オススメの化粧下地まとめ!お肌の色や質感に合わせた選び方

化粧下地を使っていますか?何のために必要なのか分からず、使用していないという方もいるかもしれません。

しかし、下地の有無でメイクの仕上がりや持ちは大きく変わります。自分の肌の色や状態に合わせた下地を選ぶことで、肌をもっとキレイに見せることができるでしょう。

この記事では、化粧下地の役割や化粧下地を選ぶコツ、おすすめの化粧下地などについてまとめました。下地選びに困っている人はぜひ参考にしてください。

化粧下地の役割

化粧下地には、実は色んな役割があります。その多くが肌の悩みをカバーするものであり、下地の重要性を知ることができれば、自分に合った下地も選びやすくなるのではないでしょうか。基本的な化粧下地の役割5つをまとめてみました。

乾燥や紫外線などから肌を保護する

化粧下地には、乾燥や紫外線など、外の環境から肌を守る役割があります。ファンデーションは外気の乾燥の影響を受けやすいので、保湿効果の高い下地が必須です。また、シミや老化の原因になる紫外線から肌を保護することも、下地の重要な役割です。

毛穴や肌のキメを補正しファンデーションを乗りやすくする

化粧下地には、毛穴やキメの乱れによる肌の凹凸を補正し、ファンデーションを密着させやすくする役割があります。化粧下地を使わないと、毛穴が目立つ部分にファンデーションがフィットせず、メイクが崩れがちになってしまいます。

ファンデーションが毛穴に入り込むのを防ぐ

ファンデーションが毛穴に入り込むと、毛穴が白っぽくなって汚く見えるだけでなく、様々な肌トラブルの原因にも。化粧下地には、このような毛穴落ちを防ぐために、シリコンなどの成分で毛穴の表面をカバーする役割があります。

肌のトーンを上げる

化粧下地には肌の凹凸を整えるだけでなく、くすみや色ムラを補正して肌のトーンを上げる役割があります。肌のトーンを上げるために、色で補正するタイプと光で補正するタイプの下地があり、前者を選ぶ場合は自分の肌色との相性が重要です。

メイク落としの時にファンデーションなどを落としやすくする

化粧下地は、メイクを落とす時にファンデーションを落としやすくする役割を持っています。化粧下地には、ファンデーションの成分が肌に沈着するのを防ぐ効果が期待できます。そのため成分が直接肌に浸み込まず、クレンジングの際も落としやすいというメリットにつながるのです。

化粧下地は自分の肌の色にあわせて選ぶのがコツ!

化粧下地選びのコツは、製品の特徴が自分の肌色や肌質に合っているかどうかを見極めることです。下地にも多くの種類があり、様々な肌の悩みに対応しています。6つの肌タイプに分けて、それぞれにどんな下地が合うのかをまとめました。

黄色い肌:オークル系やイエロー系

イエローベースの黄みがかった肌色の人には、オークル系やイエロー系の下地を使うと黄ぐすみを抑えてくれます。下地としてもナチュラルメイクのベースとして単体でも使えるオークル系の下地や、くすみや色ムラを補正するイエロー系のカラーベースがおすすめです。

青っぽい肌:ピンク系

ブルーベースの青みがかった肌色の人は、顔色が青白く見えるのを防ぐピンク系の下地を使うと良いでしょう。ピンクの偏光パールが入った下地なども、光の効果で顔色をキレイに見せてくれるのでおすすめです。ブルーベース特有の肌悩みである、青っぽいクマをカバーする効果もあります。

赤みがかった肌:グリーン系

頬の赤みが気になる方には、赤みを抑える効果のあるグリーン系の下地がおすすめです。グリーン系の下地には、赤色を補正して顔色を明るく見せるカラーベースなどがあります。また、顔全体は青みがあるのに頬の赤みだけ気になる場合などは、部分使いもおすすめです。

日焼けした肌:ベージュ系

小麦色に日焼けした肌の人には、ベージュ系の下地がおすすめです。ベージュ系なら変に白浮きせず、日焼け肌をキレイに見せてくれる効果があります。黄みを抑えたベージュ系は日焼け肌の赤みを抑え、色ムラのない均一なトーンに仕上げてくれるからです。

乾燥肌:保湿成分が配合されているもの

ミルククレンジングはどれがいいの?おすすめクレンジング16選

乾燥肌の人には、保湿成分が高配合された下地がおすすめです。ファンデーションには皮脂を吸収する効果や、外気の乾燥から影響を受けやすい特徴があり、乾燥肌の人は潤いが不足してしまいます。保湿効果の高いタイプの下地を使って、粉浮きや乾燥によるひび割れを防ぎましょう。

オイリー肌:てかり防止成分が配合されているもの

皮脂分泌が多いオイリー肌の人には、皮脂を抑えて、てかりを防止する成分が配合された下地がおすすめです。皮脂分泌が多いとてかりだけでなく、化粧崩れや皮脂ぐすみの原因にもなります。

