クマを消す方法をタイプ別に紹介!3つの方法で自分のクマをチェックしよう

目の下のクマは一度できてしまうと消すことが難しく厄介なもの。顔に影ができてどんよりとした印象なったり疲れたり老けたり見えてしまうなど、悩みが尽きません。しかし、自分のクマをチェックして対処法を抑えておけば、あっという間にクマを消すことができちゃうのです!

ここでは、

  • 目の下にできるクマの種類と原因
  • 自分のクマの種類がわかる!3つのチェック
  • 青クマを消す方法
  • 黒クマを消す方法

についてご紹介します。

目の下にできるクマの種類と原因


目の下にできるクマは、そのクマの色によって原因が異なります。まずはどのようなことが原因でクマができてしまったのか、理由を探っていくことで対処法を見つけることができます。それでは、色別のクマの種類や原因について詳しく見ていきましょう。

青クマ:睡眠不足や冷えによる血行不良

血行不良がちな人は、目の下に青クマができることが多いです。目の周りの皮膚は非常に薄いので、皮膚の下の血管も見えやすくなっています。睡眠不足や冷えによって血の流れが悪くなると、血の色を鮮やかに見せる酸素を運ぶ力が弱まり血液の色が黒ずんでしまうことに。これが、皮膚を通してみると青くよどんだように見えてしまうのです。

黒クマ:皮膚のたるみやシワによって肌に凹凸がある

黒クマは主に皮膚のたるみやシワが原因でできてしまうことが多いです。目の周りには眼球を囲うように筋肉が存在しています。この筋肉が加齢などによって衰えていくと、目の下がたるんだりくぼんだりして肌に凹凸を作っていきます。その凸凹によって影ができて黒クマとなってしまうのです。

茶クマ:色素沈着によってシミが集まっている

茶クマの主な原因は色素沈着によるものです。メイク落としによる摩擦や紫外線によって肌に刺激が加えられると、メラニン色素がどんどん目元に溜まって色素沈着を引き起こしやすくするのです。このように、日々の習慣や紫外線による刺激で色素沈着が進行して茶クマとなって現れるようになります。

自分のクマの種類がわかる!3つのチェック


クマの種類別の原因を見ていきましたが、自分がどのクマであるかしっかり把握できている人は意外と少ないのではないでしょうか?ここからは、自分のクマの種類がわかる簡単なチェック方法についてご紹介していきます。

目尻を横に引っ張る

目尻を真横に引っ張るとクマが薄くなる場合、青クマか黒クマである可能性があります。茶クマは色素沈着が原因のため、皮膚そのものを引っ張ると一緒にクマも動いていきます。そのため、目元の皮膚を動かして薄くなるクマは青クマか黒クマであることが多いのです。

顔を上に向けて鏡を見る

顔を上に向けて鏡を見たときにクマが薄くなった場合、黒クマの可能性が高いでしょう。黒クマはいわば顔の影なので、上を向いたり顔のたるみを引き伸ばしたりして見たときにクマが薄くなる場合は、黒クマによる影がなくなって薄くなったと考えられます。そのため茶クマと青クマは顔を上げて見ても薄くなることはありません。

ファンデーションを塗る

ファンデーションを塗ってクマをカバーできる場合、茶クマと青クマであることが多いです。先ほどご説明したように、茶クマは色素沈着によってできているので肌そのものに色がついてしまっている状態。そのため、黒クマに比べてファンデーションによって色味がカバーできる場合が多いのです。

青クマを消す方法


血行不良が原因でできてしまう青クマは、まず目元の血の巡りを良くしてあげることが先決。そこで、ここからは具体的に青クマを消す方法について見ていきます。血行の流れを促進させて、青クマに別れを告げましょう!

目元をマッサージして血行促進

血行不良にはマッサージがてきめん!そのため、まずは目元をマッサージしてみるのが良いでしょう。目元のマッサージを行う際は、人差し指や中指を使いながら優しくリンパを流すように行ってください。摩擦がかからないようにアイクリームやフェイスオイルを使ってマッサージしてあげるようにしましょう。

ホットタオルで温める

目元をホットタオルで温めることで、目の周りの血行を促進させることができます。たっぷり水分を含ませた後にしっかり絞ったタオルを600Wのレンジで1分ほど加熱すると簡単にホットタオルが作れます。目元を温めると身体全体のリラックス効果も得ることができるので、身体全体がだるいという人にもおすすめですよ。

食事では体をあたためる栄養素を補給


身体を温める効果が期待できる栄養素を補給してあげるのもひとつの方法です。鉄分、ビタミンE、葉酸、DHAなどの栄養素は身体の代謝を促進してくれるため、身体全体を温めるのにぴったり!肉や野菜、果物や魚類などをバランスよく食べることで、健康やダイエットにもつながりますよ。

コンシーラーはオレンジ系のものを使う

コンシーラーを使って消す場合は、オレンジ系の色を使用しましょう。厚塗りせずに薄く塗ることで、時間が経ってもキレイにクマをカバーすることができます。クマの色が濃い場合は、オレンジのコンシーラーの上にさらにベージュ系のコンシーラーを重ねづけするとキレイにクマを消せるのでおすすめ!

