面長女性が小顔に見せるためのメイクのコツ!NGポイントとは?

昨今、アイメイクにこだわりを持ち、目もとを強調するメイクを行う女性が増えておりますが、その反対に、外出時は眉と口紅だけと言う人も少なくありません。

ですが、メイクは、顔のコンプレックスを補うだけでなく、自分自身に自信を持たせ、前向きな人生を過ごすためのツールにもなり得ることをご存知でしょうか。

ほっそりと見える面長の顔立ちは、間違ったメイクをすると、単なる馬面になってしまう可能性が高く、寂しい印象を相手に与えてしまいます。

特に、チークのカラー選び、入れ方には注意が必要です。どのカラーを選び、どんな風に入れれば、小顔に見えるのでしょうか。

面長を小顔に見せるチークのコツ

頬骨の高い位置から楕円形に入れる

面長の顔は、比較的どんなカラーのメイクでも似合う顔型になりますが、とりわけ、チークのカラー選びには、注意が必要になります。チークは、ただ頬の真ん中あたりに丸く入れれば良いというわけではありません。

面長の顔には、頬のいちばん高い位置より少し低めの位置から、徐々に楕円形にしていきましょう。間違っても、縦に長い楕円にしてはいけません。必ず、横に長い楕円形になるように入れてください。この楕円形に入れたチークが、細長い顔にオウトツをつくり、また、楕円の丸みが加わることで、顔が立体的になり、小顔に見せてくれるというわけです。

ファンデーション、アイカラー等のメイクを終えたら、好みのチークカラーをブラシに適量取り、横に広い楕円形を意識して優しく入れていきましょう。

フェースラインからシェーディングを入れる

縦に長めの面長の顔には、顔を丸く見せるためのシェーディングが必要になります。シェーディングのシェードとは影、日陰、かさ等の意味を持ちますが、その他にも、濃淡、色合いと言った意味も持っております。その意味合い通り、顔に濃淡の陰影をつくるというメイク方法の一種になります。

面長の顔は、ひたいから耳の上にかけて、また、あごからフェースラインにかけてシェーディングを入れることによって、面長の顔を小顔に変身させることができます。シェーディングをしっかり入れたい時はリキッドタイプ、もしくはクリームタイプを、シェーディング初心者の方や手軽に入れたい方はパウダータイプのシェーディングを選ぶことをおすすめします。

ちなみに、シェーディングに最適なカラーは、ワントーン、もしくは2トーン暗めの色になります。色の合わない濃い目のファンデーションがある時は、そのファンデーションを代用することもできます。

シェーディングの入れ方を伝授!小顔を手に入れよう

サーモンピンクのチークを選ぶ

チークカラーには、オレンジ、ピンク、レッド、ブラウン等、各メーカーが成分、カラー、ニュアンス等にこだわった商品を多数販売していますが、通常のメイクの基本になるカラーは、オレンジ、ピンクの2色ではないでしょうか。

ちなみに、オレンジ系は健康的なイメージに仕上がり、ピンク系は優しい雰囲気に仕上がります。メイクはTPOに合わせて行いますが、仕事、普段用の基本的なメイクは、明るく健康的な印象を作ることがベストだとされております。どちらかと言えば、寂しい印象を受ける面長の顔には、オレンジ系よりもピンク系をおすすめします。中でも、柔らかい印象を残すサーモンピンクは、面長の顔をふんわりと見せ、顔を小顔に見せてくれる効果もあり、もっとも最適なカラーと言っても過言ではありません。お気に入りのメーカーのサーモンピンクを選び、試してみてはいかがでしょうか。

面長の人向け目・眉のメイク方法

面長の顔の人には、面長の顔を強調しない眉、目のメイクが必要です。どのような目元、眉にすれば、小顔に見えるのか、検証してみましょう。

目尻を長くして強調する

面長の顔の人は、面長を強調する縦に長いアイメイクはおすすめできません。特に、まぶたを強調した、アイシャドウをまぶた全体に入れたアイメイクは顔を余計に長く見せてしまう恐れがあるため、避けなければなりません。面長の顔におすすめのアイメイクは、顔を横に長く見せることができる並行アイメイクになります。小さな目の方は、目頭から目じりにかけて目もとを強調したアイラインを引いたアイメイクを、大きな目の方は上まつ毛ではなく、下まつ毛を強調するアイメイクを心がけましょう。マスカラを使用する際は、上まつ毛には少な目に、下まつ毛にはたっぷりと付けることをおすすめします。

眉山は低めにする

細長く見える面長の顔に眉を入れる際は、本当の眉山より、少し低めの位置に眉山を置くことで、小顔に見せることができます。その際、眉はアーチ型ではなく、横にまっすぐな並行眉を描きましょう。眉を描きたす時は、上に描きたすのではなく、下に描きたすことをおすすめします。下に描きたすことによって、目と眉の間が狭くなって目もとが強調され、小顔に見せる効果があります。眉山の位置取りが難しい場合は、鏡に向かって正面を向き、まずは、薄めのアイブロウカラーをチョイスして描いてみましょう。失敗しても、薄めのカラーであれば、ぼかして太眉に変えることができますので、まずは練習がてら、低めの位置を決め、描いてみてはいかがでしょうか。

