目尻のシワはどうしてできる?原因・有効な対策方法とは?

実年齢よりも老けて見せてしまう肌トラブルがシワです。目尻やほうれい線など、顔の様々な部位にできてしまうものですが、実は1種類だけではなく、いくつかの種類に分類されます。それぞれに特徴があり、また原因も異なっています。肌にできているシワの種類を知り、その種類に合ったケアをしていくことが改善や予防のための近道になります。そこで肌にできるシワの種類や特徴、正しいケアの方法について説明したいと思います。

目尻のシワは3つのタイプに分けられる!


目尻を見るとシワができてしまっていることがありますが、目尻にできるシワは実は1種類ではなく、3つのタイプに分類されます。それぞれのタイプにはその原因があり、大きく異なっています。その原因を知ることが予防と改善のためには必要です。ここで目尻にできるシワの3つのタイプについて、その原因を説明したいと思います。

その1:ちりめんじわ(小じわ)・・肌の乾燥、摩擦

目尻にできる小さく細かいシワはちりめんじわと呼ばれますが、このシワは20代前半の方でもできることがり、加齢が原因というよりも、肌の乾燥と摩擦が大きな原因といえます。皮膚の一番上の角質層にできるのがちりめんじわです。乾燥によって肌の表面が収縮し、浅くて小さいちりめんじわができてしまいます。

ちりめんジワを作るもう1つの原因が摩擦です。洗顔時に過度に力を入れて肌を擦る、化粧水やクリームなど基礎化粧品を肌に付ける際に強く擦るようにつけたり、力を入れてマッサージを行うと角質層に負担をかけたり、肌に必要な潤いがなくなってしまいます。20代前半でも、肌に強い摩擦を与えてしまうと、ちりめんジワができてしまいます。そのため、洗顔やスキンケア時には肌を優しく扱うことが大切です。

その2:表情ジワ・・表情筋が固くなった状態


目の周りの表情筋が衰えて固くなると皮膚を支えることが難しくなり、表情ジワができてしまいます。人によって笑った時の表情は異なりますが、同じ表情で笑うことは多くあるものです。表情筋が固くなった状態で、常に同じ表情で笑うと表情ジワが定着してしまうようになります。表情ジワは表情筋を鍛えることが大切ですが、同時に同じ表情で笑うことをしないようにすることも必要になります。

その3:深しわ・・・加齢による筋肉の衰え

加齢によって筋肉が衰えていき、肌の弾力性が失われていくと深くくっきりとした深しわができてしまいます。加齢によるこのシワは真皮層に存在しているコラーゲンの量が減少することも関係しています。コラーゲンは肌の弾力性に関わる成分ですが、加齢によってコラーゲンが減少するとシワを押し戻す力が低下してしまい、シワができてしまいます。

ちりめんじわ(小じわ)をケアする方法

鏡で顔を見るとちりめんじわができていることに気付く方がいますが、ちりめんじわは小さいため表情ジワや深シワに比べると目立ちにくいものです。ただちりめんじわを放置していると徐々に増えていき、それによってシワが目立つようになります。そのため、ちりめんじわを改善していくためのケアが必要になります。

ちりめんじわをケアするためには、正しい方法を知った上で実践していくことが大切です。ここでその方法について説明したいと思います。保湿によるスキンケアに加えて、食事と紫外線対策が主な方法です。

入浴後にたっぷりの化粧水でコットンパック


ちりめんジワは肌表面の角質層にできるシワです。この角質層の乾燥を防止するスキンケアを行っていきます。使用するアイテムは化粧水とコットンです。まず乾燥したコットンにたっぷりの水を染み込ませ、軽く絞ります。その次に日常的に使用している化粧水をコットンに染み込ませます。コットンを裂いて薄くし、そのコットンを顔全体に貼っていきます。肌の上にコットンを置く際には優しく行うようにしてください。そしてコットンの上から優しく手で押さえ、肌にコットンがなじむようにします。

コットンに含まれた化粧水が角質層の深部にまで浸透していけば、コットンは乾燥していきます。この状態が終了の合図です。完全に乾燥した状態でコットンを剥がすと肌に負担をかけるため、ある程度水分が残った状態で剥がすようにしてください。

