ヘアアイロンのつけっぱなしは危険!安全に使う方法!

ヘアアイロンはヘアースタイルを美しく作っていくために非常に便利な道具であるのは言うまでもありませんが、使い方を間違ってしまうと大きなトラブルになってしまうことも考えられます。

ヘアアイロンは高熱を発する装置であるということと電気で動作するものであるということを十分に認識したうえでそれを活用していくことが必要です。

ヘアアイロンの使用で気を付けたいポイント


ヘアアイロンの使用で気を付けたいポイントをあらかじめ把握しておくとトラブルを回避することができます。ポイントをリストアップしておいて、ヘアアイロンを使う時には常に確認するようにするのはお勧めです。

コード自体を引っ張る・本体に巻き付ける

ヘアアイロンのコード自体を引っ張ってしまうと、高熱であるアイロンの部分がそれによって移動することになりますので、やけどをしてしまう可能性が出て来ます。
髪の毛に当てるのであればヘアアイロンは問題ありませんが、皮膚に接触してしまうと重度のやけどになってしまう可能性が考えられます。

また、本体にコードを巻きつけてしまうと、余計な電流が流れてしまって、高温になり過ぎてしまうことも考えられます。
漏電も恐れもでてきますので、火事を誘発してしまう可能性もでてきます。
そのまま使ってしまうと髪の毛にダメージを与えてしまって、取り返しがつかないことになってしまうことも考えられますので、コードの取り扱いについては十分な注意が必要です。

電源をつけっぱなしにしない


ヘアアイロンのアイロン部分は髪の毛の形を整えるために非常に高温になるように作られています。
使用する際には高温となることが必要ですが、使わない時には、やけどの危険をできるだけ回避するために電源はすぐに切るようにすることが肝要です。
スイッチを入れれば比較的短時間で高温になるようにヘアアイロンは作られていますので、電源をつけっぱなしにしてしまうと、リスクが大きくなって、更に電力も無駄にもなってしまいますので、注意が必要です。

湿気の多い場所で使わない

湿気の多い場所で使うとアイロン部分に水滴が付くことが考えられます。温度変化によって、空気中の水蒸気が水に変化させることが考えられるからです。
ですから、ヘアアイロンは湿気の多いところで使うことは避けるようにするのが肝要です。
更には電気で作動する仕様となっていますので、お風呂の中で使うのも危険をともないますので、絶対に行わないようにすることが必要です。
洗面台の近くでヘアアイロンをお使いになる場合には水道が出しっぱなしにならないように留意することが必要です。

つけっぱなしを防止する方法

ヘアアイロンはつけっぱなしにしてしまうとリスクが大きくなりますし、更には電力のムダ使いになってしまいます。
それを防止するためには、例えばタイマーなどを付けておいて、一定の時間になったら自動的にスイッチが切れるようにしておくといいでしょう。
タイマーをどのように付ければいいのかがわからないというような場合には、最初からタイマーが導入されたヘアアイロンを購入してみてもいいでしょう。

燃えやすい物のそばに置かない

ヘアアイロンを使う場合にはつけっぱなしにしないということが重要であることは言うまでもありませんが、仮につけっぱなしにしてしまった場合でも火災などのトラブルに巻き込まれることを避ける意味で燃えやすい物のそばにヘアアイロンを置かないようにするようにしたいものです。

ヘアアイロン用の耐熱ホルダーをつける

また、ヘアアイロンのそばにプラスチックなどの熱で変形するタイプの素材がある場合にはつけっぱなしにするとそれらを壊してしまう可能性がでてきます。
そのようなトラブルを避けるためにヘアアイロンのアイロン部分に耐熱用のホルダーを付けて熱が外に拡散しないようにすることもお勧めです。

自動で電源がオフになるタイプを使う

ヘアアイロンのつけっぱなしを避けるためにタイマーなどを使うことは良い方法ですが、最近では自動的に電源がオフになるような機能をあらかじめ持ったヘアアイロンも市販されるようになっています。
安全性と経済性の両方に優れた仕様ですので、人気の商品となっています。

電源OFF機能があるヘアアイロン

安全性と経済性に優れた自動的に電源がオフになるタイプのヘアアイロンとシテがどのようなタイプの商品が人気を集めているのでしょうか?

