アイマスクの効果とは?ホットとアイスの種類別にご紹介

最近はどんな職種であってもパソコンを使う機会が増えてきています。そのため、目の疲れを感じる人も多いのではないでしょうか。目の疲れを放置しておくと眼精疲労などの病気に繋がる可能性もあります。パソコンやスマートフォンによって、目の疲れは深刻化しています。

ここでは、

についてまとめてみました。

目を温める♡ホットアイマスクの効果


ホットアイマスクは名前の通り、目を温めるものです。昔から目が疲れた時には蒸しタオルで温めるといいと言われていましたが、今はそういったアイテムが市販化されているので手軽に温めることができます。こちらでは、ホットアイマスクの効果について見ていきましょう。

目の疲れの緩和

目を酷使しすぎると筋肉がこわばってしまい、血流が滞ってしまうのです。そんな時にホットアイマスクを使うことで、目の筋肉の緊張をほぐして血流をよくしてくれます。目を温めて血流改善などをすることで眼精疲労のリスクを軽減することができます。

目元のむくみの改善

目の疲れは眼精疲労だけではなく、目元のむくみにも繋がることは知っていますか? 目元がむくんでしまうと先述したような血行不良にもつながります。その結果、泣いたわけでもなく夜更かしをしたわけでもないのに目が腫れぼったく感じてしまうのです。しかし、ホットアイマスクで温めることによって目元のむくみ改善効果が期待できます。

肩こりの改善

肩こり
目の疲れから肩こりを引き起こすということを知らない人もいるのではないでしょうか。人間の身体はさまざまな部分でつながっているため、目の疲労によって肩こりや頭痛に発展することも珍しくありません。体調が悪いわけでもないのに頭痛を感じたら肩こりや目の疲れを疑ってみてもいいかもしれません。

ドライアイの改善

パソコンやスマートフォンで目を酷使しすぎても、10分程度ホットアイマスクで温めることによってドライアイの改善効果が期待されています。これは実験によって検証されているため、絶対ではないにしても高い確率で信用してもいいのではないかと言われています。

目の下にできるクマの予防


目の疲労によって血行不良を起こし、青クマができてしまうことがあります。ホットアイマスクは目の周りの血流の滞りを解消してくれる効果が期待できるため、目の下のクマ予防としてぴったりなのです。現時点でクマができている人も、ホットアイマスクを活用することによって驚くほど薄くなったという人も多くいます。

かすみ目の改善

長時間パソコンやスマートフォンを利用していると、目がかすんでくることはありませんか? 目のかすみは加齢によって引き起こされることもありますが、現代社会においては目の酷使の方が大きな理由となっています。しかし、ホットアイマスクによってじんわりと目を温めることからかすみ目の改善にも繋がると言われているのです。

目を冷やす♡アイスアイマスクの効果

目の疲れを緩和してくれるのがホットアイマスクですが、アイスアイマスクというものがあることは知っていますか? こちらでは、アイスアイマスクの効果について見ていきましょう。

泣いた後の目の充血の解消

悲しいことがあった時、ドラマを見て泣いた時など放置しておくと目が腫れてしまいますよね。そのまま眠ってしまうと、翌朝は腫れぼったい目になるため学校や仕事などにも影響が出かねません。泣いた後は目の充血を解消するために、アイスアイマスクを利用しましょう。

冷やすことで一時的に充血を隠すことができるだけで、完全に治ったわけではありません。しかし、放置しておくよりも冷やした方が血管が収縮して充血を解消することができます。間違えてはいけないのが、治療ではなく一時しのぎということを覚えておきましょう。

目の痒みの緩和


目だけではなく、かゆみは冷やすことで症状を和らげることができます。目元を冷やすことによって「冷たい」ことがかゆみを一時的に忘れさせてくれるのです。これは一般的なかゆみだけではなく、アレルギー性のかゆみも和らげる効果が期待できます。

眼精疲労の解消

ホットアイマスクでも眼精疲労を解消することができますが、アイスアイマスクでも解消効果が期待されています。目元を冷やすことによって、筋肉が収縮します。冷やし終わった後は、筋肉が元に戻るため血行が良くなり疲れ目が改善されるのです。

肩こりの改善

肩こり
目が疲れていると肩こりの原因になります。しかし、アイスアイマスクによって目の疲れを解消することで肩こりの改善効果も期待されているのです。影響を及ぼすのは肩こりだけではなく、片頭痛や全身のだるさもあります。体調が悪いわけではないのに、これらを感じる場合は目の疲れからきていると考えてもいいのではないでしょうか。

アイマスクの効果を最大限まで高める方法


アイマスクはそのまま使っても目の疲労などを改善してくれる効果が期待できます。しかし、せっかくならその効果を最大限まで高めたいと思いませんか? こちらでは、どうすればアイマスクの効果を高めることができるのかについて見ていきましょう。

ホットアイマスク×マッサージで血流改善効果UP

ホットアイマスクだけでも効果は期待できますが、温めながらマッサージを行うことで血流改善効果がアップすると言われています。その結果、血行不良による青クマなどの改善につながるのです。目はデリケートな部分なので、マッサージも軽いもので構いません。温めながら目尻部分を軽くマッサージすることで、血流改善だけではなく頭痛解消の効果も期待できます。

ホットアイマスク×アイクリームで目元のハリUP


ホットアイマスクとアイクリームの組み合わせは、目元のハリをアップしてくれると言います。目元の乾燥やハリ不足、たるみやシワなどが気になる人はアイクリームを使って目元の集中ケアを行いましょう。アイクリームと言っても、さまざまなタイプがあるので、自分が求めている成分が配合されているかを重視しましょう。

アイスアイマスクは寝ている間もつけると効果アップ

アイマスクは就寝中に外す人が多いのですが、アイスアイマスクに関しては就寝中もつけていることで効果がアップすると言われています。ホットアイマスクの場合は目を温めすぎる可能性があるため、就寝中は外すようにと記載されているものがほとんどです。

しかし、アイスアイマスクは冷えた状態がずっと続くわけではありません。どちらかと言えば少しずつ温くなっていくので冷たいことによる悪影響はないと考えられています。

目元が熱い場合はアイスアイマスクを5分程度の短時間使用

炎症を起こしたなどの理由で目元が熱い場合は、短時間のアイスアイマスクの着用を行いましょう。時間として言うならば5分程度の短時間がおすすめです。長くても10分程度に抑えておきましょう。なぜ短時間がおすすめされているのかと言うと、熱くなった目元を冷やしすぎると眼精疲労が悪化する可能性があるからです。そのため、目元の熱さのみで使う場合は短時間を心掛けてください。

ホットとアイスを交互に使用すると血流改善効果を高める

温泉に入った時、温泉と水風呂を交互に入ることで体の血行促進効果が期待できます。それと同じ原理で、ホットアイマスクとアイスアイマスクを交互に使用することで血流改善効果を高めることが出来ると言われているのです。血流改善をすることで、疲れ目になりにくい体質を作ることも可能なので、疲れ目対策として交互に使ってみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

疲れ目が当たり前になってきた現代社会では、ホットアイマスクやアイスアイマスクは手軽にディスカウントストアなどで購入できるようになりました。その結果、目の疲れを感じた時にすぐ対策を取ることができます。特に事務職などはパソコンを使う機会も多いため、目の疲れを感じやすくなっています。眼精疲労などに繋がらないように自分で対策を取らなくてはいけません。祖の対策としてアイマスクはとても重宝されています。ホットやアイスだけではなく、眩しさから目を守るアイマスクも活用されているのでライフスタイルに合わせて取り入れていきましょう。