カラーリングの頻度はどれくらい?適切なカラーリングをしよう

オシャレや白髪を隠すためにカラーリングをしている人は多くいます。カラーリングしても新しい頭髪がどんどん生えてくるため、時間が経過すると染まっている部分と染まってない部分が明白になっていきます。

そのため、定期的にカラーリングをして頭髪を染め直している人がほとんどです。カラーリングはお金がかかるだけでなく、頭髪や頭皮に与える影響も無視できません。今回はカラーリングの頻度や適切なカラーリングの方法を紹介していきます。

カラーリングの頻度を間違えると起こること

薄毛になる

カラーリング剤を使ったカラーリングは、頭髪や頭皮に刺激を与えます。頭皮や頭髪を傷めないためのトリートメント成分が配合されているタイプも増えていますが、それでも影響は無視できません。カラーリングの頻度が多い人は、頭髪が傷むことによる薄毛のリスクも高まります。

薄毛は男性に多い症状だと思われがちですが、年を取ってくると女性も薄毛に悩まされる人が増えてきます。白髪が生えてくると生え際が気になるという理由から、カラーリングの頻度は増えがちです。白髪を隠すことができても、それが原因で薄毛になる可能性がある点にも気を付ける必要があります。

髪の毛がプリンになる

髪の毛や頭皮にかかるダメージを少しでも減らすなら、カラーリングの頻度は少ない方がよいでしょう。それだけ、染色液が頭髪や頭皮に付着する頻度を減らすことができるからです。また頻度が少なければ、それだけカラーリングにかかるコストを減らすこともできます。

カラーリングの頻度が減ることで起こることの一つに、髪の毛のプリン化があります。ちなみに髪の毛が伸びるスピードは、一日に約0.3mmから0.4mmです。三日で約1mm伸びる計算で、一ヶ月だと約1cmです。プリンが目立ってくるのは、染まってない部分の長さが2~3cmになってからなので、2~3ヶ月が目安です。

あわせて読みたい

多忙な女子に送る!プリン・逆プリンヘアをごまかすアレンジ&ヘアカラー

続きを読む

頭皮環境が悪化する

カラーリングをするときの注意点は、頭皮環境の悪化です。頭皮の状態が悪化してしまうことで、フケや荒れなどの症状が出てきます。頭皮環境の悪化は、頭髪のトラブルにもつながるので注意が必要です。頭皮環境を考えながらカラーリングをする場合は、頻度を意識するだけでなく使用されている成分も気にする必要があります。頭皮環境が悪化してしまうと、元の状態に戻すことは困難です。頭皮に負担をかけないことも、カラーリングをする上での心得になります。

カラーリングの最適な頻度

実は、カラーリングにもヘアカラーをする目的によって頻度が違ってきます。

おしゃれのため白髪染めのため頭皮や髪が痛むのを防ぎながらもカラーリングしたいから…など理由があると思いますが、この3つによって頻度が違ってきます。

 

おしゃれのためのカラーリングの頻度…1ヶ月半

白髪を隠すためのカラーリングの頻度…2ヶ月

頭髪や頭皮を守りたい人のカラーリングの頻度…2~3ヶ月

 

一番頻度が高くなるのが「おしゃれのためのカラーリング」、一番頻度が低くなるのが「頭髪や頭皮を守りたい人のカラーリング」になります。以下では具体的な理由暗いカラーの場合の頻度についてご説明いたします。

オシャレのためのカラーリングの頻度

オシャレのためのカラーリングの場合、プリン化してしまうのは避けたいものです。せっかくキレイに染めても、プリンになってしまうとズボラな印象を与えてしまいます。オシャレを目的としたカラーリングなら、1ヶ月半くらいがチェンジの目安です。

ただし、ブラウンやダークなカラーのように、自分の頭髪の色と近い場合はプリンが目立ちにくいため、2~3ヶ月でも問題ありません。髪色によってカラーリングの頻度の調整をするようにしましょう。

白髪を隠すためのカラーリングの頻度

白髪染めをする場合は、黒色や茶色などの色にする場合がほとんどです。白色と対極の色になるため、白髪が生えてくると生え際が目立ってしまいます。白髪染めを使う場合、白髪の割合もポイントの一つです。ほとんどの髪色が白色になっていると、2カ月程度のカラーリング頻度が望ましいでしょう。白髪の割合が少ない場合は、生え際もそこまで目立たないので数カ月の頻度がおすすめになります。白髪の割合でカラーリングの頻度は異なります。

