【クマの種類】クマの種類の見分け方と症状別の解消方法について

2018/05/02

目の下にクマがあると不健康に見えますし、暗い印象を与えてしまいます。また実年齢よりも老けて見せてしまうため、気になる方も多いものです。

クマができていると何とかして解消したいと思うものですが、そのためにはクマの種類や特徴を知り、それぞれのタイプを知った上で適切な対策を行っていく必要があります。

そこでいくつかの種類に分類されるクマについて詳しく説明をしたいと思います。またそれに対する正しい改善と予防の方法についても触れたいと思います。

まずはクマのタイプを知ろう!4種類のクマ!

目の下にできる不健康そうなクマですが、実は1種類ではなく4種類にも分類されるのです。個人によってできているクマのタイプは異なりますし、それぞれで特徴も大きく異なるものです。

適切な対策を行う前に、それぞれのクマの種類の特徴をまず知ることが必要になります。ここでそのタイプごとのクマについて、まず見分け方について説明したいと思います。できているクマがどんな種類なのか確認してみてください。

下の目蓋を動かしてもクマが動かないなら「青クマ」

睡眠不足や疲れているように見えてしまう青クマですが、この青クマの見分け方ですが、下の目蓋の辺りを動かしてもできているクマが動かない場合、青クマと判断していいでしょう。青クマは皮膚の下にある静脈の色が見えているためで、シミとは違います。そのため、下の目蓋を動かしてもクマは移動しないのです。

皮膚を引っ張って動くなら「茶クマ」

皮膚の下の静脈が見える青クマとは違い、色素沈着によってできるタイプのクマが茶クマです。そのためえ、皮膚を動かすと茶クマも動きます。皮膚と一体化しているために動きますから、実際に動かしてみるとよくわかることでしょう。

目元のたるみを伸ばして消えるなら「黒クマ」

加齢によって下まぶたがたるんでしまったため、目元に影を作り、それがクマのように見えてしまうのが黒クマです。たるみによって起こっているため、目元のたるんだ部分を伸ばしてみると影が消えて黒クマも消えます。色素沈着によってできる茶クマとは違って、目元のたるみを引っ張ると消えるので判別がしやすいといえます。

眼の下が腫れて赤いなら「赤クマ」

色素沈着や目元のたるみなどが原因で起こるクマのタイプとは違い、できないこともあるのが赤クマです。目元が腫れて赤くなっていることがありますが、この状態を赤クマと言います。青クマは静脈の鬱血でできますが、赤クマは静脈と動脈の両方の鬱血によって起こります。

クマのタイプ別の原因について

個人によってできてしまうクマはタイプがそれぞれ異なっています。そのため、クマの予防と改善のためにはタイプを知り、またその原因を知ることが必要になります。

その上で正しい改善法を実行していくことが大切です。ここでクマのタイプ別の原因について触れてみたいと思います。それぞれのクマによって大きな違いが見られます。

青いクマは「血行不良」が原因

青クマができる原因として、主に疲労や睡眠不足によって目元が血行不良になってしまうことで起こることが挙げられます。目元は顔の中でも特に皮膚が薄いため、血行不良になると青くなって見えてしまいます。このタイプのクマは血行不良を改善することが主な対策法となります。

茶色いクマは「色素沈着」が原因

目元は特に皮膚が薄いため、刺激に弱いものですが、目元に対してスキンケアなどで強い刺激を与えたことで起こる色素沈着が茶クマです。色素沈着が原因で茶クマは生じてしまいます。青クマと違い、色素沈着でできたクマは完全に解消することが難しいとされており、薄くするように対処する方法が適切です。

黒いクマは「皮膚のたるみ」が原因

加齢によって皮膚のたるみが起こりますが、目元も同じようにたるみが起こります。それによって目元に影を作ったためにできてしまうのが黒クマです。またむくみによって一時的に黒クマを生じることもあります。黒クマはたるみが原因のため、たるみを改善することが主な解消法になります。

赤いクマは「眼精疲労」が原因

他のクマのタイプとは違い、色が独特のためわかりやすいのが赤クマです。赤クマは眼精疲労が主な原因とされており、目の下が赤くなって表れます。黒クマと青クマは判別が見た目ではわかりにくい場合がありますが、赤クマははっきりわかります。赤クマの場合、眼精疲労を改善していけば、症状は見られなくなります。

青クマに有効な対策

何となく不健康そうに見えたり、疲れて見えてしまうのが青クマです。老けた印象も感じさせるため、美容の観点からも早急に有効な対策を行っていく必要があります。

青クマができる原因として、疲労や睡眠不足が挙げられますが、この他に血行不良を引き起こす原因も考えられます。ここで青クマができてしまった際の有効な対策法について説明したいと思います。

血行促進

青クマの原因として血行不良が挙げられます。そのため、血行を促進するようにしていくことが必要です。適度な運動は血行を促進してくれます。

できるだけ歩くように心掛ける、ちょっとした空き時間を利用してストレッチや体操をするだけでも十分な運動になります。また温かいお風呂に長く入るのも血行を促進する効果があります。毎日シャワーで済ませている方は、お風呂に入るようにしてみるといいでしょう。

