カラーリングシャンプーの効果!選び方から注意点まで紹介

カラーリングの方法と言えば、ブリーチやヘアマニキュアを使用した方法が一般的です。カラーリングの方法はいろいろあるものの、やり方によっては頭髪や頭皮に悪影響を与えてしまいます。少しでも頭皮や頭髪に与える影響を減らすなら、カラーリングシャンプーを使用する方法もあります。

カラーリングシャンプーは、シャンプーによって染色できるタイプとカラーリングした髪の毛をカバーするタイプがあります。カラーリングシャンプーの種類は多いので、何を基準に選ぶのかもポイントです。今回はカラーリングシャンプーの選び方から注意点まで紹介します。

カラーリングシャンプーの効果と注意点

色落ちをカバーすることができる

カラーリングシャンプーは、シャンプーの中に色素が含まれており、その色素が髪の毛に浸透することで色落ちのカバーをすることができます。カラーリングしても、髪になじむまでには色落ちして本来の色とは異なるものです。色落ちしないための方法として、カラーリングシャンプーはおすすめです。

ちなみに色落ちしてしまうのは、紫外線を浴びることや高温のコテ、髪のダメージなどが原因です。これらは軽減することはできても、完全に防ぐことは難しいものです。カラーリングシャンプーを使うことで色落ちが防げるメリットは大きくなります。

白髪対策ができる

カラーリングシャンプーの中には、シャンプーの中に染色液が含まれていることで、時間をかけて少しずつ染めることができるタイプもあります。この場合、白髪対策を行うことができるのも効果の一つです。白髪対策をするために、カラーリングシャンプーの使用はおすすめになります。また白髪染めを使った後の色落ち対策として使用することもできます。白髪が気になる人や、白髪染めによる色落ちが気になる人におすすめのシャンプーです。

薄毛のリスクがある


カラーリングシャンプーは、カラーリング効果があるアイテムの中で見ると頭皮に対して与える影響は小さくなっています。しかし、一般的なシャンプーとは違って染色液が含有されているため、頭髪の状況によっては薄毛の原因になることがあります。

使用して抜け毛が多くなるなどの症状が見られる場合は要注意です。使用して頭皮のかゆみを感じる場合も、薄毛の原因になることがあります。女性は男性に比べると、加齢に伴う薄毛のリスクは小さいのが特徴です。しかしシャンプーの使い方によっては薄毛につながることもあるので気をつけましょう。

頭皮が荒れることがある

カラーリングシャンプーを使用する場合の注意点として、シャンプーに含まれている成分が頭皮に合わないことによって起こる頭皮の荒れがあります。頭皮の荒れはかゆみや赤みなどの症状が出る他、フケが増えるなどの症状が見られるのも特徴です。

頭皮が荒れるのを防ぐためには、できるだけ天然由来成分のものを選んで使用するようにしましょう。含有されている成分をチェックし、その成分がもたらす効果を調べておくことも大切です。頭皮の荒れが見られる場合は使用を止めて様子を見るようにしましょう。

効果に個人差がある

カラーリングシャンプーがもたらす染色効果や色落ち効果は、即効性があるものではありません。使い続けることによって、少しずつ効果が出てくるものです。そのため、使用における効果には個人差があるのも特徴になります。髪質によっては、使い始めて数日程度で効果が見られることもあれば、数カ月してから効果が見られることもあります。評判がいいカラーリングシャンプーだからと言って、自分の頭皮や頭髪に適しているとは限りません。

カラーリングシャンプーの選び方

安全性の高い成分が含まれているもの

カラーリングシャンプーを選ぶ場合は、安全性の高い成分で組成されているものを選びましょう。天然成分で組成されているものは基本的に安全性の高いシャンプーです。商品によっては海藻エキスやヒアルロン酸、白樺エキスなど、美容成分も一緒に配合されているタイプがあります。これらの天然成分は頭髪のダメージを軽減する効果も期待されるものです。またシリコンが含まれているタイプは頭皮の荒れをもたらすことがあるので、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。

口コミ評価の高いもの

カラーリングシャンプーはネット通販で買うこともできます。ネットで買うときにおすすめしたいのが、口コミ評価の確認です。大手ショッピングサイトであれば、実際に使ったことがある人の声も多く掲載されています。企業側が発信している情報に比べて信頼性が高いのも特徴です。評価をチェックする場合は、いい評価ばかりを参考にするのはやめましょう。悪い評価もチェックして総合的に判断していくことが必要です。

製造、販売している会社が信頼できること

カラーリングシャンプーを製造、販売している会社も選ぶポイントの一つです。カラーリングシャンプーは継続して使用するのが基本的な使い方になります。信頼性の低い会社だと、パッケージに記載されている成分に対しても信憑性を疑いたくなるものです。リ0ピーターが多く、実績がある会社の商品なら安全管理もしっかり行っています。大切な頭皮や頭髪のためにも、金額の安さだけでなく質にも比重を置いて選ぶようにしましょう。

目的に応じたものを選ぶ

カラーリングシャンプーを使う目的は、白髪染めや色落ち防止などです。どちらも染色するという点では共通していますが、含有されている成分などは異なります。そのため、どんな目的でカラーリングシャンプーを使うのかによっても選び方は異なってきます。また、頭髪や頭皮の状態にあわせてカラーリングシャンプーを使うことも大切です。カラーリングシャンプーにある頭皮のトラブルリスクにも気を付ける必要があります。

おすすめのカラーリングシャンプー

ロイド カラーシャンプー シルバー300ml

ロイド カラーシャンプー シルバー300ml

アッシュ系に染めた髪の色は、色落ちのスピードが速くて黄ばみやすいのが特徴です。この商品はアッシュ系のカラーに染めた場合に、その色をキープさせることができる商品になります。リッチモイスチャーの仕様で、ブリーチの後に傷んだ髪のきしみを抑えることができます。一般的なシャンプーと比較した場合に、洗浄力が高いので、髪の毛や頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。実際に使った人の口コミ評価も高く、安心して使用できる商品です。

ホーユー ビゲン トリートメントシャンプー 600mL

ホーユー ビゲン トリートメントシャンプー 600mL

この商品は、カラーリングした髪の毛をしなやかに整えて、色持ちを持続させる効果があるのが特徴です。ヘアカラーした後の髪を弱酸性に保つことができるだけでなく、キューティクルを引き締めることで色持ちをアップさせることもできます。6種類の植物成分が配合されており、うるおいを与えながら洗い上げることができるのも特徴です。染色効果がもたらす頭髪へのダメージも最小限に抑えることができるので、頭皮や頭髪に対して悩みを持っている人にもおすすめです。

黒染ヘアシャンプー 500mL

黒染ヘアシャンプー 500mL

このシャンプーは、髪の毛を染めやすくさせる効果を持つシャンプーです。白髪染めを使用する場合に、染めても完全に染まらないという人もいます。このカラーリングシャンプーを使うことで、頭髪の汚れを落とし黒色に染めやすい状態を作ることができます。白髪防止の効果があるサンショウエキスが含有されており、続けて使用することで着々と効果が現れてきます。色が入れやすくなるだけでなく、髪の毛についている頭皮やホコリ、汗などもしっかり除去することができます。

まとめ

いかがでしたか?カラーリングシャンプーはゆるやかな効果をもたらすカラーリングに、シャンプーの機能が付帯されているものです。シャンプーとしての効果も抜群で、色が入りやすいように、そして色落ちがしないように頭髪や頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。カラーリングシャンプーを購入する場合は、含有されている成分や評判なども参考にして選んでいきましょう。