カラーリング剤の種類と効果!注意点も合わせて紹介

髪の毛を染めることをカラーリングと言いますが、カラーリングの方法はいろいろあります。カラーリングに使用する染色液の種類も多く、それぞれの染色液によって効果や頭髪に与える影響は変わってきます。

カラーリング剤に含まれている成分を知り、その成分がもたらす作用を知ることも大切です。今回は、カラーリングの種類や効果について紹介していきます。またカラーリングをする上での注意点についても解説します。ぜひ、カラーリングの参考にしてください。

カラーリング剤の種類

ヘアマニキュア

髪色を手軽に変えることができるカラーリング剤に、ヘアマニキュアがあります。白髪用や黒髪用など、種類が豊富にあるのも特徴です。市販で販売されているものでも、使用することで十分に効果を得ることができます。

ヘアマニキュアは、髪の毛のメラニン色素を脱色せず、染料を浸透させるのが特徴です。白髪染めに多く使用されているのもヘアマニキュアになります。ツルツルとした質感に仕上がるため、染めた後の髪質が気になる人にもおすすめのアイテムです。

ブリーチ

カラーリング剤として認知度が高いのがブリーチです。美容室で髪の毛を染めるときに、ブリーチをしてからヘアカラーをする場合もあります。ブリーチは、髪の毛の色素を抜く脱色のことです。脱色することによって、髪の毛が明るくなる効果があります。ブリーチはアルカリ剤や過酸化水素水を混ぜ合わせ、カラーと同じように髪の毛に塗布するのが特徴です。頭髪や頭皮に対して与えるダメージが大きいため、トリートメントなどのカバーが必要になります。

ヘアカラー

ヘアカラーは、染色することで髪の毛を染めていくカラーリング剤です。色のバリエーションも豊富で、美容室に行ってカラーリングをする場合はヘアカラーが使用されているのが一般的になります。シャンプーをした後に洗い流すため、髪を傷めることもなければパッチテストをする必要もありません。ただしヘアカラーが頭皮に付着することで、頭皮が荒れることがあります。特に自分でヘアカラーをしてカラーリングする場合は注意が必要です。

カラートリートメント

カラートリートメントは、使用を継続させることによって少しずつカラーリングしていくものです。化粧品に分類されるもので、頭髪や頭皮に対して与えるダメージが少ないのも特徴です。カラートリートメントのメリットは、徐々に染めることができるので、染めていることが周囲に気付かれにくいことです。白髪染めができるカラートリートメントもあり、白髪が目立たないようにすることができます。少しずつ変化をつけたい人におすすめです。

市販カラーリング剤のコツ

美容室のカラーリング剤との違いについて

市販よりも、美容室でカラーリングしてもらう方がキレイに染まるという声は多くあります。しかし市販で販売されているカラーリング剤も、美容室で使用されているカラーリング剤も成分に大きな違いはありません。同じカラーリング剤でも染め上がりが異なるのは、染める人の手腕によるものです。カラーリング剤は二つの薬剤をあわせて使用します。それぞれの薬剤のバランスがきちんと取れているかどうかによって変わってくるわけです。

温度を調整する

市販のカラーリング剤を購入してカラーリングするメリットとして、コストを抑えられることがあります。カラーリングに適している室温は、20℃から30℃と言われており、部屋の温度が高くなればなるほど染まりやすいのが特徴です。逆に、室温が低くなると染まりにくくなります。冬は温度が低くなるため、夏以上に温度管理が必要です。ただし、髪の毛が長いと染める場所で時間差が生じるため、色ムラができます。髪の毛が多い場合は、少し温度を下げるなどの工夫が必要です。

塗付する量や時間

カラーリングをする場合に、使用するカラーリング剤の量に気を付ける必要があります。特に女性は髪の毛の長さに個人差があり、同じカラーリング剤でも余る人もいれば、足りない人もいます。ロングヘアの女性は、カラーリング剤が一つだと足りなくなってしまうので注意が必要です。時間に関しては、説明書に記載されている時間を守って使用するようにしましょう。放置時間が長くなると、髪の毛や頭皮が傷むだけでなく、色ムラの原因になります。

