黒クマの解消方法をマッサージ・メイク別に紹介

目元に黒いクマができていると老けて見えたり、不健康な印象を相手に与えてしまいます。

この記事では、黒クマができる原因と解消方法について詳しく紹介しましょう。

黒クマの原因

画像引用元:latte

目元にできてしまう黒クマの原因は、大きく分けて2つあります。加齢によって皮膚が痩せてしまうもの、筋力の衰えでたるみが出てしまっているものです。黒といっても色素が付いているわけではなく、黒く見える影ができてしまっているわけです。それぞれについて、詳しく説明しましょう。

加齢による皮膚やせ

加齢によって肌のハリと弾力を保つコラーゲンなどの基質が減少してしまいます。これにより目元のハリが失われてたるみが生じ、目の下が膨らんだ状態になります。これが影を作って黒クマになるのです。加齢によるものがほとんどですが、若くてもハリの不足で黒クマが出る場合もあるでしょう。

筋力の衰えによるたるみ

画像引用元:latte

もうひとつの原因は、眼球を保護している眼の周りの脂肪が筋肉の衰えでたるみ、目の下に押し出されることにあります。筋肉は使わなければ衰えます。加齢によっても衰えるでしょう。それによってたるみやくぼみが生じ、黒クマの原因になる影を作ってしまうのです。

鏡を持って上を向いてみよう!

自分のクマが黒クマなのかどうか判断するのは簡単です。鏡を持って上を向いてみましょう。その時、目の下の黒色が肌色に変わっていたら、黒クマということになります

黒クマを解消するためのポイント

画像引用元:latte

黒クマを解消するポイントは3つあります。次の点を押さえて置きましょう。

たるみや凹凸による影を消す

黒クマの原因は目の周りのたるみや凹凸なので、その解消が必要になります。目元の皮膚のハリと弾力を取り戻すことが必要になるでしょう

そのためには、ハリの元になるコラーゲンやヒアルロン酸などの基質を増やさなければなりません。スキンケアで補う、食事やサプリメントで内側から補うなどの方法があります。

痩せて落ち窪んだ皮膚をふっくらさせる

画像引用元:latte

痩せて目が落ち窪んでしまうと、凹凸ができて黒クマができやすくなります。ダイエットのし過ぎや睡眠不足などでもこのような状態に陥ります。

肌にいいビタミン・ミネラルの多い食事を摂り、睡眠を十分にとるようにしましょう。質の良い睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が活発になり、肌にハリを取り戻すことができます。

たるんだ目の周りの筋肉を鍛えて引き上げる

目をよく動かすなど眼球の体操をして、目の周りの筋肉を鍛えましょう。そうすることでたるんだ脂肪を引き上げることができます。

最近はパソコンやスマホの見過ぎで目の周りが緊張し、若い人でも筋肉の衰えが見られる人も多くいます。目を休めて目の周りの指圧をするなど、緊張をほぐすことも大切です。

黒クマを解消してくれるマッサージ方法

画像引用元latte

黒クマは水分代謝と冷えが重なるとできやすくなります。そこで、黒クマを効率的に解消できるマッサージ方法を紹介しましょう。

足先をグーパーグーパーと開く

膝を立てて座ります。足先をグーパーと開く運動を片方の足ごとに行いましょう。指を開いたり閉じたりします。片足10回ずつ行います。

スネとふくらはぎをストレッチする

足先を膝と水平に持ち上げ、足首を伸ばしたり曲げたりを繰り返します。足を交互に、10回ずつ行いましょう。

足踏みをする

立ち上がって、足踏みしましょう。腰に手を置き、その場で10回ほど足を上げ下ろしします。

目頭から目尻を、ゆっくり押し出すようにマッサージする

親指と小指以外の3本の指を両目の端に置き、回すようにマッサージします。その指を目頭の方に移動し、軽く押し出すようにマッサージしていきましょう。そのあと親指で、目の下→目尻→こめかみの順に押していきます。

目の横を回すようにマッサージする

目の横をゆっくりと回すようにマッサージします。目の横からこめかみの方に移動して、さらにゆっくりとマッサージしていきましょう。

おでこから後頭部にかけて流すようにマッサージする

指をおでこの際に移動して、同じように回しながらマッサージします。両手を後頭部に回し、首筋に流すようにマッサージしていきましょう

首を左右や前に倒す

首を左右と前に数回倒しましょう。首回りの血流とリンパの流れを良くします

肩を上下させる

肩を上下させて、細かい部分のリンパを流しましょう。普段動かさない部分を動かすことで、循環が良くなります。

完了

これで完了です。かなり顔周りの循環が良くなって、すっきりしたのではないでしょうか?クマも薄くなっているかもしれません。

メイクでカバー!黒クマ(影クマ)解消には明るいコンシーラー

画像引用元:latte

黒クマが解消しないうちは、メイクで綺麗に隠すといいでしょう。ここでは、コンシーラーを使って綺麗に黒クマを隠す方法を紹介します。

下地、ファンデーションを塗る

まず、いつも使う下地とファンデーションを塗っていきます。顔全体にムラなく伸ばしていきましょう。

真っ白のコンシーラーと明るめのコンシーラーを点置きし、指でポンポンなじませる

真っ白のコンシーラーと明るめのコンシーラーを目の下に点置きし、中指でポンポンとなじませていきます

ハイライトを影の濃い部分に乗せていく

コンシーラーがムラなくなじんだら、ハイライトをブラシにとります。目の下の影が濃い部分にのせていきましょう。

完成

気になっていた黒クマがカバーできたら、完成です。

4STEPでできる!黒クマを徹底的に隠すメイク方法

画像引用元:latte

続いて、黒クマを徹底的に隠す、4STEPでできるメイク方法を紹介しましょう。

下地を塗る

 

