クレンジングウォーターって何!効果や使い方、選び方を紹介!

クレンジングと言えば、クリームやジェル、オイルタイプなどがありますが、最近では、水タイプのクレンジング「クレンジングウォーター」を使用する女性が増えています。

ローションタイプになっていて、コットンに含ませて使用するのが一般的。

新しいクレンジングの形として注目されているクレンジングウォーターの基本から、効果、使い方などを紹介していきます。

クレンジングウォーターとは

まずはクレンジングウォーターの特徴について、詳しく説明していきます。

水タイプのクレンジング

クレンジングウォーターは、リキッドタイプに分類されます。ウォーターと言う名前がついているように、含有成分の中心は水分です。用途は一般的なクレンジングと同じで、高い洗浄力があるのも共通しています。

クレンジングウォーターの中には、クレンジングとしての機能だけでなく、美容の効果が期待できるタイプもあります。

メイク落としで使う

メイクは油分との親和性が高い一方で、水分とは馴染まない特徴があります。水で少々顔が濡れても、すぐにメイクが落ちることはありません。しかし、クレンジングウォーターはメイク落としとして使用されています。

これは界面活性剤が使用されていることが理由です。界面活性剤は洗剤にも使用されている成分で、油汚れをしっかり落とす効果が期待できます。

洗顔代わりに使う

クレンジングウォーターには汚れを落とす働きがあります。そのため洗顔代わりに使用することも可能です。コットンにクレンジングウォーターを馴染ませて、顔を拭くだけで洗顔は完了。

その後は、化粧水や美容液を使ってスキンケアをするだけで大丈夫です。ただし、洗顔代わりに使う場合は、肌に対する刺激成分が少ないものを選びましょう。

クレンジングウォーターの種類

クレンジングウォーターにはどのような種類があるのか、詳しく見ていきましょう。

水分を失った肌に効果があるもの

メイクを落とすときに使用するクレンジングは、肌の保湿成分も一緒に洗い流してしまいます。肌の乾燥を防ぐために美容液や乳液を使用するわけですが、それでも十分に対応できず肌の乾燥が進んでしまうのです。

クレンジングウォーターの中には、水分を失った肌に保湿を促すタイプもあります。保湿成分が多く含有されており、クレンジングをしながら潤いを戻していきます。この場合、界面活性剤の含有が他の商品に比べると少ないのが特徴です。

皮脂トラブルに効果があるもの

皮脂が多いと、毛穴に皮脂が詰まってニキビの原因を作ることや、体臭の原因、肌荒れの原因にもなります。

クレンジングウォーターの中には、毛穴の汚れをしっかり取り除き、べたつきやザラザラしてない肌質に導いてくれるものもあります。

敏感肌に効果があるもの

敏感肌は肌が弱っている状態を示します。敏感肌になるのはメイク落としの方法が不十分であることや、アレルギー、スキンケアの怠りなどが原因です。クレンジングウォーターの中には、敏感肌の人でも安心して使用できるように成分が調整されているものもあります

さらに水分を多く含んでいるため、使用による肌の水分低下を防ぐことができます。

クレンジングウォーターの使い方

ここからは、クレンジングウォーターの正しい使い方を、モデルが実際に実演していきます。

コットンにクレンジングウォーターを染みこませる

まずはじめに、コットンにクレンジングウォーターをたっぷり染みこませましょう。

アイブロウ・アイメイクを落とす

アイブロウ・アイメイクを先に拭き取っていきます。じっくりと液を馴染ませながら、優しく拭き取るようにしましょう。アイメイクは特に落ちにくいので、コットンをしばらく目の上に乗せて、液をしっかりと浸透させてから拭き取ります。

目の下の部分のアイメイクは、コットンを折りたたんで折り目の端を細く使い、優しく撫でるように拭き取っていきましょう。

リップメイクを落とす

コットンを裏返して、綺麗な面でリップメイクを拭き取っていきます。優しく馴染ませながら拭き取っていきましょう。

新しいコットンにクレンジングウォーターを染みこませる

新しいコットンに、クレンジングオーターをたっぷりと染みこませます。たっぷりと液を含ませる事により、顔への刺激が最小限に抑えられます。

頬のメイクを落とす

顔の中心から外側に向かって、あまり強く擦りすぎないように優しくじっくりと馴染ませながら拭き取っていきます。次に、毛穴の奥のファンデーションを落とすために、下から上に向かって優しく拭き取っていきましょう。