頭髪や頭皮を守りたい人のカラーリングの頻度

カラーリングの頻度は、少ないほど頭髪や頭皮に与える影響が小さくなります。一方で、見た目の問題から定期的にカラーリングをする必要性があります。頭皮や頭髪を守ることを軸にカラーリングをする場合、2ヶ月から3ヶ月くらいのスパンがおすすめです。生え際やプリンが気になる場合は、部分染めを使うのも方法としてあります。生え際だけを染めるのであれば、頭髪にかかる負担は小さくなります。この場合であれば、全体染めの頻度は3ヶ月から半年に伸ばすことも可能です。

カラーリングの頻度が多い人のケア

頭皮に優しいシャンプーを使う

カラーリングの頻度を減らしても、頭髪にかかる負担は無視できません。頭皮や頭髪を守るためには、頭皮に優しいシャンプーを使用するのもおすすめです。トリートメント成分が配合されているものであれば、頭皮のダメージを減らしながら頭髪の状態を改善することもできます。逆に頭皮をキレイに洗い流すような、刺激の強いシャンプーの使用は控えるようにしましょう。頭皮に悪影響を与えるだけでなく、薄毛の原因になることもあります。

あわせて読みたい

髪や頭皮に優しい!オーガニックシャンプーのおすすめ6選

続きを読む

コンディショナーを使う

カラーリングをした後は、コンディショナーを使用しましょう。コンディショナーに配合されている成分は、頭髪や頭皮に対して与えるダメージを軽減します。ちなみに、カラーコンディショナーと言って、コンディショナーをしながら染色できるタイプもあります。すぐに染まるのではなく、使い続けることによって少しずつ染まるのが特徴です。このタイプなら、頻度を気にすることなく染色することができます。白髪用、おしゃれ用のタイプがあります。

ゆっくり丁寧に頭皮を洗う

シャンプーを使用する場合は、頭皮をゴシゴシするのではなくソフトに洗うのがポイントです。カラーリングによって頭皮はダメージを受けやすい状態になっているため、強く洗ってしまうと頭皮の荒れにつながります。爪を立てるのではなく、なでるように洗うのがポイントです。カラーリングの頻度が多い人ほど、丁寧に頭皮を洗うことを心がけましょう。頭髪を洗う場合も、強く洗うと抜け毛の原因になるので、ソフトに洗うことが大切です。

おすすめのカラーリング

Root Vanish 白髪隠し:ライトブラウン(髪・頭皮に優しい無添加22種類の植物エキスを使用:白髪染め)

Root Vanish 白髪隠し:ライトブラウン(髪・頭皮に優しい無添加22種類の植物エキスを使用:白髪染め)

カラーリングの頻度が多い人は、髪や頭皮に優しい成分が多く含まれているカラーリング剤を選ぶことが大事です。この商品には、22種類の植物エキスが配合されており、ヘアケアをしながら染めることができます。髪の表面を染めるマニキュアタイプになるため、頭皮や頭髪に対するダメージが少ないのも魅力です。過去にはモンドセレクションで金賞を受賞するなど、信頼性の高い商品になります。カラーリングの頻度が多めの人も安心して使うことができる一品です。

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント (ダークブラウン)

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント (ダークブラウン)

白髪を隠すためにカラーリングする人からすると、カラーリングは継続的に行う必要があるため、少しでも負担が少ない物を選びたいものです。この商品は、白髪染めによる髪の傷みが気になる人でも安心して使うことができます。美容院に行く頻度を減らしたい人や白髪がまだらに出てくる人にもおすすめです。トリートメント成分がしっかり含まれているため、他のトリートメント商品をする必要もありません。髪の毛の傷みが気になる人も安心して使える商品です。

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 7CL [医薬部外品]

ウエラトーン2+1 白髪染め クリームタイプ 7CL [医薬部外品]

白髪をしっかり染めることができる女性用の白髪染め商品です。ひまわりオイルやアボカド、ホホバオイルが含有されており、これらのトリートメント成分が頭皮や頭髪をしっかり守ってくれます。カラーリング剤はニオイが気になる人も少なくありません。この商品は気になるニオイをしっかり抑えて、優しい香りがするのも魅力です。コスパが高く、継続して使用する場合も金銭的な負担がかかりません。全体、部分ともに用途に応じた使用ができます。

まとめ

いかがでしたか?カラーリングの頻度は、カラーリングをする目的や髪質、頭皮の状態によってさまざまです。カラーリングは頭髪の色を変える効果がある一方で、頭髪や頭皮に与える影響が無視できません。健康な頭髪や頭皮を保つためには、トリートメントもしっかり行っていく必要があります。カラーリングの頻度は、部分染めを使って調整することも可能です。カラーリングの頻度を見直し、負担が少ないようにしましょう。