目のくまにはアイクリームがおすすめ!種類別アイクリームの選び方

クマにお困りではありませんか?クマにはいくつかの種類がありますので、症状に合った改善を始めることが大切です。

アイクリームを使うメリット

顔を見た時に、一番先に目が行くのはやはり目元です。目の大きさや輝きなど、目は口ほどのものを言うと言われるほど、特別な部位であり大切なポイントです。しかしながら、クマがあるとどうしても疲れた印象や老けた印象を与えてしまいがち。実年齢よりも上に見えてしまったり、不健康に見えてしまったりすることもあります。

ですから、是非日ごろから目元のお手入れも是非慎重に行っていただきたいと思います。良いアイテムがたくさんありますので、試してみて自分に合ったものを選んでみてください。

老け顔になるのを予防する

本当はまだ20代なのに、どうしても30代に見えてしまう人がいます。同じように、まだ30代なのに40代に見えてしまうこともあります。その理由は色々考えられるのですが、クマがあることが原因になっていることもあります。目元は、皮膚がとても薄い上、多くの毛細血管が集中している場所でもあります、その為、血流が良くない場合すぐに症状が出やすくなります。その為、クマと言った症状が現れるのです。クマは、他にも目を酷使した時などに現れることも多く、パソコンを使う仕事をする方にもできることが少なくありません。

クマにはいくつかの種類がありますが、いずれにしても見た目的に良いものではありません。特に、灰色っぽく見えるいわゆる「黒グマ」は、中年以上の方に多く見える症状でもあります。その為、加齢といった印象が強く老けて見えやすいと言えるかもしれません。上質なアイクリームを利用すれば、この年齢を感じさせてしまう黒グマをはじめ、クマ対策が可能になります。

黒グマの改善も期待することができるアイクリーム

黒グマは、年齢を重ねた方に多く見られるタイプのクマなのですが、その一番の理由は加齢などによって肌のハリが失われ、たるんでしまうことにあります。その為、影ができて黒く見えてしまうのです。つまり、黒グマを改善したいと思ったら、目元にハリを与えてたるみを完全することが必要となるということです。黒グマを改善するためにアイクリームを試したい方は、目元にハリを与えることができる成分が含まれたアイクリームをオススメします。

また、クマやたるみの改善はもちろん、お肌のことを考えたら乾燥対策は必須。ですから、アイクリームを選ぶときは、乾燥対策できるものを選んでみても良いでしょう。

目元の保湿をしっかりできる

目元は毎日よく動かす場所でもあります。ですから、毎日しっかりと保湿することが大切になってきます。年齢を重ねることで、変化が出やすい目元も保湿を行うことで理想的な状態に導くことを期待することができます。また、アイクリームの中には、クマの改善や予防だけでなく、年齢を感じさせやすい目元に良い成分を用いてシワなどのトラブルも改善できるようなものもあります。こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

エラスチンやコラーゲン、プラセンタエキス、セラミド、コエンザイムQ10など様々な成分が含まれていますので、良いと思うものを選んでみてください。

アイクリームを使いながら、生活習慣を見直してクマ対策をしよう

日頃から、クマを作らないように注意していくことは可能です。例えば、睡眠をしっかりととることもクマを防ぐことに繋がります。また、食事に気を付けることも大切です。ビタミンAをはじめ、ビタミンB2、C、E、レバーなどに多く含まれている鉄分なども不足しないように食べてみてください。タンパク質や野菜などをバランスよく食べましょう。

色素沈着に注意して生活しよう!

他にも、クマを作らない為には、日焼けしないように気を付けることも必要です。紫外線が、シミだけでなくシワやたるみをもたらす原因となります。これが、クマへとつながっていく可能性もあるからです。茶クマは、色素沈着によって引き起こされるので、是非注意して頂きたいと思います。同じように、クレンジングや洗顔をする際は、必要以上目の周りの肌に負担をかけないように注意しながら優しく洗うようにすることをオススメします。その後は、たっぷりと保湿するようにしてください。

また、目をこするクセがある方もいますが、これも肌へ負担をかけてしまう行為なのでクマの原因になりかねません。心当たりがある方は、注意が必要です。

クマの種類別アイクリームの選び方

自分の症状に合わせてアイクリームを選んで使うことができれば、より確かな効果を期待することができます。まずは、症状をしっかりと見てみましょう。クマは3種類あります。一つは、紫外線や目元への繰り返しの刺激などが原因で起こる茶クマ。年齢を重ねた方に良く見られる黒グマ。そして、若い方からご年配の方まで現れることがある青クマ。こちらは、血行不良などが原因になることが多いのが特徴です。

自分の症状に合ったアイテムで早めにお手入れをはじめてみましょう。

茶クマ

茶クマは、色素沈着が原因になることが多い症状です。何らかの理由で、メラニンが蓄積されて茶クマができます。オススメしたいアイクリームは、美白効果に優れたタイプのものです。つまり、お肌のくすみやシミを改善したい時に美白成分が含まれているスキンケア化粧品を使うことがあるかと思いますが、同じような感覚でクマも美白して改善するのです。

茶クマ対策には、ビタミンC誘導体が含まれているタイプもオススメです。

黒クマ

黒クマは、加齢が原因になることも多い症状です。目元のハリが失われることで現れるので、目元にハリを与えてくれるタイプのアイクリームが良いでしょう。

青クマ

青クマは、血行不良などが原因で起こることが多いタイプのクマです。冷え性の方にも見られることがありますし、目を酷使する方や眼精疲労の方にも見られます。アイクリームは、保湿をしつつ血行促進が期待できるものがオススメです。

クマに効果がある人気のアイクリーム

症状を見て、クマのタイプが分かったら、原因となる問題をできるだけ改善し、症状に合ったアイクリームでケアしていきましょう。中には、お手頃価格で購入できるようなものもありますので、是非検討してみてください。

Koiina アイクリーム 18g <アイクリーム 目もと 乾燥 しわ くま たるみ ハリ 保湿 エイジングケア 日本製 >

Koiina アイクリーム 18g <アイクリーム 目もと 乾燥 しわ くま たるみ ハリ 保湿 エイジングケア 日本製 >

こちらは、年齢を重ねた方にもオススメのアイクリームです。アーチチョーク葉エキスが含まれており、目元をしっかりと保湿してハリを与えてくれます。また、クマ対策と一緒に口元のケアもできます。

 

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌クマトール

ホワイトラベル 贅沢プラセンタのもっちり白肌クマトール

国産プラセンタ100パーセントが嬉しいアイクリーム。価格もお手頃で、試しやすいのがメリットです。

ドクターシーラボ エンリッチリフトアイ アイクリーム美容液 15g

ドクターシーラボ エンリッチリフトアイ アイクリーム美容液 15g

アルコールフリー。こちらは、保湿効果が高いアイクリームで、目元にハリと潤いをもたらしてくれます。

まとめ

クマがあると良いことはありません。自分のクマの症状に合ったアイクリームを使いながら、優しくケアしていきましょう。