乳液+クリームで保湿する

コットンパックで十分な水分を肌の角質層に浸透させた後は、その水分を蒸発させないために、油分を補う必要があります。乳液とクリームを使って保湿を行っていきます。乳液を手のひらで温め、薄く肌の上に伸ばしていきます。しばらく待って肌がすべすべな状態になったら、クリームを使用して追加の保湿を行っていきます。

クリームを使用する際にも、手のひらでクリームを温めてから手のひらで顔全体を押さえながら肌に馴染ませていきます。多少面倒に感じられますが、肌の角質層の奥にまで乳液やクリームに含まれている保湿成分を浸透させたり、油分を肌に馴染ませるために必要な作業のため、スキンケアの都度必ず行うようにしてください。

たんぱく質やビタミンA、C、Eを含む食品をしっかり摂る


ちりめんジワの予防と完全のためには、スキンケアだけではなく、美肌作りの基礎となる食事を通した栄養補給が必要になります。まず肌を構成しているたんぱく質は毎日しっかりと摂る必要があります。タンパク質を多く含むのは肉や魚、大豆製品などですが、いろんな食品を通してたんぱく質を摂取するようにしてください。

たんぱく質と同じく毎日必ず摂取したいのがビタミンA、C、Eです。ビタミンAは肌の代謝を促進し、肌の乾燥を予防する効果が期待できます。またビタミンCは抗酸化効果があり、肌の老化を抑制する効果があります。さらにビタミンEは血行を促進し、肌に必要な栄養を届ける環境作りに役立ちます。また抗酸化作用もあるため、肌の老化促進に役立ちます。これらのビタミンは野菜や海藻などから補給できるため、いろんな食材から摂取することが大切です。

年中UVケアをする

肌の角質層の乾燥は紫外線によって促進してしまいます。紫外線を浴びると角質層の水分が蒸発しますし、肌のバリア機能が衰えて乾燥を引き起こします。そのため、UVケアを行う必要があります。紫外線は年間を通して地上に降り注いでいるため、年中UVケアをしなければなりません。UVカット効果のある日焼け止めやファンデーションを使用して、肌を保護するようにしてください。

紫外線をカットする効果のある成分の中でも安心なものは紫外線散乱剤です。ケミカルなものではないため、肌への負担がありません。そのため、紫外線散乱剤を使用しているスキンケアアイテムをできるだけ選ぶようにしてください。

表情ジワのケア・対策方法


目尻や口元など、笑ったりしたときにくっきりと目立つのが表情ジワです。この表情ジワも実年齢よりも老けて見せてしまうものです。そのため、適切なケアを行い、予防と改善を図っていく必要があります。ここでそのための具体的な方法について説明したいと思います。表情ジワは20代の方でもできる場合があるため、早期から行うことが大切です。

食生活、喫煙などの生活習慣を改善する

表情ジワは同じ表情をすることでできてしまうものですが、肌の弾力性があれば目立たなくさせることができます。ただ乱れた食生活によってたんぱく質やビタミン、ミネラルなどがきちんと補給できないと肌の弾力性が失われていきます。また喫煙は活性酸素を発生させ、肌の老化を促進し、肌の弾力性を失わせてしまいます。そのため、健康的な食生活と禁煙を実行し、生活習慣を改善していくことが表情ジワ対策になります。

顔ヨガ【目尻のVスマイル】


目の周りの表情筋を鍛えることで、肌の弾力性をキープでき、表情ジワを作りにくくすることができます。そのために有効なのが顔ヨガです。人差し指と中指でV字を作り、目尻に置き、目を軽く開きながら笑顔を作ります。表情筋に過度な負担をかけないため、適切に表情筋を鍛えることができます。顔ヨガを毎日5回ずつ行ってください。

眼輪(がんりん)筋トレーニング・凝りほぐし


眼輪筋のトレーニングを行うことで目のたるみを予防し、表情ジワをできにくくします。まず両手の人差し指で目じりを斜め上方向に優しく引っ張り、5秒間目を閉じます。そしてゆっくりと目を開きます。次に斜め下方向に引っ張り、5秒間目を閉じます。これらのトレーニングを1セットとし、1日に5回行います。

