていると言う方もいます。ですが、紫外線の事を正しくしっていないと、効果のない対策をしてしまう事もあるかもしれません。だからこそ、正しい知識を身に付けることはとても大切です。

正しい知識を身に付けることが出来れば、日焼けをする事だって問題ではありません。日焼けは全て危険だと思っている方も多く居ますが、しっかりと紫外線に対して理解する事が出来れば視界憧れの綺麗な小麦色の肌に焼く事だって出来てしまうのです。

時間や天候ごとの紫外線の量について

14時~は紫外線量が最高値まで上がる

紫外線は、どの時間帯も一定の量が出ているわけではありません。紫外線は、太陽の光が原因で発生しているものです。したがって、太陽の位置が高くなると紫外線の量も多くなるのです。その為、14時からがもっとも高い時間帯となります。

だからこそ、出かける際には特に意識してケアしなければなりません。日焼けをしたいと言う方も、紫外線対策の方はしっかりと行っていきましょう。

曇りでも紫外線量の80%は浴びている

太陽が出て居るとしっかりと日焼け対策をしていると言う方も、曇っているとついつい気が緩んでしまう事もあるでしょう。ですが、紫外線はたとえ曇りだとしても出て居ます。だからこそ、紫外線ケアをせずに外出してしまうとシミなどの原因を自ら作りだしていると言う事にもなりかねません。

紫外線は、天気に関係なく発散しています。だかたこそ、対策は畝常に行う事を心がけてください。

深夜から朝方9時までは紫外線量がちょうどいいくらい

私たちが生活している中で、理想的な紫外線の量が出ている時間帯は深夜から9時までの間のみです。それ以外の時間帯は、肌に負担をかける程の量が出ている事が分かっています。だからこそ、ケアが必要なのです。

深夜から9時までの間にどれだけ多くの人が活動しているでしょうか。多くの方が、それ以外の時間帯で生活をしている事でしょう。だからこそ、私たちは常に紫外線を意識して生活しなければならないと言う事なのです。

10時~14時の間は紫外線量が高くなる傾向にある

紫外線は、時間帯によって量が大きく左右されます。10時から14時は太陽が高い位置に来る時間帯とされており、それに伴って紫外線の量も多くなります。だからこそ、その時間帯に出掛ける際には、紫外線対策をしっかりと行ていきましょう。

日焼けは紫外線対策やケアをする事が重要

日焼けオイルで身体に悪い紫外線波長をカット

紫外線には3つの波長があります。その中では、短ければ短い程肌へ影響が大きいと言われています。その為、日焼けをしたいと思っている方も、そのまま焼くのではなく日焼けオイルなどを利用して、紫外線をカットしつつ日焼けを行う事をお勧めします。

紫外線を沢山浴びてしまうと、肌が乾燥したりしわになったりする場合もあります。ひどい時には、シミやそばかすの原因となる事もあります。だからこそ、そうならない為にも紫外線予防は、日焼けをしたい時にでも忘れてはいけません。

帽子や服などで肌に紫外線があたるのを防ぐ

紫外線は、夏場だけにあるものではありません。一年中どんな天気でも、量に差はあれど出ている事が分かっています。ですが、いつもいつもばっちりケアする事に対して負担を感じる方も居るかもしれません。ちょっとし近場まで出かける時は、何もケアせずに出てしまう事も考えられます。

そんな時は、せめて肌に直接し光が当たらないように、帽子などを利用しましょう。そうする事によって、多少の刺激を抑える事が出来ます。最近では、それらの記事の中にUV効果のある物も多くあり、より安心して使う事が出来るようになって居ます。

あわせて読みたい

日焼け防止対策の帽子選びに最適な10選!

続きを読む

保湿効果がある化粧水やクリームで日焼けダメージをケア

日焼けをすると、肌は必要以上に乾燥します。その乾燥をそのままにしておくと、シミやくすみ・シワの原因となってしまいます。だからこそ、日焼けをしたさいはそれらのダメージの原因となる乾燥をケアしましょう。

日焼け止めオイルの紹介

クワトロボタニコ

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) 【 メンズ 化粧水 オールインワン 】 ボタニカル ローション & アフターシェーブ 男性用 化粧品 ( 男性 スキンケア )エイジングケア

こちらの商品は、男性用の日焼け止めクリームです。最近では、紫外線を意識しているのは女性だけではありません。とは言え、女性用のクリームを使用する事に抵抗がある方も多く居る事でしょう。こちらは、見た目も黒でシックな印象と言う事もあり、持ち運びもしやすい商品となっております。

成分は、4種類の植物成分が主なものとなており皮脂や毛穴のべたつき。乾燥なども防いでくれます。ベルガモットとローズマリーの香りで癒やされる事でしょう。更に、こちらには美容成分も配合されているので、紫外線対策と同時に肌の保湿も行う事が出来ます。

バジャー サンスクリーンモイスチャライザー SPF35

バジャー サンスクリーンモイスチャライザー SPF35 アウトドア

こちらの商品は、米国農務省が認めたオーガニックの日焼け止めクリームです。その為、肌に大変優しく、1歳以上のお子様から一緒に使用する事が出来ます。

オーガニックと言う事で、主成分は天然の植物エキスです。その上品なエキスにオイルなどをプラスする事によって作られています。合成保存料や合成添加物、化学香料などを全く使用していないので、人体には勿論環境にも良いものとなっております。

プールや海などでも使用する事が出来るので、日焼け止めクリームによる肌への負担を気にする方におすすめの商品です。自然由来そのものの香りを楽しむ事が出来るのも、魅力の一つです。

パラソーラ サンタンオイル SPF2 超褐色日やけ


こちらは、日焼け止めクリームとは真逆の商品の、日焼けをする際に使用するクリームです。今では、誰もが日焼けを気にして日焼け止めクリームを使用しています。ですが、中には小麦粉の肌が好きな方も居る事でしょう。そんな方におすすめなのがこちらのオイルです。

日焼けは、ただ太陽にあたっても綺麗に焼く事は出来ません。また、綺麗に焼けたとしても、皮がむけてしまえばもとに戻ってしまう事もあるでしょう。このオイルを使用する事によって、それらを防ぐ事が出来ます。

また、多少ではありものの紫外線を防ぐ効果が入っているので全く何もせずに日焼けをするよりも肌の負担を軽減さる事が出来るでしょう。

あわせて読みたい

日焼けオイルのおすすめ10選。特徴や選ぶためのポイント

続きを読む

まとめ

いかがでしたでしょうか。今までの紫外線のイメージが違っていたと言う方も多く居るのでは無いでしょうか。紫外線から身をまもり快適に日焼けをする為には、どんな対策をすればいいかなどをしっかりと理解する必要があります。

だからこそ、今回ご紹介させていただいた内容を是非参考にして綺麗な日焼けを目指してください。