ダンスの基礎はかっこいいダンスを踊るために欠かせない!トレーニングに必要な本も合わせて紹介

ダンスのみならず、基礎をしっかり身につけるということは、表現をすることに欠かせないことです。基礎ができていないまま踊っても、ある程度まではできますが、すぐに壁にぶつかって、それ以上のことができなくなってしまいます。表現をするために、正しい技術を身につけるのです。

では、ダンスにおける基礎とは、一体どのようなものなのでしょうか。本日は、ダンスの基礎について、徹底的にお話ししていきたいと思います。基礎をマスターし、皆さんがダンスを通して表現したいことをちゃんと表現できるように、サポートできれば嬉しい限りです。

ダンスの基礎について

では、まずダンスの基礎とはどういうものなのか。以下に5つのポイントを挙げてみましたので、一緒にチェックしながら見ていきましょう。「まだできない」という方も、焦らずに1つ1つクリアしてみてくださいね!

柔軟性で動きの幅を広げる

ダンスは全身を大きく使い魅せるものです。ですから、手足の可動域が広ければ広いほど有効なのです。カラダが固いと、どうしても可動域が狭まり、こぢんまり見えてしまいます。自信がなさそうだったり、何をしたいのかが伝わりにくくなってしまうので、勿体ないですよね。

柔軟性をアップさせ、手足を大きく広げることができると、1つ1つの振り付けが大きく見え、とてもかっこよく見えます。それだけで、同じことをしていてもより良く見えるのです。

バランス感覚を身に着けて不安定な姿勢を維持できるようにする

特に、ダンスに重要なのがバランス感覚。ステップやジャンプ、ターンなど、軸がブレやすい体勢でいることが多いので、バランス感覚を養うことがとても大切です。体幹トレーニングなどで、カラダの中心を感じる練習をすると良いでしょう。

リズム感を身に着けて音楽にのる

基本的には、音楽に合わせて踊るものです。まずは何でも良いので、音楽をかけてそのリズムにのる練習をしてみましょう。初めは単純にヒザなどでリズムにのり、慣れてきたらステップなどを踏んでみると良いでしょう。様々なテンポがあるので、緩急をつけて練習してみましょう。

筋力をつけてキレのある動きができるようにする

ダンスも運動の1つです。特にアップテンポの曲に合わせる時には、素早く動くことも要求されます。どんな動きも瞬時に対応できるよう、ある程度の筋力をつけておきましょう。重い筋肉ではなく、しなやかに動かせる筋肉が必要なので、簡単な動きのある運動を反復すると良いと思います。

身体の動きをコントロール制御できる能力を身に着けて自由自在に踊る

自分が相手にはどのように見えているのか、理解していかなくては美しくなりません。鏡などで自分の動かしている感覚と、実際に動いているものが一致するように、トレーニングしていきましょう。

ダンスの基礎を身に着けるためのトレーニング

それでは、ダンスの基礎を身につけるために、どのようなトレーニングをしていけば良いのか、具体的に考えていきましょう。基礎はゆっくり丁寧に、焦らずカラダにしみ込ませていくことが大切です。

筋力トレーニングで筋肉をつける

ダンサーの筋力トレーニングというと、やはり中心は体幹トレーニングでしょう。体幹を鍛えることで、ダンサーにとってとても良い効果を発揮してくれるのです。例えば、ダンサーが引き起こしやすい腰痛の改善、姿勢が綺麗になる、体力アップ、バランス感覚アップ、カラダを大きく使えるなど、たくさんのメリットがあります。

では、そのトレーニング方法を簡単にご紹介していきましょう。まずは基本中の基本、プランクをやってみましょう。うつ伏せになり、ヒジとつま先の4点でカラダと床を平行に保ちます。腹筋に力を入れ、お腹が落ちないように30秒キープ、それを3セットやってみましょう。

次にサイドプランクです。手を床から垂直に降ろし、足は側面を床につきます。カラダが曲がらないように、腹筋を意識して一直線を30秒キープ、これも左右3セットずつやってみましょう。初めはキツイかもしれませんが、徐々に体幹が鍛えられ、カラダのバランスがとれるようになるでしょう。

