ファンデーション大特集!お悩み別人気アイテム18選

肌をキレイに見せるためだけでなく、紫外線対策のためにも重要な働きをするファンデーションですが、現在のものに満足しているという人は多くはないでしょう。もっと自分の肌や希望に合ったファンデーションを使いたいと思っている人は少なくないもの。そのためにも選び方が大切です。
  • 悩み別のファンデーションの選び方
  • 種類別おすすめファンデーション
  • ファンデーションを選ぶ時の注意点

を紹介しましょう。

お悩み別ファンデーションの選び方

肌質がそれぞれ違うように、肌の悩みも人によって異なります。肌に合ったファンデーション選びは悩みを解消してくれるものを選ぶことが大切。適したファンデーションの選び方を、悩み別に見ていきましょう。

パウダーファンデーション:汗っかきやテカリが気になる人におすすめ

パウダータイプのファンデーションは汗を吸い取ってくれるので、汗っかきやテカリが気になる人におすすめです。余分な皮脂を吸収し、皮脂をコントロールしてくれると同時に、マットな仕上がりになるので、テカリ対策にもなるでしょう。

リキッドファンデーション:くすみやクマがある人におすすめ

カバー力の高いリキッドファンデーションは、くすみやクマが気になる人におすすめ。肌への密着性にも優れ、保湿効果も期待できます。

ルースファンデーション:付け心地が重いのが苦手な人におすすめ

粉状のルースファンデーションは、軽い付け心地が特徴です。付け方もパフでトントンとたたきながら肌に乗せるだけ。ベタつくこともなく肌への負担も軽いです。

クリームファンデーション:化粧崩れしたくない人におすすめ

リキッドファンデーションより水分が少なく、テクスチャーが硬めのクリームファンデーションは、肌に密着し、崩れにくいのが特徴です。化粧崩れしやすいならクリームファンデーションを使ってみるといいでしょう。

クッションファンデーション:乾燥肌やツヤ感が欲しい人におすすめ

スポンジにファンデーションをしみ込ませてあるクッションファンデーションは、ツヤやかな肌を作れるのがメリット。カバー力、保湿力もあります。パウダーファンデーションのように、手軽に付けられるのも便利です。

ミネラルファンデーション:敏感肌の方におすすめ

天然の鉱物で作られ肌に負担をかけないのが特徴です。ニキビやアトピー性皮膚炎など、敏感肌の人でも安心して使えるものも多いです。

マットな仕上がりで汗やテカリをカバーするパウダーファンデーション

一般的によく使用されるパウダーファンデーションは、皮脂や汗を吸収し、マットな肌に仕上げてくれます。おすすめのパウダーファンデーションを紹介しましょう。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMO マットオークル

マットでふんわりした質感の肌になれるファンデーションです。マシュマロのような肌になりたい人におすすめ。天然ミネラルパウダー配合なので、肌の弱い人でも安心して使えます。テカリやメイク崩れを防ぎ、肌を明るくしてくれるのもメリットです。

マジョリカ マジョルカ スキンリメイカー ポアカバー ベージュオークル10

軽い付け心地で、テカリやベタつきを抑えてくれるのが特徴です。一塗りで毛穴をカバー。キメ細かい肌を作り、美しい仕上がりになります。化粧崩れしにくいのもメリットです。

プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション オークル05 SPF25 PA++

スキンフィット設計で、薄づきなのにしっかりカバーしてくれるのがメリットです。明るくなめらかな肌に。ナチュラルなのに、毛穴もしっかりカバーしてくれます。

乾燥肌でも化粧ノリが良くなるリキッドファンデーション

水分の多いリキッドファンデーションは、肌が乾燥していてもきれいに仕上がります。乾燥肌の人にもおすすめのリキッドファンデーションを紹介しましょう。

ケイト リキッドファンデーション シークレットスキンメイカーゼロ 02 標準的な肌


スルスルとムラなく伸ばせて、毛穴や肌の凸凹をカバーしてくれます。厚塗り感のない、自然な肌に仕上げることができるファンデーション。肌の赤味もカバーし、明るい肌になります。

インテグレート グレイシィ モイストクリーム ファンデーション オークル20 (SPF22・PA++)

なめらかなテクスチャーで、くすみや毛穴をしっかりカバーしてくれるファンデーション。しっとりツヤのある肌に仕上がります。季節を問わず使えて便利です。

プリマヴィスタ 化粧のり実感リキッドファンデーション UV オークル05 SPF25 PA++

密着度が高く、なめらかな仕上がり。厚塗り感がないので、若々しい肌づくりができます。肌の調子が悪い時でも、キレイに仕上げることができるファンデーションです。朝塗っても夕方まで化粧崩れしません。

軽い付け心地のルースファンデーション

素肌感を大事にしたい、ちょっと外出するだけで厚塗りしたくない、といった時に便利なのは付け心地の軽いルースファンデーションです。おすすめの商品を紹介しましょう。

エテュセ プレミアム CCルースコンパクト ベビーピンク

ベビーピンクで血色のいい肌色に仕上げてくれるピンクコントロールパウダーが魅力。くすみをカバーし透明感のある肌になれるでしょう。

ちふれ化粧品 ちふれ ルースパウダー 2 ルースパウダー2

パウダーにパールが入っていて、透明感のある肌に見せてくれます。キメを整えてくれるルースパウダーで、素肌感のある自然な仕上がりになるでしょう。肌のくすみが気になる人におすすめです。

コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N

スキンフィットパウダーでヨレや浮きのない、キメ細やかな肌づくりができます。肌への負担が少ないオーガニックコットンパウダーEXを配合。保湿効果も期待できるファンデーションです。

