シェーピングクリームは女性の味方!オススメの商品を紹介

シェーピングクリームと言えば、男性が髭剃りをするときに使用するイメージがあります。シェーピングをすることによってスムーズに髭剃りができることや、肌にかかるダメージを減らせるのもメリットです。

最近は顔のムダ毛を処理するために、女性がシェーピングクリームを使用するケースも増えてきています。女性のためのシェーピングも販売されるようになり、安心して使用することができます。今回は女性におすすめのシェーピングクリームを紹介していきます。

シェーピングクリームの基礎知識

男性と女性で違うシェーピングクリーム

シェーピングクリームはムダ毛処理をするときに使用するものですが、男性と女性では用途が異なっているのが特徴です。男性は濃いヒゲを処理するために使用するものであるのに対し、女性は顔に生えている産毛を処理するのが一般的になっています。毛を処理するために使用するという点では共通しているものの、毛の太さや濃さが異なります。シェーピングクリームに含有されている成分によって、肌にかかる影響などは変わってくるのが特徴です。

石鹸で代用はできる?

シェーピングクリームの代わりに、石鹸を使用するという人もいます。石鹸でムダ毛の処理をしたいところに泡立てて、カミソリやシェーバーを使用するというものです。石鹸を使用することで肌表面にクッションを作ることができます。

石鹸をシェーピングクリームの代用として使用することは可能ですが、肌に長い時間かけて塗付していると肌トラブルの原因になることがあるので注意が必要です。応急措置として使用する分にはいいですが、基本はシェーピングクリームの使用がよいでしょう。

ワセリンで代用はできる?

ワセリンは石油に含有されている炭化水素を脱色したものです。皮膚炎などの症状が起こったときに使用するもので、肌に塗付して使用することが基本的な使い方になっていることから肌にかかる負担は小さいのが特徴です。皮膚の表面に油膜を張ることから、皮膚についている水分の蒸発を防ぐ働きがあります。安全性は高いため、シェーピングクリームとして代用することは可能です。ただしムダ毛処理をする効果という点で見ると、シェーピングクリームの方がおすすめです。

顔そりに使う

シェーピングクリームを使用する場合、顔そりに使う場合が多くあります。顔に生えているムダ毛を処理するために有効なもので、カミソリやシェーバーを使ったときに剃りやすくする働きがあります。顔そりをする場合は、肌にかかる負担が大きいのも注意点の一つです。

特に女性は日頃からメイクをする機会が多く、乾燥肌や敏感肌になっていることも少なくありません。これらの肌トラブルが見られる状態でシェーピングクリームを使用すると肌トラブルが悪化する恐れがあります。

デリケートゾーンのムダ毛処理に使う

シェーピングクリームはムダ毛処理をするときに使用するものです。顔そりに使用するというイメージが強いものの、他の部位に使用することもできます。顔そりに使用するのは、顔の肌がデリケートなことが理由です。同じように肌質がデリケートになっているデリケートゾーンにおいてもシェーピングクリームは効果を発揮します。シェーピングクリームを使用することで剃りやすくするだけでなく、肌が受けるダメージを減らす効果もあります。

シェーピングクリームの使い方

まずは消毒をする

シェーピングクリームを使用して顔そりをする場合に、まずは消毒を使用することをおすすめします。シェーピングクリームを使うことで、カミソリやシェーバーが使いやすくなりますが、剃り方によっては肌が傷付いてしまうことがあります。そうなると、傷口から細菌が侵入してしまうため肌トラブルの原因になるのです。消毒をして、肌にかかるリスクをできるだけ減らすことがポイントになります。顔だけでなく、カミソリやシェーバーも清潔にしておきましょう。

シェーピングクリームを伸ばす

シェーピングクリームを使用する場合は、クリームを薄く伸ばすのがコツです。シェーピングクリームの量が多くなってくると、カミソリを詰まらせてしまう原因になるので気をつけましょう。シェーバーを使ってムダ毛の処理をする場合も、シェーバーの故障の原因になってしまいます。

塗付した後はすぐにムダ毛の処理をするのではなく、毛に成分を浸透させることが大事です。シェーピングクリームは滑りを良くするだけでなく、毛を柔らかくして剃りやすい状態を作ることもできます。

毛の剃り方

シェーピングクリームを使用して毛を剃る場合は、軽くストロークしてカミソリに任せるのがポイントです。シェーピングクリームを使用することで、毛を寝かせることができるので、毛の流れに沿って剃っていきましょう。

力を入れると肌荒れの原因になるので、ソフトな力で剃ることが大切です。力を入れず、そっと撫でるように剃っていくとカミソリ負けを起こしにくくします。日焼けした後など肌がデリケートな状態になっているときは、特にソフトに剃ることを心がけましょう。

しっかり洗い流して保湿する

シェーピングクリームを使ってムダ毛処理をした後は、シェーピングクリームをしっかり洗い流しましょう。ムダ毛の処理をした後は、肌がデリケートな状態になっています。肌にかかる負担をできるだけ減らすためにも、シェーピングクリームを洗い流した後は保湿をして肌の状態を整えることが大切です。保湿する場合は、安いシェーピングアフターローションの使用を控えるようにしましょう。安いとアルコールが多く含有されていることが理由です。