リズムトレーニングで音楽にのれるようにする

ダンスは音楽に合わせてカラダを動かすものです。いくらダンスを踊るための筋力をつけても、リズムにのれなければ勿体ないですよね!リズムトレーニングをやりながら、普段の生活でダンスミュージックを聴き、カラダに馴染ませるのも有効的です。

まずは、比較的リズムをとりやすい、ゆったりとしたダンスミュージックに合わせ、カラダでリズムをとってみましょう。慣れてくれば簡単な2ステップなど、ステップを組み合わせて音楽にのってみましょう。頭で考えずにカラダが動くようになれば、振り付けがついてもしっかり踊れるようになりますよ。

ストレッチで身体の動きの可動範囲を広げる

ステージから客席へ伝えるには、小さい動きでは伝わりません。カラダが小さかろうが大きかろうが、可動域を存分に使って客席まで届けることが大切です。ストレッチで関節を柔らかくしておくことで、可動域が広がり大きな動作をすることが可能となります。

また、体幹トレーニングでカラダを安定させることによって、手足の動きだけに視線が集中するので、綺麗なシルエットを映し出すことができます。どれかだけではなく、それぞれのトレーニングをしっかり行うことで、バランスの取れたカラダを手に入れることができます。

ダンスの基礎を学ぶ本

ダンスの基礎について、大切なポイントをお伝えしてきましたが、もっと詳しく知りたい方は、ダンスの基礎を学べる著書がたくさん出版されているので、ぜひ読んでみることをオススメします。それでは、そのダンスの基礎について書かれたダンス本を少し紹介します。

ダンスたのしくなりました。~子どもも大人もやってみよう!基礎からフォーメーションダンスまで!~

ダンスたのしくなりました。~子どもも大人もやってみよう!基礎からフォーメーションダンスまで!~ [DVD]

ダンスの基礎からフォーメンションダンスまで丁寧に解説されており、初心者から上級者まで参考になるダンス本です。なかなかダンスレッスンに行けない方でも、基礎からしっかり身につけられて、上級へと応用していけるのでオススメですよ!

ダンス!ダンス!ダンス!基礎から踊ろう

ダンス!ダンス!ダンス!基礎から踊ろう (NHK趣味悠々)

NHK教育テレビ「趣味悠々」のテキストとして発売された本です。ワルツ・タンゴ・ルンバなどの基礎を丁寧に解説。社交ダンスをメインとし、人と人との繋がりを大切にしたダンス本です。今では社交ダンスの大会なども頻繁に行われており、テレビでも芸能人が社交ダンスの大会に参加するなどで、大変ブームになっていますね。

キッズ・ダンス・ビート~ダンス基礎レッスン~

キッズ・ダンス・ビート~ダンス基礎レッスン~

小中学校のダンス授業でも取り入れられている「キッズ・ダンス・ビート」。CDとDVDがセットになっており、基礎から応用までじっくりとダンスを学ぶことができます。ダンス曲もたくさん用意されており、誰もが知っている曲ばかりなので楽しくダンスをレッスンしていくことができます。

ダンスはじめました。~子どもも大人もやってみよう!基礎からわかるHip Hop!~ レッスンDVD

ダンスはじめました。~子どもも大人もやってみよう!基礎からわかるHip Hop!~ レッスンDVD

幼児から始めることができる、ヒップホップのダンスレッスン本です。現役の保育者&ダンサーが監修しており、身近な曲をヒップホップにアレンジしているので、子どもから大人まで気軽に始めることができます。

まとめ

ダンスの基礎とは何なのか。私たちは、ダンスを通じてカラダを動かし、何かを伝えようとします。表現をするには、正しい技術を習得する必要があり、そのために基礎が必要なのです。基礎を身につけることで、ケガを防止し安全に踊ることができるのも重要です。

ダンスを全くやったことない人でも、ダンス本を利用し基礎から気軽に始めることができます。まずは易しいレベルから始め、基礎が身についてくれば、比較的難しいレベルのものになってもついていけるようになるでしょう。

とにかく、まずは”カラダを動かしながら楽しむ”ということを徹底してみてください。そうすることで、自然と基礎が身についてくることでしょう。ダンスは詳しい知識がなくても、そして子どもから大人までできるものです。あなたの趣味の1つに加えてみるのはどうでしょうか。

- 1 / 1ページ -