目の下のクマがひどいのはなぜ?!原因と対策を解説


体の調子が特に悪いわけでもなく、そこまで疲れやストレスが溜まっているわけでもないのに目の下にクッキリと表れるクマ。どんなに元気にしていても、目の下にクマができているだけで実年齢よりも老けて見られてしまいます。

そこで今回は、クマの種類別の主な原因、クマを隠す方法などについて紹介します。ぜひチェックしてみてください。

なんでクマが出来るの?種類別の主な原因

画像引用元:latte

クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があり、それぞれできてしまう原因が異なります。種類別の原因について見ていきましょう。

「青クマ」の原因は睡眠不足、ストレス、疲労など

青クマは、皮膚のすぐ下を通っている毛細血管の血液が青っぽく見えることでできるものです。睡眠不足やストレス、疲労や冷え、目の疲れなど、主に生活習慣が原因になります。血流が滞ることで、できてしまうのです。

マッサージなどで顔全体の血流を改善することで青クマを薄くすることは可能ですが、一時しのぎにならないように生活習慣の乱れを根本的に見直す必要があります

「茶クマ」の原因は目をこする癖、アイメイクを落とし切れていない

画像引用元:latte

茶クマができるのは、目をこすったり、マスカラなどのアイメイクを落としきれていなかったりすることが原因になります。メラニン色素の沈着が主な原因なので、目の周りに刺激や摩擦を与えないようにすることが大切です。

できてしまった茶クマは、美白効果のある化粧品を使ってケアすることがおすすめです。

「黒クマ」の原因は筋肉の衰え、目の下のたるみ

黒クマは、生まれつき目の下の脂肪が少ないもの、加齢によって皮膚がたるみを起こしてへこみができ影となってしまうものなどが原因です。血行不良や色素沈着の場合と異なり、黒クマの場合は改善が難しいでしょう。くぼみや影なので、メイクで隠すこともできません。

自然に青クマを隠すベースメイクの手順

画像引用元:latte

ここでは、自然に青クマを隠すメイクの手順を紹介します。青クマが気になる人は、ぜひ参考にしてください。

化粧下地を顔全体に塗る

化粧下地を顔の数カ所に適量のせ、薄く伸ばして顔全体になじませていきましょう

オレンジコンシーラーを下まぶた部分にチップで塗る

オレンジ系のコンシーラーを下まぶたの青クマが気になる部分にチップで塗ります。薄く伸ばしていきましょう。

イエローのコントールカラーをブラシに取り、クマの部分にポンポンと塗る

イエローのコントールカラーをブラシに取ります。青クマの部分に軽くポンポンと塗り、なじませましょう

境界線の部分を指で軽くなじませる

青クマをカバーした部分はそのままに、コンシーラーの境界線部分をぼかします。指で軽くなじませていきましょう。

上瞼はイエローのコントールカラーのみを、指でトントンと置くように塗る

イエローのコントールカラーを上瞼にのせます。指でトントンと置くように塗っていきましょう。

ファンデーションをブラシで取り、満遍なく伸ばす

ファンデーションを大きめのブラシに取り、顔全体に満遍なく伸ばします。軽くなじませていきましょう。

フェイスパウダーをスポンジに取り、軽く押さえるようにする

フェイスパウダーをスポンジに取り、顔全体に軽く押さえるようにします。青クマの部分には丁寧になじませましょう。

完成

これで完成です。すっかり青クマがカバーできて、明るい印象になりました。

茶クマはラベンダーカラーで隠す!

画像引用元:latte

色素沈着が原因の茶クマは、ラベンダーカラーで綺麗にカバーできます。簡単にできる方法を紹介しましょう。

下地を下まぶたに塗る

下地を下まぶたに点置きします。ポンポンと、人差し指で軽く叩いてなじませましょう。

ファンデーションを点置きし、スポンジでよくなじませる

次にファンデーションを点置きして、スポンジでよくなじませましょう

コンシーラーを線でのせ、指でポンポンとなじませる

コンシーラーを目の下の3ヶ所ぐらいに線で置きます。これまでと同じく、指でポンポンとなじませていきましょう。

フェイスパウダーをはたく

上からフェイスパウダーを軽く叩きます。カバーした場所より広めに、目の周りを叩いてぼかしましょう

ラベンダーカラーのアイライナーを涙袋に乗せる

ラベンダーカラーのアイライナーを、涙袋に丁寧に乗せていきます。そのあと指でそっとなじませましょう。

完成

これで完成です!老けて見える茶クマが綺麗に隠れました。

黒クマ(影クマ)のポイントは明るいコンシーラー

画像引用元:latte

黒クマはたるみなどが影になってできてしまうもの。コンシーラーを使って綺麗にカバーする方法を紹介しましょう。

下地、ファンデーションを塗る

いつも使う下地とファンデーションを塗っていきましょう。顔全体にムラなく伸ばしてください。

真っ白のコンシーラーと明るめのコンシーラーを点置きし、指でポンポンなじませる

真っ白のコンシーラーと明るめのコンシーラーを、目の下に点置きします。中指でポンポンとなじませていきましょう

ハイライトを影の濃い部分に乗せていく

コンシーラーをなじませたら、ハイライトをブラシにとります。目の下の、影が濃い部分に乗せていきましょう

完成

これで完成です。厄介な黒クマも、綺麗に隠れました。

ひどいクマがあるとマイナスイメージを持たれやすい!?


