シェービングフォームの選び方!ツルツル肌を目指そう!

シェービングをするときに必要となるのが、シェービングフォームです。シェービングは毛を剃って肌をきれいにすることが目的ですが、カミソリやシェーバーを肌に通すことになるので肌にかかる負担は大きくなります。

シェービングフォームによって、ムダ毛処理のしやすさや肌にかかる負担も変わってきます。自分の肌質に適したシェービングフォームを使うことが大切です。今回はツルツル肌を手に入れるためのシェービングフォームの選び方を紹介します。

シェービングフォームの効果

炎症を予防する

シェービングフォームを使用することで得られる効果の一つに炎症予防があります。カミソリやシェーバーを肌に通すと、肌との摩擦が大きくなって肌が炎症を起こすので注意が必要です。肌の炎症は敏感肌の原因を作り、一度崩れてしまった肌はなかなか元に戻らなくなります。

特に女性はメイク落としで肌が元々傷んでいることが多く、その状態から顔そりをすると炎症が起こりやすくなります。シェービングフォームには肌を保護する成分も含まれているため、炎症予防ができるのです。

カミソリの刃を滑らかにする

カミソリの刃が固い状態だと、ムダ毛の処理をするときに肌との摩擦が大きくなります。強引に剃っていくと、刃が肌を傷つけて出血する場合や炎症を起こすこともあるので注意が必要です。カミソリの刃を滑らかにすることが、スムーズにムダ毛を処理するために必要になります。シェービングフォームには、カミソリの刃を柔らかくする効果があるのも特徴です。
シェービングフォームを使用し、カミソリの刃を柔らかくすることで肌にかかる負担を軽減できます。

毛穴を開かせる

シェービングフォームを使用する効果の一つに、毛穴を開かせる効果があります。毛穴を開かせることにより、毛が剃りやすくなります。体毛は毛穴から生えているわけですが、毛穴が締まった状態でいるとカミソリを通しても引っかかってしまいます。それが肌に負担をかける原因になるのです。シェービングフォームには多くの種類があり、商品によって毛穴に対する効果は異なります。シェービングフォームを使う前に温かいタオルなどを当てると、毛穴は開きやすくなります。

毛を柔らかくする

シェービングフォームを使うことで、毛が柔らかくなります。毛が柔らかくなると、少しの力でもしっかり剃ることができます。ムダ毛の処理をするときに、脇やデリケートゾーンなど太い毛を処理するときは、毛を柔らかくすることが大切です。シェービングフォームは、肌とカミソリのクッション材としての働きがあります。毛を柔らかくする効果と、クッションの働きによって肌に対するダメージを最小限に抑えることができるのです。

肌に潤いを与える

カミソリやシェーバーを使用すると、肌が傷ついてしまい乾燥肌や敏感肌の原因になります。肌の乾燥化を防ぐためには、保湿することが大切です。シェービングフォームの中には、保湿成分が含有されているものが多くあります。保湿成分が毛だけでなく、肌の内部にまで浸透することで肌の乾燥化を予防します。シェービングフォームは洗い流すため、後から別で保湿が必要になります。しかしシェービングフォームの保湿効果も、肌に潤いを与える点では重要です。

シェービングフォームのタイプ

ジェルタイプ

シェービングフォームには、さまざまな種類があります。ジェルタイプのものは、透明のジェルが使用されているのが特徴です。透明である理由は、ムダ毛につけてもムダ毛が透けることが理由になります。ジェルタイプなら、毛穴に成分が浸透しやすいのも特徴です。滑りがいいため、肌にかかる負担が少ないのもメリットになります。時間が経過しても乾きにくいことから、効果が継続して続くという点でもジェルタイプの使用はメリットです。

クリームタイプ

クリームタイプのシェービングフォームは、テクスチャーが硬めです。肌に対する接地面積が大きくなるため、クリームが垂れにくい特徴があります。香りがいいタイプが多く、スキンケア効果が高いのも特徴です。オーガニック成分にこだわったものが多いため、肌にかかる負担が小さくなります。保湿効果も高いことから、乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめです。種類が少ないことや相対的に金額が高めで設定されていることがクリームタイプのデメリットです。

オイルタイプ

最近は床屋でも使用するケースが増えているのが、オイルタイプのシェービングフォームです。オイルタイプのメリットは使いやすさにあり、肌に伸びやすいことや肌を保護するので滑りがいいのも特徴になります。オイルタイプは滑りがよいことから、カミソリ負けしにくいのもメリットです。オイルタイプの注意点は、滑り過ぎることで勢いよく剃ってしまい、毛に引っかかって刃が肌を傷つける場合があることです。ゆっくり剃るのがポイントになります。

ローションタイプ

ローションタイプのシェービングフォームは、化粧水として使用することができます。水分になるので、肌になじみやすく手が汚れないのもメリットです。ローションタイプを使う場合は保湿に気を付ける必要があります。他のシェービングフォームに比べて、肌が乾燥しやすいのが特徴です。肌の乾燥が進むと、カミソリやシェーバーの使用で肌にかかる負担が大きくなります。さっぱりとヒゲを剃ることができるのもローションタイプのメリットです。

