顔のシワができる原因・シワ防止のための生活習慣とは?

顔が乾燥して見えたり、また老けて見せる原因としてシワが挙げられます。自分を魅力的に見せるためにはシワの予防や目立たなくするためのケアを行っていく必要があります。シワの予防と改善を正しく実行していくためには、シワができる原因を知ることがまずは必要です。そこでシワができる原因について、また正しいケアについて説明したいと思います。実際にシワができて困っている方、シワができないようにしたい方は参考にしてください。

顔のシワの主な原因


老化のサインにも見えてしまう気になるシワですが、顔にできるシワにはいくつかの原因があります。その原因を知らないと、今後もより多くのシワができる可能性がありますし、またできているシワがより目立ってしまうこともあり得ます。ここで顔のシワの原因について説明したいと思います。大きな原因は紫外線ですが、単にそれだけではないのです。

紫外線による光老化

シワの原因として乾燥が挙げられますが、その乾燥を招いてしまうのが紫外線です。紫外線を浴びると肌のバリア機能が低下し、肌が乾燥してしまいます。そのため、シワができるようになります。また紫外線は表皮や真皮にダメージを与え、肌の弾力性を失わせてしまいます。そのため、肌にハリを持たせることができず、しわになってしまうのです。

紫外線は年間を通して地上に降り注いでおり、年中紫外線対策を行わないとシワができてしまいます。シワ予防のためには、毎日紫外線対策を中心としたスキンケアが必要です。

誤ったスキンケアによる乾燥

間違ったスキンケアを行うと肌にダメージを与え、肌の弾力性を失わせてしまいます。そのため、シワが出てきやすくなってしまいます。日々間違ったスキンケアを行うことで、確実に肌がダメージを受けていき、シワができるようになります。また間違ったスキンケアを行うと肌に必要な潤いを除去してしまうことがあります。肌が乾燥し、シワができやすくなってしまいます。シワができる環境を作ってしまうのが間違ったスキンケアといえます。

加齢による皮膚の弾力不足・たるみ


加齢によって筋肉が衰えていき、また皮膚もハリを失っていくようになります。そのため、肌全体の弾力性がなくなっていき、たるみやシワを生じてしまいます。年齢を重ねることは誰でも平等に経験していくものですが、顔の筋肉を鍛えたり、また肌のハリをキープするようなスキンケアを行うことでシワを目立たなくさせていくことは可能です。そのため、シワ改善と予防のためには、毎日正しいスキンケアと顔のストレッチやマッサージが欠かせません。

皮膚の乾燥によるシワを防ぐ!心掛けたい生活習慣

肌が乾燥することで肌が厚くなったり固くなってしまい、シワを招いてしまいます。そのため、シワができないようにするためには、肌が常に適度な水分を保持する状態をキープしておく必要があります。肌の乾燥によるシワを予防するためには、生活習慣で気を付けたいことがいくつかあります。ここで生活習慣で特に気を付ける必要がある点について説明したいと思います。

シワを無理に伸ばさない

シワができてしまうと気になってしまい、シワのある部分を伸ばそうとしてマッサージを強く行ったりする方がいます。シワを無理に伸ばしてもシワは改善されていきません。それどころか、肌に負担を与えてダメージを与えてしまうため、肌の弾力性が失われてシワが目立つようになります。また乾燥を招き、シワができやすい環境を作ってしまいます。

シワができてしまった場合、スキンケアで水分と油分を補い、肌が乾燥をしないようにすることが大切です。その際には肌を優しく扱うことが大切です。またマッサージをする際には、優しく行うようにしなければなりません。

1年中UVケアをする


紫外線は肌にダメージを与えてしまいますが、紫外線は年間を通していつでも地面に向かって降り注いでいるものです。そのため、年間を通してUVケアを行っていく必要があります。UVケアとしては、紫外線のカットする成分が含まれているアイテムを使用します。クリームやファンデーション、コンシーラーなどを使用し、紫外線から肌を保護するようにしてください。

紫外線をカットする成分としては、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。紫外線散乱剤はケミカルな成分ではなく、物理的に紫外線をカットする成分のため、肌に負担をかけません。そのため紫外線散乱剤を使用しているアイテムを選択するようにしてください。

洗顔後にしっかり保湿を行う

シワの原因として乾燥が挙げられます。そのため、洗顔後の肌には速やかに保湿を行うようにしてください。洗顔後に保湿を行わないと、肌がどんどん乾燥してしまいます。保湿は水分と油分の補給によって行います。水分は化粧水によって、また油分は乳液とクリームによって補います。どちらも保湿のために欠かせないものです。そのため、両方を必ず補うようにしてください。

夏場は暑くて油分を補うことを避けたいと思うかもしれません。そんな時は水分を多めに肌に与え、使用感が軽い乳液で油分を補うようにしてください。ただ乾燥しがちな部位は乳液を再度塗布したり、クリームを使って乾燥しないようにすることが大切です。

シワにならないための正しいスキンケア


シワがない肌にするためには、乾燥を防ぐことが大切です。そのためにはスキンケアを毎日朝晩行い、適度に保湿を与えるようにしなければなりません。しかし間違ったスキンケアを行うと十分な保湿を与えることになりますし、また洗顔時に肌を擦ってしまい、乾燥を招いてしまいます。そこで洗顔を含む正しいスキンケアの方法について、説明をしていきたいと思います。これまで間違ったスキンケアを行っていた方は、一度正しい方法を知り、その方法でスキンケアを行うようにしてください。

