肌のツヤを出す方法とは?失われる原因やお手入れ方法を紹介

透明感のある美しい肌に欠かせないのが、ツヤです。ツヤ肌という言葉があるほど、美しさには肌のツヤが書かせません。。

そこでこの記事では、ツヤ肌になるためのお手入れ方法、ツヤ肌をメイクで作るポイントなどについて解説します。

ツヤ肌になるためのスキンケア方法

画像引用元:latte

肌のツヤを良くするためにまず大切なのが、スキンケアです。まずはおすすめのお手入れ方法を紹介しましょう。

顔を水ですすぐ

まずは顔を水ですすぎましょう。いきなりクレンジングや洗顔料をつけるのはNGです。

ネットにクレンジング剤を1cmほど出し、よく擦り合わせる

泡立てネットにクレンジング剤を1cmほど出して、よく擦り合わせます。タップリの泡を作りましょう

泡を顔に置き、肌に触れないように優しく洗う

泡を顔に置き、優しく洗います。指が肌に触れないように、泡の表面でマッサージしましょう

先行美容液を手のひらに出し、よく顔に馴染ませる

よくすすいだあとは化粧水の浸透が良くなるように、先行美容液を塗ります。手のひらに出し、よく馴染ませましょう。

コットンに化粧水をひたひたに浸し、肌にしっかり馴染ませる

コットンに化粧水をひたひたに浸します。肌にしっかりと馴染ませましょう。

軽くハンドプッシュをする

化粧水の浸透を高めるために、顔全体を軽くハンドプッシュします

10~15分パックをする

シートマスクを用意しましょう。10〜15分パックします。

保湿ジェルで肌に蓋をする

保湿成分がタップリ配合された保湿ジェルで、肌に蓋をします。潤いを閉じ込めて、肌のツヤが良くなるでしょう。

完成

これで完成です。肌に元気がないと感じたら、ぜひ試してみてください。

ヒト型セラミドでしっかり保湿

肌の保湿には、セラミドが配合されているものを選びましょう。セラミドは角質層で水分保持を担っている成分で、このセラミドが減少すると肌のツヤが失われてしまいます。

セラミドにもいろいろな種類がありますが、保湿効果が高いのは肌と似た構造を持つヒト型セラミドです。スキンケア商品はヒト型セラミドは含まれているものを選ぶのをおすすめします。

美容オイルやシアバターで水分の蒸発を防ぐ


肌に水分を補給するためには化粧水が基本となりますが、それだけでは補給した水分がすぐに蒸発してしまうため、乳液やクリーム、美容オイルなどで肌に蓋をして潤いを維持する必要があります。肌にハリやツヤを与える複数の美容成分が配合されたオイルも、ツヤ肌におすすめです。

また、ステアリン酸やオレイン酸、リノール酸などの人の肌の成分によく似た脂肪酸をもつシアバターは、抗酸化作用のある天然のビタミンEを豊富に含んでいることから肌のツヤを出すのに効果が期待できます。