下地を丁寧に塗っていきます。顔全体にムラなく塗りましょう

ベースメイクを塗る

 

その上に、ベースメイクを丁寧に塗っていきましょう。こちらもムラがないように、均等に塗ってください。

赤いチークを目下に塗り、ポンポンと叩き込む

 

赤いチークを目の下に点置きします。指でポンポンと馴染ませていきましょう。

コンシーラーを目下に点置きし、ブラシで馴染ませる

 

チークを馴染ませたら、コンシーラーを目の下に点置きします。それをブラシでムラなく馴染ませましょう

完成

 

黒クマがすっかり隠れて、明るい目元になりました。これで完成です!

黒クマ隠しにオススメのコンシーラー

画像引用元:latte

黒クマ隠しにおすすめのコンシーラーを5本、厳選しました。商品選びの参考にしてみてください。

舞妓はん コンシーラー01桜色

桜色で、クマ、シミ、毛穴、ニキビ跡を綺麗にカバーするコンシーラーです。2種類の板状パウダーが薄膜を作り、カバーしながら自然な素肌感を演出します。椿油や杏油など美容オイル配合で、肌の潤いを保ちます。UVカットは「SPF50PA++++」と最強で、紫外線対策も万全です。

メイベリン マスターカモフラージュ オレンジ・ミディアムベージュ

カラー補正とカバー力の高い色の2色が1本になった 、2 in 1のカラーコンシーラーです。陰りのないナチュラルな均一肌が実現します。肌のタイプに合わせて、4色の中から選べます。柔らかくて使いやすく、メイクの仕上がりがこれまでよりも格段に良くなるでしょう。

コスコス カラーコンシーラー スカーレットオレンジ

目元の気になるクマを隠す専用のコンシーラーです。赤みがかったオレンジが、黒クマを綺麗にカバーします。気になる部分に密着させるように塗り、ブラシやスポンジで馴染ませて上からファンデーションを伸ばしましょう。

キャンメイク ハイライト&リタッチコンシーラー UV ライトピンクベージュ

ハイライトとしても使えるコンシーラーです。光でとばして黒クマをカバー。 ライトピンクベージュが肌に透明感を与えます。軽い付け心地で、ファンデーションの上からも使えます。メイク直しにも使いやすいでしょう。コラーゲンなどの美容液成分が84%も配合され、潤い効果もバッチリです。

カクシマスト ウルトラカバー コンシーラー

黒クマを隠しながら、乾燥する目元をケアできるコンシーラーです。3D構造の薄いゲルが凹凸にピタッと密着し、3色のブロッキングパウダーが光の反射でクマをカバーします。ヒアルロン酸などの保湿成分が、乾燥しがちな目元をしっとりとケアしてくれるでしょう。

黒クマの予防に効果がある食べ物

黒クマの解消には食事も重要です。肌にいい食事を摂ることで、目の周りにハリができ、黒クマを改善することができるでしょう。特におすすめの食材を紹介します。

抗酸化作用がある緑黄色野菜と大豆製品

体に活性酸素が増えると肌細胞が酸化して、肌のハリを保つコラーゲンの老化や減少に繋がります。この活性酸素を除去するために、抗酸化作用のある食品を摂るようにしましょう。次の食材がおすすめです。

  • 緑黄色野菜:ほうれん草、人参など
  • 大豆食品:煮豆、豆腐、おからなど

コラーゲンの生成を促すビタミンCが豊富な柑橘系

肌のコラーゲンを増やすにはタンパク質の摂取が重要ですが、それが効率よくコラーゲンに合成されるためにはビタミンCが必要です。ビタミンCを多く含む食品として、柑橘系が挙げられます。みかんやオレンジ、グレープフルーツなど、積極的に食べるようにして肌のコラーゲンを増やしましょう。

ビタミンEが豊富なナッツ類


ビタミンEは抗酸化作用が高く、活性酸素除去に効果が期待できます。ビタミンEを多く含む食品としてナッツ類があります。アーモンドやカシューナッツ、ピーナツなどを毎日少しずつ食べて、ビタミンEの補給をしてください。ただカロリーも高いので、食べ過ぎには気をつけましょう。

まとめ

黒クマの原因や解消方法、メイクでの隠し方について紹介しました。老けて見える黒クマ。どんなにオシャレしても、黒クマがあると台無しです。記事も参考にして、黒クマのない明るい目元になるように頑張りましょう!