また、水分不足がてかりの原因になっている場合もあるので、水分と油分のバランスを整えるタイプの下地を選びましょう。

オークル系やイエロー系のおすすめ化粧下地

日本人に多いイエローベース肌は、オークル系やイエロー系の下地を使うことでキレイに見せることができます。しかし、下地選びには自分の肌色との相性だけでなく、肌質に合ったものを選ぶことも重要です。肌質の悩みも解決してくれるオークル・イエロー系のおすすめ下地をまとめました。

イプサ(IPSA) コントロールベイス(イエロー)

イプサ(IPSA) コントロールベイスは、光をコントロールして肌の透明感を高めるのが特徴のカラーベースです。イエローは、光の効果で黄みがかった肌のくすみやシミ・ソバカスを目立たなくし、色ムラのない肌に仕上げてくれます。

肌の凹凸もきれいにカバーしてくれるので、毛穴やキメの乱れに悩んでいる方にもおすすめ。SPF20 PA++と、紫外線対策ができる点もポイントです。

スガオ (SUGAO) シルク感カラーベース イエロー

スガオ (SUGAO) シルク感カラーベースは、シルクのようなさらさら質感に仕上げてくれるメイクアップベースです。薄づきで透明感があり、イエローベース肌を自然に明るく見せる効果があります。皮脂吸着パウダーを配合しているので、肌がてかる人にもおすすめです。

江原道 メイクアップ カラーベースイエロー

江原道 メイクアップ カラーベースは、肌色を均一に整えるクリームタイプの化粧下地です。ストレッチゲル配合で伸びが良く、毛穴落ちやシワ割れ、皮脂にじみを長時間防止してくれる特徴があります。保湿成分が配合されているので、乾燥に悩むイエローベースの人には特におすすめです。

ピンク系のおすすめ化粧下地

透明感のある色白肌が魅力のブルーベース肌は、クマが目立ったり、顔色が青白く見られたりしやすいのが悩みです。ブルーベース肌には、青みを補正し、明るい肌に仕上げてくれるピンク系の下地を使うといいでしょう。おすすめのピンク系下地をまとめました。

イプサ(IPSA) コントロールベイス(ピンク)

イプサ コントロールベイスは、先ほどイエロー系下地の欄でもご紹介した通り、光の反射で凹凸を補正し、肌色を明るく見せるのが特徴です。ピンクは薄づきで肌に透明感を与え、血行不良が目立ちやすいブルーベース肌を、より健康的に見せてくれます。

ルナソル ルナソル カラープライマー 化粧下地 01 Warm Pink

ルナソル カラープライマーは、美容液レベルの保湿効果が特徴の化粧下地です。ウォームピンクはその名の通り暖かみのあるピンクで、ブルーベース肌に血色感を与え、透明感のあるみずみずしいツヤ肌に整えます。乾燥が気になる肌にもなめらかに伸び、水分不足によるくすみも防いでくれます。

ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 02 (ピンク)

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースは、肌への優しさが特徴のカラーコントロールベースです。ブルーベース肌の青みを補正し、明るいツヤ肌に整えます

石油系界面活性剤やパラベンなどの、肌荒れの原因となる成分が使用されていないため、敏感肌の方にもおすすめできる製品です。

グリーン系のおすすめ化粧下地

顔全体や頬の赤みが気になる人には、グリーン系の下地がおすすめです。本当にグリーンが肌に馴染むの?と心配される方もいるかも知れませんが、赤みを補正するだけでなく、肌に馴染んで透明感を引き出す効果に優れています。おすすめのグリーン系下地をまとめました。

江原道 メイクアップ カラーベース グリーン

江原道 メイクアップ カラーベースは、くすみや色ムラの補正効果が高いだけでなく、肌とファンデーションを一体化させる効果の高いカラーベースです。

肌の気になる赤みを目立たなくし、クリアで澄んだ肌印象を作ってくれます。メイクの持ちが良くなるので、化粧崩れが気になる方にもおすすめです。

Kiss Me FERME(キスミーフェルム) トーンアップ化粧下地 クリアグリーン

Kiss Me FERME(キスミーフェルム) トーンアップ化粧下地は、赤み・くすみ・毛穴をカバーして肌をトーンアップさせるカラーベースです。

ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリーエキスなどの美容液成分配合で、乾燥も防いでくれます。SPF39PA+++と、日焼け止め効果が高いのも特徴です。

d プログラム 薬用 スキンケアベース CC ブルーグリーン 25g

d プログラム 薬用 スキンケアベースは、医薬部外品で肌に優しい処方になっており、敏感肌でも安心して使える化粧下地です

やや青みの強いブルーグリーンは、赤みだけでなくニキビ跡を目立たなくする効果も期待できます。肌荒れして化粧のりの悪い肌にもキレイにフィットして、健康な肌に見せてくれるでしょう。

ベージュ系のおすすめ化粧下地

小麦色の日焼け肌には、黄みを抑えたベージュ系の下地がよく馴染みます。日焼け肌は色選びを間違えると首の色との違和感が出やすく、上から重ねるファンデーションの色にも影響してしまいます。そういった失敗のないように、肌馴染みの良いおすすめの下地を紹介しましょう。