ヘアアイロン Terresa マイナスイオン ストレートとカール両用 2way 20mm プロ仕様 70-200℃温度調節 360度回転可能 自動電源OFF 海外対応 出張 旅行用 日本語説明書 PSE認証済み HL-691(ブラック)

ヘアアイロン Terresa マイナスイオン ストレートとカール両用 2way 20mm プロ仕様 70-200℃温度調節 360度回転可能 自動電源OFF 海外対応 出張 旅行用 日本語説明書 PSE認証済み HL-691(ブラック)

アイロン部分にフローティングクッションプレートが使われていますので、キューティクルを損ねることなくお使いになれます。
アイロン部分から発生するマイナスイオンの働きによって、髪の水分の蒸発を最小限にすることができますので、髪の毛のダメージを最小限にすることが可能です。

安全面を考えた仕様になっていますので、最後の使用から15分後に自動的にスイッチがオフになるので安心です。
ストレートアイロンだけでなく緩やかなタイプのカールを作り出すことも可能です。
100-240V対応ですので、海外でもお使いになることができます。

 

Anjou 25mm ヘアアイロン カール マイナスイオン プロ仕様 80℃~210℃ 14段階温度調節 自動電源OFF

Anjou 25mm ヘアアイロン カール マイナスイオン プロ仕様 80℃~210℃ 14段階温度調節 自動電源OFF

ふんわりとした感じのウエーブを簡単に作り出すことができるヘアアイロンです。
マイナスイオンの働きで髪の毛に美しいツヤを出すことも可能です。

80度から210度まで14段階の温度コントロールができますので、自分の髪の状態に合わせて使い分けが可能です。
スイッチを入れて1分足らずですぐに希望の温度でヘアアイロンをお使いになれます。
安全性を考慮に入れた設計になっており、電源を切り忘れた場合には30分後に自動的にスイッチがオフになる仕様となっています。

 

SALONMOON 2way ヘアアイロン ストレート & カール 32mm【2018年 進化版】 イオン セラミックプレート 搭載 海外対応 プロ仕様 温度調整100~220℃ (シルバー × ブラック)

SALONMOON 2way ヘアアイロン ストレート & カール 32mm【2018年 進化版】< 火傷防止シリコンカバー セット > イオン セラミックプレート 搭載 < 設定温度ロック機能 > 海外対応 プロ仕様 温度調整100~220℃ (シルバー × ブラック)

ヘアアイロンをお使いになっている際のやけどを防止するためのシリコンカバーがついていますので、安心してお使いになれます。
温度設定を簡単に行うこともできますし、捜査中に温度設定が変わってしまうこともありません。

温度は100度から220度まで自由に設定できますので、短時間で髪を傷めることなくヘアアレンジが可能になります。
マイナスイオンの働きによって髪の毛を傷めずにヘアアイロンをお使いになれます。
使用後万が一スイッチを切り忘れても30分後に自動的にスイッチが切れる設定となっています。
安全面を考えて、コードの長さは十分とってありますし、更には本体に絡まりにくい仕様となっています。

まとめ


ヘアアイロンは髪の毛を短時間で美しくセットすることができる大変便利な器具ですが、正しい使用法を十分に理解しておかないと、髪の毛にトラブルが起きてしまうだけでなく、やけどや火災などのトラブルに巻き込まれてしまうことが考えられます。
重要なポイントはヘアアイロンは高熱を発する装置であってしかも電気によって動作するものであるということです。

その点を理解してどんな場合にもヘアアイロンを使って行くことが必要です。
また、ヘアアイロンを使っている最中にアイロン部分に皮膚が触れてやけどをしてしまう可能性も無い訳ではありませんので、安全性のプロテクションが付いたタイプのヘアアイロンであればより安全にアイロンをお使いになることができます。

また、仮にスイッチを切り忘れてしまうと大きなトラブルになる可能性がでてきますので、使用後はスイッチを必ずオフにすることが必要です。
最近ではヘアアイロンを安全に利用できるようにするために、スイッチを切り忘れても自動的にスイッチがオフになる仕様のヘアアイロンが市販されるようにもなっています。
さらにはヘアアイロンを使って、髪の毛をアレンジしている時に髪の毛を傷めないことを考えてマイナスイオンが発生するタイプのヘアアイロンも登場して大きな人気を集めています。