毛穴がツルツルになる洗顔方法

肌にツヤを出すには、正しい洗顔が大切です。毛穴がツルツルになる洗顔方法を紹介しましょう。

洗顔料を泡立てネットで泡立てる

洗顔料を適量手に取りましょう。ネットを使い、よく泡立ててください

空気を含ませながら、少しずつ水を足していく

空気を含ませながら、大きな泡を作っていきます。水を少しずつ足していくと泡立ちやすくなります

顔に泡を乗せ、肌に触れないように優しく撫でるように洗う

顔をぬるま湯で予洗いしたあと、たっぷり作った泡を顔に乗せましょう。指が肌に触れないように、泡で優しくマッサージするように洗います

横に向かって手を動かし、ゆっくり1分間ほど洗顔する

横に向かって手をゆっくり動かしながら洗います。1分間ほどマッサージしましょう。あまり長い時間かけないようにしてください。

洗い流し、冷水でよく毛穴を締める

洗顔料を洗い流します。フェイスラインなど洗い残しがないように良くすすいでください。最後は冷水を使い、毛穴を引き締めましょう。

完成

洗顔後は化粧水と乳液で肌を整え、完成です。毛穴の汚れがスッキリと落ち、ツルツルの肌になりました。

肌のツヤを作る引き締めエクササイズの方法

続肌のツヤは肌のハリとも密接な関係があるため、肌のツヤがなくなってきたと感じたときには、顔の肌を引き締めるためのエクササイズが効果的です。

顔には数多くの表情筋がありますが、普段ほとんど使っていないために筋肉が硬くなったり衰えたりして動きが悪くなります。ここからは肌にツヤを出すエクササイズを紹介しましょう。

鏡の前で「イー」と口角をあげて頬を持ち上げ10秒キープ

ほうれい線はシワのなかでも特に気になるものですが、口の周りの筋肉を意識することによって改善できます。具体的なエクササイズは、まず鏡の前で口角をあげることを意識し、頬を持ち上げながら「イー」の口を10秒間キープしましょう

「イー」の口のまま頬を両手の指で押し上げ10秒キープ


普段使わない筋肉は、顔の筋肉の動きだけではしっかりと頬を持ち上げることが困難です。「イー」の口のまま両手の指を使って頬を押し上げてさらに10秒間キープしましょう

ゆっくりと口角をあげて元の位置に戻す

「イー」の口のまま指で頬を持ち上げてキープして、ゆっくりと口角をあげながら元の位置に戻します。

また、口を「イ」だけでなく「ウ・イ・ス・キー」と動かすエクササイズを行うとより顔の筋肉を鍛えることができるでしょう。

メイクで崩れないツヤ肌を作る方法

ツヤのある肌はメイクで作れます。ここでは、崩れないツヤ肌の作り方を紹介しましょう。

化粧水、乳液、クリーム等を塗ったあと、オイルでTゾーンと目元をオイルでツヤを作る

艶肌作りには保湿が大切です。メイクの前に化粧水と乳液でしっかりとスキンケアをしましょう。

そのあとオイル系の美容液を、Tゾーンと目の下の部分に塗っていきます。「ホ」の字と覚えておくといいでしょう。

下地を顔全体に伸ばす

下地はツヤ肌を意識せず、いつも使っているもので大丈夫です。ツヤは後から塗るもので出していくので、下地はしっかり密着するものを選んでください。「ホ」の字の部分は特に関係なく、顔全体に伸ばしましょう

ファンデーションをつける

ツヤ肌にするには、水分が多いリキッドファンデーションがおすすめです。化粧崩れもしにくくなります。顔にのせたらすぐに伸ばしていきましょう。目の周りはトントンとたたくようにつけます。

パウダーは、ツヤを出さない部分にのみ塗っていく

「ホ」の字の部分のツヤを残すため、それ以外の部分にパウダーを塗っていきましょう。サッと軽く塗る感じでつけてください。

完成

これで完成です。化粧崩れしにくいツヤ肌に仕上がりました。

オイルが決め手!ツヤ肌の作り方

次は、オイルを使ったツヤ肌メイクを紹介します。コンシーラーで気になる部分を隠すのがポイントのメイクです。

オイルを顔全体に塗っていく

オイルを顔全体に塗っていきましょう。顔の中心から外側に向けて伸ばします。そのあと全体を手のひらで押さえてください。

下地を塗る

下地はいつも使っているもので大丈夫です。数カ所に点置きして、全体にムラなく伸ばしましょう。

コンシーラーで気になる部分を隠す

コンシーラーで気になる部分を隠していきます。コンシーラーで気になる部分をカバーすることで、ファンデーションで厚塗りすることを防ぎましょう。これがツヤ肌にするポイントです。