ソープタイプ

お風呂で使用するソープのように、泡立てができるシェービングフォームになります。しっかり泡を作ることができれば、シルクのような細かい泡で肌をケアすることができます。少量でも、フォームタイプに負けない泡を作れるのはメリットです。他のシェービングフォームと違うのは、泡を立てる手間がかかることになります。すぐに剃りたい人にはデメリットに感じますが、スキンケアもしっかりしてカミソリやシェーバーを使って処理したい人にはおすすめです。

シェーピングフォーム使用の注意点

肌荒れに気を付ける

シェービングフォームを使用する場合は、肌荒れに気を付ける必要があります。シェービングフォームはムダ毛の処理を効率的に行うために使用するもので、同時に肌を刺激から守る働きもあります。しかしカミソリやシェーバーによる負担を完全に防ぐことができるわけではありません。

特に女性が顔そりをする場合、日々のメイクやクレンジングによって敏感肌になっていることもあります。いつも以上に肌荒れしやすい状況なので、シェービングフォームを使った後のスキンケアも入念に行いましょう。

薄くのばして使う

シェービングフォームを使用する場合は、ジェルでもクリームでも薄く伸ばして使うのがポイントです。たっぷり使った方が効果はありそうな気もしますが、たっぷり使うと部位によって量が異なります。シェービングフォームに凹凸が生じてしまうため、カミソリやシェーバーが引っかかってしまう可能性があります。シェービングフォームは、肌との摩擦を減らすことも目的の一つなので、できるだけ薄く引き伸ばして使用することが大切です。

洗い流す

シェービングフォームは、基本的に肌に負担が少ない成分で組成されています。シェービングフォームを使った後は、保湿を促すために化粧水などを使用するのが一般的です。シェービングフォームをキレイに洗い流さないと、保湿が十分にできなくなります。肌への負担というよりも、保湿をしっかりするために洗い残しがないように気をつけましょう。また洗うときは肌が傷付きやすくなっているため、ゴシゴシ洗うのではなくソフトに洗うことが大切です。

痛みが続く場合は使用を止める

感想肌や敏感肌になっていると、シェービングフォームが肌に合わない場合があります。シェービングフォームを使用して肌がピリピリする場合や、痛みがある場合は肌がダメージを受けている証拠です。シェービングフォームがカミソリやシェーバーのダメージを緩和する効果も低減するため、肌の状態が増々悪化してしまう可能性があります。痛みが続く場合は使用を止めて、様子を見るか医師に相談することが大切です。

おすすめのシェービングフォーム

シック Schick ハイドロ シェービングフォーム 250g×2個

シック Schick ハイドロ シェービングフォーム 250g×2個

シェービングフォームは使っても、カミソリを使うタイミングで水分も一緒に無くなるタイプが多くあります。この商品は、二種類のヒアルロン酸が肌に浸透し、シェービングをしたときの肌を守る効果があるのも特徴です。しっとりして、すべすべな肌を作る効果もあります。肌にかかる負担が少ないため、これまでシェービングフォームを使って肌荒れした経験がある人にもおすすめです。人気のハイドロシリーズということもあり、信頼性にも優れています。

ジレットシェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g 【HTRC2.1】

ジレットシェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g 【HTRC2.1】

泡タイプのシェービングフォームになります。肌に優しいヒゲソリをサポートする香料、無着色が特徴です。たっぷり泡が肌をしっかり守り、刃のすべりをスムーズにする効果があります。シェービングをした後のヒリヒリ感が気になるという人にも、おすすめの商品です。クセがなく、肌に対する馴染みもよく、ムダ毛処理をする頻度が多い人も安心して使うことができます。500円以内で購入ができるので、費用的な負担が小さいのも魅力の商品です。

シック クアトロ4 フォーウーマン シェービングジェルフォーム (ローズ) 78g

シック クアトロ4 フォーウーマン シェービングジェルフォーム (ローズ) 78g

ジェルタイプのシェービングフォームになります。ふわふわ泡に変化し、カミソリの滑りがよいのが特徴です。エッセンシャルオイルが配合されているのも特徴の一つで、アロマセラピーの効果を得ることができます。シェービングした後の肌を整え、シルクの滑らかさが特徴です。ハリのある仕上がり感、肌に優しい成分が含まれているため、肌に不安を抱えている人も安心して使うことができます。しつこいムダ毛の処理にも対応してくれます。

まとめ

シェービングフォームを使うことで、ムダ毛処理を効率的に行うことができることやシェービングによる肌のダメージを軽減することができます。自分の肌質や処理するムダ毛、毛質なども考慮してシェービングフォームを選ぶことが大切です。シェービングフォームを使った後の保湿や、スキンケアなどもしっかり行う必要があります。肌の健康を保つためには、シェービングによる肌のダメージを減らすことが重要です。