クリームファンデーション

メイク崩れしにくく、カバー力も高いクリームファンデーション。シミやソバカスなどもしっかりカバーしてくれるのがメリットです。おすすめのクリームファンデーションを紹介しましょう。

ナチュラグラッセ クリームバー ファンデーションN 02

一塗りしただけで、セミマットな美しい肌になるのが魅力です。カバー力が高いだけでなく、SPF50・PA++++と紫外線対策もしっかりできるのが特徴。スティックタイプで使いやすいクリームファンデーションです。

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー クリームファンデーション LB

ファンデーションの働きだけでなく、化粧下地、UVカット、おしろい、うるおいヴェールの役割も果たします。毛穴やニキビ跡、テカリや乾燥などの肌トラブルを自然にカバー。ジェルが肌に溶けるという新感覚のクリームファンデーションです。サラサラの感触も心地いいです。

イプサ(IPSA) クリーム ファンデーション 101

うるおい重視で、乾燥した肌もみずみずしく整えてくれるファンデーション。密着度も高く、カサつきなどもしっかりカバーしてくれます。ノンコメドジェニック処方、アレルギーテスト済み、無香料で肌にも安心です。

たっぷりの水分でツヤ感を出せるクッションファンデーション

手軽にツヤ感を出せる、保湿効果が期待できるクッションファンデーションは近年注目を集めています。さまざまなメーカーから豊富な種類の商品が出ている中で、おすすめのクッションファンデーションを紹介しましょう。

エチュードハウス(ETUDE HOUSE) ダブルラスティング クッションレフィル ニュートラルベージュ

シミやくすみ、毛穴やニキビ跡などをしっかりカバーできるのに薄づき。厚塗り感がありません。軽やかなテクスチャーで、自然な仕上がりになります。皮脂崩れや乾燥を24時間キープします。

[Renewal] CLIO Kill Cover Founwear Cushhion XP (4-BO(GINGER) クリオ キールカバーファンウェア クッション XP

肌に乗せた瞬間から密着し、さまざまな大きさのカバーリングパウダー粒子が隠したい部分をしっかリカバーします。なめらかでベルベッドのような肌になれるでしょう。美しい仕上がりを48時間キープできるのも魅力です。

ソルファス(雪花秀) パーフェクティング クッション 21号 MEDIUM PINK SPF50+/PA+++

カバー力とうるおいを持続する保湿力がメリット。弾力のあるくすみなしの肌に仕上がります。漢方保湿成分配合で、もっちりした肌に。フィルムフィッシングポリマーが肌を守り、長時間なめらかで美しい肌をキープします。

敏感肌でも安心して使えるミネラルファンデーション

天然ミネラル成分で作ったミネラルファンデーションは、アレルギー肌や敏感肌でも安心して使えるのがメリットです。おすすめのミネラルファンデーションを紹介しましょう。

VINTORTE ミネラルファンデーション ヴァントルテ ミネラルファンデ シルク/ライトベージュ 標準のお肌 v_msf-2

天然ミネラル100%で、シルクを配合しうるおいを補うファンデーション。カバー力も高く、透明感のある肌づくりをサポートします。界面活性剤、シリコン、防腐剤、タルク、オイル、パラベンなどを使用しない、肌に優しいファンデーションです。

ベアミネラル ベア ミネラル オリジナル SPF 15 ファンデーション

粉浮きしないしっとりした仕上がりになります。100%ミネラルで作られた、肌に負担のないファンデーションです。カバー力が高く、さらっとした軽い付け心地。厚塗り不要で、色ムラなく付けられます。化粧崩れも気になりません。粉が飛び散らないので使いやすいのもメリットです。

ファンデーションを選ぶ時の注意点

どんなに評判のいいファンデーションでも、自分の肌に合うかどうかは分かりません。目で見るだけでは色が肌に合わない場合もあります。ファンデーションで肌の質感やメイクの仕上がりが格段に違ってしまいます。ファンデーション選びをする際の注意点についてお伝えしましょう。

手の甲だけでなく首の色とファンデーションの色が合っているかチェックする

同じオークル系でもメーカーなどによって色味に違いがあります。ファンデーションを選ぶ際に、手の甲に乗せて確認することは多いでしょう。しかし、手の甲だけでは分かりにくいもの。ファンデーションを塗った後、顔と首の色が違っていると厚塗り感を出してしまいます。

手の甲や手首の内側は顔から離れてしまっているので、色も分かりにくいものです。首の色と顔を合わせるには、アゴに色を乗せてみること。首の色と比較しやすいので合っているかどうかを判断しやすいでしょう。

化粧崩れをしないか少し時間を置いてみる

化粧崩れしにくいファンデーションを選んでも、個人差があるので完璧に防ぐのは難しいものです。しかしできるだけ化粧崩れしないかどうかを判断するには、少し時間を置いて様子をチェックしてみることです。

化粧崩れは皮脂とファンデーションの油分が混じり合い、汗とともに流れてしまうことで起こります。それを防いでくれるファンデーションを選ぶには、時間を置いて皮脂の分泌によるメイク崩れがどの程度かを見極めることです。

まとめ

数多くあるファンデーションの中から自分の肌に合ったものを選ぶには、肌質だけでなく、悩みに合わせたファンデーションを選ぶことが重要です。パウダーやリキッドなど、ファンデーションのタイプによって特徴があるので、メリットを把握し肌の悩みを解消してくれるものを選びましょう。選ぶ時には必ずアゴに付けるなど、必ずチェックして選ぶようにしましょう。