アイメイクの基本を教えます!初心者のためのアイメイクの基本的な手順

顔の印象を決めるアイメイクはメイクのなかでも重要パーツ。アイシャドウやアイライン、マスカラとアイメイクのやり方や選び方次第で大きく変わります。初心者はもちろん、今まで適当にやっていたという人も、自分のアイメイクを見直すことでグンと魅力アップにつながるかもしれません。

ここでは、

  • アイメイクの順番の基本
  • アイシャドウの手順とポイント
  • ビューラーの手順とポイント
  • アイラインの手順とポイント
  • マスカラの手順とポイント

についてまとめてみました。

アイメイクの順番の基本


自己流でやってしまいがちなアイメイク。小さなパートではありますが、顔の印象を大きく担うアイメイクは重要です。正しい順番でメイクすることで、より大きく魅力的な目元を長時間キープできるようになりますよ。

1.アイシャドウを塗る


アイシャドウを塗ることにより、目元のくすみをとります。自分の目の形を変えたり強調したりできるうえ、アイラインをぼかすことで自然に見せることもできます。アイシャドウは瞬きするたびキラキラ光る魅力的な目元をつくる必須アイテム。なりたい雰囲気に合わせて色や質感、塗り方を変えるだけで雰囲気も大きく変わります。色のバリエーションも豊富で自分なりにアレンジできるアイシャドウはアイメイクを楽しくしてくれる魅力がいっぱいです

2.ビューラーでまつ毛をカールさせる


アイラインを塗った後にビューラーをかけるとせっかく引いたアイラインが崩れてしまいます。ビューラーはアイライナー直前に使うのが正解。アイシャドウの落ちが気になる人は、アイシャドウ前のビューラーもOKです。ビューラーは根元→中央→毛先の順に、まつ毛を三段階に分けてカールさせるとキレイに仕上がります

まつ毛もアイメイクでは欠かせないポイント。人はまつ毛の先端までを目を認識するため、まつ毛を上げるだけで表情が明るく、目が大きく見えます。そんな効果を最大限に活かすためにも、さまざまな種類のなかから自分に合ったビューラーを選んで、丁寧にまつ毛をアップしましょう。

3.アイラインを引く


目のフレームを描くことで、自分の目の形を変えたり強調したりするアイライン。目の際に沿ってラインを引くことで、自然に瞳を大きく見せることができます。大きく分けて、まつ毛のすき間を埋めながら線を引く鉛筆のようなペンシルタイプとくっきりとしたラインが引けるリキッドタイプがあります。自然な目元にしたい人はペンシルタイプ、くっきり華やかな目元にしたい人はリキッドタイプがおすすめです。目力アップに直結するといっても過言ではないアイラインはアイメイクの最重要パートです。

4.マスカラを塗る

マスカラ 使い方
マスカラを塗りまつげを強調することで、遠くからでもアイラインの効果を最大限にします。瞳の周りに放射状に広がるまつ毛には、目をより大きく見せる効果も。さっと塗るだけで目元の印象が一気に華やかになるアイテムです。まつ毛の根元からジグザグに塗るのがポイント。自然にまつ毛を伸ばしてくれます。マスカラ効果をよりアップさせるためにマスカラ下地を使うのもおすすめですよ。アイメイクの仕上げ、マスカラを丁寧に塗ることで魅力的な目元を完成させましょう。

アイシャドウの手順とポイント


顔の印象を変える重要アイテム、アイシャドウ。なんとなく塗っているけど、いまいち自信がないという人も多いのではないでしょうか。ここで一度、基本的な塗り方をおさらいしてみましょう。アイシャドウの塗り方をマスターすることが、メイク上手への第一歩です。

1.アイホールにベースカラーを塗る

ベースとなる一番明るい色、ハイライトカラーをアイホールより少し広めの範囲に指やチップでオン。アイホールというのは、目頭と目尻を半円状に囲んだ部分のこと。眉の中央を少し上に引き上げたときにくぼむ場所がアイホールです。アイホールを意識しながらアイシャドウを塗ることで、目元の印象が変わります。ハイライトカラーはまぶた全体に繊細な輝きや透明感がプラスしメリハリ感を出してくれます。

2.ミディアムカラーをアイホールの下半分と目尻下に塗る


ハイライトカラーとダークカラーの中間色にあたるのがミディアムカラー。明るい色から濃い色をキレイにグラデーションして仕上げるつなぎの役割を果たします。ミディアムカラーをアイホールの下半分と目尻の下に丁寧に塗って彩りをプラス。細かい部分なので、ブラシで塗るのもおすすめです。黒を使わない囲みアイメイクは、目力がありながらやわらかい印象の目元に。ミディアムカラーが目元に立体感をつくりだします。まぶたがフラット気味な人は重ねづけしてもOK。

3.上まぶたの際と目尻の際にダークカラーを塗る

最後に一番濃い締め色のダークカラーを目のキワにライン状に入れ、目元を引き締めるように仕上げます。シェイドカラー、ディープカラー、メインカラーなどと呼ばれることもあります。細めのブラシやチップを使うのがおすすめ。ミディアムカラーとの境目を指でぼかすと、グラデーション感がアップします。アイシャドウを塗るときは、ブラシ、チップ、指を上手に使い分けることで、思い通りの質感に仕上げることができます

ビューラーの手順とポイント


ゴムでまつ毛を挟んでカールさせるビューラー。ビューラーを上手に使いこなすと、まつ毛がカールされて上を向き、目をパッチリ大きく見せることができます。基本的なビューラーの使い方を確認してみましょう。