洗顔フォームをしっかり泡立てる

洗顔をする際には洗顔フォームでたっぷりの泡を作ります。泡で毛穴に入り込んだ汚れまでも包んで洗い流すため、しっかりと泡立てなければなりません。また泡が小さいと、手のひらで肌を擦るように洗顔をしてしまい、肌に過度な負担をかけてしまいます。また汚れをしっかりと落とすことができませんし、肌にとって必要な潤いを除去し、肌の乾燥を招くため、十分に泡を立ててから洗顔をするようにしてください。

洗顔を頻繁にするのは避ける

洗顔の基本は朝と晩だけ行います。朝は睡眠中に排出された汚れやスキンケアの際に塗布した油分を洗い流すためです。また晩はメイクや皮脂、汚れなどを洗い流します。朝晩以外に何度も洗顔をすることはくれぐれも避けるようにしてください。あまり頻繁に洗顔をすると、皮脂の過剰分泌が起こりますし、肌が乾燥してシワができやすくなります。

ゴシゴシ擦らない


洗顔をする際には泡で優しく洗うようにしてください。ゴシゴシと擦るように洗うと肌が厚くなっていき、シワができやすくなります。また肌にとって必要な潤いを除去してしまい、肌が乾燥するようになります。この時にスキンケアで水分と油分を補ったとしても、乾燥肌は改善されません。そのため、洗顔の際には泡で優しく、肌を擦らないように気を付けながら洗顔を実行するようにしてください。

皮膚の張りを取り戻す!アンチエイジング対策

加齢によって肌の弾力性が失われ、シワができやすくなります。シワの予防と改善のためには、皮膚のハリを取り戻すアンチエイジングが必要です。ここでアンチエイジングのために必要なことについて説明したいと思います。食事や睡眠だけではなく、エクササイズも重要な為、この点についても触れています。

抗酸化作用のある食べ物を多く摂る

皮膚の弾力性は加齢によって失われていきます。そのためアンチエイジングを意識した食事を行い、肌の老化を抑制する必要があります。体内で発生する活性酸素は肌にダメージを与えるため、活性酸素を除去する抗酸化作用のある食べ物を多く摂ることが必要です。

フィトケミカルやビタミンCは抗酸化作用が強いと言われています。これらの成分を多く含んでいるのは野菜や果物です。トマトにはフィトケミカルのリコピンとビタミンCが、ブルーベリーにはフィトケミカルのアントシアニンやビタミンCが多く含まれています。こういった食品を積極的に食べるようにしましょう。

睡眠をきちんととる

睡眠中に成長ホルモンが多く分泌され、新陳代謝が活発に行われます。そのため肌の老化抑制のためには睡眠をしっかりと取り、睡眠不足にならないようにしましょう。できるだけ早めに寝る、睡眠の邪魔をするスマホやテレビ、音楽は寝る1時間前には終了させておくことが大切です。

表情筋エクササイズを行う


表情筋のエクササイズを行うと、衰えがちな表情筋が鍛えられ、たるみやシワ改善に役立ちます。例えば頬を上げたままの状態で口を開けて表情筋を伸ばす、口元を寄せた状態をキープして表情筋を収縮させる方法があります。エクササイズでは30秒程度同じ状態をキープし、これを5回繰り返すことでしっかりと表情筋を鍛えることができます。

美顔器で皮膚のたるみをひきしめる

美顔器の中でもEMSタイプは筋肉に適度な刺激を与え、筋肉運動を起こさせるアイテムです。筋肉を効果的に動かすことによって肌のたるみを改善し、シワができにくい肌にすることができます。美顔器は自宅でいつでもできるため、購入をして定期的に使用することで筋肉運動を楽に行えます。

顔のパーツごとのシワ対策方法

シワは顔のいろんな部位にできるものです。そのため、顔のパーツごとにできるシワに対する対策を行っていけば、より効果的に予防と改善を図っていくことができます。ここでパーツごとに異なるシワ対策の方法について説明したいと思います。

ほうれい線・・顔面筋エクササイズ


ほうれい線を目立たなくする方法として、ほうれい線ができる位置の中で、頬の下にある顔面筋の部分を親指で上から押さえるようにしてエクササイズを行います。30秒押した状態をキープし、5セット行います。

目の周り・・まぶたストレッチ


目の周りはしわやたるみが起こりやすい部位ですが、まぶたのストレッチを行うことで筋肉を鍛え、たるみやシワの改善を行っていくことができます。下まぶたを上まぶたに重ねる直前で止め、5秒キープします。これを5セット行います。

口の周り・・・口輪筋エクササイズ


口の周りは人の視線が向かいやすく、またよく動かすため、シワができやすい部位です。口の周りにある口輪筋を鍛えることでシワを目立たなくさせることができます。口を閉じて強く合わせた状態で10秒間キープします。これを5セット行います。

首・・・広頚筋ストレッチ


首もシワができやすい部位ですが、この部位は広頸筋を鍛えることでシワを目立たなくさせることができます。首を45°傾け、上下させてちょうど広頸筋が引っ張られる位置を確認し、ゆっくりと首を動かします。これを30秒行い、5セット行います。

まとめ

シワができてしまうのは、単に加齢だけではなく、間違った洗顔や紫外線を浴びてしまうなど、いろんな原因があるものです。そのため、シワの原因を正しく知り、原因を取り除いていくことが大切です。またシワ改善のために食事や睡眠、トレーニングなど、複数の方法を取り入れていくようにしなければなりません。日々の対策によってシワを目立たなくさせたり、効果的な予防を行っていくことができます。