インテグレート ミネラルベース クリアベージュ

インテグレート ミネラルベースは、ミネラルウォーター配合で肌に潤いを与えるメイクアップベースです。クリアベージュは日焼け肌にもよくなじむ薄づきタイプで、毛穴や色ムラも目立たなくしてくれます。SPF30PA+++で、日焼け肌がダメージを受けやすい紫外線B波をカットする効果が高いのもおすすめポイントです。

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 00 ライトベージュ

セザンヌ UVウルトラフィットベースは、色ムラはもちろん、毛穴カバー効果の高いメイクアップベースです。液毛穴ソフトフォーカスパウダーを配合し、光の反射で毛穴の影を目立たなくしてくれます

乾燥しやすい日焼け肌に潤いとツヤを与え、キレイに見せてくれるでしょう。

エルシア プラチナム 肌色コントロール 化粧下地 ベージュ

エルシア プラチナム 肌色コントロール 化粧下地は、毛穴・シミ・そばかすをカバーする効果が特徴です。うるおい美容液成分で、保湿効果にも優れています。

日焼け肌は紫外線の影響で水分不足になりやすく、ダメージを受けやすい状態にならないよう、下地にも保湿成分の入ったものを選ぶと良いでしょう。

保湿成分配合のおすすめ化粧下地

乾燥肌の人には、肌をしっかり保湿してくれるタイプの下地がおすすめです。化粧下地にもまるで美容液のように保湿成分が贅沢に配合された製品が多くあり、スキンケア感覚で使用できます。中でもおすすめの下地をまとめました。

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV (グリーン)

エリクシール シュペリエル コントロールベースUVは、健康な肌作りに欠かせないコラーゲン&エラスチンエキスBGを配合した、保湿効果の高い化粧下地です。

透明感のある肌色を演出するグリーンの色合いで、肌色を均一に整えるだけでなく、なめらかでハリのある肌を持続させます。

アンブリオリス(Embryolisse) フィラデルム モイスチャークリーム

アンブリオリス フィラデルム モイスチャークリームは、植物由来の保湿成分配合で、乾燥からしっかり肌を守ってくれる下地クリームです。

下地としてだけでなく、夜のお手入れの最後に保湿クリームとして使うこともできます。ファンデーションを薄づきに仕上げる効果があるので、ナチュラルなツヤ肌を目指す方におすすめです。

キス プライムモイストUVエッセンスベース


キス プライムモイストUVエッセンスベースは、高い保湿力で乾燥によるファンデーションの塗りムラや粉ふきを防ぎ、潤いを長時間持続させてくれる化粧下地です。

光コントロール効果で毛穴の影やくすみを消して、メイクを立体感のある仕上がりにしてくれます。てかりを抑えてくれる効果もあるので、コンビネーション肌の方にもおすすめです。

てかり防止成分配合のおすすめ化粧下地

皮脂分泌が多く、夕方には小鼻がテカテカ光っているのが悩みのオイリー&コンビネーション肌には、てかり防止成分配合の化粧下地がおすすめです。

てかりは、見た目が気になるだけでなくメイク崩れの原因にもなるので、しっかり対策できる下地を選びましょう。

セザンヌ 皮脂てかり防止下地 ライトブルー

セザンヌ 皮脂てかり防止下地は、皮脂吸着パウダーで余分な皮脂を吸収し、肌をサラサラな感触に整えてくれる化粧下地です。ロングラスティング成分配合で、化粧崩れを防ぎ、つけたての感覚を持続させる効果があります。ウォータープルーフ処方で水・汗にも強いため、すぐに汗をかいてしまう方も安心して使うことができます。

ビオレUV 化粧下地UV 皮脂てかり防止タイプ

ビオレUV 化粧下地UV は、SPF50+・PA++++で強力紫外線から肌をしっかり守ってくれるのが特徴です。皮脂てかり防止タイプは、化粧崩れ防止機能で余分な皮脂を吸収し、ファンデーションのヨレや毛穴落ちを防いでくれます。汗にも強いタイプで、夏場のお出かけにもおすすめです。

プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止 化粧下地 超オイリー肌用(ブラックプリマ)

プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止 化粧下地 超オイリー肌用は、その名の通り、一般的なてかり予防の下地より強力に皮脂崩れを防いでくれる効果を持ちます

汗にも強く、一日中肌をサラサラの状態にキープしてくれるので、超オイリー肌の方にはもちろん、スポーツの試合などで長時間メイクを直せない日にもおすすめです。

まとめ

化粧下地は、メイクをきれいに仕上げ、長時間持続させるための重要な役割を持っています。自分に合った下地とは、自分の肌色をキレイに見せ、肌の欠点を補正してくれるものです。

下地選びの際には、見た目や口コミ評価だけで選ぶのではなく、製品の特徴が自分に合っているかどうかで判断しましょう。おすすめ製品を参考に、今よりもっとキレイになれる下地を選んでください。