エステでボトックス注射の施術を受ける

目の周りのトレーニングに合わせて、より表情シワの改善を効果的に行う方法として、美容皮膚科のエステで行うボトックス注射があります。目尻にボトックスを注射することで、表情ジワが目立たなくなります。一度施術を受けると半年から1年は効果が持続します。簡単にできる治療ですし、痛みも少ないため、表情ジワの改善を大きく図りたい方にはおすすめです。

深しわのケア・対策方法

加齢が主な原因で起こる、額や口元によくできる深しわですが、この深シワに対しても、目立たなくさせるためのケア方法があります。できてしまった深しわだけではなく、これから深しわができないようにしていくために、年齢に関係なく、どなたにでも実行していただきたいと思います。ここでその方法を説明したいと思います。

目を細めたり眉間をひそめるクセをやめる

深しわは毎日同じ表情をすることで、シワができてしまい、より深くなってしまいます。そのため、目を細めたり、眉間をひそめるといった表情をしないように心掛けることが大切です。なるべくこのような表情をしないように習慣づけていけば、自然とクセがなくなっていきます。

ビタミンC誘導体入りのコスメを使う


肌の真皮層にはコラーゲンが多く存在しており、肌の弾力性に関係しています。このコラーゲンは加齢とともに減少していき、肌の弾力性を失わせ、深しわを生じさせてしまいます。このコラーゲンの生成を促す働きを持っているのがビタミンCです。そのため、コスメの中にビタミンC誘導体が配合されているものを使用すると深シワに対して効果を期待することができます。

シワ伸ばしリンパドレナージュ


深くなったシワを伸ばし、目立たなくするために効果的なのがリンパドレナージュです。リンパの流れを促進し、肌の老廃物の流れをスムーズにする効果もあります。リンパドレナージュは自宅でも簡単にできます。指の腹で目じりを優しく押し、顔の外側に向かって押しながら移動させていきます。1日に1分間行うだけで、目尻の辺りがすっきりとした感じになります。

目尻のシワ改善に効くと評判のアイクリーム3選

目尻にできた深シワに対しては、アイクリームを使用することで改善を図っていくことができます。アイクリームはいろんな商品があり、シワ対策を行いたいと思っても選択に困る方もいることでしょう。ここで効果があると評判のあるアイクリームをご紹介したいと思います。

メモリッチ

徹底的な目元ケア専門の研究の末に誕生したのが「メモリッチ」。

アイキシルと呼ばれる5種類のペプチドのほか、ハリのある目元を実現する浸透型ビタミンC誘導体「3LGA」、17種類の保湿成分を独自に配合にしています。

さらに、目というデリケートな部分につけるものという点を考慮し肌に優しい無添加処方。「パラベン」「アルコール」「石油系着色料」「合成香料」「石油系界面活性剤」「紫外線吸収剤」「鉱物油」「合成着色料」などは一切使用していないので安心して使用できます。

メモリッチは、目元のシワやたるみで悩んだらまずは試していただきたい商品です。

◆公式サイト:https://memorich.jp/lp/

メモリッチ

リッツ リバイバル ラインゼロ リンクル 集中 美容クリーム 12g

リッツ リバイバル ラインゼロ リンクル 集中 美容クリーム 12g
目尻にできたシワを集中的にケアしてくれる美容クリームです。1回分を出すことができ、40日使用できるようになっています。植物幹細胞由来成分が配合されており、シワを目立たなくしてくれます。スティックタイプで手を汚すことなくケアが可能です。

White Pixie(ホワイトピクシィ) ホワイトピクシィ リ・アイズα 25g

White Pixie(ホワイトピクシィ) ホワイトピクシィ リ・アイズα 25g
スキンケアの最後に塗る目元用クリームです。12種類の植物成分と3つの天然由来成分を配合し、目元にしっかりと保湿と潤いを与え、ハリのあるしっとりした目元に導いてくれます。目元が乾燥しやすい乾燥肌の方でも安心して使用することができます。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリーで肌が敏感に感じやすい方にもおすすめです。

まとめ

シワといっても加齢だけではなく、表情や乾燥によってできてしまうタイプのシワもあります。シワが気になっている方は自分のシワのタイプを知り、適切なケアを実践してみてください。また深シワは特に目立ちやすいため、若い頃から十分なケアを行って予防していくことが必要です。