食生活改善

食生活の改善や工夫によって血行を促進することができます。食事の際にはなるべく温かい食べ物を積極的に食べるようにしてください。体温が上昇し、また代謝がアップして血行促進に役立ちます。また香辛料を上手に使えば同様に血行が促されます。夏の暑い時期はつい冷たいものばかりを食べてしまいがちですが、そんな時こそ温かい食べ物をなるべく食べるように心掛け、青クマ対策を実行してください。

しっかりとした睡眠

青クマができる原因として睡眠不足が挙げられます。そのため、しっかりとした睡眠を取ることも青クマ解消のために必要です。夜遅く寝る習慣になっている方は、早めに寝るように心掛けてください。またすぐに眠れないという方は、寝る1時間前にはテレビやスマホ、音楽などをストップし、寝る環境を整えるようにしてみてください。

茶クマに有効な対策

目元の印象が悪いと顔全体が老けて見えたりしてしまいます。その原因として茶クマが挙げられます。若々しい印象を与えるためにも茶クマができたら早めに対策を行っていくことが必要です。ここで茶クマに対する有効な対策法について説明したいと思います。

UV対策

茶クマができてしまった場合、完全に消すことはコスメだけでは難しいものですが、目立たなくしたり、悪化させなくすることは可能です。茶クマを濃くしないためにはUV対策を行うことが必要です。紫外線をこれ以上浴びないようにすることが茶クマ悪化の予防につながります。紫外線は年間を通していつでも地上に向かって降り注いでいるため、毎日日焼け止めや紫外線カット成分が配合されているファンデーションを使用するといったことを実行してください。

美白ケア

茶クマは色素沈着によってできるものですから、完全に消すことは難しいですが、目立たなくさせることはできます。美白効果のあるアイクリームを使用することで、茶クマを目立たなくさせます。目の周りは特に肌が薄いため、専用のアイクリームを使用する必要があります。中でもアルブチンやビタミンC誘導体など美白効果のある成分を配合したタイプを選択してケアするといいでしょう。

保湿ケア

美白ケアに加えて保湿ケアを目の周囲に施すことで、透明感のある肌に改善できますし、それによって茶クマを目立たなくさせることができます。保湿成分としてはヒアルロン酸やセラミドなどがあります。こういった高い保湿効果のある成分を配合したアイクリームを使用してケアをしていくと茶クマが目立たなくなります。

黒クマに有効な対策


たるみによって影ができることで生じる黒クマですが、黒クマに対してはたるみを改善することが必要です。たるみ対策としては、コスメとマッサージ、エクササイズなどを中心とした方法が挙げられます。ここで黒クマに効果的な対策法について説明したいと思います。

たるみ対策化粧品を使う

黒クマの原因となるたるみを改善するためには、たるみに対して有効な成分が配合されているアイクリームを使用することが大切です。たるみに有効な成分は、例えばレチノールが挙げられます。またコラーゲンやヒアルロン酸もたるみに有効な成分と言われています。こういった成分が配合されたアイクリームを選択して使用することをお勧めします。

目元のマッサージ

目元をマッサージすることで眼輪筋を適度に鍛えることができます。マッサージをする際にはアイクリームを塗り、肌に過度な刺激を与えないようにしつつ、実行するようにしてください。マッサージをする際には指先で優しく滑らせ、心地よさが感じられる程度で終了させてください。マッサージに合わせて眼輪筋トレーニングを行い、目元の肌に負担をかけすぎないようにすることが大切です。

眼輪筋トレーニング

眼輪筋を鍛えることでたるみを改善することができます。眼輪筋のトレーニングの中で簡単な方法は目を思い切り見開き5秒間それをキープするというものです。これを10回繰り返します。また目じりを人差し指で押さえ、その状態で目を閉じます。5秒間キープし、10回繰り返します。慣れてきたら10回以上行っていくとより眼輪筋を鍛えることができます。

赤クマに有効な対策

目の疲れが主な原因で目元に赤みが生じるのが赤クマです。名前の通り目元が赤くなるので判別しやすい症状ですが、目の疲労回復によって改善を図ることができます。ここで赤クマの解消法について説明したいと思います。

ビタミンKの摂取

赤クマの原因の中には血栓症も挙げられます。この血栓症はビタミンKの不足によって引き起こされてしまうことがあります。このビタミンKは他のビタミンよりも軽視されがちですが、重要な栄養素ですから食費を通して摂取することが大切です。この栄養素はわかめや昆布などの海藻類、またブロッコリーなどに豊富に含まれています。そのためこれらの食品を毎日の献立の中に取り入れて赤クマ対策を行うといいでしょう。

目の休息

赤クマの原因として目の疲れが挙げられます。日頃から目を酷使している方は、意識して目の休息を行うようにしてください。目の休息としては十分な睡眠や昼寝が挙げられますが、それ以外にはリラックスした状態で緑の植物を眺めるというのもいい方法です。

ホットタオルで温感マッサージ

目の疲れを癒やすために、ホットタオルで血行促進を図るのも赤クマ対策になります。ホットタオルはあたかいお湯にタオルを入れ、その後に固く絞ったものを使用します。これを目の上にしばらく置くことで血行を促し、目の疲れを癒やすことができます。

まとめ

クマはその色によって4種類にも分類され、それぞれで対策が大きく異なります。そのため、自分ができているクマの種類を知ることがまずは大切です。また今後にクマができないようにするために、種類ごとの予防法を知っておくことも重要です。

PAGETOP