口周り・鼻・おでこのメイクを落とす

口周り・鼻・おでこのメイクを、優しくふき取って落としていきます。とにかく力を入れすぎないのがポイントです。

再度、顔全体を拭き取る

コットンのきれいな面を使って、再度顔全体を優しく丁寧に拭き取ったら完了です。

モデルがおすすめするクレンジングウォーターは「ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー D」

モデルが実際に普段使っている、おすすめしたいクレンジングウォーターを紹介します。

コットンで拭き取るだけでダブル洗顔不要の、低刺激性クレンジングウォーターです。これ一本で、メイク落とし・洗顔・うるおいケアまでできるという優れもの。オイルフリー・アルコールフリーで、肌に優しい処方なのもおすすめポイントです。

こちらのモデルは普段、アイメイク落としとしてこの商品を使っていますが、今回は顔全体に使って使用感をレビューしていきます。

手の甲のファンデーションで実力を実感

あらかじめ手の甲に塗っておいたファンデーションを、さっと優しく拭き取っただけで、しっかり綺麗に落ちているのが分かります。

匂いもなくべたつかないのがポイント

使用中の匂いはなく、ベたつかずサラッと潤いのある感触なのもおすすめポイントです。

ポイントメイクも簡単に落ちる

アイブロウやリップメイクも、優しく拭き取るだけで簡単に落ちます

化粧水を塗ったように肌が潤う

顔の左半分だけメイクをふき取ってみて分かるのですが、化粧を落としただけでなく、水分が肌にしっかりと補給されたような感じになり、化粧水でケアした後のような潤い肌になります。

普段はアイメイクを落とす際に使用していますが、お風呂に入るのが面倒なときは、このクレンジングウォーターで全部のメイクを落として、そのあと乳液を塗るだけでスキンケアが終了するので、かなり重宝しているとのこと。

クレンジングウォーターの選び方・使い方で気を付けること

クレンジングウォーターを選択、使用するにあたって、気を付けるべき点についてまとめました。

界面活性剤の量に注意

クレンジングウォーターはオイル成分がほとんど含まれていません。洗浄力を決めるのは界面活性剤の含有量です。界面活性剤が多いほど油分を取り除くことができます。

そのため、乾燥肌や敏感肌の人は、界面活性剤の含有量が少ないタイプを選ぶことが大切です。乾燥肌や敏感肌の場合は、保湿成分が多く含まれていることも、クレンジングウォーター選びのポイントになります。

信頼できるメーカーが販売しているものを選ぶ

クレンジングウォーターは、定期的に使用するものです。継続的な使用になると、有されている成分によっては肌にダメージが蓄積してしまう恐れがあります。クレンジングウォーターを選ぶときは、信頼できるメーカーが販売しているものを選ぶことが大切です。

クレンジング商品のラインナップなども確認し、クレンジング商品に対する力量もチェックしておきましょう。

肌トラブルが見られる場合は使用を止める

クレンジングウォーターは、肌にかかる負担を減らすために、スキンケア成分が配合されているのが一般的です。美容効果をもたらす成分が配合されている商品もあります。一方、クレンジングウォーターには肌との相性があります。

人気が高く安全性が高いと言われているものでも、自分の肌質に適さないことで肌トラブルが起こるケースも少なくありません。クレンジングウォーターを使って肌トラブルが発生した場合は、使用を止めて様子を見ましょう。

おすすめのクレンジングウォーター

最後に、おすすめのクレンジングウォーターを3つ紹介していきます。

江原道(コウゲンドウ) クレンジングウォーター

江原道(コウゲンドウ) クレンジングウォーター

肌へのやさしさにこだわりを持つ商品を世に送り出している、コウゲンドウのクレンジングウォーターです。料や合成色素、石油系鉱物油を一切使用してないのが特徴。

オリーブスクワランやシア脂、エモリエントオイルなどの天然成分を多く含有。肌に優しい成分で組成されており、クレンジングをした後のスキンケアもこの商品で十分にカバーしてくれます。

ビオニスタ クレンジング ウォーター 500ml

ビオニスタ クレンジング ウォーター 500ml

敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できる、弱酸性で無香料、ノンオイルタイプのクレンジングウォーターです。肌に刺激となる成分を含ませないことで、肌に優しいスキンケアができるのが特徴。

ビオデルマ サンシビオ(クリアリン) H2O D 500ml(並行輸入品)

ビオデルマ サンシビオ(クリアリン) H2O D 500ml(並行輸入品)

ファンデーションやマスカラ、アイメイクなどをしっかり落とすのに、レンジングをした後の肌はみずみずしく。

さらっと拭き取ることができるテクスチャーで、ニオイや使った後にすっきりした感覚を得ることができます。肌にも優しいので、敏感肌や乾燥肌のにも試してほしいクレンジングウォーターです。

まとめ

クレンジングウォーターは、メイク落としはもちろん、肌に潤いをもたせることや洗顔として使用することもできます。

乾燥肌、脂性肌、敏感肌で適したクレンジングウォーターは異なるので、肌質にあったものを選びましょう。クレンジングウォーターを使った後のスキンケアも忘れず行いましょう。