1.ビューラーしっかりとまつ毛の根元にセットする

軽くあごをあげ、目を伏せ目の状態にしてアイラインを平らにします。こうすることで、ビューラーの縁をまつ毛の根元に合わせやすくなります。まつ毛の根元にビューラーのフレームを当てます。アイラインとフレームの縁が合わず、まぶたを挟みそうなときは、反対の手で軽くまぶたを持ち上げて合わせます。

このときビューラーは親指と中指を使うのがおすすめ。親指と人差し指だと、力が入りすぎてまつ毛が切れやすくなる原因に。また、ビューラーのゴムがゆるくなるとまつ毛が切れる原因になるので、ときどきチェックして交換するのを忘れないようにしましょう。

2.根元・中央・毛先の三ヶ所にビューラーをずらしながらカールする


軽く上げたあごを少しずつ下げるようにしながら、まつ毛の根元、中央、毛先に向かって、少しずつビューラーをずらしながらカールしていきます。一か所につき約5秒キープしてずらすのがポイント。ついまつ毛をしっかり上げるために力を込めて握りがちですが、強く力を入れる必要はありません。まつ毛に過度な負担がかかると、切れ毛や抜け毛の原因にもなるので、注意しましょう。ビューラーをずらすときは、手首だけを動かすのではなく、ひじまで一緒に動かすようにすると、力が入りすぎず上手にカールできますよ。

アイラインの手順とポイント


ラインひとつで顔の印象が大きく変わるアイライン。影響力が大きいのに苦手意識を抱く人が多いのも事実です。普段のアイメイクを変えたい人や、バリエーションの幅を広げたいという人もぜひ基本手順を確認してみてくださいね。

1.黒目の内側の端から目尻に向かって描く

まぶたを指で押さえピンとさせ、目頭側の黒目の内側の端から少しずつ引いていきます。このとき、アイライナーを持つ手を顔のどこかに固定して、手を安定させることで手ブレを防ぐことができます。目と目の距離を縮めたい人や求心的な顔に仕上げたい人は、目頭から描くのがおすすめ。

難しい場合は、ラインのがたつきが気にならないペンシルタイプかジェルタイプを使い、肌なじみのよいブラウン系の色味を選びましょう。自然に見えて、悪目立ちしません。

2.目尻の形にそって自然な跳ね上げを描く


まつ毛の生え際にそってラインを少しずつ目尻まで描いたら、ナチュラルに仕上げたい場合は、目尻までのラインで完成。さらにデカ目効果を目指すなら、目尻の形にそってはね上げ部分を描きます。

はね上げのカーブを強くするとミステリアスな猫目っぽい仕上がりに、少し下げ気味に描くとやさしいタレ目な印象に仕上がります。ブラック系のアイライナーなら、はっきりした印象的な瞳に、ブラウン系はナチュラルに見えます。目と目の距離を離したい人や、遠心的な顔に仕上げたい人は長めのラインがおすすめ。

マスカラの手順とポイント


アイメイクの仕上げに欠かせないマスカラ。正しい塗り方ひとつで目元の魅力アップに直結します。マスカラの基本の塗り方を参考に、自分の塗り方を見直すことで、意外なコツが見つかるかもしれません。アイメイク上級者まであと一歩。

1.根元に3秒程押し当て毛先に向けて軽く一塗りする

マスカラをまつ毛の根元に3秒押し当て、毛先に向けて軽く一塗りします。このとき、まつ毛にボリュームがほしい人は、ブラシを左右にジグザグに動かしつつ、ブラシを回転させながら塗るのがおすすめ。まぶたにマスカラがついても構わないという心意気でマスカラを塗ることで、しっかりと根元からマスカラ液を塗布することができます。根元にマスカラがついていないと、落ちやすくパンダ目の原因にも。まぶたについてしまったマスカラは、乾いてから綿棒なのでやさしく拭き取ります。

2.ホットビューラーを優しくあてカールを整える

マスカラが半乾きになったら、ホットビューラーをまつ毛の下側からそっと当て、カールを均一に整えます。根元からではなく、毛先だけをアップさせるのがコツ

さらに上の仕上がりを目指す人は、マスカラを塗ったあとホットビューラーの前に、コームでとかすという工程をひとつ加えることで、長くふさふさまつ毛の目元に。マスカラがダマになってしまったときにも有効なテクなので、ぜひ試してみてくださいね。

3.毛先だけにマスカラをもう一塗りする


最後に毛先にマスカラをもうひと滑り。これでまつ毛のキレイなカールが長持ちします。さらにデカ目を目指す人は、下まつ毛にもホットビューラーを5秒程度当てます。ティッシュオフしたマスカラブラシを縦にして、ちょんちょんと下まつ毛にのせていきます。

マスカラもアイライナー同様、黒だとはっきり印象的な仕上がりになり、ブラウン系だとやさしくナチュラルな印象になります。目頭側から三分の二にブラウンのマスカラ、残りにブラックを塗ってメリハリをつけたり、カラーマスカラで遊び心のあるメイクに仕上げることも。

まとめ

いかがでしたか。明日からすぐに取り入れられそうな重要ポイントをおさえるだけでも、簡単に印象的な目元になれちゃいます。アイメイクの基本は変わらないものの、バランスにはトレンドがあり、年々変化が見られます。上手にトレンドを取り入れながら自分に合ったアイメイクにチャレンジすることで、毎日のメイクがもっとたのしくなるはずです。