アイブロウパウダーでふんわり太眉にする

眉には、一般的に、太眉、ほそ眉、下がり眉、アーチ眉、並行眉の5つの種類がありますが、面長の顔には、横に長い印象を与える並行眉をおすすめします。並行眉と言っても、アイブロウペンシルを使って、ただ、まっすぐ並行に描けば良いわけではありません。アイブロウペンシルは手軽に使用でき、メイクが苦手な方にも描きやすいと人気があるアイテムの一つとなっておりますが、面長の顔の人にはおすすめできません。アイブロウペンシルで描く眉は細くなり過ぎる傾向にあり、ふと眉を描くために適したアイテムではありません。面長の顔には、適度な重みのある、太眉が描きやすいアイブロウパウダーをおすすめします。アイブロウパウダーは、アイブロウペンシルのようなしっかりとラインは描けませんが、ふんわりとした柔らかい印象を持った眉を描くことができるようになっております。ちなみに、アイブロウパウダーのカラーを選ぶ際は、肌、アイシャドウ、髪の色に合わせたカラーを選ぶことをおすすめします。

面長が強調されてしまう!NGポイント

丸顔の人から見ればうらやましいと言われる面長の顔。ですが、面長の顔は、それだけで寂しい印象を受けるため、メイクにはこだわりを持って臨まなければなりません。どんなことに気をつけ、メイクをすれば良いのでしょうか。

ファンデーションをべったり塗る

メイクの基本中の基本とも言えるファンデーションは、そのままたっぷりと取って、ただ塗れば良いわけではありません。シミ、毛穴等をカバーする薄付きファンデーションが売られておりますが、そのファンデーションでも、たっぷりとパフに取って、そのまま塗ってしまえば、顔に立体感が得られず、のっぺりとした印象を与えてしまうだけになります。ファンデーションを塗る時は、まずはパフに適量を取り、手の甲に少し付けて色味確認、余分な粉を落とした後、ひたいから、ほお、鼻筋、あごへと塗っていきましょう。毛穴、シミをカバーするタイプのファンデーションなら、薄付きでも、十分なカバー力を持っておりますので、何度も塗り重ねる必要はありません。

上まぶたを濃いアイシャドウで強調する

面長の顔に、上まぶたを強調するアイメイクはおすすめできません。上まぶたを強調すると、面長の顔が余計に縦に長く見えてしまいます。アイシャドウを使用する際は、上まぶたは薄めに、下まぶたを強調するアイメイクを心がけましょう。アイラインを入れる時は、目じりが上がらないよう、並行に引くことをおすすめします。

アイシャドウの塗り方の基本を押さえてメイク上手になる方法

涙袋を作らない

涙袋は整形じゃないと作れないのでは、そんなことはありません。メイクで涙袋を作る時は、まず、鏡の前に立ち、にっこり笑ってみましょう。笑った時にできる膨らみ全体に、ピンクや白系の薄めのカラーのアイシャドウをのせていきます。膨らみの下に、茶系のアイシャドウを使って、薄くラインを入れ、膨らみの中心あたりにラメの入ったアイシャドウを乗せます。これで、光が当たるたび、膨らみが強調され、面長の顔を小顔に見せることができます。
茶系のラインが気になる時は、綿棒を使ってぼかせば、目立たなくなります。

小顔メイクにぴったりのおすすめチーク

人気のコスメメーカーから販売されている、面長の顔を小顔に見せるおすすめチークを紹介します。

オルビス(ORBIS) ナチュラルフィットチーク コーラル


オルビス独自の新リアルチーク処方を採用したナチュラルフィットチーク コーラルは、その名称通り、フィット感、自然なツヤによる立体感、小顔効果等が魅力のチークになっております。中でもコーラルは、顔色が良くなる、血色が良い、ほろ酔い顔メークになりにくい等、高い評価をもらう人気色となっております。

インテグレート グレイシィ チークカラー ピンク300 2g


肌くすみをカバーしてくれると人気のインテグレート グレイシィ チークカラー ピンクは、細長い面長の顔に立体感を与え、小顔に見せてくれる効果があります。粉っぽくならず、フィット感が長時間続くヒアルロン酸、グリセリン等の保湿成分が配合されております。

シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド OR 540


多彩なカラー展開が魅力のシュウウエムラのルージュの中でも、いちばん人気を誇るのが、ルージュ アンリミテッド OR 540になります。ちなみに、アンリミテッドには、レッド、ワイン、ピンク、コーラル、オレンジ、ベージュ等があり、全部で38種類そろっております。軽い付け心地が魅力のこちらのルージュは、他の色と合わせても、また、二度重ね付けしても、唇だけが悪目立ちすることもありません。面長の顔の人は、口もとを強調すると、それだけで、顔が長く見えてしまう恐れがあります。ルージュを選ぶ際、顔なじみの良い色を選ぶことはメイクの基本とも言えることですが、好みの色と似あう色は違う場合が多々あります。どの色にしようか迷った時は、コスメコーナーのスタッフに相談、もしくは、人気色を試してみてはいかがでしょうか。自己流メイクから脱出するチャンスかもしれません。

キャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3g


使いやすい5色がセットになったキャンメイク グロウフルールチークスは、若い女性を中心に人気のチークとなっております。面長の顔にコンプレックスを持つ方には、どんなアイカラーにも似合うアプリコットフルールがおすすめです。こちらの5色は、すべて混ぜて使っても、また、好みの2色を、3色を使っても問題ありません。自由に色を組み合わせて使えるチークとなっている他、ハイライトとしても使用することができる優れものとなっております。

まとめ

面長の顔は、メイク次第で、小顔に見せることができることが分かったのではないでしょうか。今までの慣れたメイクから、新しいメイクへと変えることはそう簡単なことではありません。ですが、眉、目もと、チーク、口もとにこだわれば、コンプレックスだった面長の顔か脱出できるかもしれません。まずは、人気のアイカラー、チーク、ルージュを検索してみましょう。