カラーリング剤の注意点

体質によっては頭皮が荒れる

カラーリング剤を使用する場合の注意点としてあるのが、頭皮になるべく液剤をつけないようにすることです。液剤が頭皮に付着することで、頭皮の荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

頭皮が荒れてしまうと、痒みや痛みが生じてフケの原因にもつながります。ただし慎重にカラーリング剤を塗付しても、まったく頭皮につかないようにするのは困難です。塗付する時間をきちんと守り、長くカラーリング剤をつけたままにしないことが大切です。

薄毛の原因になる場合がある

カラーリング剤には、強い成分が多く含まれています。それらの成分が頭皮や頭髪に影響を与えることによって、薄毛の原因につながることがあるので注意が必要です。特に、ブリーチやヘアカラーなどは、薄毛の原因になりやすい成分も多く含まれています。

使用する必要性がある場合は、頭髪や頭皮を保護する成分が含有されていることも確認しておきましょう。薄毛対策で考えるなら、ヘアマニキュアのカラーリング剤がおすすめです。

上手く染まらない場合がある

美容室に行ってカラーリングしてもらっても、自分の思うような髪色にならないことがあります。プロの美容師がカラーリングしても失敗することがあるように、カラーリングは思っている以上に技術が必要なものです。

市販のカラーリング剤を使用する場合も、美容室でカラーリングしてもらう場合も、上手く染まらないことがあります。髪の毛が傷んでいると色ムラができやすくなるので、髪の毛のケアを先行して行う必要が出てきます。

おすすめのカラーリング剤

ルシードエル ミルクジャムヘアカラー #生チョコガナッシュ

ルシードエル ミルクジャムヘアカラー #生チョコガナッシュ (医薬部外品)

お手頃な価格で購入ができるヘアカラーです。染色液による髪の毛のダメージを減らすために、コラーゲンやパールエキス、ツバキオイルなどが多く配合されています。またヘアカラーをした後は、髪の毛がきしむことがありますが、シルクエッセンスが配合されていることで、染色した後もサラサラの髪の毛を保つことができます。刺激も少なく、髪の毛のダメージが少ないのも魅力です。自分で染めた経験が少ない人でも、しっかり染められます。

ルシードエル ヘアカラーカフェシフォン 【HTRC5.1】

ルシードエル ヘアカラーカフェシフォン 【HTRC5.1】

カラーリング剤を塗るときに、商品によっては塗る場所によって効果が大きく異なることがあります。この商品は、どこから塗ってもしっかり伸びてムラがないツヤツヤな髪の毛にすることができます。よく伸びることで、髪の毛全体に染色液が伸びて、内側の髪にもしっかり馴染ますことができます。髪の毛一本一本に対し、しっかり発色させることができるので仕上がりもキレイです。四つのヘアケア成分が、頭髪のダメージを軽減してくれます。

LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #ヘーゼルナッツ (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)

LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #ヘーゼルナッツ (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)

髪の毛の表面だけでなく、髪の毛の内側までしっかり染めることができるカラーリング剤です。髪全体に浸透させることができるので、短時間でもしっかり髪の毛を染めることができます。赤みを抑えたゴールドベージュのタイプで、キレイに仕上げることができます。これまで市販のカラーリング剤を使って十分に効果が出なかったという人にもおすすめの商品です。リーズナブルな金額で買うことができて、コスパが最高の商品になります。

まとめ

いかがでしたか?カラーリングをする場合は、それぞれのカラーリング剤の違いを理解し、求める効果や自分の頭髪、頭皮の状態に適したものを使用することが大切です。市販で販売されているカラーリング剤でも、正しく使用すればキレイに染めることができます。

時間や量、購入するカラーリング剤に気をつけましょう。また、肌との相性が悪いものもあるので、パッチテストをしてからカラーリングを行うことが大切です。