シェーピングクリームの頻度

シェーピングは、ムダ毛を処理して肌をきれいにすることが目的です。毎日のシェーピングは肌にかかる負担が大きく、シェーピングクリームを使用しても毎日だと頻度は大きくなります。シェーピングクリームの頻度は、数週間に一回程度が基本です。削り落ちてしまった角質が生まれ変わるタイミングにもなります。

シェーピングの頻度が増えてくると、敏感肌になってシェーピングクリームに肌が合わなくなることもあります。特に女性の顔そりは、日頃からメイク落としで敏感肌になりがちなので注意が必要です。

シェーピングクリームの買い方と選び方

ドラッグストアで買う

シェーピングクリームの買い方として、ドラッグストアでの購入があります。シェーピングクリームには数多くの種類があり、どれを選んで良いのか悩みます。ドラッグストアで販売しているものは、限られた陳列スペースの中で消費者が購入することを見込んでいるものです。現在進行形でよく売れているものは、信頼性の高い商品が多いのも特徴になります。肌荒れが気になる場合は、ドラッグストアの薬剤師に相談して商品選びができるのもメリットです。

ネットで買う

シェーピングクリームの買い方の一つに、ネットでの購入があります。ネットで購入するメリットは、数多くの商品の中から選べることです。これまでシェーピングクリームを使って肌に合わなかったという人でも、バリエーションの多さから自分の肌質にあったものを選ぶことができます。お店で購入するよりも安く販売されていることもあります。ネット販売限定のシェーピングクリームもあり、お店では買えないものもネットだと買えるのがメリットです。

メーカーの選び方のポイント

シェーピングクリームを選ぶポイントの一つになるのが、製造や販売しているメーカーです。シェーピングクリームは肌に塗付して使用するものなので、含有されている成分によっては肌トラブル原因になってしまうこともあります。メーカー選びのポイントとしては、化粧品やカミソリを扱っているメーカーがおすすめです。シェーピングクリームが肌に与える影響やカミソリとの親和性などを考慮して販売されているので、安心して使用することができます。

口コミを参考にする

間違ったシェーピングクリーム選びは、肌トラブルの原因になります。間違わないためには、口コミを参考にするのがおすすめです。口コミは、実際に使ったことがある人の声になるので、情報の信頼性は高いものがあります。大手のネットショッピングサイトであれば、一つの商品に対する口コミも多くあるので参考になります。特にチェックしたいのは、シェーピングクリームと肌の相性です。できるだけ肌トラブルが少ないシェーピングクリームを選びましょう。

含まれている成分を確認

シェーピングクリームを選ぶ場合は、含有されている成分もチェックしておきましょう。アルコール成分が多く含有されているタイプだと、アルコールが肌に与える影響も大きくなるので気を付ける必要があります。できるだけ肌に刺激が少ない成分で組成されているものを選ぶのがポイントです。メーカーが出している商品説明もきちんと目を通しておきましょう。

おすすめのシェーピングクリーム

シック Schick ハイドロ シェービングジェル 240g

シック Schick ハイドロ シェービングジェル 240g

独自の処方により、毛を芯まで柔らかくしてシェーピングしやすい状態を作っていきます。剃るときも肌が持っている水分を保つことができるので、すべすべの肌を作ることができるのも特徴です。ヒアルロン酸成分の働きにより、肌に潤いを保ちながらシェーピングすることができます。肌につけたときに、毛が見えやすいように透明になっているのも特徴です。500円以下で購入することができるので、コスパにも優れている商品になります。

シック Schick ハイドロシルク シェービングジェル 150g

シック Schick ハイドロシルク シェービングジェル 150g

肌にかかる負担が少ないシェーピングクリームです。シェーピングをする場合は、肌に負担をかけて肌に含まれている水分が失ってしまいます。過度なシェーピングは乾燥肌や敏感肌の原因にもなるのです。シェーピングクリームにはヒアルロン成分が含まれているため、この成分の働きが肌に潤いを与えてくれます。剃るときも肌本来の水分をキープして負担を減らすことができます。

ジレット ヴィーナス サテンケア センシティブスキン 70g シェービング剤

ジレット ヴィーナス サテンケア  センシティブスキン 70g シェービング剤

アロエベラという保湿成分が多く含有されているシェーピングクリームです。天然由来の保湿成分が、毛に浸透して柔らかくします。また滑らかな成分を配合しているジェルの効果によってすべるような剃り心地で傷を防ぐ効果もあります。ソフトで、なおかつサテンのようななめらかな肌作りができます。肌がくすむ原因とされている角質を取り除く効果もあります。

まとめ

いかがでしたか?シェーピングクリームはシェーピングするときに欠かせないものです。シェーピングクリームによってシェーピング後の肌の状態は大きく変わると言っても過言ではありません。自分の肌質に適したシェーピングクリームを使用し、正しくシェーピングしていくことが大切です。