リキッドファンデーションで隠したい部分を点で置き、全体的に塗る

リキッドファンデーションで隠したい部分だけを点で置き、全体になじませていきます。チークを塗る部分にも塗っておきましょう。

色の濃い目のコンシーラーで赤みのある部分を隠す

色の濃い目のコンシーラーを使い、赤みの気になる部分を隠します。その上から、明るめのコンシーラーを重ねることで綺麗に隠れるでしょう。これでツヤ肌メイクの完成です。

ツヤ肌かつカバー力抜群なベースメイクの方法

気になる部分をカバーしつつ、肌にツヤを出すベースメイクの方法を紹介します。

下地を塗る

しっかり保湿したあと、下地を塗ります。数カ所に点置きして、全体に伸ばしましょう

リキッドファンデーションを指で点置きし、スポンジで薄く伸ばすように塗る

目の周りは避け、リキッドファンデーションを指で点置きします。スポンジで薄く伸ばすように塗っていきましょう。乾きが早いので、手早く塗るのがポイントです

目元にリキッドファンデーションを薄く塗る

目元は皮膚が薄いので、スポンジに残ったファンデーションを薄めにつけるだけでOKです。これが化粧崩れしないコツになります。

コンシーラーをブラシに取り、隠したい箇所に置く

コンシーラーをブラシに取って、隠したい場所に置きます。肌に近い自然な色を使いましょう。

置いたら、隠したい箇所の周辺をぼかす

スポンジで、コンシーラーの境目をぼかしましょう。一番隠したい場所はそのままで、周りをぼかしていきます。

クリーム、リキッドタイプのコンシーラーでくま、鼻元、口角を隠す

動きのある目元や口元のカバーは、リキッドタイプのコンシーラーを使うことで崩れにくくなります。クマや鼻の周り、口角などの気になる部分を隠しましょう。

クリームチークを頬骨周辺に起き、スポンジでポンポンとぼかす

クリームチークを頬骨周辺に指でポンポンと置いていきます。そのあとスポンジを使い、ぼかしていきましょう。

パウダーをパフで取り、テカってしまいやすい部分、コンシーラーを置いた部分に置く

パウダーをパフに取り、Tゾーンなどテカリやすい部分やコンシーラーを置いた部分に置いていきます。特にテカリやすい夏などは、パウダーで押さえるようにしましょう。

完成

これで完成です。気になる部分をしっかりカバーしたツヤ肌メイクになりました

秋冬におすすめ!エクセル グロウルミナイザー UVを使ったツヤ肌の作り方

下地「エクセル グロウルミナイザー UV」を使って簡単にツヤ肌になれるメイクを紹介します。秋冬のメイクにおすすめです。ぜひ試してみてください。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC-UV-GL01-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%A6/dp/B01MRK7HRT?SubscriptionId=AKIAJHVKM35TCLZU53BA&tag=feely-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01MRK7HRT