目の下にクマがあると、さまざまなマイナスイメージを持たれてしまいます。どのような印象を持たれてしまうのか、見ていきましょう。

元気でも不健康そうに見えてしまう

クマがあると、不健康そうに見えてしまいます。クマは睡眠不足やストレスが原因でできる場合もありますが、健康や体力面にはまったく問題がない場合にもできる場合があります。体は元気なのにクマがあるだけで疲れたイメージを与えてしまうでしょう

疲れて老けたイメージに……


目の下のクマを見ると、疲労が蓄積して体力が落ちているように見えてしまいます。どんなにエイジングケアをしていても、目の下にクマがあるだけで実年齢よりも老けてみられてしまいます。いつも疲れて老けたイメージがあると、男性の前に自信をもって出ることもできなくなり、恋愛から遠ざかってしまうこともあるでしょう。

暗い、怖いといった良くないイメージを持たれてしまう

目の周りを黒や茶色で塗るメイクを、別名キョンシーメイクと呼ぶことがあります。白塗りの顔に目の周りだけがクマのようにメイクした顔は、怖さがにじみ出ています。

目にクマができているとこのような怖いイメージを与えることがあります。また、黙っていると暗い印象を与えることになり、周囲の人も声をかけるのをためらってしまうことがあるでしょう。もともとの性格は明るくても、良くないイメージを持たれてしまう可能性があります。

こんな生活習慣を改善してクマの原因を除去しよう

クマをなくすためには、生活習慣の改善が必要になります。具体的にどのようにすればいいのか、紹介しましょう。

やっぱり睡眠不足は大敵!

睡眠 女性

目の周りの皮膚は顔のほかの部位に比べて薄く、血管が透けて見えやすい場所です。疲れ目や眼精疲労など、目と目の周りの筋肉を酷使すると血流が悪くなり、よどんだ血液が透けて見えてクマができやすくなります

睡眠不足も、血行を悪くしてクマができる原因になります。どんなに忙しくても、しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。

血行不良にならないように普段からマッサージを

目元や顔は日常的に意識して動かさないと、血液が停滞しやすくなります。そうならないようにするため、日頃から顔を動かす運動や、ツボ押し、マッサージなどをすることが大切です。

マッサージによって血行だけでなくリンパの流れも促すことができ、老廃物の排出にも効果が期待できます。

栄養に偏りのある食生活はホルモンバランスを悪くする

食事
極端に栄養に偏りのある食生活は、血行や代謝だけでなくホルモンバランスも悪くします。自律神経やホルモンバランスが乱れることによって血流が悪くなったり、代謝が低下したりします。目の周りの細胞にも酸素や栄養分が十分に届かなくなることによってクマができるのです

クマを予防するためには生活習慣だけでなく、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。緑黄色野菜などビタミン・ミネラルが多い食材を意識して摂取するようにしましょう。

ストレスがたまると、ホルモンバランスや自律神経が崩れる

ストレスが溜まると、ホルモンバランスや自律神経が乱れます。その結果、血流や代謝が悪くなり、クマができやすくなります。

また、ストレスが溜まると眠れなくなったり、眠りの質が低下したりして、さらにクマがひどくなります。ゆっくりとぬるめのお風呂に浸かったり音楽を聴いたりして、ストレスが溜まらないようにしましょう。

アイメイクをきちんと落とさずに過ごす

目元は、眼精疲労だけでなくアイシャドウやアイライン、マツエク、マスカラなどのコスメによっても酷使されています。薄い肌に密着するアイメイクは落ちにくいため、専用のクレンジングやリムーバーを使用しないと残ってしまうことがあります。

アイメイクをきちんと落とさないと、色素が沈着したり、肌に負担をかけたりしてクマができやすくなります。特に就寝前にはアイメイクをしっかりと落とし、目の周りを休ませるようにすることが大切です。

まとめ

どんなに元気で活力にあふれていても、ひどいクマが目の下にあるだけで疲れて不健康そうに見えます。また、エイジングケアを頑張っているのに実年齢より老けて見えるのも、女性にとっては悲しいことです。クマには種類があり、原因もさまざま。それぞれの原因と対処法を正しく理解して、まずは生活習慣を見直すことから始めてみましょう!