黒クマを消す方法


続いては、肌の凹凸によって作られる黒クマを消す方法です。黒クマは主に筋肉の衰えが原因なので、目元の筋肉をいかにケアできるかが重要になってきます。それでは、具体的にどのようにすれば黒クマを消すことができるのか見ていきましょう。

目元の筋肉を鍛える

目元の筋肉を鍛えてたるみを解消することで、黒クマを消すことができます。筋肉がしっかりと使われることで目元のリフトアップができるので、顔のたるみなどによる影をなくす効果が期待できます。目を動かして8の字を描くトレーニングや、顔を動かさずに目だけ左右を見るトレーニングがおすすめですよ。

たるみに効くツボを押す

たるみに効果的なツボを押して目元をリフトアップさせるさせるのもひとつの手段です。
目尻から親指の幅半分ほど外側の骨まわりにあるくぼみの「瞳子(どうし)りょう」や、黒目の真下から目尻までの範囲の中央にあたる「球後」というツボがおすすめ!目元の皮膚はデリケートなので、強く押しすぎないように注意しましょう。

スキンケアはエイジングアイテムを選ぶ


エイジングケアアイテムを使うことで、目元にハリやツヤを与えて黒クマを消す方法もあります。黒クマは加齢による筋肉の衰えやたるみによってできるものなので、エイジングケアができるアイクリームなどでケアをすることで黒クマを解消することができますよ。

コンシーラーではなくオレンジ系のコントロールカラーを使う

黒クマの場合は、コンシーラーではなくオレンジ系のコントロールカラーを使うのがおすすめ!コントロールカラーを使用すると肌全体に透明感が出るので、影やくすみなどを上手にカバーすることができるんですよ。黒クマのような濃い色を抑えつつ肌の色に近づけるためにはオレンジ系のコントロールカラーがベストです。

茶クマを消す方法


それでは最後に、色素沈着が原因となる茶クマの撃退法です。色素沈着というとなかなか自分でケアするのは難しいと思われがちですが、正しい方法を実践すればセルフケアでもきちんと茶クマを消すことができます。それでは、具体的な茶クマの消し方について解説していきます。

アイメイクは優しく落とす

アイメイクはごしごしと力を入れずに、優しく落としてあげるようにしましょう。コットンなどで肌をこするようにメイクを落としてしまうと、摩擦やダメージで色素沈着が進んでしまう可能性があります。肌なじみの良いオイルやミルクタイプのクレンジングで、くるくるとやさしくなでるように目元のメイクを落としてください。

美白効果のある化粧品を選ぶ

美白効果のある化粧品を使うのもおすすめです。ビタミンC誘導体、ビタミンA、プラセンタなどは肌のターンオーバーを促す作用があるので、色素沈着した肌を新しく生まれ変わらせてくれる効果が期待できますよ。また、UVカットができるタイプの美白化粧品を使えば紫外線対策ができるので、メラニン色素の生成を抑えて茶クマを予防できます。

コットンで5分間パック


美白化粧水を使ってコットンパックをすると、茶クマを徐々に薄くすることができます。化粧水をたっぷり含んだコットンを目の下に置いて5分間パックしてください。5分以上パックすると逆に乾燥して肌に負担がかかるので気をつけてください。パックが終わったら乳液やクリームで水分が飛ばないようにフタをしてあげるとさらに効果的ですよ。

日焼け止めを塗って紫外線対策

日焼け止めでしっかり紫外線対策をしておくのも効果的とされています。色素沈着の原因であるメラニン色素の生成を抑えてくれるので、茶クマが広がるのも防いでくれますよ。季節にかからわず紫外線は降り注ぐものなので、UVケアができる化粧下地などをメイクに取り入れてみるのも良いでしょう。

まとめ

血行不良や目元のたるみ、色素沈着など様々な原因でできてしまうクマ。クマは一度できると厄介ですが、自分のクマのタイプを理解して種類別の方法で対策すればセルフケアでもしっかりとクマを消すことができます。

1日や2日ですぐに消えるわけではありませんが、地道にコツコツとケアをしていけば若々しくハリのある美しい目元になるのも夢ではありません!日々の努力を重ねて頑張ってくださいね♪