ほうれい線に効くエクササイズって?おすすめグッズも紹介

加齢や食生活、ストレスなどによって肌には様々なトラブルが起きてしまいます。しみやシワ、たるみなど、そのトラブルは人それぞれいろんな種類があります。その中でも、実年齢よりも老けて見えてしまうほうれい線は特に気にしている方も多いのではないでしょうか?

見た目を若く見せるためにもほうれい線の予防と改善をしていくことが必要です。でも、気にはなっていてもどんな風に対策すれば良いのかわからない…そんな方のために

  • ほうれい線ができる原因
  • 表情筋エクササイズの方法

などについて説明していきたいと思います。

ほうれい線ができる原因は?


ほうれい線の予防と改善は、同時にその原因となるものを知っておく必要もあります。ほうれい線が出きてしまう原因はいくつかあります。それは加齢による筋肉の衰えや肌の成分の減少が大きいといえます。そういった原因について正しい理解をすることで、改善と予防も正しく行っていくことができるのです。ここではほうれい線ができてしまう原因についてくわしく解説していきたいと思います。

表情筋の衰え

加齢とともに体の機能は衰えを見せ始めますが、筋肉についても同じことが言えます。筋力が少なくなっていき、たるんでしまうのです。顔の筋肉もたるみを見せ始め、ハリのない肌に悩むようになるものです。また、同様に表情筋も衰えていきます。この表情筋が衰えることでほうれい線が目立つようになるのです。

加齢によるほうれい線は仕方ないと思われるかもしれませんが、実は表情筋は日々時間がある時を利用して鍛えることができるのです。その具体的な方法はあとでくわしく解説していきます。

加齢や水分量不足による皮膚の弾力の低下


加齢によって表情筋は衰えていきますが、肌にもともと含まれるヒアルロン酸やコラーゲンなど、弾力性やハリに欠かせない成分も減少をしていきます。これによってほうれい線が出やすくなってしまいます。また水分量が不足するとさらに肌の老化も加速させてしまいます。こういった皮膚の弾力性がなくなっていくこともほうれい線ができる原因です。

加齢による様々な問題ですが、減少していくコラーゲンやヒアルロン酸、水分といったものは化粧品を使って補うスキンケアをしていくことが大切です。また皮膚の弾力性の低下はスキンケアの他に顔のトレーニングをすることでも改善できます。

ほうれい線を目立たなくするには表情筋を鍛えるのが効果的


加齢によってほうれい線はより深くなっていきます。歳だから…と、諦めて放置しているとより今の状態よりも悪化していきます。そのため、何らかの対策を早めに行う必要があるわけですが、中でもほうれい線を目立たなくするためのエクササイズはかなり効果的です。エクササイズを行って表情筋を鍛えれば、今できているほうれい線の状態も改善していくことが可能です。

また、加齢によるほうれい線対策を若いうちから意識して行うことで、そもそもの加齢によるほうれい線をできにくくしていくことも十分に可能です。

すぐにできる!ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の対策としてはスキンケアが基本となります。毎日保湿を中心としたケアをしっかりと行っていくことが大切です。これに加えてほうれい線エクササイズを行うことも大切です。

ここでは誰でも気軽に始めることができるほうれい線エクササイズの方法についてご紹介したいと思います。ご紹介する方法はどれも比較的簡単に行え、費用もかかりません。毎日少しずつでもいいので実際に取り入れて実行してみてください。

あいうえお体操

表情筋を簡単に鍛える方法として特にお勧めしたいのがあいうえお体操です。はっきりと「あ・い・う・え・お」をゆっくり発音することで、表情筋を豊かに動かすことができます。このエクササイズを始めた時には疲労感を感じるかもしれません。そのため、継続してできる程度の時間で無理のない範囲でトライしてみてください。慣れてきたら少しずつ時間を延ばしてエクササイズをしていくといいでしょう。

舌回し体操

あいうえお体操と同じく自宅などで、ちょっとした時間にできるエクササイズが舌回し体操です。これは口の中で舌を回し、歯茎の裏をなぞるように動かすだけで表情筋をしっかりと鍛えていくことができる方法です。このエクササイズをしているときは誰にも気づかれないため、職場などでも簡単にできます。

フグ体操

顔を膨らませるフグ体操も表情筋を鍛える方法としてお勧めです。この動作は日常的にあまりしないため、表情筋を効果的に鍛えることができます。初めて実行する方にとっても簡単ですし、ちょっとした時間を利用してできます。

割りばしを挟むだけエクサイズ

割り箸を挟むだけのエクササイズは表情筋をしっかりと鍛え、頬のたるみの改善にも効果的です。もちろんほうれい線の改善にも役立ちます。自宅で行うエクササイズですが、ちょっとした時間を利用して誰でも気軽に始めることができます。

ほうれい線やたるみに効く顔ヨガ

ほうれい線やたるみは表情筋が緩んでしまっていることが原因で起こることは今回解説してきた通りです。エクササイズを実行することで、しっかりと表情筋を鍛えることができますが、顔ヨガを行うことでより表情筋を鍛えていくことができます。ゆっくりと顔を動かし、また、ある状態をキープすることで適度に表情筋に負荷をかけることができます。

普段なかなか表情筋を動かす機会がないものですが、顔ヨガを自宅などでやってみるとほうれい線やたるみに対して効果を感じることができます。ちょっとした時間を利用して顔ヨガに是非取り組んでみてください。

表情筋エクササイズに関するアレコレ


日常的に表情筋を鍛えるエクササイズを行い、表情筋のたるみを改善していくことでほうれい線の改善は見込めます。表情筋エクササイズは初めて実行する方でも簡単に取り組めるので、特にお勧めしたい方法です。ですが、より効果を高めるためのちょっとした工夫があります。少し工夫することでより一層ほうれい線やたるみに対して効果を感じられるようになります。

ここではそのちょっとした工夫について説明していきたいと思います。是非表情筋エクササイズと合わせて取り入れてみてください。

リンパマッサージを並行してするとさらにgood!

加齢が進行するとリンパの流れが悪くなり、肌の老化が進行したり、シミやソバカスなどの原因にもなってしまいます。そのためリンパマッサージを行い、肌の調子を取り戻していくことをお勧めします。このリンパマッサージに合わせて表情筋エクササイズも行うことで、相乗効果で肌のハリを取り戻し、ほうれい線やたるみの改善を効果的に行っていくことができます。

実は凝ってる!頭皮のマッサージも効果アリ!

頭皮の部分は自分で動かすことができないため、体の中でも特に凝ってしまう部分といえます。そのため、定期的に頭皮マッサージを行うことをお勧めします。その時に合わせて表情筋エクササイズを行うと頭部全体の健康と美容効果を得ることができます。同じタイミングで頭皮マッサージと表情筋エクササイズを行えば、両方のトレーニングを忘れずに実行することができます。

継続して毎日エクササイズをすることで効果がアップする

エクササイズは毎日少しずつでもいいので、自分のできる範囲で実行することが大切です。毎日の努力によって表情筋がしっかりと鍛えられ、頬の位置も上がっていき、ほうれい線やたるみが改善されていきます。

まとめ

ほうれい線やたるみは表情筋のたるみによって起こることが大きな原因です。そのため、意識して表情筋を鍛えていくことが大切です。精神的な負担を感じることがないように、少しの時間を利用してできるだけ毎日実行するようにしてみてください。