パールの発光感がツヤを出す下地です。美容オイル配合で、保湿効果、SPF28 PA+++でUV効果も期待できます。

しっかりと保湿する

メイクの前に化粧水と乳液でしっかり保湿します。保湿はツヤ肌の基本になります。

下地を点置きし、指で伸ばす

下地はいつも使っているもので大丈夫です。数カ所に点置きして、指で全体に伸ばしましょう

エクセル グロウルミナイザー UVをCゾーンに塗る

エクセル グロウルミナイザー UVを、目尻のCゾーンに塗っていきます。立体感や発光感が出るでしょう。

くま、小鼻、ニキビ跡等にコンシーラーを置き、ポンポン叩き込む

クマ、小鼻の周り、ニキビ跡など気になる部分にコンシーラーを点で置きます。そのあと指でポンポンと叩き込みましょう。つけすぎには注意してください。

クリームファンデーションを点置きし、手でポンポンと叩き込む

クリームファンデーションを顔の数カ所に点置きします。全体にムラなく伸ばしたあと、手でポンポンと叩き込みましょう。

スポンジで余計な油分を除く

スポンジを使い、余分な油分を取り除きます。化粧崩れを防ぐことができるでしょう。

シェーディングをする

顔に立体感を出すために、シューディングをします。肌より暗めの色を選び、ブラシで顎やフェイスラインに入れてください。

ブラシでパウダーを乗せる。崩れやすい部分はパフで抑える

フェイスパウダーをブラシにとります。余分な分は手の甲で調整しながら、顔全体に乗せていきましょう。化粧崩れしやすい部分はパフで抑えてください。

ハイライトをCゾーンの上をなぞるようにして置いていく

ハイライトを目尻のCゾーンの上をなぞるようにして、置いていきます。丁寧になじませましょう。

目の下のコンシーラーをした部分に重ならないように置いていく

ハイライトは、目の下にコンシーラーをした部分には重ならないように置いてください

ツヤ系のチークをブラシで足していく

ツヤ系のチークをブラシで足していきます。頰の高い位置に、内側から外側に向けて軽めにつけましょう

完成

これで完成です。立体感のあるツヤ肌に仕上がりました。

そもそも肌のツヤとは?


健康でみずみずしい肌にはツヤがあります。そもそもツヤ肌とはどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

角質層の状態が良く、光を均等に反射している

肌のツヤは角質層の状態が良く、光が反射して光って見える状態です。ファンデーションやフェイスパウダーなどを使ってツヤをつくることもできますが、健康なツヤ肌は素肌が基本になり、肌の健康状態をいかに保つかが大切なポイントになります。

キメが整っていて健康的


キレイな肌を「肌のキメが整っていて美しい肌」と表現することがあります。肌のツヤとキメがセットでよく使われるのは、肌のツヤには肌のキメが与える影響が大きいためです。肌のキメが整うと、肌表面は凹凸のない状態となります。

肌のツヤは光の反射と密接な関係にあり、キメが揃って肌に凹凸がないことによって、光が反射してツヤが出てくるのです。

肌のターンオーバーが正常でメラニンが排出されている

ツヤ肌は肌のターンオーバーが正常で、回復力が早いという特徴があります。紫外線などの影響でメラニンが作られても、ターンオーバーが正常であれば速やかに排出されて肌に残りません。メラニンがないことで肌は光を均一に反射することができ、肌にツヤが出てくるのです。

ターンオーバーの正常化には正しいスキンケアや良質な睡眠をとることが大切です。

血液やリンパの流れが良いと肌も健康に


ツヤのある肌の特徴として、血液やリンパの流れがいいことも挙げられます。血液やリンパの流れが滞ると老廃物の排出がうまくいかなくなり、肌のツヤも失われるでしょう。

こんな状態には要注意!ツヤが失われるサイン


素肌に問題があれば、どんなに高価な美容液などを使ってもツヤのある肌に導くことはできません。ここでは、肌のツヤが失われるのはどのような場合か、説明します。

乾燥してバリア機能が低下

肌にはバリア機能があり、外部の刺激から肌を守っています。バリア機能は角質層に十分な水分が保たれていることで、正常に機能することができます。

肌のバリア機能が正常であれば肌のターンオーバーも正常に働き、肌にツヤが出てくるでしょう。しかし角質層の水分が減少して肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してツヤが失われることになります

角栓や肌のテカリなど肌の悩みがある


角栓やテカリなど肌の悩みがあると、ツヤがなくなります。角栓は皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴に溜まってできるものです。ニキビの原因になるもので、肌のツヤが失われる原因になるでしょう。

一方、テカリもツヤ肌の大敵です。ツヤとテカリは同じように思えますが、皮膚から分泌される油分と水分のバランスがとれたものがツヤ、油分の量が多い場合にテカリとなります。

まとめ

若々しい素肌にはツヤがあります。ツヤは、光が肌に反射したときに肌が健康で均一な状態であるから、透明感のある輝きを放つことができます。ツヤを出すためには、肌の角質層の水分を十分に保持することとともに血液やリンパの流れを促したり、顔の筋肉を鍛えたりすることが大切です。

また、ちょっとしたコツを覚えるだけで化粧下地やリキッドファンデーションでツヤ肌メイクをすることもできます。毎日のスキンケアとメイクでツヤ肌美人を目指しましょう。